『鋼の錬金術師FA』第9話「創られた想い」感想

遅くなって御免なさい。
アニメ感想です。
キャラガイド感想はちょっと後日…orz
すみません。
多分簡単なものになるとは思いますが、書きたいとは思っています。
 
 
因みに今回のアニメは原作ではこの辺。
鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス)
(2003/01/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

 
 
 

拍手下さった方、有り難うございましたー!
ガンガンの感想に結構反響あって嬉しい♪
結構好きに語っていたので、ちょっと不安だったんです。有り難うございます。
他の記事への拍手も凄く嬉しく受け止めさせて頂いてます。
糧です。感謝。
 
 
-----FULLMETAL ALCHEMIST「創られた想い」感想-----
 
 
※原作コミックスまでのネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
 
 
まずは、かなり呼吸が上手くなってきたというか、しっくりきている印象です。
原作と順番は違うんだけど、上手くまとまってきたというか。
先日1話から3話くらいまでDVDに移す際に見返したのですが、結構いい感じなんですよね。
多分、原作準拠という噂に振り回されすぎていたんだと思う。
やっぱりエドの性格の微妙な違いとか、ロイアイシーンの削りとか、物申したい部分も沢山あるにはあるのですが。
それでも今のところ、結構気を遣って造られているんじゃないかなぁという印象になってきました。
 
で、今回の話。
駅のシーンでふっとシグさんが見えた気がするんだけど気のせいだろうか。
師匠見つけられなかったー。いたってマジですか?
今度見返す時探してみたい(笑)。
 
ウィンリィ、整備の時、こっそりポケットからネジ出して何食わぬ顔で締めた(笑)。
ちょww 証拠隠滅www
この頃、自分の整備の失敗でエドは結構大変だったのに、結果オーライだからってちゃっかりそろばん取り出すウィンリィが苦手だったなぁ。
私がウィンリィをいい子だなと思い始めたのはもう少し後からだったんだよね。
 
ヒューズの語りシーンは非常にいい感じだと思いました。
なんというか、間違った表現だったら御免なさい。
今回は「溜め」が上手い。と思う。
ここはじっくり溜めて欲しいな、と思う部分がちゃんと溜められてて、安心して見られたんですよね。
それが嬉しかったー。
ヒューズさんは大大大好きなキャラなので、じっくり描いてもらえると嬉しいです。
それにここでちゃんと見せ場とヒューズさんの人となりを描いておかないと、来週感情移入できなくなりますしね…。
多分、一話のオリジナル展開でヒューズさんが出てきたのも、今までちょこちょことロイと必要以上に絡んだのも、この尺で来週を盛り上げるには、と考えた苦肉の策だったんじゃないかと穿ってしまう。
この辺は来週を見てみないことには判りませんが。
 
さて、兄弟喧嘩。
兄弟ならたまにはぶつかって当然だと思うけど、これは切ない。
でも自分が本当に凄く不安で不安で悩んでいるのに、エドに努めて優しく言葉を掛けるところが、アルらしいというか、本当に彼は優しいですよね。
ここで一方的にウィンリィにアルが怒られるんですが、原作の頃から実は私ここ納得いきませんでした。
何でアルが責められるんだろう…。
だって、不安になって当たり前じゃない。存在を確認できるものがないんだよ。その不安は、何か縁(よすが)がある人間には解るのは難しいと思う。
今回の事はどちらも悪くはないよ。
でも結果的にはそれが切っ掛けで、アルは浮上できたわけだから、本当に良かったと思いますが。
 
兄弟喧嘩のシーンも良かったです!
ただ、「二人とも」振られたっていう台詞は削って欲しくなかったなぁ。ここで一度振られて、今くっついてるのがいいんじゃないか(笑)。
あともう少し、エドが覚えていないのにアルが覚えている記憶、というのを強調する方法はなかったなかぁと…。
でないと、こんなあっさり悩み無くなっちゃっていいの? と思った…のは私だけだろうか…あれー。
原作でも別に強調はされていないんですが、ここでそれがあったからこそ「嘘の記憶じゃない」という確証が持てると思うんだけどなー。小難しく考えすぎ?
 
この後突然スカー登場。
そういう順番にするか
…って、スカー流れてる流れてる!!!!!(大笑)
ほんとだ、これ原作でもギャグ調だよ(笑)。よく見てるなぁスタッフさん。どこの桃太郎だと突っ込んだぜ…。
あの腕を家族に貰った「絆」と言い切っちゃったね。
原作では暈していたんですが、なるほど。明確にしたか。
鋼のテーマって、「家族」と「絆」じゃないかなーと思ったりします。
ホーエン、エド、アル、ウィンリィ。
ロイ、リザ、マスタング組。
リン、ランファン、フー。
スカー、お兄さん。
大総統、夫人、セリム。
そしてお父様、ホムンクルス。
イズミ師匠、シグさんとエド達。ヒューズとグレイシアとエリシア。マダムとロイ。オリヴィエとルイ。ノックスと家族。挙げていけばキリがない。
多分牛先生がそこを一番大切にしたいと思っているからなのかなぁと予測。
 
で、CMのくぎゅ。
かわえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!
な、なんだあの声! あれ釘宮さんですよね?
可愛すぎる…!
アルの声はだいぶ頑張って出していらっしゃるんでしょうか。
 
そして来週は…らいしゅうは…(号泣)。
もう辛い。原作で見返しただけで嗚咽しそうだった。本当に辛い。
この頃ヒューズが一番好きだった私にとって、この展開はどれだけショックだったか…。
うわぁぁぁぁ見るの辛いぃぃぃ。見るけどorz
 
 
以下おまけ。
 
忘却のザムドを久々にちらっと見たのですが、そこに出てきた声に驚きました。
え…これリザさんの声じゃね?
で、スタッフロールを見て気付いた。それ、多分根谷さんの声。
あぁそうか…私一期はさほど拘っていないつもりだったし、映画はどちらかというと否定派だったけど、それはそれとして、一期アニメは私の中で存在感があったんだなぁ。
無意識にリザさんの声は根谷さん、という意識があったからこそ、今の声が未だ慣れないんだなと気付きました。
潜在意識って怖いな。
きっといつかは慣れると思うのですが、根谷さん、貴女のリザさんは素敵でした。有り難う。素敵なリザさんを有り難う。
二期のリザさんも素敵でありますように。
 
あとBASARAの後の鋼のCM。
あらロイの声じゃないかと思ったら…
「なめるなぁぁぁぁ!!!」
それを使うのかよ。
…あの、私今のロイの声も好きですけど、その、それだけは勘弁して下さいorz
あれどう聴いてもギャグにしか聴こえないんだよ(苦笑)。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話 感想

「創られた想い」 なんだか前回辺りから割と普通に見れる様になって来たんだけど、これはアニメとしての作りがこなれてきたからなのか、それとも自分が馴れて来ただけなのか。 たぶん、両方。 相変わらずギャグの多いのが鼻に付きはしますが、初期の頃に比べると場と場と...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話「創られた想い」

魂も記憶もすべて作られた偽ものなのか――? バリーとの戦いで疑惑を持ってしまったアル。 これまでずっとともに旅してきた兄弟に亀裂が生...

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話 「創られた想い」

鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION [DVD]クチコミを見る 第五研究所の戦いにより、機械鎧を破損したうえ、ひどい重傷を負ったエド。早速リゼンブールよりウィンリィを呼び寄せ機械鎧の修理をしてもらうことに。その頃、アルはバリーが放った一言により心を乱されていた。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle