月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

Entries

鬼滅ネタ

多分ワンライで書いたもの。だと思うんですけど、忘れてしまった…すみません。
善ねずですが、禰豆子は出てこないので、これを善ねずと呼んでいいかどうかは微妙かもしれない。

短いです。一発書きです。
ご了承の上どうぞ。






 シイイイ、シイイイと闇に音だけが響く。
 これは自分の呼吸音だ。
 いつもより大きい音なのは、俺が必死に死ぬまいと毒に抵抗しているせい。
 善逸は朦朧とする意識の中で、自分の状況をうっすらと把握していた。
 頭に浮かぶのは優しくしてくれたじいちゃんの顔。
(いや、優しくもしてくれたけど、それ以上に殴られたかな。ゴンゴンゴンゴン殴ってばかりで。俺馬鹿になるんじゃないかと思ったけど)
 でも、それは理不尽な暴力ではなかった。
 拳の中に優しさが包まれていたことを、本当は知っていた。
(だって俺聞こえるからね、音)
 善逸は音で様々なことを知ることができる。人が嘘を吐いているかどうかも。その人がいい人か悪い人かも。
 でも聞こえるからこそ、それに従いたくはなかった。自分の気持ちを大切にしたかった。
 だって、周りには自分に優しくしてくれる人なんていなかった。騙し、騙される人たち。笑顔で嘘を吐く人たち。周りにはそんな人ばかりで。
 たとえ音が悪い人だと知らせても、もしかしたらいい人なんじゃないかと、信じなければ生きてこられなかった。
(でも、じいちゃんは違ったんだ)
 優しくしてくれた。自分を強くしようとしてくれた。心から、そして正面から自分に向かい合ってくれた。
(……ああ、でも)
 正面から自分に向かい合って、優しくしてくれた人はまだいたっけ。
 善逸の頭に、新しい顔が浮かぶ。
(炭治郎と伊之助、無事かなあ)
 竈門炭治郎と嘴平伊之助。少し前に出会った、善逸と同期の鬼殺隊の少年だ。
 出会った時、炭治郎からは泣きたくなるような優しい、優しい音がした。
 伊之助からは……そんな音はしなかったけれど。
 でも三人でしばらく同じ屋敷で暮らして、時々何だか兄弟みたいにも思えて、騒がしいけれど穏やかで、とても、とても楽しい日々だった。今まで経験したことがないほどに。
(……会いたいなあ)
 じわりと目に涙が滲む。体を徐々に蝕んでいく蜘蛛の毒は、もうかなりまずいところまで広がっているようだ。手にも足にも力が入らず、二人のところへ行くことなど出来そうにない。
 そもそもこの森には二人を、正確には炭治郎が背負っている妹の禰豆子を追ってきたはずなのに。
 会う前にこんなことになるなんて。
(禰豆子ちゃん、どうしてるんだろ)
 涙で滲んだ視界に、禰豆子の笑顔が浮かぶ。
(……あれ?)
 おかしい。彼女の笑顔なんて一度も見たことがないのに。だって彼女はいつも口枷を填めていて。
(でも、見てみたかったなあ)
 口枷をしていても禰豆子はとても可愛かった。鬼だとは聞いていたけれど、それでも善逸の知る鬼とは全く違い、愛らしくてキラキラしていた。
 そして彼女からも、微かに優しい音がした。途切れそうなほど小さな音だったのは、彼女が鬼になっているせいなのだろうか。
 もし彼女が人間に戻れたなら、きっと炭治郎と同じくらい優しい音がする。善逸はそう信じていた。
 そんな彼女が笑ったら、きっともっと可愛いだろう。
(守りたかったんだけどなあ……)
 もし自分がもっと強ければ、こんなところでくたばらずに、彼女を守りに行けただろうか。
 彼女を背負う炭治郎や、突っ走りがちの伊之助も守ることが出来ただろうか。
(……あんなに修行したのにな)
 何度も涙を流して、泣いて、泣いて、それでも頑張ってきたのに、一向に強くなれなかった。
 流した涙の分だけ強くなれたなら、自分は世界最強の剣士にだってなれていたかもしれないけれど。
 現実はそんなことはなく、意識はどんどん霞がかって薄れてゆく。
 強くなりたかった。守りたかった。
 ……もう一度会いたかった。
 もうほとんど見えなくなった視界を閉じたとき、善逸の耳に声がした。
「もしもし」




善逸の無事を願って。
無事でいて、無事でいて、無事でいてよお願い。

時間なくて突貫工事すみません。
余裕ができたら推敲してpixivに載せたい。(いつだ)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

カウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

コメント

プロフィール

氷上和奇

ブログ内検索

過去ログ

2019年 06月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2018年 12月 【2件】
2018年 06月 【4件】
2018年 05月 【3件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

右サイドメニュー