『鋼の錬金術師FA』第53話「復讐の炎」感想

またも一日遅れの感想ですみません。
ちょっくら遠出してました。
その辺のレポはまた余裕があれば出来たらいいなと思っています。
 
それでは今週(もう先週か)の感想です。
いよいよホノレン回ですよ! 燃えるよ!!
宜しければ以下リンクからどうぞ。
 
 
今回のハガレンFAは原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
(2009/08/12)
荒川 弘

商品詳細を見る

-----FULLMETAL ALCHEMIST「復讐の炎」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
場面はクーデターに騒ぐ中央の様子から。
夫人がラジオ局でトークしてくれてます。クーデターを正当化する重要な役割ですな。(勿論夫人にそのつもりはないんだけど)
今回は、あまり原作から外れない程度にきっちりやってくれた印象。
 
「マスタングか!」という台詞でニヤリと笑うハボが嬉しそうで笑ってしまった。
ハボだって離れていても仲間だよね!
夫人は大総統が行方不明と聞いて気を失いかけて倒れたり。原作より弱々しい?
心臓がもつのかな、とちょっと心配してしまう…。
大事な息子の安否は判らず、愛する夫も行方不明となれば、本当に気が気じゃないというか、普通の人なら当然の反応だよね、これ。
ブレダの知略は見事だと思うけど(増田が不在でもしっかり働いてくれる良き仲間って感じ)、夫人はなんだか利用されて可哀想に見えてきます。
 
「身動き一つとれません」の嘘八百はアニメで見ても最高ですね!(笑)
ラジオ局の人間が超楽しそう(笑)。
そしてマリアの声に驚くデニー。
すっごい嬉しそうだなぁ(笑)。そりゃそうか。
さあ、ロイに感謝してもらおうか(笑)。
 
「みんな大好きなんだから、『正義』が」としれっと答えるマリアが可愛いですねー。えへへ。
マリアさんも国外逃亡を経て少し強かになった印象。勿論いい意味で。
この人ホント好きです。女は度胸!(笑)
 
町ではイシュヴァール人が情報による印象操作を実行中。やるなぁ。
ここの音楽もいいんですよね。なんか皆で協力してどんどん事が大きくなっている感じ。
一人の力じゃなくて、全員が一つの目的に向かって協力し合ってるのがよく判って好きです。楽しい!
 
「戦車でも持ってこない限り、ここは…」ドーン(笑)。
ここほぼ原作の雰囲気通りにやってくれて嬉しかったな。
中の人が無事かどうかはちょっと気になるけど…。
 
そしてとうとう来ましたー! ロイ!!
もー、焦らされた!(笑)
「なにやら新しい仲間も増えているようだが…ん? スカー?」という台詞が挿入されてますね。ふむ。
ここでこの台詞を入れたってことは、後で初対面みたいになっていた原作のところは修正入れてくれるんでしょうか。ここはコミックスでもどうなるのか気になってるんだよね。
この場面で一度会ってるから、この後の初対面みたいな台詞はないだろうと。
修正されてればいいけどなー。
 
「素直な涙」キター!!!
ちょ、めちゃくちゃ嬉しい! ちゃんとやってくれた!!
これをやるのとやらないのとでは大違いですよ!!
アニメでもしっかり入れてきたということは、やはりこの台詞には意味があると考えて宜しいか。
ふふふふふ。原作のこれからが楽しみだ!
あれ。でも照れ顔…は…?
ツンデレのデレはどこへ消え…ました…か…?
つ、ツンしかないんですけど…!
リザさんはね、リザさんは、もっと…こう…可愛くてね…!!
やはりこれもロイが「中尉のデレ顔を見るのは私だけでいい」とか言ったんですねわかります。
独占欲強いなぁもう。増田め、しょうがないなぁ。(仕様がないのはおまえの頭だ)
「シカト!?」も無かったから妙に寂しいですね、ここ…。
勿論冷静なリザさんも凛々しくて萌えるんですけども。でも寂しいorz
 
「また? そんなのばっかり」って言うリザさんは可愛かった!
この時点ではロイより真面目に闘う気満々なのに(笑)。
 
人形の考察をするロイはちょっと新鮮でした。
しかも足だけじゃなくて全部消し炭にするって…原作よりやりすぎ…。
ここで焔の威力を見せておこうってことなのか?
しかも「これは敵だ、鋼の」と窘めて、その後エドの複雑そうな表情を映すことで、エドが人形にも情を掛けて殺せないでいた、という解釈にしている。
どんな姿形をしていても人間とみなすエドと、非情に割り切れるロイという対比にはなっているし、それは正しいとも思うんだけど、はたしてここでそれを強調する意味はあったのか。
私は別にどっちでもいいんだけど(笑)、なんとなく引っ掛かりはしたかな。
 
上から落ちてきたエンヴィー、しっかりむせてる(笑)。げほごほ。
ここからエンヴィーのべらべらトーク開始。
「イシュヴァールを地獄にした錬金術師だよ?」ってのはちょっと原作とニュアンスを変えてきましたが、まあそれはそれで。…んなこたわざわざ言われなくても本人達が一番痛感してるよと思いましたけど。あんまり蒸し返さないであげて欲しいんだけどな。
 
ここでのロイの「バカ」という言い方が気になりました。
わざと挑発しているというよりは、本気で言ってるように聞こえるんですよねぇ…。
シリアスなシーンだからそれでもいいのかもしれないんだけど、この辺のロイは原作ではまだ余裕があるように見えるから、エンヴィーと本気で喧嘩しているようには見せて欲しくなかった。
あくまでも上の立場から見下ろす感じで偉そうにしているロイが好きだったんだけどなー。
この辺作画もちょっと微妙ですし、うーむ、と唸ってしまいました。
まあ、ロイの出番があるだけで嬉しいんだけど(笑)。
 
マリアさんの事を楽しげに話すエンヴィーに「ベラベラとうるさいぞ、バカ」ってロイが言うシーンで、リザさんがロイを見ている描写がなかったのは寂しかったな。あそこの表情好きなのに。
二人共事実を知ってるから、エンヴィーの言うことをまるで無視できるっていう、そういう裏の事情も全部知ってる夫婦的なね…。うーん、贅沢かな。
 
でもヒューズを殺したのがエンヴィーと知ってすぐ臨戦態勢を取るリザさんはラブ。
エンヴィーの切れっぷりが結構良かった。さすがは高山さんか。
グレイシアさんに化けて嘲笑する辺りは鳥肌立ちましたよ。というか寒気がしたというか。
ホント見事にえげつなかった。
豹変するロイの表情もいい。辛いけど。凄く辛いけど。
ヒューズがどれほど…と思うと、ここでロイが激怒するのも当然ですよね。
 
ここからのロイの作画は、かなり良かった印象!!
三木タングの声は想像していたよりドスが足りないというか、迫力という点でちょっと物足りないかもと思うんだけど、切れた表情はちゃんと描かれていたので、ロイの恐ろしさとか冷徹さとかSっぷりはいい感じに出てたと思います。
三木タングは元々そういう声ですしねー。それでも恐ろしさは感じられたですし、闘っている最中の演技や作画はかなり満足でした。三木タングも好きだしな、私。
もーーーホント格好良かったー!!
辛さを伴う格好良さなんだけど、でも御免ね格好良かった! ぞくぞくした!
何よりもこのシーンをアニメで見られたのは最高だ!
 
さて、CMは師匠物語が新着。
何の番組かと思ったよ、最初(笑)。
想像以上にしっかりと雪山修行風景をやってくれるみたいでかなり見たい(笑)。面白そう!
あとはパシフィコ横浜のイベントDVDのCMも来ましたね!
これは私も見るよ。うふふ。
 
「こいつは私の獲物だ」「よく燃えるじゃないか」の顔が格好良かったー!
いい感じに黒い。どれもこれも表情がいい!
ただね…「ゆけ、エドワード・エルリック。おまえにはやるべき事があるはずだ」って台詞は何か違和感あったなぁ。
ここでのロイは、もうエンヴィーしか見えてないと思うんだよね。
それでも中尉には「下がってろ」って命令するんだけど。そこがまたいいというか、中尉はしっかり認識してるんですね! という新たな萌えが…のはずだったのになー。
切れる前もこの時もそうなんですけど、原作よりロイがエドに対して言葉を掛けてる感じですね。
やっぱり主人公を立ててる感じかな。
あくまでもFAは「エドが主人公」と強調したい印象。
 
スカーとエドの会話を経て、再びロイの戦闘シーンに。
戦闘というか、もう一方的な攻撃なんだけどね。
エンヴィー、ヒューズの顔で嫌な笑いをするなー。ヒューズさんはそんな顔しません! そりゃロイも怒るわ。
マジでカッコ良すぎです、ロイ。
もうこの辺は本気でホノレンですね(笑)。
ロイが何故ここまでヒューズの敵を執拗に討とうとするのか、何故ここまで激昂するのか。
これは以前HPで語ったので割愛します。
ブログに載せたかどうかちょっと覚えてないので、改めて別記事として載せますね。
宜しければご参照下さいませ。見方としてはかなり極端とは思いますが。
 
エンヴィーの思考はロイの台詞に変更されたんですね。
まあ、敵に自分の能力を説明するのは王道だとは思うんだけど(笑)。
「私の技を見くびるな!」も格好良かったんだけど、ロイがいい気になってるように聞こえて何だかな…。
別にエンヴィーの思考か台詞にしといても良かったと思うんだ。
 
「命令に背きます」は良かったですね! リザさんらしい!
ロイが行っちゃった直後の顔も、「どうしよう…命令されたし…でも心配だから付いていきたい…」みたいな葛藤が透けて見えてにやにやしてしまいました。にやにやによによ。
可愛かったなー、リザさん。
 
さて、ここでエンヴィーがリザさんを発見してニヤリ。
そしてリザさんとロイが遭遇。
どっちがエンヴィーでどっちが本物か判らなくしてるのは面白い。
「私の傍を離れるなよ、中尉」に「来たからには手伝ってもらう」という台詞を追加することによって、ますますミスリードしやすくなっている印象。原作の方が不審に思いやすい気がします。
 
そして来週!!
キターーーーーー!!!!!
いよいよ来ますか!!!
「リザって呼ぶのよ」※ノロケ
「君を失う訳にはいかない」※プロポーズ
「焼いて潰してください」※抜かれていた過去編
うわああああああ!!!!! 目白押し!!
どこまで詰め込む気ですかFAスタッフさん!
作画も結構期待できるんじゃないですかうふふふふ。
ら、来週こそはテレビに齧り付く! 全力で見る!!!
楽しみすぎます。
あぁぁぁもうホント待ちきれない!!
この期待度をどうしてくれような感じです。
ロイアイ最高だー!!

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

もっと客観的に書きなさいよ
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle