『鋼の錬金術師FA』第22話「遠くの背中」感想

今回は何だかとても涙ぐむ機会が多かったです。
それだけ辛い回ってことなのかな。
それではいってみますー。
 
※9月7日:自分で気になった部分をちょっと修正。
 
 
今回のアニメハガレンは原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 (12) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (12) (ガンガンコミックス)
(2005/11/21)
荒川 弘

商品詳細を見る

ちょっと15巻も入ってますが(スカーの回想辺り)。
-----FULLMETAL ALCHEMIST「遠くの背中」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
まずは前回のあらすじ。
何回見ても目を開いたリンはカッコイイ♪
今回増田組の出番はやっぱり無かったですね。残念。
 
斬りつけるリンがまたカッコイイ!
ランファンをすかさず助けに入るのが萌える!
斬り合いも、緩急の演出がなかなか面白かったです。これは悪くなかったと思う。
 
「荷物」と言われて怒るリンもカッコイイ!(何度言えば)
今回本当に「間」の取り方がいい感じなんですよぇ。絶妙というか。長くもなく、短すぎでもなく。
 
そしてタイトル。
これはスカーのお兄さんの錬成陣なんですね。後で気付いた。
こうして見ると、なんかリザさんの背中の錬成陣に似ているような…。
ってことは、リザパパは錬丹術の流れも組んで焔の錬成陣を完成させたのかな。
なら、お父様が屁をこいても(笑)焔の錬金術は使える? むむ。
 
ウィンリィの両親が去る回想でまずほろり。
だってこれで最後になったんですよね…。
言いたいことも伝えたいこともこれからどんどん出てくるはずで、それなのに最後があんな涙の別れ方で…って、本当に辛いというか、悔やんでも悔やみきれないというか、大切な人を失うって、あれも伝えれば良かった、これもしてあげれば良かった、どうしてもっとこう出来なかったんだろうって後で気付くことが沢山あって、失ってから初めて後悔することがいっぱいあると思うんですよ。
でも気付いた時には遅くて、取り返しなんてつかなくて、だからよけいに戻せない過去を悔やんでしまうというか。そんな感じなのかなぁとか。
小さなウィンリィが、本当に可哀想というか、辛かっただろうなぁ、でも今あんなに明るく頑張ってるんだなぁと思うと、やっぱりこの子偉いなとか。
色々考えるとつい涙が。
 
しかしウィンリィのお母さん美人ですね。
ウィンリィも大きくなったらあんな感じになるのかな。
 
そしてヒューズさんの墓のシーンでも涙。
どうも今日は涙もろいらしい。
「あの人、結構寂しがりやだから」って言うのは、それだけヒューズのことを理解していたんだろうなぁとか、誰にも弱音を吐かないヒューズが、グレイシアさんにだけはそういう面も見せてたんだろうなぁとか、それが本当に切なくて。
ヒューズは、寂しがりだから人との繋がりも大切にしたのかな。
人が好きで、奥さんが好きで、子供が好きで、大切なものを大切に出来る人。
…大好きだ。
 
アルの時間稼ぎは、彼の機転とか、エドと比べて冷静な感じが出ていて良かったです。アルって冷静沈着ですよね。判断能力にも優れているし。
兄弟の違いをハッキリさせるのっていいと思うんですよ。
今までアルはちょっと活躍が減りがちだっただけに余計に。
 
それにしてもウィンリィはタイミング良すぎというか、悪すぎというか。
ウィンリィの声も、結構良かったと思います。かなり重要なシーンだけにちょっと心配していたんですが。
銃を掴むまでとか、今回割と丁寧なイメージ。
前回といい、ここへきて結構アニメいい感じになってきた気がするのは気のせい?
 
ガンガン最新号のCM。
表紙もハガレン。遠目にしか判らないけど、エドの顔が妙に大人っぽい気がする…のは気のせいだろうか。
ポストカードも超楽しみ! 増田組万歳!
センターカラーのグリリンもかなりカッコイイので現物を見るのが楽しみです!
で、「大佐!」には「手に入れろ!」なんだやっぱり(笑)。何故戻した。今月号ロイストラップなのに(笑)。リザさん、ロイのストラップはやはりそれほど欲しくないという…(笑)いや冗談ですよ。
「欲しいわ!」には「買い占めろ!」なのにね。何度聞いてもこれ、馬鹿っぽいですマスタング(笑)。
 
スカーの回想もかなり丁寧だった印象。
しかし…っ…スカーの兄ちゃん、子安! 子安!!(笑) ここで子安か!!(笑)
ちょ…声が気になって兄ちゃんどころじゃねえ!!(笑)
子安さん好きですすみません。
ただ、ここで回想を入れると、解りやすくはあるけどちょっとテンポが崩れたような印象も。
でもこれはこれでいい感じかな。結果的には。
 
アメストリス国軍の侵攻も不気味な印象がよく出ていたと思うし、理不尽な殺戮に憤りをちゃんと感じられる描き方も好印象。
しっかり描かれていたので、アメストリス人がいかに理不尽か、残虐かっていうイメージが強調されていて、ここではそれが重要だと思うので、安心しました。
ここでそのイメージがあったからこそ、スカーの憤りも悔しさもやり切れなさも判るし、スカーがあれほど憎しみに染まった気持ちも理解出来なくはない。
大切な人が目の前で喪われた。もう戻らない。
大切であればあるほど、喪ったショックは大きいと思います。
それが病気とかどうにもならない原因ならともかく、人為的な理由で喪ってしまった。奪われてしまった。
何も悪いことはしていないのに。
スカーが憎んでも憤っても、一方的に責められないと思うんですよ。勿論、だからって奪い返してもいいということにはならないんだけど、そんな聖者の理論、すぐに受け入れられるはずもないと思う。
 
お兄さんは研究書をスカーに託したけど、本当は研究書よりも何よりもスカーが大事だった。だから庇った、助けた、のかなと思うのですが。
ただその選択が、スカーを余計苦しめたのかもしれないと思うと、やりきれないかなぁ。
チラッと見えたアメストリス軍の攻撃の焔って、もしかしてロイ…なのかな…。
誰も望んでいなかった。殺したいなんて思っていなかった。…はずなのに。
一方から見ればそれはただの殺戮行為に過ぎなくて(だってその人の気持ちなんて見えるはずないから)、両サイドの気持ちを見ている読者としては、これも辛いですよね。
幸せを大切にしたかっただけだと思うんですよ。ロイも、リザさんも、スカーも、ウィンリィも。誰も最初は人の不幸なんて望んでいなくて、それどころか平和や幸せを望んでいたはずなのに、戦争が全てを捻じ曲げてしまった。
そう望んでいたはずの人達が、望まぬことを行使して、辛い十字架を背負わなきゃいけない。
戦争って何の得になるの? と本当に問いたくなるんですが。
 
エドとお兄さんの記憶がダブる演出も良かったです。
大切なところをきっちり押さえてくれた印象。よかよか。
庇うアルもカッコ良かった!
ウィンリィの号泣も良かった!
辛さとかやり切れなさとかちゃんと伝えてくれた気がします。
エドの表情とか声とかカットも良かったと思うし。
やっぱりこのシーン、原作でも好きだったんですけどアニメで見ても良かった。
「人を殺す手じゃない、人を生かす手だ」
名台詞だと思う。
「立ち上がるための手と足をくれただろ」
エドが「立って歩け」って言えるようになったのは、ウィンリィのおかげでもあったってことかなぁ。
少しずつ指をはがして、ぎゅっと手を握ってくれるエドの優しさもちゃんと伝わった気がして、このシーン好きです。
EDでも色々やりきれなくて、自分が失ったもの、取り戻せないもの、その後悔とか思慕とかそういうものが蘇ってきて、ボロボロ泣きました。
思い出したってことは、演出が良かったのかなぁなんて。
今週も私は個人的には満足ですー。
 
来週がランファンの覚悟かな?
眼鏡リザさんは来週出ますかねぇ。
うふふ。これから先、結構ロイアイなんですよね。
来週はまだだと思うけど、とりあえずキッチリ肩を貸すシーンだけは押さえて欲しい!
あとリザさんの大活躍とか!

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話「遠くの背中」

「この右腕が分解、左腕が再構築――」  なるほどなあ…。スカーの過去が判明した事

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話「遠くの背中」

鬼強いブラッドレイ、さらにグラトニーまで相手ではリンたちは大苦戦。 エドたちはスカーと戦う。 その現場に駆けつけたウィンリィは、両親...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話 感想

 鋼の錬金術師  -FULLMETAL ALCHEMIST-   第22話 遠くの背中 感想  男は背中で語るもの!!    -キャスト-  エドワード・...

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第22話 「遠くの背中」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る ブラッドレイに斬られたランファン。すぐさまリンが助けに入るが、彼もまたブラッドレイやグラトニーに追い詰められてしまう。一方グレイシアと共にヒューズの墓参りに行ったウィンリィは、その...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【9件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle