『鋼の錬金術師FA』第19話「死なざる者の死」感想

すみません。ちょっと調子が悪くて、感想もいまいちノリが悪いかも…。
しかも日付が変わってしまって本当に御免なさい。
こんなですが、もし宜しければどうぞー。
 
 

拍手有り難うございました!
コメントのレスは改めて、また原稿が一区切りついた時にさせて頂きますね。
いましばらくお待ち下さい。
嬉しかったですー! 有り難うございました!
 
 
今回のアニメ鋼は原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 (10) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (10) (ガンガンコミックス)
(2005/03/11)
荒川 弘

商品詳細を見る

-----FULLMETAL ALCHEMIST「死なざる者の死」感想-----
 
 
 
※原作コミックス及びガンガン本誌のネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
※アニメの批判は見たくない、という方はご注意下さい。
 
 
 
まずしょっぱなから「エリザベス! おい! エリザベス!!」はやってくれて安心しましたー。
やっぱりこれがなくちゃね。ふふふふふ。
 
アルの「教えてあげる」は語尾にハート付いてんじゃないかと思うくらい可愛かったです(笑)。くぎゅぅぅぅ!
 
「バカですか!」をちゃんとやってくれるとは思いませんでした。
ロイの「え」も可愛くていい感じ。
リザさん本気で叱咤って感じですが、助けてもらっておいてこれはないでしょーと見る人が見たら思うよね。
しかしあまーい(笑)。
この後きっちり言うことは言うよリザさんは!
 
それはさておき、ロイが曹長に、リザさんがハヤテ号に命令を出すのは対っぽくて可愛かったです。ふふふ。夫婦夫婦。ツーカー。
 
んでやっとリザさんのお礼。
これ、原作にはないんですよね。
でも原作では二人に絆があるし、別の台詞(「生きてて良かった」「ご心配をおかけしました」)があるからそんなにリザさんが恩知らずには見えないんだけど、アニメはここをガラッと変えてるから、むしろこの「有り難うございました」があって良かったと思う。
そして「後にしろ」。
ってことは、後でタップリお礼をしてもらうということですねわかります。何してもらう気だロイめ。むしろ私の頭大丈夫か。
この後リザさんが微笑むのもいい! 素敵! 夫婦!(しつこい)
これのおかげでリザさんの可愛さがアップしていて個人的にはとても好きです。
 
しかしこの後のシーンは、どうにも繋ぎが疑問。
ちょっと慌しいというか…。
なんというか、今回全体を通して、物凄く原作の「ダイジェスト」ってイメージなんですよねぇ。
とりあえず重要なシーンを繋ぎ合わせました、みたいな…。
 
でもその割にはきっちりギャグ要素入れます(笑)。
「デタラメ人間の万国ビックリショー」。あ、これは入れるんだ(笑)。
 
研究所の門で一人一人が順番に覗くのがすっごい可愛くて好きです♪
これいいなー。こういうの好きだ。
 
で、ボインはやるのか! しかも時間かけて!(笑)
しょうがないですね。ボインはやらなきゃ駄目だろ! ですもんね。えぇボインは必要ですとも。あそこまでやる必要はあったのかと思うけど(笑)。
あまりのボインの強調っぷりに笑いました。ラストさんボインボインしすぎです(笑)。
 
「仕事のことは喋ってませんよ」って言うハボックに、「そうね、あなた口が堅くて役に立たなかったわ」って言葉じゃなくて、表情で示したのは、ハボラス好きとして結構ポイント高かったです。
しかもこの後ちゃんと「人間よ」と言ってハボックの方を見てくれてるんですよね。
ここはスタッフさん有り難うと言いたい。
これ、凄く個人的な解釈なんですが、この時ラストはハボックに「そうだ」と言って欲しかったんじゃないかな、と。
あれほど好意を向けていたじゃないか。あの時は人間だと思ってたんじゃないのか。人造人間だと知らなかった時は人間に見えていたんじゃないのか。五感もある。見た目も同じ。感情も愛情もあるのに、貴方達とどう違うの?
ラストがそこまで女々しいかどうかは判りませんが、ちょっとだけハボックの反応を窺っていたんじゃないかというのがハボラス推奨だった私の見解です。
ラストもエンヴィーほど露骨じゃなかったにせよ、どこかで人間が羨ましかったんじゃないのか。
愚かといいながら、いつも寂しそうな目をしていたのは、愚かと解っていて憧れてしまう、でもなれない自分に対しての諦観と寂寥感が過ぎるから。
というね。見方をしていたのですよ、私。
 
それはともかく。
「跪け」をしてくれて嬉しかったです。
そしてこの後の踏ん張るラストをきっちり描いてくれたから、原作を読んでいた時は気付かなかったことに気付けました。
この時ラストは踏ん張って決して跪かなかったけど、その後とうとう…ということが原作でも描かれていたんですね。「あの傷でどうやって!」のところ、きっちり跪いてる。
アニメを見たことで今更気付いてちょっと驚いた。細かいー。
新鮮な気分でした。
こういう新たな発見が出来るのは嬉しいです。
 
音がしてロイのことを心配しつつも前へ進むリザさん、には違和感があるんですが、これはこれでいいかなと。
この時のリザさんは、大佐なら大丈夫、と信じていたと思うんですよね。だから前へ進んだ。
しかしその選択が後に間違い(だと彼女に思わせたであろう)ことになるわけですが。
 
CM。
ガンガン表紙はロイですか!!
もう今月はロイのターンでいいよ(笑)。
今月号のロイ、パウチしとこうかなぁ。あ、でもどうせならリザさんと一緒のところがいいよね。(そればっかりか)
 
しかしアニメはやっぱりどうにも動きが少ない…ような…。
「ハボック!」って駆け寄るロイ、もうちょっと動いてもいいと思うんですよねぇ。なんでこんな静止画みたいなんだろう。
 
核から復活したラスト、怖い! 怖すぎる!
なんつーか、妖怪みたいだ…ひー。
いや、これはこれでいいと思うんですけどね。
でもラストが去っていく時のロイの叫びは、もっと大きくして欲しかったなぁ。消え入りそうだ…。
これはこれで効果的だとは思いますけど、原作の印象が強かったのでちょっと違和感。
 
「遅かったねぇ姐さん」のバリーは寂しそうでいい感じでした。
アルの身体と魂のこともきっちりやってくれたし、一安心。
 
そして来ました! 涙リザさん!!
これ、良かったですねー。泣き顔綺麗だったし。
きっちり溜めてくれたし、個人的には満足でした。
 
「愚かで弱い、悲しい生き物ね」もきっちり入れてくれて嬉しかったです。ラストのこの台詞、個人的にはとても重要だと思っているので。
 
で、アルの台詞はちょっと変更されてましたね。
「誰も殺させない。守ってみせる」って台詞。
ここでリザさんはハッとした顔を見せるわけですが。
超個人的意見としてですけども。
この時のリザさん、ロイとダブらせていたんじゃないかな、と思うんですよね。相当穿った見方だとは思うんですが。
ロイも同じで、自分が守るべき人をもう殺させない。守ってみせるって必死になって前へ進んできたわけで。
アルの台詞で、一瞬そんなロイの姿を思い出したんじゃないかと。
この時のアルも凄く綺麗に描いてくれていたし、ここも満足ですー。嬉しかった。
 
で、とうとう当の大佐が登場。
大佐髪なびきまくりでメチャクチャカッコ良かったですね!
見せ場だもんね! 無能じゃないって事を証明しないとね!(笑)
すっごい綺麗で良かったですー。安心した。
ラストの最期の顔も綺麗だったし、心配していたより綺麗に描いてくれて本当にホッとしました。
全体的にダイジェストで流れが速いので、そこはもう本当に残念としか言いようがないんだけど、ある程度は覚悟していたし、顔がこれだけ綺麗ならうん…まあ。安心した。
 
で、最後のバリーのエピソードは、正直削られるかもな、と思ってました。
でもきっちりやってくれて嬉しかった!
泣きながら自分の手で自分の魂を消滅させた姿に私もちょっと泣けました。
原作とはちょっと解釈が違うような気もしますが、これはこれで好き。
肉体が逝くなら、魂も一緒に。
肉体と魂は本来二つで一つなんだと。
ずっと離されていたバリーは、もう一度一つになりたいと本質では願っていた。いくら口で諦めていても、本当はもう一度一つになりたかった。
そう考えると、バリーの最期って、とても哀しいと思います。
 
 
さてこれ、かなりロイアイフィルターかかってると思うんですが。
ロイが倒れた時、駆け寄るリザさんにロイが「無事だったのか」って言った話。
ロイはただラストを倒そうと思っていただけだったから、リザさんの現状を知らなかった、という見方も出来るんですが、私これを原作で見た時、違う見方をしてたんですね。
で、そっちの見方でいくと、この時のロイは「逃げなさい」という声が聞こえていた。と仮定する。
そうすると、てっきり怪我でもして動けないのかと思っていて必死に助けてみれば、どこも怪我は無さそうでホッとした。
だからこその「無事だったのか」って台詞だという見方をすれば、ここかなりロイアイだよね! と思うのですがー。
さすがに穿ちすぎかなぁ。どうだろう。
でも「よく言った、アルフォンス・エルリック」って言ったってことは、少なくともアルの「守れたはずの人が目の前で死んでいくのを見るのは我慢できない!」を聞いていたって事で、そうなると「逃げなさい! あなただけでも!」ってのも聞こえていたと考えられるんだよね。
で、そうするとリザさんが何で生きることを放棄しているか今来たばかりのロイには理解できないから、とにかく助けた。そしたら無事だった。と見ることも出来るってことで。
アニメではそんな見方はしにくいですが、原作を見た時の私は絶対こうだと思ってたんですよー。ロイアイ脳。
原作でやってくれたリザさんがロイに肩を貸しているシーンも見たかったなぁ。
ここでも静止画っぽくて、リザさんにあまり動きがなくて寂しかった。
 
まあでも全体的にダイジェストとはいえ絵が綺麗だったし、涙も綺麗だったから。
うん。とりあえずうん。本音を言えば二週くらいかけて欲しかったけど。
なんか、ロイアイ的に一つの山場はこれで終わったんだなーと思います。
まだまだ山場は待ってるけどね!(笑)

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第19話「死なざる者の死」

グラトニーの急襲にホークアイがピンチ! まさかのブラックハヤテ号の活躍に救われます(笑) 銃弾をものともしないグラトニーに、颯爽と現...

【焔の錬金術師】ALCHEMIST of FLAME19話(鋼の錬金術師ですってば)

 ここ数日は某P容疑者絡みでウハウハですか?TBSさん。平日の稼ぎ頭の水戸黄門(再)を休止してまで、タレントのクスリ絡みの事件での...

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第19話 「死なざる者の死」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]クチコミを見る ホムンクルス達に仕掛けたロイの作戦が大詰めを迎えた。自らの肉体を探すバリーを追って、ハボックやアルと共に第三研究所の地下へと潜入するロイたち。二手に分かれ進んだ先でハボックとロイは、彼らを始末しに...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle