2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『鋼の錬金術師FA』第33話「ブリッグズの北壁」感想
2009/11/23(Mon)
今週結構スピード感があって楽しかったー!
そいでは感想です。
 
 
拍手下さった方、有り難うございましたー!
拍手やコメントレスが遅れ気味ですみません。
近日中には、と思っています。
 
 
今週のアニメ鋼は原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 16 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 16 (ガンガンコミックス)
(2007/03/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

-----FULLMETAL ALCHEMIST「ブリッグズの北壁」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
まず前回までのあらすじ。
またシャオメイのプリケツきたー!(笑)
これ絶対スタッフのお気に入りだろ(笑)
 
本編はスカーを追うキンブリーから。
うーん…正直、ここまでキンブリーの知能を示す必要があったのかは疑問。
ここで時間を使うなら、何故ロイアイシーンを削ったのかと言いたいorz
いや、面白いことは面白かったんだけどね…。
 
次にロイとアル、ノースシティへ到着。
光の中に駆けてくエド(笑)。なんだこの演出(笑)。
階段でコケるの痛そう…。
これ、一度やったことあるけど(ちょうど冬期オリンピックでジャンプをやっていた時期に階段から滑ったという思い出)、背中が剥けるんだよね。痛い痛い。
厚着で良かったね、エド。
ここで兄弟の過去回想。雪合戦の思い出。
これは結構面白かった。エドの錬成した雪だるま、やっぱり趣味悪い(笑)。
この時のエドは顔もなんか可愛くて好き。
「走ったらまた転ぶよ!」のアルはおかんですね。おかんアル(笑)。アルのこういうとこ好きだ。
 
そしてキンブリーとスカー、宿命の対決。
ここかなり面白かった!
列車から飛び移ったりするのは原作にはないんだけど、映画などではよくあるシーンで、これを鋼で見られるのは面白いなと思った。…意味があるのかどうかはともかくとして。
雰囲気も良かったし、迫力もそこそこでエンターテイメントとして楽しめたかなと。
 
しっかり「誰?」も声でやってくれるとは思わなくて噴いた(笑)。
逃げようとして「ムリ」と言うヨキも大好き(笑)。
なんつーか、ヨキはホントいい意味でも悪い意味でも一般人の代表って感じなんだよね。
こういうキャラがいるから鋼はよけい面白いんだと思う。
誰もがカッコ良かったり勇ましかったり優しかったりお人好しだったりするんじゃないよね、と。
 
「死を築く者は死に追われるのだ…」
「なんとやりごたえのある…私の戦場…!!」
もかなりイメージ通りでキンブリーらしくて満足です。
キンブリーの魅力が存分に出てたと思う。へへ。
 
その頃マルコーさんとメイはスカーの指示通り山道を。
マルコーさんの喋り方が、少し言いにくそうに喋っていて声優さんすげー! と思いました。さすがだ。
顔があんなになっちゃったら、そりゃ今まで通りにはいかないよね。
細かい芸に拍手です。
 
そしてCM。
ガンガン戦ってなんですか…。
 
兄弟が北に行ったと聞くウィンリィ。
「死ぬわね」のガーフィールさんが間の取り方も絵も声も最高でした(笑)。これいい!
でも、これじゃウィンリィが何で油持ちながら電話してるのか謎ですよね…。原作ではアルにいい磨き油見つけたから電話した、って理由だったんですが。
そこ放置かよ、と突っ込んでしまいました。
 
そしてとうとうバッカニア大尉登場ー!
熊の話をしてたら後ろに影が…っていう演出はかなりいい感じ。
全体的にギャグ調で楽しかったです。
でもバッカニアさんを見るとちょっと…ほろり涙が…うぅ。
展開は原作どおり、でも見せ方がアニメならではになっていて、この辺の戦闘シーンはかなり効果的で良かった印象です。素人目ですが。
 
次にきました真打ちオリヴィエ様!!
「アンテナ毟り取るぞ!」もしっかりやってくれて嬉しい限り!
声は思ったより慣れたかな。もうしっくりきてます。違和感なし。
要塞のデカさも結構いい感じだったし、今週は雰囲気良かったなー。
因みに天険って意味知らなかったんだけど、「地勢がけわしくなっている所。自然の要害。(yahoo辞書より)」らしいですね。なるほどー。
 
最後はまたもメイとマルコーさん。
「メイ・チャンとマルコーはスカー兄の研究書を手に入れた!」
「知識が60上がった!」
※違います。
これから解読するらしいです。
なるほど、スカーのメモはこの隠し場所を書いたメモだったのだな。
 
予告の曲が変わっていてビビリました。いきなりか。
「恐れはない。恐れられることはあっても」
っていうのがオリヴィエ様にピッタリで笑った(笑)。
確かにあのねーちゃんはそんな感じだ。うむ。納得。
しばらく軍部の出番はないですが、北の話はカッコイイので、その辺期待です。
この記事のURL | 鋼の錬金術師 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/387-590f971d

- 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第33話「ブリッグズの北壁」 -
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [DVD](2009/11/25)朴ロ美釘宮理恵商品詳細を見る今回から舞台は最北端へと移りました。 今まで東と中央、南がメイン... …
2009/11/23 23:01  明善的な見方
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。