『鋼の錬金術師FA』第44話「バリンバリンの全開」感想

拍手下さった方、有り難うございます!
凄く嬉しいです。いつも励みにさせて頂いてます。
最近アニメ感想の方が少し遅れ気味ですみません。
ぼちぼち続けていけたらいいなと思っています。
 
それでは今週の感想です。
今回はギャグ成分をかなり抜かれていた印象かなー。
宜しければ以下リンクからどうぞ。
 
 
今週の鋼FAは原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
(2008/08/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

-----FULLMETAL ALCHEMIST「バリンバリンの全開」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
ホーエンとアルの再会。
気まずい空気が流れているところへ、ホーエンは名を呼ばれて手伝いへ戻る。
って「ホーさん」って言われてるし!
何でそんな親しげに略されてるの!?(笑)
リオールの現状を見て、アルも手伝うことに。
この辺細かいアレンジが多いですねー。
いきなりロゼにウィンリィをお願いって、アル結構厚かましいというか(笑)。
 
湯舟ウィンリィはしっかりやりましたねー。
身体の線とかうっすら出てて色っぽい。
これをリザさんで見たいと思ってしまった(笑)。きっと更に色っぽいに違いない。ぐふふ。(怪)
ウィンリィも十分スタイルいいですけども。羨ましい(笑)。
 
ロゼとウィンリィの会話。
女の子同士っていいなー。かわゆい。和む。
「御免なさい。アイツいつもそうなんです。何でもうちょっと優しくなれないのかなぁ」
「優しかったわ。あれがエドの優しさ。貴女も解ってるんでしょう?」
(ウィンリィ赤面)
…何だこの演出!!(笑)
何でこんなエドウィンなんだよー(笑)。何故このラブっぷりをロイアイで(ry
 
中央の地下に迷い込んだビドー。
ここでのビドーの行動は大分削られてますね。
まさかオリヴィエとすれ違うとは。
時間軸的には間違ってないけど、面白い改変だなーと思って見てました。
キメラ達に「ナカマ!」って言われるビドーも見たかったけど。あれ可愛かった(笑)。
そしてグリードと出会うビドー…。うぅ。これからが辛いんだ。
 
アルとホーパパの会話。
ここの緊張感とかは結構良かった。
ホーパパの、子供達に全てを話そうと覚悟を決めた感じも伝わりましたし。きっと勇気が要ったんだろうなぁ。ただでさえ不器用そうなのに(笑)。
でもこの二人だと穏やかでいいですね。話も進みそう。エドとじゃまず喧嘩腰だからなー(笑)。
 
銀行で金を下ろすゴリさん。
そして病院での一悶着。
医者夫婦の活躍を削られたのは残念でした。
「先生方もようやるわ」ってところ、楽しくて好きだったんだけどなー。
でも他の流れは良かった印象。
この時点ではまだチビに反応してるエド(笑)。
 
アイキャッチのひよこウィンリィが超可愛かった!
 
人質と見せかける為に人形のようにされるがままのエド(笑)。
怯む軍人さんが可愛い(笑)。見事な騙されっぷり。原作よりは弱いけど。原作のノリのままやるのはやっぱり難しかったのかな。
逃げるシーンは割と忠実だった印象。
しかしエドセンスの車、カラーリング超趣味悪い!!!(笑) 紫…ゲテモノセンス(笑)。
さて、これからどこへ行こう、アルならどこへ行く? と思案するエド。
 
当のアルは、ホーパパから全てを聞いて思考停止。
この辺も結構削られてましたね…残念。
「友達が先に逝ってしまうのが嫌だな」が
「大切な人が先に逝ってしまうのが嫌だな」に変えられてるのがちょっとなーと思いました。
前者だと今までホーエンが歩んできた長い長い時間の中で、どれだけそういうことがあったのかな、という気分になるのですが、
後者だとトリシャさんに限定されてしまった印象。トリシャさんの他にもそういう人がいたの? と取れなくもないし。
しかも! しかもですよ!
「俺メロメロ」がないじゃないですかーーー!!!(涙)
これ超楽しみにしてたのに! ホント好きだったのに!!
何故抜いたーーー!!!!!
これ、大事じゃん…orz これがあってこそのトリシャとホーエンの絆って言うかさ…。
あ、もしかして後でやってくれるのかな。だったらいいなー。
せめてトリシャとのラブラブップリは見せて欲しいところ。でないとホーエンが人間に戻りたいと強く決心した切っ掛けであるトリシャへの愛情に説得力が弱くなる気がする。
あと「ボクは夜に一人だけで起きてるのが嫌だな」が無かったのも超残念でしたorz
あれがあってこそ、アルが今までどれだけ一人で寂しい夜に耐えてきて、それでも今強く前向きに進んでいるのかという説得力がですね…あぁぁもうキリが無いけれども。
ここはホント、好きなだけにやっぱりどうしても残念でならなかったです。
 
「皮袋を壊せばアイツを倒せるはず」っての、ハッキリ言っちゃって良かったのかな。
原作では別にそこまで言ってないような…あぁ、でも容れ物を壊せば生きていられないわけだから、間違ってはいないのか。
でもホーエンって、皮袋を壊そうと思っていたようには見えなかったんだけどなー。よく判らんが。
 
太陽神レトを指し示すホーパパ。
上を見れば太陽。それが隠れる日=来るべき日=日蝕、ね。
そろそろ来るかな、伝言ゲーム(違)。
 
グリードとビドー。
ビドーが可哀想で…ここホント辛いです。
知らないってことは本当に、とんでもない結果を引き起こすというか、望まぬ結果を生むというか。
グリードのせいでもないんだけど、それでもやっぱりビドーがあんまりで…。
前のグリードは本当に仲間を大事に思っていたから、それを記憶がないせいとはいえ自分の手で無くしてしまったっていうのも、きっと辛いだろうなぁとも思うし。
後悔先に立たず、なんだよなぁ。
 
グリードとリンの会話。
リンカッコイイーーー!!! いやーやっぱりいいわーリン。
ただここ、ちょっと音楽が合ってない気がするんですが…どうだろう…。
もう少し迫力が欲しかったというか。
大好きなシーンだけに、やっぱり拘りがあったというか。
何かが足りない感が拭えませんでした。何がかは判りませんけども。
あ、原作には無いけど、仲間ってのは魂で繋がってる、ってところで、ちょっとリンの顔が出る辺りに被せてランファンやフー爺さんの顔を回想させるようなカットを入れるとか、上手く言えないけどそういうのあっても面白かったかも。無理かなー。
 
Cパートはブラッドレイを襲撃するグリード。
息子を守ろうとする夫人の態度はさすがだなと思いました。
そしてここで以下次号ならぬ来週。この先を知らない人にはいい切り方だったかもしれない。
 
来週はリザさん来ますかね!
私服! 私服!! そして再会!!!
超期待しているんですが、どうだろー。再来週かな。
あまり期待しても今週みたいに物足りなさが出るので、程々に待っておこうかと思います。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第44話 「バリンバリンの全開」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る リオールにてホーエンハイムと再会したアルたち一行。アルはホーエンハイムに、これまでのいきさつや、エドが現在行方不明になっていることを話す。その頃、ノースシティの銀行に、エドの口座よ...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle