『鋼の錬金術師FA』第63話「扉の向こう側」感想

今週はかなり簡単かも。すみません。
ざっくり感想ですが、宜しければ以下リンクからどうぞ。
 
 
 

拍手下さった方、有り難うございましたー!
コメントのお返事が遅れていてすみません。
遅くなりそうですが、必ずお返事させて頂きます。いましばらくお待ち頂ければ幸いです。
本当に励みになっています。有り難うございます…!
 
 
-----FULLMETAL ALCHEMIST「扉の向こう側」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
最初に小人を持ってきたことであくまでも中心はホーパパってことを表したって感じでしょうか。
終始ホーパパとエドが主人公だった気がします。
あ、エドは勿論主人公なんだけど(笑)。
 
グリードが小人に取り込まれるところでは、必死なリンが泣けました…。
一世一代の嘘。グリード…(泣)。
グリードにとってもリンにとっても、お互いが同じ体を共有する仲間になってたってことですよね…。
でもこのシーン、音楽はちょっと合わなかった気がする。
あぁぁ残念だーorz
消えるところはじっくりやってくれたからまだいい…かな…。
どうもやっぱりグリードのシーンは厳しめに見てしまう。
 
グリードが消えるシーンで、リンとエドが「仲間」って言った時のことを回想するのは良かった!
なんもいらない、か…。
欲を捨てて消えたってのが…強欲が強欲でなくなって消えたのが…切ない…。
 
小人が扉の所へ戻されるシーンは結構グロかったですね。
片足上げポーズに笑って御免(笑)。
欲して何が悪い、願い求めて何が悪いって言う小人の気持ちは解らんでもない。
しかし思い上がり、やり方を間違えたのが悪かったってことなのか…な…?
結局真理って何だったんでしょうね…己かな…いや違うか…?
そして小人はあの扉の中にいるうぞうぞの一つってことで良かったのかな。
小人にちょっと同情しちゃった作りに拍手。
純粋に欲だけを追い求めてただけなんですよね、小人にとっては。
 
ロイとリザの会話があったのは嬉しかった!
ラブラブですねうふふふふ。
ホーパパのお前達が大事なんだ。幸せになってほしいんだ。に泣けました。
あとエドの涙を流す顔が凄く良かった!
ここもじっくりやってくれて凄く良い感じになってたなー。
 
エドが周りを見渡すシーンでは、リザさんがロイの背中に手をやってましたね(笑)うひひ。
いや手を添えてないと危険だからなんだろうけど、もうリザさんったらラブですね、ラブ!
 
「誰も俺達に諦めろなんて言わなかったじゃないか!」はなかったですね。あれ好きだったんだけどな。
結局今までずっとエドを導いてきたんですよね、ロイは。勿論他の人もだけど。
そういう面で、ロイはちゃんと大人(年上)としての役割を果たしてきたんだなぁって思ったら…なんかじーんときた。
いや、ロイはリザさんのことも導いてるし、なんというか、ロイ大好きです。はい。
 
それにしてもエド、最後までゴリさん呼びですか(笑)。ザンパノはちゃんと名前呼びなのに!(笑)
嬉しそうに人体錬成の陣を描くエドがなんか良かったです。
解を得て希望を見出した顔だった。
 
アイキャッチはエドと夫婦。
アル…は…?
 
扉を差し出した時の音楽は良かった!
真理君ポカーンとしてるのに笑った(笑)。
そして出た…! キメラにされた女の子。
ずっとずっと、この事件が兄弟にとってのトラウマだったんですよね…。
真理を捨てて真理に勝ったってのが凄いよなぁ。
エドの脳裏に響く皆の声が良かった。声の最後はウィンリィかな?
 
そして二人は皆のいる世界へ帰還。
アルを支えるエドが良かった!
しかし手の取り方がナイト持ち(笑)。御免噴いた(笑)。
アルは冷たい石の上じゃなくて、草の上に移したんですね。
縋り付くメイが可愛い! 最近アルメイにハマり気味…。
 
ここからその後のシーンをチラリと。
セリムを抱きしめて泣く夫人が切ないです。
大総統とセリムの死に目を伏せる皆が…愛されてたんだなぁ。形だけの虚構でも。
ラジオで「マスタング大佐」がかなり名を上げてる感じになっててゾクッとした。
ここからまた昇進の人生が…!
 
ここでホーエンの追加シーンが!
小人もホーエンから生まれたんですよね…。
ホーエンから生まれた存在の野望が国を脅かし、同じホーパパから生まれた二人の子供がその野望から国を救った。
小人と兄弟の違いは、トリシャだけ…かな…。
そう思うと、小人にその足りなかったトリシャ分の存在があればどうなってたかなと…。
いや何が言いたいんだって感じですが。
結局小人はフラスコから出られなかったってことなのかな…。
それも切ないですね。
やったことは赦されないけども。
 
そしてホーエンはトリシャの墓へ…。
ピシピシと劣化していく体がちょっと血+を彷彿とさせた(笑)。ちょうどこの間手のひらを太陽に(だったっけな、タイトル)の回を見返してたもので。
ホーエンの死は、原作同様涙腺崩壊しました…切ない。
やっぱり死にたくねえって思っちゃうなぁ。が省かれなかったのはホッとしました。この台詞大好きなので。あるのとないのとじゃ全然違う。
で、ホーエンは最期の姿をピナコばっちゃに発見されて…
ここでOPとは泣かせるじゃないか…!!!(涙)
しかも画像はホーパパの人生の軌跡。走馬灯的な演出…だから泣くっつーに…!
 
EDはなし。
予告からいくと、エドの旅立ちシーンはじっくりやりそうな感じでしょうか。
それで…あの…ロイアイは…?
スポブラはどこに消えたんだぁぁぁ!!!orz
さすがにロイの視力のシーンは絶対やらないとおかしいと思うんですが、さてどこまでやるかですよねぇ…。
うーん…。
もう時間がその後までいっちゃってるような…。
ロイアイシーンはあるのかぁぁ!!!
あまり期待せずに待ちたい…です…。
 
あと、今回はガンガンCMなかったですね。
ちょっと楽しみにしてたんだけどなー。
せめて9月号に再掲載とか差し替えたらよかったんじゃ。
間に合わなかったのかな?

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第63話「扉の向こう側」

長き戦いの終わり…。 神の力を失ったお父様は、エドの鉄拳にも抗えない。 力を取り戻すべくグリリンの賢者の石を狙う。 グリードはリンを...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle