『鋼の錬金術師FA』第8話「第五研究所」感想

さて。
アニメ感想は毎週書こうと思っていたのですが。
うーん…御免。今回かなり短いかも。
注目すべき点はちょこちょこあると思うのですが、見比べたり検証する時間がないorz
 
そんな感じで短め感想ですが、宜しければどうぞ。
早い話が、私はロイアイ二人がセットで出てりゃ燃えるんだ(笑)。
 
※05/24 21時:追記しました。
 
 
-----第8話「第五研究所」感想-----
 
 
 
※原作コミックスまでのネタバレを含む場合があります。
※管理人は、基本的に原作とロイアイ至上主義です。
 
 
 
66の声がねー。なんというか、やっぱり想像より太いですね。
まあおっさんだからなー。当たり前っちゃー当たり前なのですが。
原作バリーってかなり可愛かったから、こう、イメージがね。
 
「おっさんではない」って、原作のちょこっとした台詞外の遊びをよくここへ持ってきたなぁと思いました。
やはりギャグ成分をかなり前面に押し出してる感じなんだろうか。
小さい部分も大切にしてくれるのは嬉しいですけどね。
そこを大切にするのね、って感じ。
あれかな。後半かなり暗くなってくるから、ここは明るくやっとこうというバランスの問題。…だったり?
 
鋼をも貫く! と言いつつ鋼貫かなかったのにちょっと笑ってしまった。いやここ原作通りなんですけど。
改めて映像でやられると気付くことってあるよね。
 
ここでヒューズか!
そしてまたも吹き出しの演出…これは慣れないなー。
で、可愛いスカーは止めれ(笑)。ちょっと想像しちゃったじゃないか。可愛い嫁さんしてるスカー。怖!(笑)
 
ロス少尉の声はやっぱりちょっとイメージより可愛すぎる気がする。
いえ、声優さんがどうとかではなくて、単に私のイメージ。
ロス少尉は芯の通った強くて優しい素敵な女性なので、是非その部分が伝わるような演技を望みたいです。
まずは来週見せ場かな?
削らないでね~…あそこ重要!
 
アクションシーンは、やっぱり第2話で感じたように、ちょっとコマ割り的印象。
なんていうのかな…私詳しくないんだよな…うーんと。
カットとカットの繋がりとか、場面展開とか、カメラアングルとかが気になる。ような。
ぞくり、とする見せ方ではない、というのかな。
御免ね感覚で見てて…。
なんだろう。何が引っ掛かってて迫力が足りないと思っちゃうのかな。なんか薄味って感じなんだよなぁ。
絵は結構綺麗だと思うんですけどね。
 
「アイツに勝った事ないんだ」って威張るエドは可愛くて良かったですー。
あとアルの強さも割と判るようにちゃんとやってくれてたし、ここら辺はまずまず満足ー。
やっぱりアルも凄いんだよってところ見せなくちゃね!
私は鋼の錬金術師の主役は、エドとアル、そしてロイであると思っている。(主観)
 
バリーのコミカルな動きと喋りはかなりナイスでした。
「ぎゃー」が可愛すぎる(笑)。
ここ好きです。じっくり見ちゃった。
バリーはとことんお馬鹿さん(褒め言葉)でいってください。
これが後に惚れた(この辺微妙だけど)女の為にこれほど主張していた大好きな人殺しもしなくなっちゃうんだから、どんだけ彼女魅力的なんですか(笑)。そうだよね。だってボンキュッバンだもんね。ボインも尻も太もももドンと来いだもんね。
 
んでもって、鎧って頭着けたら目が光るんですね…そうか…なるほど…。
目の部分から見てるわけじゃないんだよなぁ。頭なくても視認できてるもんな。
その辺の鎧に魂定着した人の構造がイマイチ謎だったりする。
 
フーメトゥーアーケミスツって言ってる人、結構楽しんでいる気がします(笑)。
 
音楽がどうもしっくり来ないんですよね…。音楽自体じゃなくて、使うタイミングが。
ここでどうしてこの曲なのかな、と思う。
「人じゃないと認めることになる」の部分は、結構原作で好きだったシーンなので、もう少しじっくり見せつつ、曲も変えて欲しかった。
どれだけエドがアルのことを大切に、大事に思っているかということが現れているシーンだと思うんですよねー。
だからこそ後の展開が活きて来るような気がするんだけど。
むむ。来週どう持ってくるかな。
 
エンヴィー最低ですね…(苦笑)。いや彼らしいよ。こんなだよ、エンヴィーは。
彼は本当に鋼中で一番最低なキャラだと思う。勿論キャラじゃなくて、性格が。好きな人にはひょっとしたら申し訳ない意見かもしれないんだけど、むしろ彼はそういう風に描かれたキャラだと思うから、最低であればあるほど彼らしいと私は思う。
ただ高山さんの声が、どうしてもコナンにしか聞こえないのは、私がこれを見る前にコナンの録画見ていたせいですか(苦笑)。
高山さんの演技自体は素敵なはずなのに、イメージって怖いなぁ。
 
ゴキンっていう文字、書いちゃうんですね…なるほど…。
ここシリアスだったような気がするんですけど、急にギャグ調?
うーん、忙しない。
 
キンブリーの声もちょっとイメージと違ったです。
一期の声は実はあんまり覚えてなくて、適当に原作を読んでた時の自分のイメージですが。
もう少し活躍するようになったら慣れるのかな。
 
そしてヒューズの電話再び!
キターーーーー!!!
…と思ったら削られたーーーーー!!!!!(涙)
いや…駄目だと思うんだ…。ここにリザさんがいないとさ…。「嫁さんもらえ」「やかましい!」「お電話はお静かに」っつー、このコマ割りがあってこそだな、後の「未来の大総統夫人に」ってのと合わせてだな、ロイの嫁さん=リザさんという図式がだな…(号泣)。
電話がかかってきた時にロイが一人だったから、まさかとは思っていたんですけどね…。
めそり。
ロイアイシーンが削られればそれだけで不満。
すみませんそこばっかりです。
 
 
来週はどこまで行くかな…。
もしかしてこのペースだと、ヒューズは10話で………orz
 
 
↓追記↓
そうだそうだ。
あれ? って思ったところ書き忘れました。
ロイとヒューズの会話ですが、ここでスカーの死体捜索に関して、「腐乱してて判らない」ってなってるんですよね。
でもこれ原作では「焼けすぎてて判らない」。
なんでここ変える必要あったのかなぁってちょっと疑問。
そもそもなんでいきなりハボックが腐乱死体の発掘してんだろう。
先週何か見逃してる?
確認してる時間もないやーいorz
また判ったら追記しておきます。
なんか自分メモだなぁこれ。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師FA 第8話『第五研究所』

ウィンリイにしてみりゃ、まさか兄弟がバトル三昧の日々を送ってるとは… 思わないよな、普通。 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]朴璐美, 釘宮理恵, 入江泰浩アニプレックス 2009-08-26by G-Tools

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第8話 「第五研究所」

鋼の錬金術師FESTIVAL~Tales of anotherもうひとつの物語~ [DVD]クチコミを見る 賢者の石の真実を探るため元第五研究所へ忍び込んだエドは、そこで床に描かれた賢者の石の錬成陣を発見する。その時、鎧に身を包んだ男、ナンバー48がエドに襲い掛かかる。一方、研究所の...

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第8話「第五研究所」

博士「女体研究だったら大歓迎です(´Д`;)ハァハァ」助手「あんた、最低だよwww」...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle