拍手レス

今拍手を見て、ちょうど時間が取れそうだったので、急いでレスだけでも。
うーん、見て頂けていると嬉しいんですが。


O様、お久しぶりです!
おぉぉぉぉ良かったぁぁぁぁぁ!!!!!
合格おめでとうございます!ホント良かった!!
学校に入ってからがまた大変かと思いますが、見事夢を叶えて入口に立たれたO様ならきっと大丈夫だと信じております。
陰ながら応援していますねー。
で、Twitterの件ですが…。
ひっそりとですが、一応日常アカウントも動いております。
といっても、こちらからのフォロー返しは殆どしていませんし、実のところ未だにTLも殆ど見れてはいません。
気の向いた時にちょこっと呟いて姿を消して、余裕のある時はTLの一ページ目だけ見て退散…って感じかな…。
昔お話ししてくださっていた方々をこちらから進んでフォローするのも現在控えております。御免なさい。
ただこちらへのフォローリムーブは特に鍵も掛けてませんし制限もしていませんので、ご自由にどうぞ。アカウントはこちらです。
でも以前のことはどうかお気になさらず…。私大したこともしていないと思いますし(^^;)
ご縁がなければそのままでも全然大丈夫です。私も独り好き勝手に喋っているだけなので(苦笑)。特にロイアイに関することを話しているわけでもないですし。
O様のアドレスが今となっては私は判らないので、こちらからご連絡させて頂きました。
わざわざお知らせ頂き本当に有り難うございました。
またいつかご縁があれば、良かったらちょこっとでもお話ししてやってくださいませ!


N様、ネタバレ大丈夫でしたか。良かったー。
じゃあこれからも遠慮なくジャンプの感想を…(笑)。
でも今離れ離れなんですよねー;寂しい。
リクつら、原作を持っていないので、ジャンプを読み返すしかないんですよね。
最近切り離して残しておこうかと思っているので、また読み返して書けそうなら書いてみたいです!
リクつらラブラブが原作で見られないなら妄想するまでよ!(笑)
私も青臭いロイが大好きです。その青臭いところが(笑)。
青臭さって、未熟だったり、時に迂闊さを生むこともありますよね。
でも彼はその青臭さを持っていたからこそ、どこまでも自分の信念を貫けるんだろうと思います。
青臭さは情熱にもなり、熱意にもなる。
焔の錬金術師は、その名の通り、熱く燃えるような信念の焔を絶やさず持ち続けられる、そんな彼にふさわしい銘だったと思います。
同時に抱えた思いを考えれば、切なくもありますが…。
で、そんな信念を持ったロイだからこそ魅力的で、多くの人を惹き付ける、と…。
ロイがそんな人でなかったら、私もここまで好きになっていなかったかもしれません。
だって第一印象「何この気障な奴!」で、次が「女たらしか!」ですもん(笑)。
まさかあんなに一途で優しくて一生懸命で実直で格好良いなんて思わなかったよ…3巻の時点では…。
やられました(笑)。完敗です。

追記の件については、本当に有り難うございます、とだけ。
基本的に根性がないので(苦笑)、どこまでやれるか判りませんが、諦めたくはありません。
そう思っている限りは、やろうという気持ちだけでも捨てずにいたいと思います。
本当に、本当に、お言葉嬉しかったです。有り難うございます。

で、以前頂いたご質問の件ですが…読み返してみたら、別に質問というわけでもなかった(苦笑)。勝手に私が質問して頂いた!と思ったみたいです。御免なさい。
で、その「リザさん以外のマスタング組がいつエドとアルの体のことについて知ったか」ですが…。
完全版を引っ張り出して確認したところ、2巻の最初で、アレックスはロイから直接聞いてるんですよね。スカーと遭遇した時。それで初めて知った、という。
でも増田組には大して動揺は走ってませんでしたし、前々から知っていたのか…。
それとも、柔軟かつ修羅場をくぐってきている人たちなので、あの場でそんなことで動揺するより、事情はさておきひとまず冷静に対処していたのか。
後者だったとしたら、あの後全員が集まっているシーンがありますので、あそこで全てを話したのか(他の人は一人もいないので、人払いしていたとも考えられる)。
でもロイは、エドとアルの重要な秘密を、いくら信用している部下でも、ほいほい喋らないと思うんですよね。必要がない限り。
それまではタッカーの件など協力も惜しんでいないみたいですし、列車の事件で「鋼の錬金術師が乗っている」とにやり笑っているところを見ると、ロイとエドがただの国家錬金術師同士の知り合いというわけではないのはだいたいみんな察していそうだし。
なので、昔ちょっと、という形でぼかして話しておいて、あのスカーと遭遇した時に全部話した、というのが私は最も有力かなと勝手に考えているのですが。
エドが受かってから賢者の石探しに協力する際に彼らが求めているのは元の体に戻ることだ、っていうのは増田組にだけは話していたかもしれないし。
その辺は明示されていないと思います。
うーん、答えになってない;すみません。
で、知った後の増田組大人たちの対応というのは、私は「いつもどおり」だと思います。
知っているということさえエド達が気付かないような、そんな自然さ。
彼らは彼らであり、泣いて、笑って、心を持っている。人とどう違うのか。
真実を知ったからといって、「いや、別に。だから何だっていうんだよ?」というのが、増田組の総意かと考えます。
…とはいえ、これは私の勝手な解釈なので、大いに間違ってるかもしれませんが…;
少なくとも、三巻まで確認したけど、ちょっとそういったシーンは見当たらなかったですね。記憶にも残ってないし…うーん?
ああでもこういうの考えるのってやっぱり楽しいですね!やっぱり鋼好きだー!とか思っちゃう(笑)。
長々と失礼いたしました。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle