アナと雪の女王観てきました

最近ディズニー映画のDVDを観て、すっかりハマりました。
(元々美女と野獣とか、その辺のディズニーは大大大好きだったんですが)
ラプンツェルとカールじいさんの空飛ぶ家がすっごく良かった!
プリンセスと魔法のキスもかなり楽しめて良かった!
これらを劇場で観られたなら、どんなに良かっただろうと後悔しました。

ということで、今回こそはディズニー映画を映画館で鑑賞するぞ!と意気込んで出かけました。
選んだのは字幕版。
基本的にディズニーは音楽(歌)もとても良いので、大元を聴くようにしています。
後で松さんの歌われている主題歌を聴いたら、それもかなり良かった(原曲の歌い方をかなり尊重した歌だった)ので、吹き替え版を観ても楽しめるかな、とは思いましたが。
因みにその歌、公式サイトでどちらも聴けるのですが、上下で同時に再生出来るので、原曲と日本語版を同時に聴くのも楽しいです。
タイミングを合わせて同時再生しながらこれ書いてます(笑)。

観てきた感想としては、私は「すごく良かった!」です。
とにかく歌と映像が圧巻。
公式サイトで観られる歌のシーン、大画面で何度も観たくなる美しさです。
ただストーリーは、確かに某所でも批判されている通り、粗がある…と思います。厳しく見ると。
それでも、テーマからするとああするしかなかったのかな、とも思うんですよね。
私はあと一、二回は映画館で観ておきたいと思っています。
そのくらいには気に入ってる作品です。

さて、詳しい感想はネタバレになるので追記に。
あああ今すぐもう一度観に行きたいよ!
実は観る前、Wヒロインだと誰がどちらの王子様になるの?とそこばかり気になっていて、観ている間中そわそわしてたんですよね(笑)。
だってディズニーって、相手役も重要ではないですか。
そこが判明した今なら、ゆっくりじっくり観られる気がするんですよ(笑)。

ラプンツェルも、今度地上波放送されますね!
予約はバッチリ済ませました♪
何度観てもラプンツェルは可愛い!最高!
超楽しみにしています。
↓以下ネタバレ感想です。
ご覧になった上での責任は一切負えませんのでご注意ください。









まず冒頭。
原題は「Frozen」。
他に無かったのか!!(笑)
そのまますぎてちょっと噴きます(笑)。

望まぬ力を持って産まれた姉、エルサ。
全編通してエルサがとても可哀想。
だからこそ、独り雪山に篭って、孤独を逆に喜ばしく思って伸び伸びと歌うシーンには切なさを感じました。
本人かなりはっちゃけてましたけど(笑)。ヤケ?(違)
触るだけで氷に変えちゃうって、大変ですよね…。
エルサはとても優しい子で、妹も、誰も傷つけたくなくて、だからこそ引き篭もっちゃう。
ずっと我慢して、抑えようとして、苦しんできたんだから、そりゃあ解放されたらはっちゃけもしますわな(笑)。

妹のアナは、そういった悩みはなく天真爛漫に育った子。
ところどころ無茶苦茶で、姉の苦悩なんて知りもしないで好きに振る舞って、そういうところはうーんと思わないでもないのですが…。
アナはアナで、両親はエルサにかかりきりだし、姉は訳も解らないうちに突然会ってくれなくなっちゃうし、たった独りで遊ばなきゃならなかった孤独を抱えてるんですよね。
誰も教えてくれなければ、そりゃあ常識も人を見る目も養えませんわ。
そう思うと、アナを悪く思ったり嫌うことは出来ませんでした。
むしろ孤独を抱えながらよくあんなにまっすぐ育ったなと思う。

Wヒロインなので、相手役の影は薄かったです。
いきなり意気投合しちゃって、一晩で結婚話にまで発展するハンス王子も、途中までは「え、本当に一目惚れでいい人?」と思ってましたし…。
反対する姉のエルサの方が至極真っ当なんですけど、これディズニーだし。
出会ってすぐに結婚って、別におかしくないですよね、ディズニーでは。シンデレラとか白雪姫とか、割と一晩で結婚パターンな気も(笑)。
だからいい人ならいいなぁ、そう信じたいな、と思ってましたよ。
少なくとも政治手腕は悪くないみたいだったし。
…と思ったら、あの展開か!(笑)
すごい裏切りですよね。こういう裏切り展開って、ディズニーにあったっけ?(ディズニー作品全部知ってるわけではないので)
まさかの悪役がこの人だとは。
別の国の宰相みたいな人、あれハンス王子の目くらまし役だったんですかね。
もしくはWヒロインに対抗して、W悪役(笑)。

そして真の相手役、クリストフ。
ん?よく考えてみれば、相手役も一応Wなのか。途中までは。
私はむしろクリストフに突っ込みたい。
…ホントにアナでいいの?(笑)
私アナも好きですよ。凄く可愛いと思う。
でもクリストフの場合、最初から結構振り回されてると思うんですけど、それでもアナにあそこまで惚れ込むとは。
アナの、姉想いで天真爛漫で勇気のあるところに惚れたんですかね?
惚れる要素はいっぱいあると思うけど、そこにクリストフがぐっときたような描写が一回目では見付けられなかったので、ちょっとビックリでした。
こういう朴訥で不器用だけどとても優しい人、個人的には大好き!ですけどね。

雪だるまのオラフはホント可愛くて良かったです。
オラフ出てくる度に笑ってました(笑)。
溶けない限り不死身なのかしら、オラフって。
唐突に出てきたけどかなり重要な役を担っていて、頑張ったね!という感想。

最初から重いものを背負った姉。
それに気付かず、それでも真っ直ぐに姉を想う妹。
その二人の愛が見せる結末。
自分の命より姉の命を守ろうとしたアナは凄く良かったです!
え、相手役じゃなくてそっちに走るの?!という(笑)。
結局ディズニーが描きたかったのは、この姉妹愛だったのかなぁと。
王子様との愛も素敵ですが、今回は家族(姉妹)愛を見せたかったのかな、と思いました。

そう考えると、あの展開にしかしようが無い気もするんですよね。
確かにいつもみたいに王子様がヒロイン一途ではないし、相手役との絡みも薄味だし、恋愛に重きを置けば、かなり置いてきぼり感。
でも姉妹愛のみに焦点を絞りたいなら、ああするしかないのかな?…と。
あそこでハンス王子が裏切らずアナ一筋だと、そっちがメインになってしまうし。
じゃあエルサは誰に愛されればいいの?と。
クリストフをその役にすることもできるかもしれませんが、そうすれば最後の姉妹愛はなかったわけで。
ハンス王子に捕えられた時、あそこでハンス王子がエルサの苦悩を知ってそちらに惚れるのかなともちょっと思っていたんですが、そうするとハンス王子はすぐに心変わりしたことになってしまうし。
じゃあアナとの踊りはなんだったの?と。
ハンス王子がアナの相手役ではなかったなら、エルサが激昂する原因も消えるし、統治者がいない国を守れる人もいなくなるし。
結局姉妹愛を最重要として、あのストーリーを展開するならば、あれが一番綺麗に纏められる方法だったのかな、という感想を抱きました。
悪役が最初から悪くないと、なんとなーくスッキリ感が足りない気もしますけどね。仕方ないのかなぁと。

ストーリーで疑問に思う点は他にもたくさんあります。
いくつかは前述しましたが…
エルサとアナの両親は、何故長い旅に出たのか?(エルサの能力を抑える方法を探しに行った?)
クリストフはいつの間に命懸けで助けに行けるほどアナに惚れたのか?
愛の伝道師ってトロールのこと…だよね?どこからそんな言葉が?
愛が凍った心を溶かすなら、別にキスでなくても良かった?(愛のキスが必要なら、エルサが凍ったアナにキスしても良かったのでは)
エルサは何故オラフを作ったのか?(妹との幸せな思い出を象徴する存在ならば、それを思い出しながら作っても良かったのでは。あのシーンはエルサが我慢し続けていた自分を解放するシーン。そこにオラフの存在は少し違和感)
オラフは何故記憶が無いのにアナにあれほど協力してくれるのか(エルサのアナへの愛情の結晶だから?ならばそういう描写もやはり欲しかった)

ある程度は自分で考えて、補完しなければいけないストーリーだった気がします。
ちょくちょく描写が足りない気がするんだよなぁ…。
そういえばトロールが二度目にアナを助けることが出来ないって言ったのも、理由は語られてましたっけ?
最後、愛があれば力を制御できるのね!とばかりにエルサが氷を溶かしてゆくシーンも、なら両親の愛情は…という微妙な疑問が…。
両親はエルサを抑えつける形でしか力を制御させられなかったからなのかな…
でもアナは受け入れた上で愛したから…とか…?
なんだろう、この微妙に残る小さなもやもや。

それにしても、ディズニーはとことん勧善懲悪というか、徹底してるなーと感じました。
悪いことをすれば必ず報いを受けるんですよね。
エルサが最後まで相手役無しだったのはやっぱり可哀想かなぁと思ったんですが、多分それは妹を傷付けてしまった罰なのかなと。
両親が死んだり、一回目の幼い頃にアナを傷付けたのは故意ではないし、エルサのせいでもないけど、その後アナの心臓を貫いてしまったのは、エルサが拒絶して暴走したせいだし。
アナが瀕死になって苦しんだのは、姉を故意ではないにしろ傷付けてしまった罰なのかなと。
直後は何でそんな目に?と思うんですが、よくよく考えてみれば、それぞれそれなりに苦い思いをして報いを受けてるのかなーと思い直すことで自分を納得させてます(笑)。
悪役は完全に報いを受けてますしね。
アナがぶん殴ったシーンはスッキリした!(笑)
コロッと騙されたアナにも問題は有ったかもしれませんが、優しいエルサを殺そうとした罪はしっかり償ってもらわねばね!(笑)


まあちょこちょこ文句っぽいことも書いてますが、やっぱり良かったなぁという感想です、私は。
そもそもミュージカルが好きなので、映像と歌だけでももう一度観たいくらい。
だから評価はどうしても甘くなってると思います。
もしかしたら、二回、三回と観れば違った感想を抱けるかも。
見落としている部分もあるでしょうし。
エルサが氷を操るシーンが全て本当に美しいので、もう一度あれを堪能したいです。

テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【9件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle