月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

remoon_ss

途中までなので気が引けますが、メモがてら失礼します。
09-25 14:58

 ケイン・フュリー少尉は、その日何度目かの視線を個室の方へ向けた上司、リザ・ホークアイ大尉の姿を見て不思議そうに首を傾げた。 奥の個室では、この執務室の主、ロイ・マスタング准将が書類の処理に勤しんでいる……はずだ。
09-25 14:58

 ここ最近なかなか席に着く時間を取れなかったロイの机の上には、椅子に座った本人の頭よりも高く書類が積み上がっていた。 とにかくそれを片付けるのが最優先となった今、ロイは朝から個室に篭り、ひたすらに書類と睨めっこしている。
09-25 14:59

 昔から書類仕事があまり好きではないロイは、何かにつけてサボろうとするのが常だった。そしてそれを監視し、円滑に作業するようサポートするのがリザの役目だったのだ。 それは昇進し、中央から再びこの東方司令部に異動してきた今でもあまり変わらない。
09-25 15:00

(ちゃんとやっているのか気になるのかな?) やけにそわそわしている様子ではあるが、きっとサボっていないかを気にしているのだろう。そんな風に自己完結したフュリーは、リザから視線を外して自らの仕事へと意識を戻した。
09-25 15:01

しかしリザが気にしているのは、ロイの仕事ぶりではなかった。いや、書類の進捗具合を気にしているのは確かだが、かといってサボっているかどうかは今日のリザに限ってはあまり重要ではなかった。リザが一番気にしていたのは、書類の進み具合。そしてそれにはある理由があったのだ。
09-25 15:05

…日記用に書いてたから、頭の一字空けをそのままコピペしたらごっつ見にくい…orz 消せば良かった。
09-25 15:06

2012.09.26 03:31 | ロイアイ | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示