月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

Entries

『鋼の錬金術師FA』第62話「凄絶なる反撃」感想

今週はちょっと凹み気味かも…。すみません。
ざっくり感想ですが、宜しければ以下リンクからどうぞ。
 
 
 

拍手下さった方、有り難うございましたー!
コメントのお返事はまた改めてさせて頂きますね。
本当に有り難うございます。
 
 

-----FULLMETAL ALCHEMIST「凄絶なる反撃」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
あ、今週は普通の始まり方だ。
このOP、最終回ではどうするのかな…。

 
賢者の石の材料として皆の命を取り込もうとする小人。
だがそれをホーパパが阻止する。
ホーパパ格好良い!
声も良かったですねー。渋い。素敵。
撤退するブリッグズ兵の皆様(笑)。妥当な選択。邪魔になるしね。
 
冷ややかにホーパパを見る小人。
そこにアル、メイ、イズミ到着。
人間をただの石の材料としてしか見ない小人にホーパパは言う。
ホムンクルスは何も生み出さない。破壊しかもたらさぬ存在を神と呼べるのか。
その言葉に小人は、ならば人間を生もうと宣言する。
ホーパパって、小人をいつまでも子供扱いしてるみたいな感じだよね。
無理ないと思うんだけど、だから余計小人がムキになるんじゃ…とちょっと思った。
 
小人が生み出したのはかつてのクセルクセス人達。
その不気味さに戸惑い怯えるイズミ達。
私もここ気持ち悪かったよ…ぼこぼこが。
 
怒り叫ぶホーパパの背後にエドが到着。
それを見た小人はニヤリと笑い、強烈な光粒子砲(でいいのか?)を発射する。
揺れる中央司令部。
でっかいかめ●め波を思い出しましたすみません。
もしくは巨神兵。(巨神兵から離れろ)
 
グリードの所にはオリヴィエ達が到着。
グリード…「ゴリウス」って呼ぶのか(笑)。すっかり定着だなー。
もはやゴリウスさん、否定もせずスルー(笑)。それどころじゃないってことなんでしょうが。
 
グリードは怪我をしているオリヴィエとリザ、ジェルソに離脱しろと命令する。
あれ? 二人が寄り添ってない…?
な、なんか嫌な予感。
拒否するオリヴィエのところへ、本部から通信が。
中央司令部が吹っ飛んだ…。
小人の恐ろしさをグリードから聞かされる一同。
それでも退こうとしないオリヴィエに、カーリーが言う。
ブリッグズ兵はボスが不在でも怯まず動ける軍隊。
怪我をしているならそこで見守っていてくれ。
それを聞いたオリヴィエは、後を弟に託す。
「必ず勝て!」「言われずとも!」
ここはじーんときたなぁ。北の結束の固さと信頼の深さを見た。
オリヴィエは慕われてるなぁ…。
やっぱりオリヴィエ様は北にいるべきだと思う。うん。
彼女にはあそこが一番合ってる。
 
さて来たよ夫婦!
「行くぞ中尉」
当然のように呼ぶんですね(笑)。
振り向くタイミングまで同じですか(笑)。
ってあれ? 肩抱き…が…ない…?
肩抱きはどこへ消えたんだ…(泣)。
奴の賢者の石を私が焼き尽くす、って言った時の中尉が驚いてた…。
何も話してなかったのかロイ(笑)。
そして「中尉の助けが必要だ」でキリリとした顔に。
戦闘モードのリザさんも格好いい…!
 
呆気に取られるグリード。
続いてメイも若をお守りするのが仕事だと付いてくる気満々。
結局オリヴィエとジェルソ以外は上へ。
見送り溜め息を吐くオリヴィエ。
無念そうな感じだったなぁ。
部下を置いて自分だけ、ってのが悔しいんだろうな…。
でも耐えるオリヴィエ様は賢い。
 
そこでオリヴィエは、ブラッドレイを発見して近付く。
傍にいたスカーに、貴様が倒したのかと尋ねるオリヴィエ。
だがスカーは元々満身創痍であり、そうでなければ自分も危なかったと告げる。
致命傷を与えたのは自分の部下バッカニアと、グリード。
ブラッドレイの傍らに座り込み、オリヴィエは言う。
「私の部下は強かったろう?」
ここは背中を向けて言って欲しかったなー。
でもこのシーンをちゃんと入れてくれたのは嬉しかった。
バッカニア…(涙)。
出来るならここで、バッカニアの1カットを入れて欲しかったところ。
そしたら泣いてたかもしれん。
 
小人の砲撃を受けた後の地上。
倒れているメイ。縋り付くシャオメイ。
ちょ…ぱんだ可愛すぎだろ!!(笑)鳴いとるー!!
プリティーおけつを有り難うスタッフ…。
動きにまで音が(笑)。
驚いてるところもまた可愛い。
危うく萌えを持っていかれそうだったぜ…ぱんだ…恐ろしい仔!
 
ちゃんとシャオメイを守ったメイは偉い。
そしてそんなメイを守ったのは…ボロボロのアルを見て叫ぶメイ。
自分の血印が晒されてるのに…アル…(泣)。
多分そういうの考えずに咄嗟に守ったんだろうなぁ…アルー!!(涙)
「良かった…生きてた」の声が最高!! 優しい…!
それに笑ったよ! 判るよ! スタッフ上手い!!
 
でももう鎧は半壊状態…。
倒れるアルに近付き名前を必死に呼ぶメイ。
一方エドも目を開ける。右腕は壊れてはいるがまだ動く状態。
近くに倒れているイズミに近付くエド。
イズミもなんとか生きている。
守ったのはホーパパ。
だがそのホーパパは既に限界だった。
そんなホーパパの背後に立ち、無情にも張り飛ばす小人。
小人はエドとイズミを石にしようとする。
二人とも苦しそう…。
ホーパパのボロボロっぷりに泣けました…うぅ。
 
ピンチのエドとイズミ。そこに一発の銃弾が小人を撃ち抜く。
倒れる小人。
撃ったのはブリッグズ兵だった。
ここのブリッグズ兵達の反撃は格好良かった!!!
音楽も私は好きー!
 
それでも倒れない小人に次々と攻撃するブリッグズ兵。
そこへ…
来たぁぁぁ!!!
焔の錬金術師!!
「焔の錬金術師が来るぞ!」はなかったけど…残念だorz
あのみんなの驚きっぷりが好きだったのに…。
そしてまたも肩抱きなし…(号泣)。
ああでも、並んでる二人の距離が近い! 近いよ!
ロイの顔もえらい細身に…。
そしてアイキャッチ夫婦ーー!!!
来た来た来た来たぁぁぁ!!!!!
最高のアイキャッチを有り難うスタッフ…目に焼き付けます…幸せ…。
この位置、前を見据える瞳、まさに理想の二人のイラスト…。
マスタング&ホークアイの&はいっそ×でもいいよ。
FAスタッフさんには、本日のロイアイ肩抱きを削った対価として、本日のアイキャッチ夫婦画像をデスクトップ画像としてフリー配布して頂きたいのですがダメですか。(何様だ)
 
CMは最終回のが…泣けるじゃないか…。
アルとエドの仲良いやり取りでしたね。じゃれとる(笑)。
DVDの宣伝の声はホーパパだよね?
クセルクセスのところかー。随分前に思える…。
 
さて本編!
ロイの肩に手を置くリザさんに萌え!!
ちゃんと錬成陣も血で消えてますな。
ってことで、出ました手パン!!
距離を瞬時に目算してロイに伝えるリザさん格好良い…!!
手パン錬成に対して眉間に皺寄せながら文句言うタングが格好良すぎて悶えます…くそ…また惚れるじゃないか…タングめ!
 
そしてしっかり軌道修正して小人に焔を命中させるロイ。
その焔を、小人は手で受け止め投げ返す。
正面、攻撃来ます!というリザの声に、咄嗟に手パンで壁を錬成するロイがまた良かったー。
見事攻撃を防ぎましたよ。さすがロイだよ。やっぱり真理の扉開くだけのことはある錬金術師だよね。
こいつは便利だな、って言うロイがまた格好いいんだ…。
 
アレックス達も小人に猛攻。
それを見るグリードは、小人の力さえあれば世界は全部自分のものに出来ると笑う。
生まれてからずっと続いていた渇きが、世界を手に入れれば治まるかもしれない。
だがリンは、おまえの欲しいものはそれじゃないと言い放つ。
しかしグリードはその言葉に耳を貸さず小人のところへと向かう。
…空っぽを埋めたいという気持ちは、解らんでもない。
心の中に常に空虚さがあればそれはさぞ痛いだろうと思う。
穴が空いていれば塞がない限り、注ぎ込まれても流れていく。
グリードは得ることで塞ぎたかったんだろうな。
何故前のグリードが小人に反旗を翻さずおとなしくしていたかは、デビルズネストという存在によって、その穴が埋まっていたからなのでは。
 
小人への攻撃は続く。
イズミが壁で囲んでロイが焼くんだけど、ここでロイが「蒸し焼きだ!」って言ったのに違和感を覚えた。
見えてないのに…。
リザさんに教えてもらったと考えるしかないですが。
しかしそれでも小人は倒れない。
小人を守る防護壁を何とかしなくては…!
そこにグリードが登場。
直接小人に拳を打ち込むグリード。
ところが小人はグリードから賢者の石を取り込もうとする。
しかしそれもグリードの計算だった。
逆に神の力を取り込もうとするグリード。
…って、あれ?
ここエドとのコンビネーションだったはずなのに…!
えぇぇぇぇこの改変はないでしょ!!
原作ではエドに協力したみたいになってるのに、アニメではエドがグリードを助けようとしてるみたいになってる。
この改変はグリードファンとして納得いかない。
グリードが協力した=皆と仲間になった、ってのがいいんじゃないのかー!!
ここはグリード好きとして断固抗議する。
どうでもいいけどグリード腕一本で空中で止まってるんですが、そこ突っ込んでもいいですか(笑)。
あああ…エドと協力してるのが好きだったのになぁ…。
 
そしてエド、イズミ、アレックスから猛攻を受けた小人は、皆を一斉に吹き飛ばす。
エドの右手の機械鎧がそれにより大破。
それでも諦めない三人。
その時、小人が素手でエドの攻撃を防御する。
とうとう限界が来たのだ。
ここの小人の服がヤバいと思ってすみません。
いやだって腰がさ…ギリギリっていうかさ…どこ見てんだよ。
 
目を見開いて悶絶する小人。
神を抑え切れなくなった小人が地に伏すと同時に、凄まじいエネルギーが小人から放出された。
吹き飛ぶ一同。
ロイアイも…あれ、当ててんのよ(違)は…?
二人はどこへ吹き飛ばされたんだ…。
せめてここで抱き合っててくれれば…って無理に決まってるよ解ってるよ…。
アルがちゃんとメイを守ってるのが泣けます。
 
そして起き上がった小人は新たな賢者の石を求め、エドに目を付ける。
エドは左腕に鉄筋が刺さって逃げられない状態。
他の面々ももはや声しか出せない。
アルは必死に兄を助けようとするが、もう体が動かない。
そこでアルははたと気付く。
兄さんは右腕と引き替えに自分の魂を戻してくれた。…ならば、逆も可能なはず。
アルはメイに頼む。道を作ってくれるだけでいいと。
けれどそれが何を意味するか知っているメイが、すぐに承諾出来るはずもない。
それでもアルはこんなことを頼めるのは君しかいない、と懇願する。
とうとう苦渋の決断を下すメイ。
ああ…ここ本当に辛かっただろうな…メイ…。
メイの泣き顔が辛かった。
それでもメイはアルの頼みを聞き入れた。
優しいメイにはどれほど辛い決断だったろうかと思う。
本当にいい子だよ…アルメイいいじゃないか…駄目だ最終決戦でかなり好きになってしまったこのカプ。
 
小人がエドにあと少しのところまで迫る。
…とその時、エドの右手部分にクナイ(でいいのか?)が刺さる。
ここでこの音楽かー!
アルの意図に気付いたエドは目を見開く。
止めろと声で制止するエドに、アルは手を天にかざして言う。
「勝てよ、兄さん」
そしてアルは両手を打ち鳴らした…。
このシーンで、「まるで神への祈りじゃないか」を思い出しました。狙ったのか?
 
扉の前まで来たアル。
鎧のアルが己の肉体と手を握り合うと、鎧は霧散し、魂の入った肉体は微笑んだ。
目の前にいる真理が、アルに問う。
あいつはおまえを取り戻しにくるか?
アルは躊躇なく答えた。
「来る、絶対に」
霧散する真理の右腕。
何を犠牲にするか楽しみだ、と不敵に笑う真理。
もうここ泣いた。アルの自信満々の瞳が泣けた。
信頼してるんだよな…でないと怖くて出来ないよなこんなこと…だって死を意味するんだぞ?
うわーん(泣)。
 
戻る感覚に恐る恐る右を見るエド。
おー、ちゃんと右腕の方がガリガリになってる。
付け根が痛々しい。色が…。ってまだボトル一部付いてるっぽい? それとも名残?
馬鹿野郎と叫びながら、エドは復活した右手を動かして両手を打ち合わせる。
繰り出されるエドの攻撃に吹き飛ばされる小人。
続いてエドは自らの右腕に刺さった鉄筋を抜き取り、小人への猛攻を開始する。
うわ痛い痛い痛いエド抜いたよ!
血がー絶対痛いあれー(涙)。
痛みより怒りの方が大きかったんだろうな、エド…。
 
エドの攻撃が小人に効いていることを知り、声を上げる仲間達。
行け!
口々に叫ぶ皆をじっと見るグリードに、リンは言う。
「おまえが欲して止まなかったのは」この先御免聞き取れなかった…残念。
グリードは答える。
「ああそうだ…俺が欲しかったのは、こいつらみたいな仲間だったんだな」
ここでグリードのなんともいえない微笑みをちゃんと見せてほしかったところ。
やっと解った。そういう顔を全部映してほしかった。
グリード大好きだからつい拘っちゃうんだよな…。
 
小人を殴り飛ばしたエドは言い放つ。
「立てよド三流!オレ達とおまえの格の違いってやつを見せてやる!」
ここで以下次週。
ちゃんと俺達って言ったね。うん良かった。
しかし今週は…アルの決意とロイアイ要素の削られっぷりに二重の意味で泣いた。
どや顔は? 肩抱きは? あのどこまでも二人寄り添ってますな共闘は?
あそこで二人が寄り添うからこそ二人の信頼関係がさ…なんというかさ…つまりロイアイ見せてよスタッフぅぅぅ!!!
先週あんなにデレてくれたのにー!!
これが…先週の対価か…orz
先週のぷるぷるリザたんの対価は、今週の肩抱きだったわけですね。
いや対価大きすぎるだろ!!
その分スポブラに期待してよろしいか。
だって二人の会話…もう…ないよね…orz
この分だと、FAのロイアイはマジで上司と部下EDに見せるつもりかね…。
写真からいくとその方が自然なのかもしれないけど…じゃあ先週のやエンヴィー戦はなんだったのよ、と。
 
来週は扉が開く(帰りの方)までかと思ったけど、それではあまりに切り方が…なので、エドが何を対価にするか迫られたところで以下次週になると予想。
引きとしてはそのくらい?
そこまでは行かないのかな…どうかな…。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

コメント

プロフィール

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード

ブログ内検索

過去ログ

2018年 06月 【4件】
2018年 05月 【3件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

右サイドメニュー