『鋼の錬金術師FA』第29話「愚者の足掻き」感想

感想です。
宜しければ「続きを読む」からどうぞー。
しかしながらウチの感想は、どうにもアッサリ気味ですみません…。
 
今週のアニメ鋼は原作ではこの辺。
鋼の錬金術師(14) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師(14) (ガンガンコミックス)
(2006/07/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

来週はいよいよ15巻か…!!
 
-----FULLMETAL ALCHEMIST「愚者の足掻き」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
また今回も愚者ってタイトルに付くんだね。と思った。
 
 
まず、シャワーを浴びているエドの色っぽさにビックリ(笑)。
ちゃんと髪をピンと立てるのもやるんだーと感心しました。
照れてるシャオメイがメチャクチャ可愛い!!
「いやーん」はないだろうよマジで(笑)。なんだこの演出(笑)。
でもこの辺かなり説明省きましたね。アルの体のこと辺り。
今は不要と判断したのかな…いいのかそれで。
この辺りの話は結構好きなだけにじっくりやってほしかったんだけど、全部やると助長気味になると判断されたのかなぁ。残念。
 
原作通り「中尉=人質」の位置に萌え。
主人公のエド達にとっての人質がヒロインのウィンリィなんだから、増田にとっての人質=ヒロインポジションがリザさんという証明ですねうへへ。
 
今回は淡々とした展開というか、音楽もなんだかあまり噛み合わなかった気がするんですが、気のせいでしょうか。
 
増田の手の錬成陣痕もきっちりやってくれて嬉しい!
これ忘れられたらどうしようかと思っていたんですよー。
 
「あいつに手を出すな!」と言った時のロイの顔。
これは動揺するエドに対する顔って感じでしたが、原作では、自分と同様、大切な者を人質に取る人造人間側への嫌悪という顔に見えたので、ちょっと違和感でした。
私の解釈が極端だったのか…?
 
「ヒューズを殺したのは貴方ですか?」はロイの顔にもう少し凄みを出してほしかったなぁ。
あまりにも冷静に見えた…。
ヒューズの件に関しては顔色が変わるって感じをもう少し出してくれた方が、この後の展開も納得いくと思うんだけどなー。
 
「いかん! 中尉が!!」キターーー!!!
良かったーやってくれて!!
しかも「女性との待ち合わせ場所に」もちゃんと入れてくれた!!(歓喜)
もう、今週はこれだけでお腹いっぱいです。ごちそうさまでした!!
しかも中尉の「何を今更」がすっごい優しいんですよー!!
原作のイメージでは凛々しい感じで、一緒に闘うぞって感じでこれも大好きだったんですけど、アニメの「貴方一人を残して逃げる訳ないでしょう」的な優しい言い方も大っっ好きだ!!!(ロイアイ妄想すみません)
うわー萌える。超萌えた。今週のGJだなこれは!
 
ラッシュバレーの人、動こうよ…不動かよ…不自然だよ…。
でも電話のやり取りは凄く良かったです。ウィンリィの声が優しい!
必死なエドもいいし、なんか声が付くといいですねー。
音楽もここは結構良かった!
そしてグリードやっぱカッコイー!!(ばたばた)
大好きですグリード。ホントいいキャラだよなー。
 
アイキャッチのロイの格好良さにビックリしました…何これなんでこんないきなり男前?(笑)
マルコーさんとペアにしたということは、残りの人柱候補同士というまとめかなとか考えちゃいました…。
DVD3巻のドラマCDは、あのエピソードやってくれるんですかね。バケツ。
だったらいいなぁ。あの話好きなんですよ。
不器用ホーエンいいなぁ。
 
ノックス先生の家でのやり取りは全体的にいい感じにまとまっていると感じました。
ランファンが部屋の隅に歩いていったのはなんじゃこりゃと思ったけど(笑)。
でも必死な感じが出ていたし、ちゃんとグリードの場面も挿入してくれて良かったですー。
一瞬出たリンがカッコイイ!
いやほんとグリリンいいよなー。
 
「ただの人間であることを実感出来る」をちゃんと入れてくれて嬉しかったです。
この台詞、本当に辛かったんですよね…。
だってこの台詞一つで、ロイの傷がまだ癒えておらず、それどころか壊滅的なまでに心がボロボロになっていることが解るような気がしてね。
どれだけこの先未来が明るくても、何を掴んでも、ロイが救われることはないんじゃないかとさえ思えて、凄く辛かった。
その辺も実はちゃんと希望を持たせる形で終わってくれることを期待しているんですが、どうなるんだろうなぁ…。
ロイとリザさんの運命があまりにあまりで、ホント考えれば考えるほど辛いです。
 
「だーめだこりゃ」が抜かれたのは残念(笑)。あれ好きだったんだけどなぁ。
 
ノックス先生の顔がデカくなった!!(笑)
「家族の仲が悪いのはなんだか嫌だな」はやらないんですかね…。あの話も凄く大事だと思うんだけど。フラッシュバックの辺り。
この辺の話も結構悩んだなぁ。
ロイやヒューズもフラッシュバックはなかったのかなとか。
ちゃんと夜寝られてるのかなとか。
未だに熟睡出来なかったりしないのかな…とか心配しちゃうよ…。
 
だから鳥が動いてるのに何故人が動かんのだ(苦笑)。わざとなのかな。道のど真ん中で止まってるとか…?
 
「君が神に見える」は切ないほど光っていて効果としては良い感じだと思いました。
マルコーさんも切ないよなぁ…。
あれ。そういえばマルコーさんって、お父様は未だにもう死んだという認識なのかな。
エンヴィーと闘いはしましたけど。
あ、そっか。国の出来事全部把握出来るんだから、知ってるか。
だとしたらどうして今、残りの人柱にマルコーではなくロイを選んだんだろう…。
一番扉を開く可能性が高そうだからかな。やっぱり。
 
 
今週背中出なかったですねーorz
来週かな。来週に期待!!
バインバインでお願いしますよ!!
今から楽しみです。はぁはぁ。
イシュ戦は一回で終わらせるのかな…ぎゅうぎゅうになりそうだ。
若リザに期待!! 若ロイにも期待!!
どこまでやってくれるかなという感じですね。
期待しすぎず待ってた方がいいかな…?

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話『愚者の足掻き』

本日はかなり簡易版でお届け。 ウィンリイは小悪魔キャラなのかなぁなどと思ってしまった 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話『愚者の足掻き』。 あらすじは公式サイト、またはヨソ様をご参考ください(笑) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [DVD]菅野宏紀 ...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 29話「愚者の足掻き」

エンヴィーに案内された先は軍指令部!? 人の姿に戻ってますね。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [Blu-ray](2009/10/28)朴ロ美釘宮理...

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第29話 「愚者の足掻き」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [DVD]クチコミを見る エンヴィーたちに捕まったエドとアルは、お父様の指示で中央司令部のブラッドレイの元へ連れて行かれる。既に部屋にいたロイより、ホークアイ以下ロイの部下たちの異動話、そして軍上層部すべてが既に敵側の手に...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」

捕まったエドたちは、ブラッドレイの元に連れて行かれ。 ロイから、すでに軍上層部が敵側になっていたと知らせる…。 エドはお父様の計画に...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 『愚者の足掻き』

俺は国家錬金術師を辞める 血に塗れた銀時計――。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [DVD](2009/10/28)朴ロ美釘宮理恵商品詳細を見るエドが直したベランダですが趣味が悪すぎて、 よく苦...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 「愚者の足掻き」 感想

エンヴィーたちに捕まったエドとアルは、お父様の指示で中央司令部のブラッドレイの元へ 連れて行かれる。 既に部屋にいたロイより、ホー...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle