地獄少女第3話「汚れたマウンド」感想

相変わらず、怖いのに思わず観てしまう不思議な魅力の「地獄少女」ですが。
簡単に感想行ってみます。

公式サイトでもあらすじは紹介されてますので、簡単に。
野球部のエースとして将来も約束された花笠。
その裏で、部員達に理由の無いシゴキをしていた。
そのシゴキにより、ボロボロになる室井。
同期で友人の岩下は、室井を家まで送り届ける。
それから数日後、室井が死んだことを知る。
「ふざけてて土手から転げ落としてしまった」と室井の母親に言い訳したことが仇となり、岩下は犯人と疑われる。
親までもが敵に回ってしまった岩下は、逃げ惑い、その先で地獄通信の噂を思い出し、パソコンにアクセスする。
閻魔あいから人形を受け取った岩下。
その人形を手に花笠に言及するが、花笠は意にも介さない。
思い余って人形の糸を解く岩下。
花笠は地獄へ送られ、岩下は田舎へ移住することに…。
その胸元には、契約の証である刻印が刻まれていた。

あの時あんな言い訳をしていなければ、岩下が疑われることもなかったのでしょうが。
それにしても、親までもがこれっぽっちも岩下のことを信じてくれなかったというのはあまりにも残酷。
「時々帰って来い」なんてよく言えるな。
親として、息子をどうして信じられなかったのか、そっちの方に腹が立ちました。
また、私は用事をしながら観ていたので気付かなかっただけかもしれないけど、「部員達」にシゴキをしていましたっけ?室井一人だけに見えたんだよね。
もし「部員達」複数にシゴキをしていたなら、他にも被害者はいるはずで、その人達が訴えれば、岩下があんな目に合わなくて済んだんじゃないかとか。
どうせ試合には出れないんだから、今更花笠を庇わなくても…。
岩下があんまりにも可哀相だ。
今回の依頼者である岩下は、生きても地獄だったからこそあの道を選んだんでしょうが…
死んで地獄へ行くことは決まったわけで、最後の「落ち着いたら」という一言が哀しかったです。
自分の中での整理もなかなかつかないだろう…。

相変わらず、救いの無いアニメ。
でも観てしまう(苦笑)。
個人的には、あいちゃんの「いっぺん、死んでみる?」という抑揚の無い一言が、凄く好きで頭に残ってます。

次回は犬が絡むので、犬を飼ってる身としては結構辛そう…。
でも観る。多分(^^;)。


エウレカは又ザッとしか見て無いのでまた改めて。
ちっとも感想書けないままだなぁ…。
ただ、OPだけはちと首を捻りました。
うーん…?前の方がエウレカっぽかった気がするけどなぁ。慣れて無いからそう思うのかな。

テーマ : 地獄少女
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 第3話 汚れたマウンド

地獄少女見るたびに思うんですけども、ほんっと嫌な人が多いですね。自分がした罪の意識がなく、まったく悪い事をしたと思っていない。このアニメ中では、閻魔あいちゃん達が地獄へ連れていってくれるけれども、現実社会にはなかなか裁かれないという状態もあるのではない

(アニメ感想) 地獄少女 第3話 「汚れたマウンド」

えー、毎回このアニメを見ているとなんだか人間不信に陥ってしまいそうではありますが、最後不思議と地獄通信利用者の顔がほっとしているのを見るとなんか救われた気分になります。しかし、あの子達の死後には永遠の地獄が待ち構えているのですけどね・・・。今回もえぐい話

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle