月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

某用事で久々に、梅の花に行ってきました。

因みに梅の花は豆腐料理のお店。豆腐しゅうまいが有名ですが、私は嶺岡豆腐を超押す。
大阪は昔結構行ったんだけど、京都店は初めて行きました。
まず殆どが個室だという事実にビックリ。
通されたのは奥の方の部屋。
こんな通路を通るのが風情あって素敵。
090801_1309~02
そして来た料理に感動ー。
頼んだのは「風ランチ」だったのですが。
↓茶碗蒸し トマトあん掛け
090801_1207~01
茶碗蒸しにトマトがこんなに合うなんて思わなかったよ!
トマト好きにはたまらん。超美味しい。
感動しつつ次の料理。
↓冷製冬瓜の海老そぼろあん掛け
090801_1219~01
もう美味しいなー凄いなーしか言葉が出てきません。
↓定番のもろこし真丈揚げと豆腐サラダ
090801_1228~01
そしてデザートには嶺岡ぷりんを頼んで締め。
あぁぁ本当に美味しかった!
ここ最近行ってなかったけど、やっぱり美味しかったです梅の花ー。大好き。
↓こういうのも飾ってあって、風情があって良かったー。
090801_1310~01
やっぱり京都だから雰囲気を大切にしてるんですかねぇ。
広いし、トイレ行くだけで迷いそうだった(笑)。
あ、でもトイレは大阪の方の店の方が好きです。トイレットペーパー可愛いし(笑)。
うーん、やっぱりここ好きだなぁ。また行きたい。
あんまり美味しかったから、またすぐに行きたくなっちゃいますよー。
以前は誕生日にハガキが来て、ドリンクサービスとかやってくれたんだよね。
ドリンクも美味しいのがあって好きだから、そういう機会にまた食べたいんだけどなー。
柚子とか和系の味のドリンク大好きです。
あとずっと前に、それぞれの店限定の一品ものを競うみたいな企画もあって、あれも楽しかったんだけどなー。最近は見ないのかな。

個室だとゆっくり食べたり写真が撮れたり話せたりしてホント素敵だと思います。
ランチで個室なんて贅沢だー♪


本当は藤城清治展とかルーヴル美術展とか行ってるのに、そっちの感想より先に食べ物を書くあたり私らしい(笑)。
どっちも凄く良かったですよー。
また時間があれば詳しく書きたかったんだけど、ちょっと無理っぽいかなぁorz

ルーヴル展は、大大大好きな神の摂理(バルベリーニ宮殿には死ぬ前に一度でいいから行ってみたいと思っている)を描いたコルトーナの絵があって、感動しました。なんだろう。やっと会えた憧れの人というか、本当におこがましいんだけど、やっと会えたね、ってそれしか出てこなかった。泣きそうだった。いいもの見せてもらいました。
神の摂理には本当に、辛かった時期救われたので、その分コルトーナの絵っていうことに思い入れがあるんだよなぁ。
他も凄く良かったー。
特に最初に会った「金色の花瓶に活けられた花束とルイ14世の胸像」が色が凄く綺麗だった。あとその近くにあった女性の絵も、レースの細かさに圧倒されたり、終盤の絵は技巧が面白くてどうやって描いたのかなと思わずしげしげ見つめてしまったり。
非常に楽しかったです。

藤城清治展は、とにかく数が多くて超見応え有り。これで前売1000円はお値打ちだと思う。
私が感動したのは「悲しくも美しい平和への遺産(原爆ドームの影絵)」と「木馬の夢」。
木馬の夢は水と鏡に映った姿が繋がっていて、本当に見惚れました。じっくりゆっくりもっともっと眺めていたかったくらい。
他も凄く素敵なものが多かったのですが、ひたすら「これどうやって作るのかな」「どうやって切ってるのかな」と眺めまくって角度を変えてじろじろ見て、結局判らなかったりとか…何やってんだか。
もう気持ちが閲覧側より製作側なんだよなぁ。
製作ビデオも見たのですが、もっとじっくり作り方を説明した本が欲しい。
同じことが出来るとは思わないけど、挑戦してみたいくらい素敵でした。ホントいいなぁ切り絵とか影絵とか。大好き。
映像を鏡を覗いて見るコーナーも凄く楽しいです。覗くのオススメ。是非。
視覚トリックとかそういうのも大好きです。

そんな思い出。
いやはや、短期間に京都へ何度も行って疲れたけど、やっぱり私美術館や展覧会好きだなぁと再認識した次第。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/356-857238f2