『鋼の錬金術師FA』第42話「反撃の兆し」感想

しばらくロイアイの出番はお休み。寂しい。
管理人はどこまでもロイアイ至上主義なのでちょっと淡々としているかもしれませんが、今週の感想です。
アルとグリリンも好きなんですけどね。
あぁでもやっぱり鋼が好きです。アニメのOP見る度に思う。
鋼が好きだ好きだ好きだ。鋼という作品が大好きだ。
出会えて本当に良かったと思っています。
牛先生に感謝。
そして年単位遅れですが、ご結婚とご出産、おめでとうございますー!
エドやアルみたいに、たくましくて優しくて元気なお子さんに育ってくれるといいですね。と願いつつ。
鋼の今後を見守ります。
…牛先生、お体大切にして下さいね…。
 
 
今週のアニメ鋼は原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)
(2008/03/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

-----FULLMETAL ALCHEMIST「反撃の兆し」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
バラバラに分解されたアル。イキナリか!(笑)
その傍らでマルコーとメイは解読に必死。
この辺はかなり原作に比べてまとめてきた印象でした。
まさかマルコーがアルを組み立てようとするとは思わなかった(笑)。右腕とかちゃんと解ってるウィンリィは、やっぱり機械鎧技師ってことなのか、それともアルと付き合いが長いからか。
ここでのメイの閃きは凄いですよねぇ。
バラバラ。紐綴じ。何度も出てくる意味は同じなのに違う単語。
=一度バラバラにして組み直せば!
なんてなかなか出来ないですよ。思い切りも必要だし。
そして同時に、諦めないアルの姿勢にもグッと来ました。
これも原作にはないんだけど、ちょっといいなぁと思った。アルの不屈の強さが出てたというか。アルの見せ場があるとやっぱり嬉しい。
 
アルの閃きにより、新たなアメストリス国土錬成陣出現。
改めてアニメで見ても、よくそんなの思いついたなぁというか、逆さにしただけであんなに重なり合ったものがよく正確に組み合わさったなぁという感じが…。さすがというべきなのか。
ここまで調べて、明らかにして、更に暗号化して残しておいたって、スカーの兄ちゃんは天才ですよね。エド達に引けを取らないんじゃないか?
 
キンブリーはスカーを追って坑道を進む。
でもちょっと迷い気味。ここにヨキがいれば…なんてな(笑)。
横道を見つけて進んでみればプライド登場。これは怖い。けど怯まないさすがキンブリー。
そしてキンブリーはプライドからブリッグズに血の紋を刻めと命令される。
ブリッグズが一枚岩でなかなか一筋縄ではいかないと理解しているのは恐ろしいですよね。表面上だけ従っているのにもすっかり気付いていたって事かな。嘘吐けんな、こいつには。ひー。
 
マイルズ北へ帰還。おかえりなさいませってファルマンいますけど(笑)。
ここでファルマンはエドが行方不明になったことを知る。なるほど、その為のお迎えか。
伝言はファルマンからブレダへ。
フュリーの状況もしっかりやってくれて嬉しかったんだけど、こうしてアニメで改めて見てみると、相当危機的状況ですよね、フュリー…。原作の時も心配したけど、ホント一寸先は…の状態で恐ろしい。よく無事でいてくれたなと涙が。ホント良かったね。
やっぱり皆揃ってこその増田組なので。
 
スロウストンネル開通。
いよいよお父様の計画も大詰めに。
この辺は淡々と。
スロウスの見せ場はこれからです。これも結構楽しみだ。
思えばこの前の北編から、二人は因縁があったといえばあったんですねぇ。いずれ闘う運命だったということか。
 
リオール。ホーパパ行き倒れ(笑)。間抜けすぎる!(笑)
しかもお嬢さんの笑顔があるとか言ってますよこの人。そうか、アルのタラシはホーパパ譲りか(笑)。
あの短気なのは誰譲りなんですかエド。ホーパパの若い頃か(笑)。(「頭わるい言うな!」)
ロゼが元気そうにしているのはちょっとホッとしますね。
どんな状況でも諦めずに、っていうのがリオールの人はホント強いと思う。
どうせなら趣味の悪い石像もやってほしかったなー(笑)。作ったのはアンタの息子だよ、っていうあれ(笑)。
 
ホーパパvsプライド。
いよいよホーパパの見せ場かと思ったんですが、これ、穴に入らなかったらどうなってたんでしょうねぇ。
手を出せない場所で飄々と威張られてもあまり強そうに見えないというか(笑)。別にホーパパは戦闘に強い、とは本人も言ってないんですが、偉そうにしている分ちょっと間抜けというか(笑)。
それでもホーパパは実は凄いんだと信じておりますけれども。
そして宣戦布告。カッコイイね、父ちゃん!
なんというか、この余裕は絶対負けない、大丈夫、勝ってみせるという自信の表れですかね。
いつでも余裕の態度を崩さないのはある意味頼もしい。
 
ドラクマの開戦宣言。いよいよ血の紋が刻まれる北。
こうして見ると、やっぱりブリッグズは北の砦、国境線なんだなぁとしみじみ。
こんな危うい場所を、ずっと守ってきたんだからそりゃ強くも逞しくもなるわな。オリヴィエ姉ちゃんの言い分はそれはそれでとても正しい。マイルズの厳しさも。
影で暗躍するキンブリー。
ここ、ブリッグズ兵の代わりにドラクマで地の紋を刻むのかっていうマイルズの説明は無くても良かったのかな。無くてもアニメしか見ていない人には解るのかな。謎だ。
ホムンクルスにいいように扱われる人々はあんまりですよねぇ…。ゲームじゃないぞと。
 
今気付いたけど、EDの錬成陣って逆転の錬成陣だった(笑)。今更か、私。
 
Cパートはザンパノ裏切りか? というチクリ電話。
エンヴィーの嫌な笑顔が彼らしくていい感じ(笑)。
いよいよ来ますね、来週。マルコーvsエンヴィー。逆襲。楽しみだ!
そして出ますよ、リザさん!!! やったー!!
ロイアイのどちらかでも出ると盛り上がりが違うからね!
「雪原が赤く染まる。守る為に流された血の色に」って予告、なんとなくいいですね。誰のことを言っているか知っているだけに。
マルコーさん頑張れー!
自分のしたことをきっちり反省して、止まるんじゃなくて前へ進もうとしている、優しくて強いマルコーさんが大好きだ。頑張って欲しいです。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第42話 「反撃の兆し」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る 突如意識を失ったアルを抱え、道中の山小屋へ立ち寄ったウィンリィたち。そこで休憩がてら、メイとマルコーはスカーの兄の書を読み解こうと試みる。途中、意識の戻ったアルとマルコーの会話から...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle