月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

今週はコミックス未収録分なので、比較は殆ど無しです。
ざっくり感想ですが、宜しければ以下リンクからどうぞ。
 
 
 

拍手下さった方、有り難うございました…!
最終回感想に続々と拍手を頂いていて嬉しいです…ほろり。
コメントレスが遅れていて申し訳ありません。改めて必ず…!
沢山の方に見て頂けていたんだと涙してます…有り難うございます。
 
 
-----FULLMETAL ALCHEMIST「神を呑みこみし者」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
まず兄弟が、昔錬金術を勉強してたシーンから。
「完全な存在=神」じゃないのか、というエドの意見。
結果的にその通りになったわけですね。
 
そして小人が神へ手を伸ばす。
OP抜きでいきなりスタッフロールがいい演出。なんか映画っぽい。
 
目を覚ます人柱5人。
まず皆の心配をする大佐に涙…ほろり。大佐本当にこういうとこ優しいよな…。
顔が若いのに声がおっさんな小人に笑いました(笑)。いや御免。声優さんは何も悪くないです。小人が悪い。若作りしすぎだろ(笑)。
今回作画が凄く綺麗だと思いました。もう全部通して気合が伝わってくるような!
小人がとうとう「手に入れたよ、神を」茫然とするアルと驚くメイが可愛い。
この国の人口は…と説明するロイになんかキュンと来た。
ちゃんと知ってるんだね…って当たり前なのかもしれないけど。
 
エドが錬金術を使おうとする、が、指でトン、と椅子を叩いて即錬金術を封じる小人。
小人は掌で太陽を作る。だが…
「既に逆転劇は始まっているんだよ」ホーパパ超格好いい…!!!
何このパパン。格好良すぎじゃないですか。うぉぉ!!!
 
逆転の錬成陣発動。動き出す各地のクセルクセス人。
「ホーエンハイムの頼みだし」が泣ける。
それまでホーエンが対話してきたこれが成果なのですね…。
点は配置済み。円は…「日蝕によって大地に落ちる月の影さ!」
その為にここに来たんだよ、とか叫んで対峙する二人が格好良すぎる。
ここの演出凄く好きだー。
 
小人から出て行く無数の魂。
ここ壮大で音楽も相まって鳥肌立った!
映画館で見たいくらいの迫力だったなぁ。
そしてなんとここでOP! うわぁこう来るか!
魂の戻ったみんな。
苦しみの渦の中に…って言ってるウィンリィの顔はイマイチかな…?
 
小人の反撃。
それを弾き飛ばすホーパパ。
この弾き返した攻撃が後にスカーを助けるんだなぁ…凄いよなぁ。何が幸いするか判らんというか牛先生が凄い。全て計算してのことですか。
防御の陣を張っていたメイ大活躍。最終決戦のMVPの一人はこの子だと思う(笑)。いや、みんなMVPかな。
子供達に支えられて奮起するホーパパに涙…。
良かったね…本当に良かったね。親子泣ける。
 
スカー対キンブラ。
ここのタッチは粗くて格好いい!
スピード感もいい。大満足。
ボトッと落ちるキンブラの腕が…血が…うぉぅ。
しかしスカーも反撃されて大きな傷を…うぅぅスカー死ぬなよ!
とうとう倒れるキンブラ。
そこにランファンが…。
出ました名台詞「あれは私が選んだ女だ」。
愛だの悲しみだの下らん言葉を垂れ流すな、王たる者の伴侶とは、というキンブラの言葉に、本誌ではリンランを重ねたんだけど、アニメでは将来大総統になったロイアイを重ねて苦しくなってしまいました。
勿論あの二人の間だって遺言なんて必要ないんだろうけど、終わりを想像したくないというか…。
 
キンブラ死亡。
よい人生であったよ、という言葉に泣けた…。
本当によい人生でしたか。いや本人が満足ならそれでいいんだけど。
それだけのことが、ほんの少し最後にレールを外れたという事が、ブラッドレイにとっては人生を良いものだと思えるほど大きなことだったのかと思うと…それだけなんて言っちゃいけないんだろうけど、でも切ない。
自分の思い通りにならなかった人生…。でも最後だけは自由になれた人生…。
この最期は良かったです。
 
瀕死の中錬成陣を発動させるスカー。
そして錬金術が使えるように。
やっとエド達の反撃開始!
アイキャッチはキンブラとスカー兄弟。どれも格好良かった。
最終回CMはなんとエドとアルの台詞。
な、泣かせるじゃないか…!
うわぁんもう駄目だたまらん。・゚・(ノД`)・゚・。
ハガレン終わったの寂しいよ寂しいよもっとロイアイが自分の幸せを見て欲しかったよぉぉ。
 
スカーが兄の研究の内容を説明。
引き続きホーパパも説明の続きを。
スカー兄天才だなーとしみじみ。どんだけ頭いいんですか。
凄いよ兄ちゃん普通の人間なんだよ。でも国を救っちゃったよ。凄すぎる。
 
小人の攻撃でエドピンチ。
と思いきや、ホーパパがさっと庇ってエド危機一髪。
父親だねぇ…(涙)。
グリードも小人を攻撃。存在忘れてた(笑)。いや私グリード好きだよ!?
 
昔グリードが入った溶岩風呂の溶岩を利用して上へ昇る小人。
小人は上に到達して、賢者の石の材料を調達。
ふわって感じが良かった。降臨って感じ。
 
一方、上階ではアームストロング姉弟と中尉が再会。
グリード、イズミ、ホーパパ、アルは小人の後を追う。
無力さを嘆くロイが切ない…(涙)。
ロイのせいじゃないよー…悔しいんだろうなぁ…うぅ。
エドはプライドに捕まり一人残る。
ここで残していけるのも「信頼」ですよね。
 
そして再会キターーー!!!
もう少し「大佐!」って言いながら駆け寄って欲しかったと思うのは贅沢ですか。
「君の傷の具合はどうだ」って心配する大佐も超萌えたけど、
「また貴方は…! ご自分の心配をなさってください! 目が…!」のリザさんが可愛すぎる。
痛そうな顔、恐る恐る伸ばす手、可愛いぃぃぃ!!!
この泣きそうな顔…!!
「また貴方は…!」でご飯3杯いけるとオモタ。何度見たか判らん。
そして「君はまだ闘えるか?」「……っ……はい!」のところで中尉が一個人から補佐の顔になるのが最高に萌えた。
これでこそのロイアイ!!
まず先に身体の心配をしあう二人を背中から押してぎゅーさせたいと思ってすみません。
ああもうホント可愛い可愛い可愛いぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!
あまりのリザさんの可愛さに口からなんか出そうになった。多分萌えとかいう名前の何か。
何度見ても「また貴方は…!」の泣きそうなわんこリザさんから「はい!」の副官リザさんへの移り変わりが可愛すぎる。
リザはロイにとっての鷹の眼だけど、その眼にはロイしか映ってないよ、みたいな。
「目が…」って手を伸ばす時の顔一時停止したよ。最高に良かった。
もうリザさん可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い…しつこくてすみません。
 
グリードの錬金術を使える奴は楽だなみたいな台詞はカットされたんですね。
上階へ上るのが原作より軽やかではないですか?(笑)
そしてラースの死骸発見。
「腹が立つ」の心情は未だに測りかねるなぁ…。
でもしんみりとしていて雰囲気は良かった。
 
一方プライド対エドはエド劣勢。
プライドはエドの中に入り込んで、器を手に入れようとする。
縛られてるエドのポーズがなんとも(笑)。ここで笑っちゃいかんか。でもなんか…こう…。
どうでもいいけど顔からはみ出てるプライドが怖いです(笑)。
苦しむエド。ピンチ!
しかしここでキンブリー登場!
「怨磋の声など、私にとっては子守歌に等しい!」
「貴方、美しくない」
最高だキンブリー(笑)。
徹底した己の美意識に従って行動するキンブリーカッコイイ。
「殺される…!」「貴方はエドワード・エルリックを解っていない!」
おまえなんでそんなに偉そうなの(笑)。
ああホントキンブリーも良かったなぁ。ここ音楽も良かった。
 
最後にプライドの頭に浮かんだのがブラッドレイと夫人の姿というのが切ない。
「ママ…ママ…」という声が可愛くてよけい切なかった。
ただここの流れはちょっと早すぎる気はしたけど、こんなもん?
かなり駆け足な気がする…。
 
ここでED。
来週共闘来るか…!! ドキドキするなぁ!
うわぁこれはもうテレビから目を離せない!
最終回CMがまた泣ける…。
メモリアルクロックの時刻が611なのはロイアイですか。
いや普通に考えれば、最終回の発売日が6月11日だよってことなんだろうけど、もはやロイアイをメモリアルに刻んだとしか思えない。
来週は「中尉が必要だ」「中尉が必要だ」「中尉が必要だ」(リピート)。
「君を失う訳にはいかない」といい、君変換して「君が必要だ」とかに直したらもうこれ告白としか思えないんですが実はもうこれプロポーズなんじゃないの?
 
あああでもアニメで弱リザ見せてくれて有り難う有り難う!!
私は「ロイに関することだけ」弱気になり「ロイの前でだけ」泣きそうな顔を見せる弱リザ超推奨派です。
少数派でもいい。そこに萌えがあるなら。強いけど弱いリザさんが好きだ。
対するロイの強さはどこから来るのか教えてほしい。
っていうかおまえら自分も幸せになれ。
見てるこっちがこんだけ悔しいんだから、エド達幼馴染三人組も二人に怒ってもいいと思う。
自分達も幸せになれよ!って。
是非怒ってあげて下さい。
自分達の幸せを捨てている二人を見ているのは、二人が好きな人達にとって辛いんだよ、というね。
本当に、幸せになって欲しいんですよ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/430-d830cd1d