スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス第12話「キョウトからの使者」感想

2007.01.05 11:24|テレビ(アニメ)
新年一発目のアニメはコードギアス。
記憶に残ってるものをザクッとコメントしていきます。


まずコーネリア達の会議。
これはよく解らんのでスルー(御免なさい)。
ただちゃっかりユーフェミア姫さんがいるので、ソレがちょっと不安。
姫さんは割と鋭いところを突いてくるので、また余計なことを思いついてルル及び黒の騎士団を窮地に陥らせたりするようなことがありゃしないかと気が気じゃない私はルルファン。

さてそのルルに惚れてるシャーリーは父親がペアで送ってくれたコンサートのチケットをルルに渡したい様子。
でもカレンと共に欠席してるわ、今まで一緒の現場も目撃してるわでイマイチ踏み切れないよう。
それをからかうミレイがホントにオッサンみたいでもう…(笑)
こういうとこが好きですよ会長は。
その後チラッとシビアな現実を口にするのもいい。

さてそれでも勇気を出してチケットを渡したシャーリー。
ルルも戸惑っているようですが、行けたら行く気らしい。
意外と付き合いいいんだなルルよ。
シャーリーは一体どういうつもりなんだと考え込んでるところが可愛い。
しかしそのチケットを渡された場面を見ていたCCの台詞が気になる。
誰と会話してんの…?

一方そんなルルに相変わらず不審感を抱く黒の騎士団の一部層。
顔を見せないことなんか気にしなくていいじゃないかと庇うカレンに萌えた…!
やはりカレンにはルル及びゼロの絶対的な味方になってほしいところ。私はルル×カレンを今のところプッシュなので。

ところがキョウトからの誘いのせいでコンサートに行けなくなってしまうルル。
CCに揶揄されて断りの電話を入れようとするが、シャーリーの方がもしかしたら遅刻するかもしれないけど絶対に行くからと先に言い出したせいで断るきっかけを失う。
やっぱり行く気なのか。
しかしたった今お前CCにも頼みごとをしつつ「俺には必要なんだ…C.C.、お前が」とか聞きようによっちゃ告白的な台詞吐いたよね?
…天然タラシですか(笑)。

そしてとうとうキョウトへ。
そこの代表に顔を見せろと脅されるが、いざ仮面を取ってみると中にいたのはCCでした。
頼み事ってこの替え玉の事だったのね。
脅しに使われた機械の一台にこっそり乗り込んでたルルは代表に素顔を晒す。
これにはビックリ。
しかも代表はルル達兄妹とスザクの昔の顔見知りと知って二度ビックリ。
ルルの決意と覚悟を知り、キョウトはルルの味方に。
代表はゼロがまごう事なきブリタニアの敵であることを黒の騎士団に保証。
これで少しはメンバーも信用してくれればいいんだけど。そう上手くはいかないか。

んで全てを終えてコンサートへ行くルル。
だいぶ遅くなったからもういないかもと言いつつ行くのねアナタ…。
基本的に真面目なんだなこの人は。
しかしそこに待っていたのは雨の中びしょ濡れでうなだれているシャーリー。
驚いて駆け寄るルルにシャーリーは涙ながらに訴える。
ゼロは弱い者の味方ではなかったのか。
なら何故何も悪いことをしていない自分の父親を殺したのか…。
シャーリーの用事とは、ナリタで収容された遺体の身元確認で、残念ながらそれがシャーリーの父親だったらしい。
泣き崩れるシャーリーに言葉を失うルル。
そしてシャーリーは「助けて」と言ってルルにキスを…ってルル…抱き締め返すかそこで。
いやそりゃこの場合跳ね除けたら余計傷つくだろうけどさ。
それにしても…どうしてもタラシに見えてしまうんだが。
どうしましょうか。(何を)
ルルがモテるのはファンとしては喜ばしいんだけど、シャーリーの場合ルルの事情を知ったら引きそうだから、最終的にくっ付く相手ではないんじゃと予想してるだけに今こうなってもなぁ…と思ってしまう。

予告ではゼロからただのルルーシュに戻ることも考えるルル。
自分の行いによって出る犠牲の存在にやっと気付いたらしい。
スザクは遺体収容を手伝ってて、その時点でゼロに対して怒りを露わにしていたわけだけど、今までのルルにはそれが見えてなかったんですよね。
でもこれで気付いた。
さぁどうする。
…って、その上で茨の道を行くんでしょうけれども。
だって戻れないでしょう。
今のところ何ら状況は変わっておらず、ナナリーと自分の立場は相変わらず危ういわけだし。
ただそのままゼロの仮面をかぶり続けるにしても、今回の事によってルルが敢えて自分の感情に蓋をしてしまうのではないかと心配です。
結局それによって一番傷つくのはルル自身だからさ…。
全てがナナリーの為だから尚更可哀想でならない。
もっと個人的妄執なら同情もしなかったかもしれないけど。
マイナス方向とはいえ、未来(主にナナリーの)を見据えて動いてるだけに止まることも出来ないんだろうなと思います。
そりゃルルのやってることは新たな犠牲を生むことで、それは決して無視してはいけないんですけども…だからってこのままルルとナナリーが黙って殺されていいというわけでもないと思うんですよね。
ルルには選択肢が少なすぎる。それだけにどうしても私はルルに同情的。
まぁ彼にあのプライドとギアスの力がなければこうはならなかったのでしょうし、あくまでも彼が自発的に選んだ道であることは確かなので自業自得と言ってしまえばそれまでですが。
なんか最期は正体がバレて追い詰められて自害…とかならないだろうな。そんなの嫌だぞ。
ルルの行く末が不安でなりません。
出した犠牲を無視して幸せになってくれとまでは言わないけど、やっぱり悲劇的な結末は避けてほしいです。ルルFanとして。


なんだかイマイチ面白く書けなかったかな…すみません。

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 コードギアス 反逆のルルーシュ 1
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/01/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る



本日拍手を下さった方々、有難うございました!
励みにさせて頂いてます。見て下さって有難うございます。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス

コードギアス『コードギアス 反逆のルルーシュ』(コードギアス はんぎゃくのルルーシュ、英訳:''CODE GEASS Lelouch of the Rebellion'')はサンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ製作のロボットアニメである。2006年10月より日本で毎日放送|MBS・東

コードギアス

コードギアス『コードギアス 反逆のルルーシュ』(コードギアス はんぎゃくのルルーシュ、英訳:''CODE GEASS Lelouch of the Rebellion'')はサンライズ (アニメ制作会社)|サン

コードギアス第12話の感想-「キョウトからの使者」は、オッサンでしたw

いろいろな意味で、衝撃的なことが多発でした。今回の感想は、 ・通常編 ・オナのこ編 ・変態編の3編です。
カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

カテゴリ

コメント

プロフィール

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード

ブログ内検索

過去ログ

2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。