『鋼の錬金術師FA』第50話「セントラル動乱」感想

今週は結構原作に忠実だったような印象。
それでは今週の感想です。
宜しければ以下リンクからどうぞ。
ただ、未だ原稿真っ只中の為、ちょっと簡単かも。すみませんorz
話をね…増やしたら〆切がギリギリになっちゃったんですよね…。
 
 
最近レールガンとfripSideにハマりました。
最終回良かったー!
「教師が生徒を諦めるなんて出来ない!」は熱かったです。
 
あとクェイサーにハマってます。
面白い…!
ボイン好きにはたまりません。
ディレクターズカット版買いたいけど、そんな余裕はない…前に、そんな勇気はない(笑)。
でもテレビは見てます。テレサちゃん可愛いよテレサちゃん。
 
 
拍手下さった方、有り難うございましたー!
ここでレスしてすみません。これを逃すといつ出来るか判らないので…。
感想楽しみにしているとのお言葉、凄く嬉しかったです。有り難うございます!
励みにさせて頂きますねー!
これからもマイペースですが、頑張りたいです。

 
 
今週のハガレンFAは原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 22 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 22 (ガンガンコミックス)
(2009/04/11)
荒川 弘

商品詳細を見る


そうそう、ゲームもノベライズされるそうで!
うわーー絶対買う!!
ロイアイ満載だといいなぁ。お願いしますよー!
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 暁の王子-黄昏の少女鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 暁の王子-黄昏の少女
(2010/04/22)
町田双路

商品詳細を見る

-----FULLMETAL ALCHEMIST「セントラル動乱」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
さて早速先週の続き。
撃たれたかと思いきや、反対に敵(軍人)を撃ったのはかつての部下、チャーリー達だったというオチ。
チャーリーの顔がちょっと変かなと思ったけど、いよいよ合流しましたよ!
ここで「お久し振りです」という台詞を挟んでくるって事は、打ち合わせ無しのぶっつけ本番?
それとも、通信だけはしていたのか…(フュリーがこっちです、って原作で誘導していたし)。
この辺は原作でもややこしいんですよね…。

ロイの「聞きたかった言葉ではあるが…」という台詞は、口にしたのではなく思考にしたんですね。しかも続きがない。
結構好きだったんだけどなー「聞きたくなかったな」。この時のロイも格好良いんだよね。
しかし夫人は辛いだろうなぁ…状況は判らないし、なんでこんなことになってるのかも理解出来ないだろうし。
 
大佐の焔が走る走る。
導火線がパリッと走ってドン、と爆発する様子が凄く格好良かったー。
そして死亡者0。
この結果は、私はロイは無駄な犠牲を出したくなかったんだと思っていましたが、後に牛先生のインタビューで、後々自分(ロイ)が大総統になった時の為ということが判明。
その強かさにまた惚れ直したものですよ。ふふ。
 
そして出たー!!!
「『イシュヴァールの英雄』と『鷹の眼』」!
セット! セット!!
いやぁもう、この二人が揃えば無敵ですね。セットでね。セット。(しつこい)
そう言われてみれば、増田組の戦力ってホント強力だったんだな。
 
さあ、オリヴィエ様行動開始。
ここで「たった一人の反逆者に司令部を氷漬けにされかかった」と入れてくるとは思いませんでした。
特に入れる必要もないかな、と感じたので、それだけあの1話に意味を持たせたかったのかなーと個人的に感じた部分。
 
キターー!!
「上っツラで私が育てた兵を語るな」
目の前がゴゴゴゴゴと明るくなっていき、いよいよ姿を現すブリッグズ兵。
うわぁぁぁここサイコーーー!!!
音楽も演出も最高でしたーー!! 大興奮だった!
ゾクゾクしましたよー!
北関係は何故こんなに格好良いのか。
ここは何度見てもいいな。好きです。
 
さて増田組はいよいよ弾切れ。
自決用という台詞は抜いたんですね。まあ、不要といえば不要か…結構好きだったんだけどな。「自決するつもりないくせに」(笑)。
「そこは『最後までお供します』じゃないのかね」もやってくれて嬉しかったー!
ロイの情けなさそうな声も良かった(笑)。
そして隠れている敵をドン、ですよ! あぁもう格好いいなぁロイ!
 
ピンチのところで補給部隊やっと到着。
…って、え…やっと…?
「レベッカ、遅刻よ」…遅刻…だと…?
原作では、これ、レベッカが来るとは思ってなかった…よね…?
そこへタイミングよくレベッカが来てくれて、こんなにも大佐に協力してくれる人が次々と集まってくれたんだよ、っていう熱い展開だよね、ここ…。
それを最初から計画に組み込んでたみたいに変えるのはどうなんだろうなぁ…。
確かに原作そのままだと、ロイ達はホントどうするつもりだったんだろう…無計画すぎないか…? という疑問は出てくるんですけどね。
 
マリア・ロス少尉帰還!! おかえりーーー!!!
大好きだマリアさん!!
そしてトラックに乗り込むロイ達。
隣同士!! 隣同士!!!
ロイアイ二人が同じ画面にいるだけで萌えます。おいしいなぁこのアングル!
ロイが無理矢理間に入ってる感じが失われていたのは残念でしたが…。原作ではもっとぎゅうぎゅうだったよね…?
この時のロイはリザさんと片時も離れたくなかったんだよ、と信じて疑っていない私。
 
さあ、キターー!!
来ましたよ、ハボックーーー!!!
大佐がまたすっごい嬉しそうなんだよなー(笑)。
アイキャッチもマリアさんとハボで格好良かった。
ただ、この辺原作ではかなりゾクゾクしたんだけど、アニメは普通にわーいと思って見ちゃったかなぁ…何でだ? 展開知ってたから?
 
DVD8巻イシュ戦のCMは何度見ても辛い。
って、パンドラハーツ11巻発売ですか! 知らなかった! 買わないと。
 
エド達が市内へ出発。
アルとエドのゴン、ゴン、と拳を打ち合うシーンはやっぱりいいですね。
そしてセリムはトントンツー。
 
またもオリヴィエ様のターン。
「もうダメだな」も含めて、言い方がまたいいんだよなー。
オリヴィエ様の声優さん、最初は「ん?」と思ったけど、超ハマってると今では思ってます。カッコイイ!
 
そしてデニーも動き出しましたよー。
悪魔(笑)。
ロイが誤解を受けるのはやっぱり嬉しくないので、早く誤解が解けてほしいと何度見ても思ってしまう。
マリアさん今近くにいるんだよ、デニー(笑)。
 
地下の気が広がっていると気付くフー爺さん。
って、セリムの目が光ってるの怖いよ!(笑) 赤だよ!
 
エド、第三研究所へ。
非道エド(笑)。スカーとばっちりで可哀想…(笑)。
「おまえひどいね」もキッチリ入れてくれて嬉しかったー。
研究所の人達は何が何やらだろうなー。
子供とおっさんと指名手配犯のパーティーがいきなり乗り込んできたんだから(笑)。
で、エドの錬成する扉はやっぱり趣味が悪かったとさ(笑)。
もはや誰も突っ込まない…それとも画面に出てないところで突っ込んでいたのか?(笑)
 
二手に別れて行動。
「若い娘さんの方が嬉しいの」もやるんだ(笑)。
別れる間際の意味深なエドの表情がちょっと気になる。
「ありがとうございまス」と素直にお礼を言うランファンも可愛いなー。
ホーエンカッコ良すぎるだろ!
 
ここでとうとう人形が動き出す。
って怖ーーー!!! 怖い怖い!
「きゃああああああああ」って叫ぶ顔が断末魔のようだ…。
予告の人形も怖すぎるーー!! ひぃぃぃぃ。
闘う気力すらも奪われそうだよ、これ…。
 
予告ではエドの目バリが気になりました(笑)。
次はアルとエドかな?
しばらく増田組の出番はまたお預けですかね…。寂しい。
是非照れ顔はやってくださいと祈りつつ、再登場を座して待ちます。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle