月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

全然時間ありません。
…そろそろ、HDDに録り溜めするのも限界のようです。
全部観る時間が足りないよ…。
とにかく、BLOOD+と地獄少女だけは根性で観ようという感じです。

さて。今回の感想ですが…。
辛い…その上もどかしい。
小夜のヘタレっぷりに、無理ないよ普通の女の子ならと自分に言い聞かせつつ、やはりもどかしさを感じずにはいられませんでした。
とにかく時間も無いので、サクッと簡単にいきます。御免なさい。


ヤンバルに潜入した3人。
デヴィッドを先頭に奥へと進む。
小夜は何だかビクついてる様子。

デヴィッドが先頭か…。
小夜に任せるとか先週言ってたけど、先頭進んでたことでホッとしました。
傍観者決められたらどうしようかと思ったよ…。

一方その頃、米軍はアルジャ-ノの言葉に従い、ヤンバルを空爆する決断を下す。
どうやらデルタ67は、翼手を作り出すためのものらしいことがここで判明。

ちょっ…!そのデルタ67って、先週ジョージが点滴されてた…っ!!(嫌な予感)
しかし、そんなもん作り出す方も作り出す方だが、渡す方も渡す方だよ。

それを知る由も無いデヴィッド達は、何やらパソコンのある部屋へ到達。
デヴィッドはそのパソコンからデータを引き出してる様子。
そこかしこに転がっている死体に怯える小夜。

小夜を支えるハジが…っ!!!
ハジカッコイイよハジ。
どうでもいいですが、デヴィッドがキー解除していた機械が気になります。
接続してピピピッと押すだけででピー(解除)。
…万能キー?
これは機械が凄いのでしょうか、デビッドさんが凄いのでしょうか(後者に期待のデヴィッド贔屓な自分)。
何にせよ、デヴィッドさんはパソコンもお得意のようですよ。

カイとリクはお留守番。
お父さんが帰ってきたら又元通りの生活が出来るよね?と願うような声で話すリクに、さぁなとしか返さないカイ。
どうしてこんなことになってしまったのか…。

小夜がいるからです←身も蓋も無い。
いやいや、小夜のせいだと言いたい訳じゃなくて、事実を。
でも、もっと大元の原因は、アルジャーノ達や米軍、それに指示している者たちなのですが。

ジュリアの元へ、ヤンバルが3時間後に空爆されるという連絡が入る。
それを聞いて驚くカイとリク。
そんなことになれば、小夜達はどうなるのか…。
デヴィッド達の携帯に連絡しようにも、ヤンバル一帯はジャミングも酷く、連絡できない。車を走らせるには渋滞が邪魔をする。
連絡手段が無いことを知ったカイは、自分がバイクで知らせに行くと提案する。
今自分に出来るのはそれくらいだと…。
そして有無を言わさず出発するカイ。

カイ君再び暴走。
まぁ激情に任せて飛び出したわけではないのでまだいいのですが、正直「お前行ってどうすんだー!」と突っ込みいれたのも事実。
だってさ…翼手いるって言ってんじゃん。
出会っちゃったら死決定ですよ。
そこまで考えなかったのかしら。
行きたくてウズウズしてたに一票(笑)。
自分に出来ることを考えたのはいいのですが、それが「出来ること」かどうかも大事ですね(笑)。
最終的にいい方に転んだのでまぁ結果オーライでしょうか。

パソコンの情報を見ながら、翼手について語るデヴィッド。
以前は翼手の事件もそんなに多くは無く、年数回程度だった。
しかし、ここ最近になって急激にその事件数が増えている。
そしてその裏には常に大きな紛争があったこと、そこには米軍らが派遣されていたこと、その米軍は全てこの沖縄を経由して派兵されていることを語る。
とその時、小夜達の頭上から翼手が出現!
「戦え!」とデヴィッドに促されるが、身が竦んで動けない小夜。
それを見たデヴィッドは、銃で牽制し、その場を離れるよう指示。
小夜はハジに庇われながらデヴィッドの後を付いていく。
しかし止めを刺されていない翼手が追ってくる。
それを遮る為、ハジが壁のボタンを押すと、壁がシェルターのように塞がり、翼手の進入を防いだ。
しかしそれは一方で、退路を断たれたも同じこと…。
謝る小夜に、ここは戦場なのだと叱咤するデヴィッド。

小夜何やってんのだ…と真っ先に思いました御免。
いや、そりゃビビるとは思うんですけどね。
でも、覚悟を決めて来たはずじゃ無いですか。
おにぎり見て覚悟を決めたんだと思ってたんだけどなぁ、先週。
まぁでも…目が赤くなければ普通の女の子なんだから、怖いわなぁ。
と、この時はまだ思ってました。えぇ。

アルジャーノは場所移動。
どうやらデルタ67のアフターサービス(笑)はここで終わりと本部から通達が来たようです。
サムライマンに会えなかったことを残念に思いつつ、去るアルジャーノ。

サムライマンというよりサムライウーマンですけどね(笑)。

デヴィッドは何か作戦を立てた模様。
先ほどのパソコンから取り出したデータを小夜に託す。
そのデータの為に何人もの仲間が犠牲になった。何としても持ち帰らなくてはならないと…。
そして作戦を説明するデヴィッド。
小夜はいよいよ刀に自分の血を吸わせる。

小夜にデータを渡した時点で、自分が犠牲になる気かとヒヤヒヤしましたよー!
良かった、そんなこと無くて。
脅かすなよデヴィッド!!
しかし本当にいちいち刀に血を吸わせなきゃいけないんですねぇ…。
痛いよ痛い。見てる方も痛い。
小夜の痛そうな表情がこれまた痛い。

作戦決行。
一体の翼手を退けるも、次の翼手に襲われる小夜。
何とか刀を差し込むが、刺さりが甘く致命傷にならない。
そこへジョージ登場!!
ジョージが翼手に体当たりしたことにより、刀の奥まで翼手が突き刺さり、その翼手は滅びる。
やっと父親と会えたことに喜ぶ小夜。
共に走って逃げ出す。
ジョージの傷の具合を問うデヴィッドに、目が覚めたらデルタ67を点滴されていたと告白するジョージ。
どうやらデヴィッドは、デルタ67がどういうものなのか知っている様子。
その頃カイは、ヤンバルに到着。
ルイスに空爆のことを伝え、そのままヤンバルの中へ!

いや、無謀ー!!
行っちゃダメでしょ、カイ!!
思わず苦笑。もうこの子はホント止まらないわ(^^;)。
それだけ小夜達のことを心配してるんだろうけど、もうちょっと考えようよ。
そこ翼手の巣窟ですよ。
死ぬ気かホント。
それにしても、ジョージの告白が…。
もはやデルタ67の正体が何かを知っているだけに、この先が見えてしまって嘆くしかないという…(泣)。
感染云々の問題じゃないじゃあないか。
感染「させて」んじゃないか。
デルタ67をあの時投与しなければ、ジョージは助かってたかもしれないのに。
証拠隠滅?何にせよ、憤りを覚えます。それはもう。

エレベーターで脱出しようとする小夜達。
しかしエレベータは何故か上で停止しているため、なかなか地下までやってこない。
その間に再び翼手に襲われる一行!
小夜に迫る翼手の手。
助けようと翼手に向かっていくジョージ。
翼手の手で切り裂かれながらも、翼手に向かって手を振りかざすジョージだが、その手は既に人のものではなく…
ジョージの手が貫通して動きの止まった翼手を、再び血を与えた刀により葬り去る小夜。
しかしジョージからは大量の血が流れ出していた…。
そして、その手は翼手のものと同様の形を取り、傷はどんどん塞がってゆく。
そこへカイが到着。
空爆されることを皆に知らせる。
だが目の前のジョージは、自分の傷が塞がってゆくと共に自らの意識が無くなっていくのだと…フォレストのように自分もいずれ翼手化することを告げる。
呆然とする小夜とカイ。
そんな小夜にジョージは、小夜の血を自分の血に混ぜ、自分を二人の父親のまま死なせてくれと頼む。
出来ないと叫ぶ小夜に、ジョージは優しく告げる。
過去から逃げず、過去に向き合い、辛い時は「なんくるないさ」と唱えて、明日の、自らの未来の為に戦えと。
泣きながら、自らの血を流した手で、ジョージの手を握り締める小夜。
固まってゆくジョージの手。
苦しみつつも、カイに小夜とリクを頼むと言い残すと、ジョージは息を引き取った…。
悲しみに暮れるはずの小夜は、あの赤い目で次々と翼手を切る。
小夜はずっと戦ってきた。大切なものを守る為に。そのためだけに。それを思い出したのだ、と…。
ヤンバルを去る一行の背後で、ヤンバルが空爆され、全ての証拠は隠滅された…。

正直、いつまで小夜はヘタレているつもりだと思いました。
歯痒くてたまらなかった。
確かに普通の女の子ならそうかもしれないのだと言い聞かせつつも、あそこで小夜が戦わないとどうしようもないのだと、覚悟を決めて欲しかった気もします。
だってそのせいでジョージは死ぬことになったんですよ。
仕方ないとはいえ…もどかしい。
ジョージがあまりに可哀相で…。
正気のまま死ねて良かったなんて言葉で片付けるには酷すぎる。
最期の最後まで父親として優しく死んだジョージに、親の愛情を見ました。
カイはここからまた成長して欲しいものですが。
そして気になるのは、小夜が大切なものを守る為だけに戦い続けてきたという事実。
おそらく過去も含めて言っているのでしょうが、ならば何故暴走なんてことになったんでしょう。

今週の予告はハジで、喋りまくりのハジに不自然さを感じつつ、大喜びするのを止められませんでした(笑)。
ステキ…!!
来週は小夜達家族が沖縄から離れるようですね。
「私がやらなきゃ」というタイトルに、今回さんざん前述したとはいえ、小夜一人に背負わせるには重過ぎる宿命に、可哀相だなとは感じました。
ハジがいることだけでも救いか…?
来週は岡村さんも大活躍なのでしょうかね(笑)。
意外とキーパーソンだったりして。


地獄少女の感想は、先週分もまとめて明日以降に。
誰か読んで下さってる方はいるのかこんな感想と思ってたら、意外と楽しみにして下さる方もいると知り、よっしゃー!頑張ろ!!と単純に喜んでる管理人です(^^;)。
種Dと比べたら淡々としてますが、今後も頑張りたいです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/40-9695a3f8

レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第6話「おとうさんの手」
品質評価 28 / 萌え評価 8 / 燃え評価 53 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 100 / お色気評価 8 / 総合評価 38レビュー数 82 件 ヤンバルの研究所に潜入した小夜たち。デヴィッドは、地下で米軍が人工的に翼手を作りだそうと、実験をしていたことを掴み、その中に“デル

2007.09.17 17:12 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

BLOOD+ 第6話 『おとうさんの手』
なんか、バイオハザード思いだしちゃった(´∇`)何はともあれ、私の願いは儚くも散りました…(涙)何故ジョージが…。何故なんだ…っ!※以下にはネタバレがあるのでお気をつけ

2005.11.20 03:13 | ティンカーベルをください

BLOOD+ おとうさんの手
BLOOD+が物足りなく思うのは TVアニメ「BLOOD+」の制作発表会を東大で開催 多分これを読んでしまったからだと思うのですよ だって、戦争を全く描いてないから 小夜と翼手の戦いは本質的には仮面ライダーとショッカーの戦いと同じでしょ?中国とUSAが戦争したらどっちが

2005.11.15 11:53 | 永遠の理念

(アニメ感想) BLOOD+ 第6話 「おとうさんの手」
ええ、今回のお話しタイトルからしてイヤ~ンな予感がしますね。まあ、まだ始まったばかりだから無茶はしないだろうと思っていたのですが、どうやらヤツらはホンキのようです。今日はもう覚悟して見ますか・・・。

2005.11.15 06:52 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

~BLOOD+ Episode-06 「おとうさんの手」~
明日のために今日を生きろ。笑顔を忘れるな。 舞台はヤンバル 父親を取り返そうと侵入するんだが・・・デイヴィッドが使う携帯メカエレベータにそんな便利な端子があるもんかね?と思ってみた。

2005.11.14 01:12 | 駄文とか駄文とか駄文とか