月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

一日遅れですが、七夕でしたね。
今ふっとネタを思い付いたので、メモしておきます。

最近またむくむくと書きたい欲が湧いてきているのは、ネタ帳公開のおかげか、メールでロイアイ話をさせて頂いているおかげか。はたまた両方か。
いつも有り難うございます。
自家発電の壁打ちでも何とか愛だけで頑張ろうとしましたが、やっぱり反応貰えるのが好きだし、励みになるタイプなんだと思います。お恥ずかしい。





↓追記ここから
※下書きです。推敲していません。






 ロイ・マスタングの養母、マダム・クリスマスが経営する店で開催した七夕パーティーに、リザ・ホークアイが参加したのは、これで二回目になる。
 さすがに二回目ともなると、前回よりは緊張も和らぎ、少しは会話に反応する余裕も出てきた。
 パーティーといっても内輪のみで開催されているため、そう人数も多くない。いるのは全て、マダムの店で働く女性だ。
 話してみればみんな気さくでいい人ばかりで、マダムの人柄もあるのだろうかとリザが賑やかな様子を眺めていたときだった。
「リザ、これ書いてみる?」
 ロイが差し出したのは、短冊だった。
 願いを書いて笹に飾れば、叶うと言われていただろうか。リザは短冊を見つめながら、過去に耳にした七夕行事の記憶を掘り起こす。
「ギリギリだけど、まだ間に合うかもしれないから」
 穏やかなロイの顔と短冊を交互に見たリザは、少し考えた後、ふるふると首を横に振った。
「……わたしは、いいです」
「どんなことでも気軽に書いていいんだよ?」
 優しい口調に、それでもリザは再び首を横に振って小さく微笑んだ。
「ねがいごとは、ないから」
 一瞬脳裏に浮かんだのは、幸せだった幼き日の記憶。
 母もいて、父も傍にいて、自分も笑っていたような、うっすらとした記憶。
 でもそんな光景は、もう二度と手に入らない。
 どれほど願っても。どれほど請うても。たとえ短冊に書いたとしても。
 絶対に叶わないと知っている。
「すみません」
 申し訳なさそうに頭を下げたリザに、ロイは焦った様子で手を振った。
「いやいや、謝る必要はないよ」
 見せた微笑みのあまりの切なさに、ロイは何かを察したのだろう。短冊を引っ込めて、じゃあ他の人に聞いてみようかなとあまり気にしてなさそうに装った。
 その気遣いが、リザには有り難かった。



 街のあちらこちらに立ててある笹に、沢山の短冊が飾られている。
 風にチラチラと揺れる短冊からは、書かれている願い事が見え隠れする。
「いよいよ今日が七夕か」
 用事を済ませた帰り道、近いから歩いて帰ろうと言ったロイに付いて来たリザは、飾られている笹を見て頷いた。
「そうですね」
 二人とも軍服姿で、とても笹だらけの明るい街路に似合う格好ではないが、それでもこういう場所を歩くだけで、雰囲気だけは味わえる。
「願い事も様々だな。見ていて面白い」
 一つの笹の前で立ち止まったロイは、いくつかの短冊に目を走らせて楽しそうにしている。
「自由に書いていいみたいですよ」
 脇に置かれた小さな机の上には、一本のペンと、何も書かれていない短冊の束。風で飛ばないようにペーパーウェイトでしっかりと押さえられている。
 それを差して、リザが暗に書きたければどうぞとロイを促した。
「ふうん、なるほど」
 ロイはどうするかなとふざけた様子で短冊を眺めると、視線をリザの方に向けた。
「君は? 書くとしたら何て書く?」
 急に問われて、リザは少し面食らった様子を見せたが、すぐに元の顔に戻って答えた。
「そうですね。中佐が仕事をしてくださいますように、でしょうか」
 もしくは、中佐の書類が早く片付きますように、でもいいですねと真面目な顔で続けるリザに、ロイはにっこりと笑う。
「……そうか」
 暗に仕事を真面目にしてくださいと要求しているのに、何故そんな嬉しそうな顔をしているのか。ロイの真意が掴めないリザは、怪訝そうに柳眉を寄せた。
 しかしロイはそんなリザに構うことなく、止めていた足を再び動かす。
「それが君の願い事か」
「何か問題でも?」
 歩き始めたロイの後を追うリザが背中に問いかけると、いいやと声が返ってくる。
「願い事があるなら、いいんだ」
 ロイの言葉の真意が解らず、リザは柳眉を寄せたまま小首を傾げた。
「それじゃあ君の願い事を叶えるために、早く帰ろうかね」
「そうしていただけると大変助かりますが」
 結局リザの疑問は解消されないまま、ロイはどんどんと歩を進める。
 遅れないようにと、リザも早足で数歩後ろを追いかけながら、東方司令部への道を進んでいった。



短めですが、ちゃんと形にして載せられたら、これも更新と言っていいものですかね。
短すぎるネタはいつも迷う。
2017.07.08 02:54 | ロイアイ | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示