映画鋼の錬金術師『嘆きの丘の聖なる星』感想

鋼映画『ミロスの聖なる星』観てきましたー!
ということで、纏め直した感想です。
記憶に頼っているので、簡単だったりちょっと間違っていたりするかもしれませんが、それでも宜しければ「続きを読む」からどうぞ。



拍手くださった方、有り難うございました!
返信不要の方も嬉しかったです…!有り難うございますー!!
返信可のコメントはまた改めてレスさせて頂きますね。




※映画ネタバレです。






全体的にアクションが凄かったです。
建物はCGかな? 綺麗でした。
バンバン動きがあって、最後までじーっと集中して観てました。肩凝るくらい(笑)。

ストーリーはちょっと難しかったかな…。
国家間の関係はまだ理解できたんですが、地上の領土を、今両国家がどんな形で支配していて…というのがちょっと理解しにくかったです。
だから最後の奪還も、あれ?そんなにすぐ奪還出来たんだ…という…ちょっと呆気に取られた感が…。
結局兄ちゃんがジャマをしてたってことなのか…?

作中で、エドがほいほいと銀時計をちらつかせるのに違和感を覚えました。
原作ではあまり銀時計を見せるシーンがなかったように思ったので。
水戸黄門の印籠かと(笑)。
しかもミロスの皆様、随分エルリック兄弟に詳しい。
原作の初期ではよくアルが鋼の錬金術師に間違われてましたが、それがなかったですよね。
それだけ兄弟も有名になってたって事かなぁ。

早速ロイとリザさんの会話があって萌えました!
リザさん耳打ちしたよーー!!二人の会話☆
でもウィンリィに聞こえてたみたいですけどね(笑)。
しかし密着した二人は悶えました…。
ロイの心の声『そのままちゅーしてくれても私は構わんぞ』(落ち着け私)

ロイアイシーンといえば、電車の席に噴きましたwww
ウィンリィ一人でどうして背中合わせに座ってるのww会話しにくいじゃん!
何故そうなった…。
1.ウィンリィが気を利かした。「あ、私こっちでいいです!」(二人のお邪魔になりたくないし…みたいな)
2.ロイがボックス席でリザさんと二人きりになりたかった。「君はここに座りたまえ」(どんだけだよ)
どっちだろう…。(第三の選択肢はないのか)

あとロイアイ的見せ場といえば、リザさんがロイを守るシーンですよね!
リザさん超有能!!カッコイイー!!早撃ちですよ!パーン!
それに対してロイは、見せ場殆ど無し(笑)。
到着した時には事態はほぼ終盤だし、せっかくキメラと闘ったのに、指ぱっちんのシーンすらなかった…。
蚊帳の外で騒ぐだけ騒いで、一生懸命調べたけれど、実際動いたのはほぼエド、みたいな…。
むしろ救護班というか、衛生兵要員w
怪我してたからですかねぇ…。
でもちゃんと闘ったのに、出たのは消し炭になったキメラだけ…終わってるじゃん!(苦笑)
そういえば、ロイが崖下に下りた時、リザさんは何をしていたんですかね?上で待っていたのかな…?
最終決戦といい、リザさんロイを上で待ってばかりだ…。

そういえば、エドがロイに「助けてくれ!」って躊躇いもせずに言ったのに違和感でした。
それどころじゃなかったとはいえ、いつもなら大佐に「助けて」なんて絶対言いたくねー!とか思ってそうなのに。
それだけエドが成長したのか、素早く状況判断をしたのか…。
にしても、「大佐に頼むのは癪だけど」「頼みたいのか頼みたくないのかどっちだ」の一言くらい入れてくれれば、そんなに違和感なかったかな、と思います。

ウィンリィも、原作ではヒロインだけど、映画ではあまり活躍しませんでしたねぇ…。
下に来たのはほぼ整備の為のメカニック要員、みたいな…。
まあ、ここで超活躍しても、ジュリアの立場がないですしね。
結局ああいう位置になるしかないのかな。

そしてアレックスはウィンク要員www
出番これだけですか…。しかも作画ひどく乱れてたし(苦笑)。
あのウィンクで、アレックスファンは卒倒!…したかもしれない?

エドの最後の叫びはちょっとじーんときました。
兄ちゃんも凄く凄く辛かっただろうけれど、エドもあの年齢では到底受け止めきれないくらい色んなものを見てきて、それでも受け止めて、前へ進んできたからこそ、衝突してでも意見をぶつけ合えるんでしょうね。
エドの迷いない真っ直ぐさはいつも眩しくて強いな、と思います。

真綾ちゃんのヒロインは可愛かった!
石を飲んでからも、心を奪われずに自我を保っていたことに驚きました。
ここで性格が変わってれば、また全然違う印象の話になっていたでしょうけど。
最後まで優しくて一生懸命皆を守ろうとする女の子で良かったな、と思います。

しかしアルは何人の女の子と会う約束をしてるんだろう…(笑)。
原作終了後の旅はむしろ女の子に再会しに行く旅…だったら嫌だ(笑)。
天然タラシですね!
で、最終的にシン(メイ)に落ち着くってことか…?

終盤の戦闘からは、結構グロいシーンも増えていって驚きました。
子供向けの映画にしては結構…これR15くらいなんじゃ…いいのかな…?

最後は、兄妹一緒にいてほしかったです…。
兄ちゃんが可哀想なままなのがなぁ…orz
かなり重いお話ですよね、これ。それが鋼っぽいといえば鋼っぽいですけど。
つーか、兄ちゃん戻ったら処罰されるんじゃないのかな…。
みんなを殺そうとした手前、戻れなかったのかもしれませんが…。
石に心を食われていたせいもあるだろうし、何も一人また辛い道に戻らなくても…と思いました。
報われない…。
後味がいまいち良くないというか、凄く切なかったです。

お話自体は、ハガレンの原作ルートの陰で、こんな事件も起きていたんだなぁ(かなりデカイけど)という感じで、世界観はそんなに外れておらず、受け入れることは出来たんですが。
ただ、微妙なキャラの違和感はあったかな、という感じです。
あとは話がちょっと理解・把握しにくい部分がちょこちょこと。
何故最後、ジュリアはイヤリングを使ったのか、とか。(増幅装置?…って、あれただの蓋ですよね)
細かい疑問が残るというか…。

でも最後まで集中して観てました!目が離せなかったー!
もう一度観に行く機会があるので、その時に理解しにくかった部分をもう一度注目してみたいと思っています。

ただ、一つだけ…これだけは…これだけは…っ。
終始「何故髪の先が丸いのか」が気になって気になって仕方ありませんでしたorz
何故先が尖っていないのだー!!!
ひとで?という意見もあったりなかったりww
ホント気になる…いちいち気になる…。髪好きとして見逃せん!

あと、ソユーズ少佐がヨキにしか見えない、と思っていたら、やっぱり牛先生ご自身がヨキの親戚みたい、と書いてらして噴きました(笑)。
そうだよね。あの髭はそうだよね。
アームストロング家の遺伝がカール髪なら、ヨキの家系の遺伝はあの髭なのかもしれないです。
ってか、ヨキ、パンフの裏の年表にまで名前載せてもらって、どんだけ重要キャラ扱いですかwww
いやアルの命を救った功績は大きいけどね!(笑)

それから、ジュリアよ…。
「鮮血の」って名前が付いてる時点で、不穏な空気を感じ取ろうよ。絶対怪しいって、それ。


さて、ここからは映画後にご一緒した方々との会話から。

ロイアイ的には「世界の車窓から」でしたよね、という話が(笑)。
ちゃらっちゃっちゃっちゃちゃーららーちゃーらー♪
もうロイ的には、リザさんと二人でテーブルシティに(婚前)旅行に行ったとしかww
あの調べていた山のような資料の中に、きっと「テーブルシティの名所」「テーブルシティミ●ュラン」とか混ざってたんですよ、きっと。
そして二人でいよいよ旅行!って時に、ウィンリィが来て…妥協案として席は別に、みたいな(笑)。
…すみません。

ロイ空気でしたよね。事件的に見れば。
エアロイ。むしろエアどころかミスト(笑)。と聞いて笑いこけましたww
ミストって、それじゃ湿気ってますます無能になるじゃないか!!(笑)

もうこの映画、「鋼の錬金術師-ミロスの聖なる星」っていうよりは、
「ミロスの錬金術士with鋼の錬金術士」では(笑)。
そのくらい、メインはクライトン兄妹でした。
何気にミランダ格好良かったけど!


劇場で入手したものの写真も載せてみます。(前売券の特典も含む)
ミロス購入品
チャームコレクションは賢者の石でした…。
手袋が欲しかったなぁorz
賢者の石も軽くて割と可愛い感じですが、いかんせん作りがちょっとちゃち…いやこの値段ならこんなものなのかな…?
銀時計はエド仕様でしたが、同じ作りだからロイのものと外見は変わらん!と勢いで買いました。

パンフは、しっかりしたいい作り。
カラーページも多いし、声優さんのインタビューが載ってたり、結構充実しているのではないかと。
今までのガンガンに載っていたゲームのプレビューコミックみたいなものも載っています。
牛先生の手で描かれるキャラはやはり最高だ…!

そして11.5巻!!無事入手できましたー!!!
リザさんを女性扱いする大佐に萌えた!!!!!超萌えた!!!!!
きっとリザさん、無理に退院したことをちょっと怒ってるんじゃないかな(笑)。
でも口出ししない。ロイが決めたことだから。譲らないって知ってるから。
だから痛み止めを差し出す。ちょっと奮い立たせるような煽るような言葉を添えて。
夫 婦 で す ね !!!
ハボックが出てきたのも嬉しかったなぁ。映画で出なかった分の補完!みたいな。
これでマスタング組揃い踏み!みたいな。
4コマも噴いたwww
漫画のページは全体の半分以下でしたが、表紙もロイアイ寄り添ってる(?)し、手に入れられて本当に良かった!!と思いました。
カバー下にも噴いたwww綺羅星wwwww
そうかこの四人が銀河ミロス美少年…!!ww鎧アルは入れていいの?w
生身アルなら間違いなく美少年ですけどね!
…あと、大佐とメルビンも、少年じゃなく青年、いや十代の少年からするとおっさ…げふごほ。
チェックポイントの2にも萌えましたね!「ロイの傍らにはリザが」!!そんな「何を今更」。


とりあえずざっとこんな感じでしょうか。
また思いついたら追記したり修正したいと思っています。

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

>バジル様

先日は有り難うございました!
そうですー。あれから一気に纏めました(笑)。
やっぱり鉄は熱いうちに打て!よね!という感じで(笑)。
車窓から、噴いて頂けましたか(笑)。
一緒に感想を語った方の発言だったのですが、私も超ツボりました(笑)。素敵表現過ぎる…!
これで映る光景がのどかなら、完全にリザさんと旅行☆テイストになっていたんでしょうけども(笑)。
さすがに爆発したり…の光景では、楽しむ余裕もなかったでしょうね。
まあ、元々そんな目的で行ったのではないですが…残念(笑)。
こちらこそ、チャットに来てくださり、本当に有り難うございました!
皆様のおかげで、私も本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
また機会がありましたら、是非お話してくださいませ!
この度は本当に有り難うございました。

早っ!

おはようございます。

夕べはお疲れ様でした~起きたらもう映画のまとめが!
凄いですね、あれから一気に纏められたんですか?

ロイアイ的世界の車窓、吹きました。
テーブルシティ直前のカーブから臨む
アングルは確かに!映る光景は惨劇でしたが(汗)

映画の興奮を皆さんで語り合えて、
とても楽しいチャットでした。また機会が
ありましたらご一緒させて下さい。
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【9件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle