BLOOD+第3話「はじまりの場所」感想

ちょっと面白くなってきたかな?の第3回。
飛び込んできたハジに心を持っていかれそうになりつつ(笑)感想行ってみましょー。
記憶に頼って書いているので(メモをして無い)、間違った所あればツッコミ歓迎です。

教師が死んだことを告げる校長。黙祷する生徒。
しかし小夜は一人黙祷もせず、思いに耽る。

…黙祷してやれよ(苦笑)。
まぁ真実を知っている身としては、遺体は返ってこないし、真実は伏せられたままだし、しかも自分当事者だし、色々複雑なのでしょうが。

学校の中から、翼手の残した爪痕が徐々に消されていく。
しかし小夜の心からその事件が消えることはなく、それどころか自分の中で徐々に膨らんでいくのを感じていた。

小夜に元気を取り戻そうと奮闘する香里がイジらしい。
でも多分、ああいう時に無理に元気にさせようとするのは逆効果だと思うよ…(^^;)。
放っておいてあげるのも一つの方法。

学校の帰り道、ジョージに呼び止められて、小夜は一緒に去ってゆく。
残された香里は家に帰り、小夜のことを心配しつつリクと会話。
リクは香里の家に一時的に預けられた模様。
大事な話をする時はいつもこうだと仲間外れにされていることを哀しむようなリク。

リクが可愛いなぁと思いつつ、香里とリクなかなかいいツーショットじゃん?!とかアホなこと考えてました(笑)。
大事な話をしてあげないのは、家族として哀しいと思う。
それでも余計なワガママを言わずにじっと耐えてるリクがこれまたいじらしかった。
全て話したとしても、受け止められる子だと思うんだけどな、リクは。

宮城家の墓の前へ連れて来られた小夜。
そこでジョージは小夜と出会う前の自分の過去、小夜と出会った時のこと、小夜を娘として育てることを決意したことを語る。

小夜だけでなく、カイとリクもジョージと血の繋がりは無いと知って驚きました。
戦争から帰って来て、カイとリクを引き取って、がむしゃらに生きてきたジョージが切ない。
どうしてジョージは小夜が目覚めた時、娘として育てようと決めたんだろう。
銃を向けてまで、何故。
小夜の目を見て、そう思ったんでしょうか。
ずっと眠っていたということでしたが、その間年はとってなかったってことですよね?でないと小夜の今の年齢がちとおかしくなってしまう。
どんな眠り方をしていたんだ。
それとも、事件のあった当時は、今よりもっと幼かったってことか?そうは見えなかったけど…。
この辺はまだ謎のようで。
私としては、何故ジョージが目覚めた小夜を娘として育てようと決めたのか、その辺の心理変化も知りたかったなぁ。

OMOROに帰ると、そこにはデヴィッドがいた。
デヴィッドから、自分は翼手と呼ばれる化け物を倒せる唯一の存在だと告げられる小夜。
小夜が戸惑っていると、店へ馴染みの客のフォレストが現れる。
尋常で無い様子のフォレストに水を差し出す小夜。
しかしフォレストは突然様子がおかしくなり、異形の姿となっていく…。
「翼手だ」と言うデヴィッド。
襲い掛かるフォレストの攻撃に、デヴィッドは倒れ、小夜達を狙う。

焦らせるとあの時のような事故が起きるから、今までそっとしておいたというデヴィッドの発言から、第1話で暴挙に出た少女は、やはり小夜と同一人物なんだろうかということが判りましたが。
一体過去に何があったんでしょう。
デヴィッドがやられた時、ギャー!死んだらどうしよう!!とか思ってしまった。
自分結構デヴィッドが気になっていたらしいです(笑)。
とにかく大した怪我も無いようで良かった。
逆に、あそこで倒れたから大した怪我をさせられなくて済んだのかもしれませんが。
ここでフォレストの様子は重要で、店に来た時点では、フォレストはまだ自我があったわけなんですよね。
しかも苦しんでいて、昔よく相談に乗ってもらっていたジョージを頼ってOMOROに来た。
しかし、その自我が目が赤くなった途端に崩壊し、無差別攻撃に出た。
ということは、アメリカ軍の「マウス」という発言と合わせて考えると、フォレストはアメリカの何らかの実験動物にされており、その実験により、翼手は作り出されているということ。(それが失敗によるものか成功なのかは判りませんが。)
そして、翼手は元は全て人間だったのかもしれないということが判ったわけです。
…余計なもの作るよなぁ、オイ。
生体兵器でも作るつもりだったんでしょうか。

フォレストの攻撃により、小夜にピンチが迫る。
そこに割って入るハジ。
ハジは「戦って、小夜」と刀を渡すが、小夜は私には出来ないと拒否。
それを見たジョージは、小夜から刀を取ると、自ら小夜を守ろうとフォレストに向かっていく。
フォレストの攻撃に沈むジョージ。
そこへカイが駆けつける。
カイは道端でフォレストを見つけた時、胸騒ぎがして、OMOROへと向かっていたのだった。
自分が傷つけたジョージを見て、正気に返り、自分のしたことにうろたえながら去ってゆくフォレスト。
小夜とカイはジョージに駆け寄るが、流れる血が、その傷が決して浅くないことを物語っていた…。

ここで小夜が拒否したことを責めることは出来ないのでしょうね。
自分の意思で戦うのならともかく、やはり小夜にも、拒否する権利はあるべきだと思う。
しかし、あそこで小夜が刀を取って戦っていたら…と思わずにはいられない。
そうしたら、ジョージは戦わなくて済んだんじゃないかと。
小夜を守ろうとフォレストに向かっていくジョージが、本当に小夜のことを大切に思っていたんだなぁと思えて、何だか切ないです。
そして何でハジは、ジョージを止めようとする小夜を制止したのか。
あの状態の小夜では、共倒れになると思ったからなのでしょうか。
基本的にハジは小夜中心に物事が動いているようですし。
そのハジの手も、片方翼手のような形をしているんですよねぇ…。
今回フォレストが正気に戻ったことを考えると、完全体でなければ、正気を保つことも可能なのでしょうか。
だとすれば、ハジも昔はマウスだった…?
それで中途半端に、翼手としての形が残ってしまったとか。
マウスだったところを、小夜に助けられたとか。
うーん、でもそれ以上の忠誠を感じるんだよねぇ。小夜がいなければ、自分も生きていけない、一心同体、みたいなもの。
謎だったらありゃしない。
まぁ、そう簡単に謎が解けたら、話が続きゃしないんですが(笑)。
「小夜に兄らしいことをしてやりたい」と言うカイがカッコ良かったです。
しかし、それは果たして、兄としての感情なのか、それとも別のものなのか。
そして、来週はカイがジョージを傷つけたこと、小夜を泣かせたことに怒り、フォレストに向かっていくようですが、果たして。
また、傷付いたジョージはどうなるのか。
予告では、小夜はカイを助ける為に戦いに身を投じるようですが…。
だとしたら、カイの行動は、小夜をカイが望まない運命へと導いてしまうことになるんじゃないかと思うと、かなり逆効果っぽいですな(苦笑)。
あぁもう、とにかく、ハジがカッコイイです!(笑)

ちょっと面白いかもと思い始めた第3回でした。
今後に期待…かな?
最後に一言。
ぶっちゃけ、小夜は髪長い方が可愛いと思う!!
髪好きの管理人の叫びでした(笑)。


種運命時代にTBして下さった方々が、前回変わらずTBして下さって、凄く嬉しかったです。有難うございますー!
見てて下さったんですね…驚きました(^^;)。

テーマ : BLOOD+
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第3話「はじまりの場所」

品質評価 16 / 萌え評価 20 / 燃え評価 32 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 49 / お色気評価 38 / 総合評価 30レビュー数 91 件 全ての痕跡が消え、まるで事件がなかったかのような真新しい机が置かれた生物教室。学校の中から、あの惨劇の記憶が薄れていく。しかし、小

第3話 はじまりの場所

BLOOD+の第3話「はじまりの場所」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 初回放映日:2005/10/22脚本:櫻井圭記絵コンテ:工藤 進演出:太田知章作画監督:宮前真一

BLOOD+ 第3話はじまりの場所

■予告全ての痕跡が消え、まるで事件がなかったかのような真新しい机が置かれた生物教室。学校の中から、あの惨劇の記憶が薄れていく。しかし、小夜は時間が経つにつれて、あの事件が静かに自分を包み込むことを感じていた。そんな中、事件の裏に何かを感じ取り、取材

BLOOD+ Episode-3 はじまりの場所

ジョージと小夜の出会い編でした。小夜、髪の毛長い……そして全裸……。

BLOOD+ 第三話「はじまりの場所」

やっぱり、オッサン(ジョージ)が刀を使ったところでまったくテンションが上がらないぁ~そして、弱すぎだよ・・・どうせなら翼手を瞬殺すればいいのに(オイ

BLOOD+ 1~3話

4クールもの?みたいなので基本キャプなしでいこうと思います1話のしょっぱな…いきなりクビがとびますFire!!のクビではありませんよ……ゴールデンでやる内容ではありませんねorz晩に運動靴を取りに行くため学校へ翼手という怪物が現れ、罪もない宿直の先生

BLOOD+ 第03話「はじまりの場所」

(公式サイト)ジョーーーーージ!!orz EDの家族全員集合写真に泣けた。僕こうゆうの弱い。小夜とジョージの出会いや今まで隠してきた事なんかを、ああも淡々と明らかになるとは思わなかったなぁ。もっと引っ張るものかと。ジョージ死んじゃったし今回じゃないと語れな....

BLOOD+ Episode-3 『はじまりの場所』

小夜とジョージの衝撃の出会い…Σ(゚д゚)!!!!アバンからきゃー!な感じでしたが、感想にいきたいと思います!※ネタバレあるので注意!

BLOOD+第3話 感想

はじまりの場所BLOOD+(1) 完全生産限定版・特典ディスク(20~30分) メイキング映像 スポットCM・特製ステッカー・イラストブック付き 場面カット 版権イラスト2005-12-21発売おすすめ度 家族の絆ジョージ一家の結びつきの強さは、血のつなが....

BLOOD+ Episode-3「はじまりの場所」

はいはい、楽しみにしておりましたよBLOOD+☆O(≧∇≦)O 【STORY】全ての痕跡が消え、まるで事件がなかったかのような真新しい机が置かれた生物教室。学校の中から、あの惨劇の記憶が薄れていく。しかし、小夜は時間が経つにつれて、あの

BLOOD+ 第3話に思ふ。

なんか、種運命の時と違って、このアニメは突っ込みどころがあまりありませんな・・・。つまらん。感想を書くのは、気が向いた時だけにしておこうかな。まぁ展開がのんびりしているので、見やすいといえば見やすいアニメではあります。さすが沖縄・・・って関係ないか....

[アニメ]「BLOOD 」レビュー

[アニメ]「BLOOD 」についてのレビューをトラックバックで募集しています。

BLOOD+ 第03話

BLOOD+ 2006年度 カレンダーハゴロモ 2005-11-21売り上げランキング : 101,917Amazonで詳しく見る by G-Tools『はじまりの場所』脚本:櫻井圭記 / 絵コンテ:工藤 進 / 演出:太田知章 / 作画監督:宮前真一今回も小夜の過去、ジョージに育てられるようになった経緯...

BLOOD+ Episode-3 どうして現場に血が流れるんだ!!

 今回も録画で、しかも一日遅れでBLOOD+エピソード3「はじまりの場所」鑑賞である。話の流れは他のブログで散々語られているので割愛する。私はただ適当に見た印象を書き留めてみるだけである。 濃霧で強制終了した野球の話だとか、エウレカセブンの新テーマ曲への疑問...

BLOOD+第3話「はじまりの場所」

今週は戦闘シーンが少なかったですね~でも、お父さーーーんっ!! な展開に驚愕!以下ネタバレしてますので見てない人は注意っ!!感想は続きからどうぞっ!!BLOOD+

BLOOD+ 第3話 「はじまりの場所」

激しく更新予定。素っ裸からはじまりました。この女性はもしかして出会ったころの小夜なんですかね?ジョージも今と姿変わってないですし。ジョージは小夜に見せたい

BLOOD+ 第03話「はじまりの場所」

雨の中,髪の 長~い女の人に 銃を向ける ジョージ パパ.誰? この人. 貞子?小夜は,再開した 学校に登校 したけど, 元気がない.そして,学校から 帰ろうとすると,ジョージ パパが 迎えに来てました.いよいよ,真実を 話すのか?

はじまりの場所

諏訪部さんの声でなら殺されたってイイ!!遊佐浩二さんに役名を与え隊、隊長になるよ、あたしは!!

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle