『鋼の錬金術師FA』第10話「それぞれの行く先」感想

うわぁぁぁぁぁもっていかれたぁぁぁあ
もとい、録り逃したぁぁぁぁぁ!!!!!
ちゃんと毎週予約しているのに、何故かHDDが動いてくれず、それに気付かず5分だけ録り逃した…orz
何やってんだよこの子は!
時々あるんですよ…こういうポカをやるんだ…貴様この野郎駄目な奴ほど可愛いぜ。
そういうわけで、今回最初の方の感想はなしです。すみません。
それ以降の感想のみということで。
 
宜しければ続きリンクからどうぞー。
 
 
※07日20時:ちょっと追記しました。
※09日19時:追記追加。アバン見ました!
 
 
今回のアニメは原作ではこの辺ですね(前回と同じ。順番はちょっと前後)。
鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス)
(2003/01/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

 
 
-----FULLMETAL ALCHEMIST「それぞれの行く先」感想-----
 
 
※原作コミックスまでのネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
 
 
 
今回の総合的な感想。
とてもとても原作をなるべく忠実に再現しようと努力してくれたんだな、と感じました。
下手に弄らず、でも大切に。
有り難うございます。
おかげで泣かされました…何あの追加…。
 
 
泣き方って色々あると思うんですけど、歯がカタカタ鳴って、涙がぽろりぽろりと頬を伝う泣き方もあるんだなと痛感。
えぇ今日の私なんですけどもね。
 
本当に辛かった回です。原作で茫然自失になった回です。
 
 
まずは大総統が見舞いに来たシーン。
これ、ギャグ調が合っていてなかなか。
でも大総統の声がちょっと無理してる感じだったかなぁ。その内慣れるような気がするけど。
相変わらずぽっちゃり感のあるキャラデザですが、配色とか絵自体も結構綺麗で、時々気になる以外はまあいっかなーと思って観ていました。
 
ウィンリィの声、今回結構可愛かった。
ラッシュバレー、やっぱり行くんですね。しかも次回予告を見る限りでは、ドミニクさんも出る様子。
好きなあの懐中時計のシーンもやってくれるみたいで、楽しみです。
しかしあの兄弟が覚悟を決めた日が自分の誕生日と一緒だと知った日にゃ…これ喜んでいいのかと当時複雑になったのを思い出すな。
 
 
そしてヒューズさん。ヒューズさん。ヒューズ…
うわぁぁぁぁぁぁん。
あんた死んじゃ駄目だったよ!
もっと生きるべきだったよ!
なんなんでしょう、あの追加は。
「早く帰るって、約束……」
うわぁぁぁぁぁぁぁぁ(号泣)。
しかもその後に、駄目押しするかのように「ヒューズさん仕事忙しいのにいつも僕らのところに見舞いに来てくれて」って挟むのが溜まらんじゃないですか。
なんででしょうね。優しい人ほど早世するのって。
 
原作では描かれなかった、ヒューズさんの死ぬ直前のシーン。
あの追加は、本当にスタッフさん有り難うと言いたい。
これを余計とみるかどうかは分かれるかもしれないけど、私は良かったと思っています。
辛かったけど、ヒューズさんの家族想いのところを大切に描いてくれたことが嬉しい。
 
エンヴィーの声も…えぇまぁコナン思い出すんですけど(苦笑)、良かったです。かなり嫌な感じが出ていて。なんというかな、こう、小憎たらしいって感じ。まさにエンヴィーじゃないですか。
しかもガンガンの先月号が先月号なだけに、ホントにこの時期狙ったんじゃねーかと言いたくなるほど(そんな訳ないけど)タイミングいいなぁとか思ったり。
やったことは赦せないけどさ…。それでもやっぱり、切ないんだよな…。
 
 
墓場のシーンは、本当に精一杯丁寧だったのではないかと。
エリシアの叫び声が泣けるんだ…。
そしてロイとリザさん。
うわぁ泣いたよ。ホントに泣いたよロイ。いやそりゃそうだけど!
リザさんの間も、まあいいかなーと。もう少し取ってくれても良かったんだけど、時間的に難しいよね。
三木さんはいい感じだなーと思った。涙堪えるみたいな微妙な声。そして堪えきれず溢れ出した涙。
贅沢を言えば、リザさんの顔がもうちょっと切なそうだったらなと思う。
あの「……そうですね」という時の顔! あれが重要なんだ!!
あれをカットされたのは悔しいなぁ。
あと諸所の発音がちょっと私のイメージと違ったかなー。いやそれは個人的好みなんですが。
うーん。やっぱりリザさんがなぁ。もうちょっと、こう…。
しかもなんかやたら肩幅広い気がするんだ…。いくら鍛えてある軍人だからって、いや牛先生も肩幅がっちりって言ってるけど、原作のあのロイがぎゅーとしたら納まっちゃいそうな絶妙な体格差が最高なんじゃないかと熱弁したいとかホント妄想暴走していてすみません。
ロイアイシーンはどうしても厳しい目で見ちゃいますね。御免。
でも二人いつでも一緒って感じで嬉しかったですよ!
あと惜しむらくは音楽かなぁ。
もうちょっとしんみりした、盛り上がりをみせる音楽でも良かったような気がするんだ。特にロイが泣くシーンは。
今回は後に重要となってくるシーンが多いだけに、こっちも厳しい目で観ていたかもしれないですけども。
 
ラストのカットをロイで終わらせたのはいい感じ。
エド達を見せて、ロイ達を見せて、それで「それぞれの行く先」ってことですよね。
ここからそれぞれが目指す道を進んでいくわけで。
…ロイの行く先は、あれですけど。でもね。うん。ロイは独りじゃないから。大丈夫。
 
 
来週はロイアイの出番はなしかな。
出産やるみたいですね。パニーニャも出てくるし!
アルと会話してくれたら嬉しいなー。
私、ずっと後になって出てくる二人の共闘、凄く好きだったんですよ。
 
 
 
↓追記↓
 
うわぁぁぁ録り逃したのってイシュ戦かぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!(悶絶)
うぅぅぅ(号泣)。
だ…誰か貸してくれないかな…DVD…。
レンタル始まったら借りてくるしかないのか…うわぁん。
観たかったよおぉぉぉロイを起こす奥さんリザ!!(一部誇張) 
 
 
↓さらに追記↓
 
見た!! 見た!!!
そうか、ここを持ってきたのかー。
いいですね、これ。
これでイシュ戦をちょっとでも削られればちょっと不満だけど、そうでないことを祈る。
ここへこのシーンを持ってくることで、ヒューズとロイの絆がいかにして出来たか、という簡単な説明代わりになって、そしてその後でドーンと落とすわけだな。
手法としてはオーソドックスで、正攻法だと思うです。
 
んでもってロイを起こすリザさん、やっぱ最高だった!!
BLUEでは大勢の中でリザさんが起こす、ってシチュだったけど、これは二人かぁ。ふふふえへへ。
しかも書類を片付けておきたいって、ロイ真面目じゃないか(大笑)。
明日は雨になりますよ。って今日本当に曇ってるんですが。
ロイを気遣うリザさんの台詞も良かったな。えっへっへ。
こういうオリジナルなら大歓迎です。
見られて良かったー! 職場の人に感謝だ!(何やってんの)

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第10話「それぞれの行く先」

▼ 第10話「それぞれの行く先」 第五研究所にあった賢者の石の錬成陣。 そしてウロボロスの入れ墨を持つ者たちの暗躍…。 謎に迫るエドたち...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第10話「それぞれの行く先」

ショックが大きすぎて… うまく言葉に出来ましぇん( ┰_┰)

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第10話 「それぞれの行く先」

鋼の錬金術師FESTIVAL~Tales of anotherもうひとつの物語~ [DVD]クチコミを見る 病室にて第五研究所の顛末をアームストロングやヒューズたちに話すエドとアル。人柱、賢者の石の錬成陣、そしてウロボロスの入れ墨を持つ者たち・・・しかし謎は深まるばかり。そこへ突然、...

鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第10話「それぞれの行く先」

「殉職で二階級特進…ヒューズ准将か……」 アメストリス国の軍の秘密に気付いたヒューズさんが、ホムンクルス達に殺される話。 今回は原...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第10話「それぞれの行く先」

博士「ひろしぃぃぃぃぃっ・゚・(つД`)・゚・」助手「この期に及んで不謹慎!!」...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle