2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ガンガン2009年5月号「鋼の錬金術師」ネタバレ感想
2009/04/12(Sun)
お待たせしましたー!
感想です。
遅くなって御免なさい。
以下「続きを読む」より語ってます。
ネタバレですのでご注意下さいね。 
 
※12日22時25分:少し追記と修正しました。 
 
 
 
 
※ネタバレ中尉
 
 
 
 
 
第94話「復讐の炎」
 
 
 

煙の上がる中央司令部を見て、混乱する町の住民達。
そこにラジオ放送が流れる。
聞こえてきたのは大総統夫人の声。
「中央軍は私を殺そうとしたのです」
「『マスタング大佐の部下ともども撃ち殺して良し』と言われました」
中央の者がクーデターを?
ざわめく民衆。陰でほくそ笑むハボック。
そこでブレダが、大総統閣下を乗せた列車が爆破され、閣下が行方不明だと夫人に告げる。
「上層部で閣下を排除しようとする一派がいる」
宣言するブレダ。放送を止めようとする軍。
しかし放送局の者達はブレダ達に協力し、軍を上手く誤魔化して放送を続ける。

ブレダかっこえぇぇぇぇぇ!
つーか増田組良すぎ! ラジオ放送局のあんちゃん達良すぎ!
もうね、のびのび放送しているのに、脅されてるとか嘘吐いちゃうんだもんね(笑)。
なんという演技派。楽しんでるだろおまえら。
みんなカッコいいぜ!
しかし夫人の証言をラジオ放送で流すとは考えたなー。
軍内部でクーデターがって、そりゃおまえらだー(笑)。
この策、ブレダも考えたのかな。
ロイだけじゃなくてブレダも策士だしな。
情報操作は偉大だよね。
しかし「ブラッドレイ以外の奴がこの国をまとめられるのかね」という民衆の一言が気になる。
やっぱりブラッドレイが一番大総統に適しているのか…?
とすると、お父様との決着が付いた後でも、ブラッドレイを残して、今までのまま大総統としての座に就いてもらうことも有り?
ホムンクルスとしてでなく、夫人と一緒に人間としての生を歩むことを選ばせるとか?
それをブラッドレイが納得するかどうかだけど…。
やっぱりそれは難しいかなぁ。
個人的にブラッドレイは好きだから、そうなってくれれば嬉しいけど。
でもブラッドレイ、「矜持がある」って言っちゃってるしなぁ。
 
 

さらに放送からロス少尉が続ける。
マスタング大佐とそれに賛同する我々は、正義の名の下に卑劣な輩に全力で立ち向かう、と…。
その声を聞いたブロッシュ軍曹は驚愕。
グラマンもブラッドレイの威光を上手く使ったやり方に笑みを隠せない。
止めとばかりに情報を操作するイシュヴァール人。
じわじわと外堀を埋められつつ、中の軍は戦闘で苦戦を強いられていた。
なんとブリッグズの兵は、大砲まで準備していたのだ。
大砲を撃ち込まれ、揺れる中央司令部。

ロス少尉の声を聞いたよブロッシュ!
さあ走るんだ! 放送局に走るんだ!
うわーブロロス万歳! 再会してー!!
つーかマジでロス少尉が好みどんぴしゃすぎて困る。
女性キャラで一番好きだ。リザさんと同率首位か、単体ならロス少尉が少しリードみたいな。リザさんはロイとセットでダントツトップなくらい好き。ロイがいてこそのリザさん。
正義という言葉を上手く利用して、「みんな大好きでしょ? 『正義』って響きが」ってしれっと言っちゃうのがもう!
シンの国でさらに強くなったんじゃないだろうか(笑)。
苦労したもんね…。
しかもよく考えてみれば、軍には利用されて殺されようとしたんだもんね。
このくらいの仕返しは許されるわな(笑)。
グラマンが楽しそうだなー。
今の時点では、増田組がどう見たって正義だからな。
嘘も方便。この狸の笑い方といったら(笑)。
 
 

内外共に揺れる軍の地下では、静かで激しい怒りの炎が燃え上がっていた。
まずはエンヴィーの舌を燃やすロイ。
既にその目を復讐に染めているロイを見て、二人だけで大丈夫かと問いかけるエドに、リザはなんとかしてみせると答える。
ダメならその時は…とロイの背中を見つめながら、エドに行ってと頼むリザ。
後ろ髪引かれながらもエドは奥へと進む。
残ったロイは、リザに下がっていろと指示をして、真の姿を曝け出したエンヴィーと対峙する。
この姿は手加減できないと笑うエンヴィーに、エドはその眼球の水分を一瞬で蒸発させる。
苦痛に叫ぶエンヴィーをさらに丸焼きにし、ロイは言い放った。
「死ぬまでこの苦しみをくり返してやる」
ラストをも焼き尽くした炎に戦慄を覚え、いったん退くことを選ぶエンヴィー。
ロイはここで待っていろとリザに命令して、あれは私一人で片付けると逃げたエンヴィーを追う。
残ったリザはしばし考える素振りを見せた後、意を決したようにロイの後を追っていった。

もう、この時点でロイは完全に復讐の鬼と化しているわけで。
それでも中尉に下がっていろ、待っていろ、と命令する余裕があるのはさすがというか。逆にその冷静さをまだ保っている分怖いというか。
目が完全にイッちゃってるんだよなぁ…。
これはターゲットロックオンされたエンヴィーご愁傷様としか…。
本気で怖いよね、この大佐。絶対睨まれたくない、みたいな。
そして後を追うリザさんが…切ない。
だって命令違反ですよ。あの忠実なリザさんが、ロイの命令に背くわけですよ。簡単な覚悟じゃできないよ。
それでも放っておけるわけないよな…あんなロイ。
おそらくこの時のリザさんは、ロイをエンヴィーから守るためではなく、ロイの心をロイ自身から守るために付いて行ったんだろうと思うのです。
 
 

奥へ進むエドは、スカーを呼び止める。
振り向いたスカーはエドの危惧を察して言い放った。
「あの男、あのままでは自らの炎でおのれの心も焼き尽くすだろう」
当のロイはエンヴィーをひたすら攻撃していた。
エンヴィーはなんとか状況を打開しようとヒューズに化けてロイの前に現れる。
しかしロイは躊躇無くエンヴィーを焼き払う。
右手で大火力、左手でピンポイント射撃。
左右撃ち分けるロイの猛攻にほうほうの体で逃げるエンヴィー。
その逃げた先で、エンヴィーはリザを発見する。

ロイの攻撃が凄すぎる…。
完全に我を失った状態ではなく、冷静に考えた上でいたぶるのが怖い。
左右撃ち分けってなんですか…。
両手発火布の意味はこういうことだったのか。
だいたい、今のロイにヒューズに化けるのなんて逆効果どころか、まさにロイの言うとおり「火に油を注ぐ」行為だって気付かないのかエンヴィー…。さらに怒らせてどうするんだよ。
あ、そういえば、練成陣の環は二重だったり一重だったりするので、これはどうやらあまり関係は無さそうですね。
 
 

迫り来る足音に息を潜めるリザ。
銃を向けると、それはロイだった。
エンヴィーを見失ったと言うロイは、背後のリザに命令する。
「私のそばを離れるなよ、中尉。ついて来い」
しかしそれを聞いたリザはにやりと笑い、ロイの後頭部に銃口を突きつける。
「…なんのマネだ、中尉。誰に向かって銃を突き付けている」
「誰にって? 笑わせないで。大佐はね、二人きりの時私の事『リザ』って呼ぶのよ」
リザの言葉にそういう仲だったのかと慌てるエンヴィー。
そのエンヴィーにリザはあっさりと「ウソよ」という一言と弾丸を浴びせた。
戸惑うエンヴィーにリザは構わず銃を連射する。
「引っ掛かってくれてありがとう、エンヴィー。あなたここで私に倒されてちょうだい」
リザの暇ない攻撃に反撃をするエンヴィーだったが、リザは多少の反撃などものともせず銃をぶっ放し続ける。
再生を繰り返しながら、エンヴィーは腕を変形させてリザを拘束。
床に叩き付けて「ボロぞーきんにして大佐の前に放り出してやるよ」と高らかに笑った。
と、その時爆炎がエンヴィーを焼き尽くす。
現れたのはロイだった。

「大佐はね、二人きりの時私の事『リザ』って呼ぶのよ」
 
ロイアイキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
 
「ウソよ」
 
il||li_| ̄|○il||li
 
以上、本誌を読んだ後の私の心の叫びでした。
まあカマ掛けというオチで。
もうね。妄想暴走して玉砕(笑)。
でもこの展開だからこそ、あぁ、牛先生の二人だってちょっと安心したような思いもあるかな。私は。
本当にリザ呼びしているラブラブな二人もすごーーーーく見たいですけど。
いきなりそれでも、えぇぇいつのまに! って感じかもしれないし。
 
でも火の無いところに煙は立たないっていうしね!
あながち全部ウソでもなかったりするかも。
だとしたらリザさん策士というか演技派!
(そんな器用なタイプにも見えないが)
それに、たとえリザ呼びしてなかったとしたら、今やっぱり二人はいちゃいちゃ恋人同士ではないという解釈も出来るわけで、そうすると「あれだけ露骨に嫉妬しているロイが、まだ手を出していない」という面白い展開になるわけですよ!
それはそれで 萌 え る
 
あ、もしくはですね。これも有りか?
「ウソよ(本当はプライベートの時だけ『リザ』って呼ぶんだけど)」
とか!
だって今は軍服を着てるもんね。
私服でなおかつ、二人きりの時だけ「リザ」呼び。
ぐはーそれもいい! 萌える!!
 
…という感じで、やっぱりロイアイ妄想は元気です。
懲りないな、私は(笑)。
暴走していてすみません。
 
さて。
本当なら、ロイがエンヴィーを自分の手で葬りたがっているのは明らかで、それに茶々を入れればロイが激怒することも明白でしょう。
ただそれをすると、ロイは本当に戻れなくなってしまう。
この時のリザさんは、ロイがそうなる前に、いっそエンヴィーを自分の手で葬ってしまえば、と思ったのかな。
それによってどれだけロイに恨まれようが、殴られ責められようが、構わない、と。ロイがリザさんを殴るはずは無いけど。
こんな状況でも、ロイはずっとリザさんを逃がそうとしていたのだから、巻き込みたくないとか、敵味方の区別はついているんですよねぇ。一応。
だからこそ怖いんだよ、って友達が言ってましたが、確かになぁ。
 
 

エンヴィーを燃やす爆炎。
度重なる再生により、とうとうエンヴィーの残弾は底をついた。
骨となり、消え失せる肉体。
エンヴィーは元の姿になり、這い蹲ってでも逃げようと試みる。
しかしそのエンヴィーを軍靴で踏みつけ、ロイは、エンヴィーという名は嫉妬という意味か。なるほど、醜いものだと冷ややかな目を向ける。
そして死にたくないと涙を流すエンヴィーに、最後の一撃を放とうと火花を散らす。
しかしその時、ロイの後頭部にリザが銃を突きつける。
なんのマネだと問うロイ。
リザはあとは自分が片付けると言い、銃をどけろというロイの命令を受け入れない。
手を降ろしてくださいと銃を向けたまま言うリザに、ロイは怒号を浴びせる。
「ふざけるな! どけろと言っている!」
そこへ突如錬成された床がロイの足を弾く。
空中へ放り出されたエンヴィーを受け止めたのは、エドだった。その横にはスカーの姿。
ロイは怒りの形相のまま手を差し出す。
「鋼の…そいつをよこせ!」
エドの決断は。答えは。
そしてロイの復讐の結末は。
以下次号。

うぎゃぁぁぁぁぁぁぁここで切るかぁぁぁぁ!!
なんという引き。気になりすぎて冷静に待てません牛先生。
 
とうとう、一番見たくなかった光景を目にすることとなりました。
ロイに銃を向けるリザさん。
ここへ来て「間違えたと思ったら撃ち殺せ」が出てくるとは…!
リザさんはもしかしたら、ロイの背中を守るためだけではなく、この約束を守るために、ずっとずっとロイに付いて来たのかな…。
やっぱり先月号の辛そうな顔は、憎しみに染まったロイを見てられない、という痛ましさによる表情だったと解釈してもいいんだろうか。
勿論リザさんが本気でロイを殺すはずはないんだけど、いざとなったらロイを撃ってでも止めるつもりだったんだろうな(当然急所は外して)。
ロイを撃ったリザさんは、きっと自分も傷付くだろうに。
復讐を邪魔したことでロイにどれだけ責められようが、ロイを傷つけたことによってどれだけ自分が傷つこうが、リザさんは厭わなかったってことだ。
それが忠誠心によるものであれ、恋愛感情によるものであれ、崇拝に近い感情によるものであれ、もしくは全く別の…何であれ、相当の覚悟が必要だったはずで。
いつか来るだろうとどこかで予測しながらも、ずっとその日が来なければいいとリザさんは願っていたのかもしれないと思うと、今のロイの状態は切ない。
 
さて。
なんでロイがエンヴィーにとどめを刺すのを、エドもリザさんも止めたのか。
スカーは無差別に復讐を行ったけど、ロイはあくまでも復讐対象だけじゃないか。
それを遂げさせてはいけないと二人が思う意図は?
私はここがどうにも不思議でした。
それではとここでよく考えてみると、例えばエンヴィーに止めをさしたとして、さあ、その後の大佐は?
やっと仇を取ったぞ、ヒューズって言って、さらりと元に戻る?
想像できないな、それは。
だって目が死んでるもん。憎しみに染まってるもん。
憎しみに染まった心で復讐を遂げてしまったら、どうなるのか。
スカーが言った「己の心まで焼き尽くす」という言葉。
たぶん、リザさんもエドも、それを一番恐れていたんだと思う。
ここで思い出した。
「勘違いしないで。理不尽を許してはいないのよ」
「世の理不尽な出来事を許してはいかん。人として憤らねばならん。だが堪えねばならぬ。憎しみの連鎖は誰かが断たねばならぬ。怒りのままに流されればそれは獣・畜生と同じ。たとえ世界の全てがイシュヴァール人を否定しようとも、我々は「人間」なのだ。獣の道に堕ちてはいかん」
「負の感情が集まれば世界は負の流れになってしまう。逆に正の感情を集めて世界を正の流れにする事もできる」
つまり、ロイがここでエンヴィーを憎しみに流されて殺してしまえば、ロイは本当に負に染まってしまう。
地上では、正義としてマスタング組が民衆に呼びかけているんですよ。
その地下では、ロイが負に染まろうとしている。
これ、多分対比ですよね。
正を為そうとしているロイが負を行えば、それは真逆の行為。
それ以前に、染まってしまえばもう戻れなくなる。堕ちてしまう。
だから止めたかった。
そういうことなのかなぁ。
確かに、ここでロイがエンヴィーを殺しても、ヒューズはもう戻ってこない。
ただ、エンヴィーは生かしておいたら本当に危険だと思うんだけどね…。何するか判らないし、もし隙を突いてリザさんに取り付こうものなら、皆どうするんだよと突っ込みたい。
それでも、憎しみに染まっていないロイなら、きっとリザさんもエドも止めなかったんだろうし(何故ならロイは既にラストを殺してるから。あの時と違うのは正気かそうでないかということで)。
つまりあの状態で殺してしまうのがマズイ、ってことだったのかなぁ。
 
…えぇとね。
ロイ、愛されてるよね。すっごく。
本当に愛されてるんだから、もう少し自分を大切にしてあげようよと思うな…。
私は鋼が始まって以来、ロイが本当の意味で自分のために生きているところを見た覚えがない。
因みにそれはリザさんも同じだったり。
なんというか、不器用すぎるよなぁ、二人とも。大好きだ。自分の分まで互いを大切に想うことでフォローしあっている気がする。そこが切なくて大好きで、そして哀しくて愛しい。
 
とりあえずロイを止めるのはスカーなんじゃないかなと思っている。
とすれば、イシュヴァールの罪を二人(ロイアイ)がどう昇華するかということが、やっと描かれるんだろうか。
二人は救われてくれるんだろうか。
何よりそれを願ってきたからこそ、ここでなんとしても、二人にとっていい結末を迎えて欲しいと思うけど。
個人的に、エドではロイは止まれないと思うんだよなー…。
リザさんでも止まれるかどうか。一応止めを刺すのを一時中断してくれたのは嬉しかったけど。
だってリザさんが絶対自分を本気で撃たないだろうって判ってるだろうしなぁ。無視して殺したら、命に関わらない程度に撃たれるかもしれないけど、死ぬことは無いだろうし、そもそもロイは仇を討つという目的と比べたら自分の命なんて軽視しそうだから、別にリザさんに銃を向けられても中断する理由は無いんだよな。
そこを中断したことにまだ救いが見えたというか。
でもリザさんの今の思いは届いていないんだろうなぁ…。
ここでロイを止められるのって、イシュヴァール人のスカーっていうのが妥当な気がする。
 
 
 
さて、以下次号です。
頼むよ…ロイを元に戻して。
ロイを救ってあげて下さい、牛先生。
彼はきっと、ヒューズのことで、いやイシュヴァールのことで、ずっとずっと傷付いてボロボロになったんだと思うから。
 
 
人気投票の結果は、以下のとおり。
1位エド、2位ロイ、3位リザ、4位アル、5位ウィンリィ。
6位エンヴィー、7位ハボック、8位オリヴィエ様、9位リン、10位ランファン。
11位以下は次の通り。
11アレックス12グリード13グリリングリード14キンブリー15ホーエン16ヒューズ17スカー&牛先生19ヨキ20シャオメイ21プライド22メイ23ラスト&ハヤテ号25イズミ&グレイシア27グラトニー28ブラッドレイ29ロス少尉&ハインケル
やっぱりエドなんですねぇ。人気あるんだなぁ。
アルが…主人公格なのに…不憫な子だ。
グリリンは別集計なんですね。そりゃそうか。
ヒューズが上の方で嬉しいなぁ。
そしてシャオメイよりメイの方が下位という事実…。
意外にもブラッドレイは下の方なんですね。グレイシアさんがそれより上ってのが凄い。
ロス少尉はもっと上でもいい! くそぅ!
そしてゴリウスさん…頑張ったのにハインケルに抜かれている…不憫。
はっゴリウスじゃなくてダリウスだっけか(笑)。
もうこの時点で…御免。ホント御免ゴリさん。(さらに酷い)
何より一ページ目のロイの顔が怖かったです(笑)。
異形! 本編より異形!
 
 
ブロマイドセットで、2枚見たことない軍部イラストがあるのが気になります…。
ちらりとロイとヒューズが見えているセピア色のイラストと、雪像を作っているっぽいイラスト。
これどこのイラストー!?
うわーん見たい! 超見たい!
画集とか持ってるのに見た覚えないんだよなぁ…何で?
 
 
↓追記↓
書き忘れていたので追記です。
「何故リザさんは、ロイに化けたエンヴィーに疑いを持ったか」
まずは、エンヴィーに変身能力があることを知っていたこと。
そしてエンヴィーがヒューズを葬った時のように、敵の弱点を突くような人物に化けることを理解していたこと。
そして何より、エンヴィー扮するロイが「ついて来い」と言ったのが大きいと思っています。
ロイは終始「下がっていろ」「待っていろ」と、リザさんを遠ざけよう遠ざけようとしていた訳で、本物ならあの場で「ここで待っていろ」とか言ってもおかしくなかった。
もしくは「戻れ」とかね。
それがいきなり「ついて来い」じゃあ疑いもするってもんで。
そういう様々な要素が重なった末の鎌かけだったんじゃないかな。
ただ確信は持てないし、万が一間違っていたら大変だから、攻撃する前に鎌をかけてみたんでしょう。…あれある意味既に物凄い攻撃だったけどな。主にロイアイファンに。
で、エンヴィーは多分あまり機転の回る方ではないと思われるのでアッサリ引っ掛かってくれたと。
 
リザさんの美尻に目を奪われたことは秘密。秘密。
なんだよリザさん。
胸も尻もばいーんで太腿も…って、どれだけ魅力ボディだ。
母親の顔が見たい。きっとリザさん似(逆だが)の美人だったんだろうな。父親あの顔だしな(笑)。でももしかしたら、あのお父さんもお母さんが生きていた頃は普通の顔色で、ちゃんとして意外と美形だったかもしれない。写真とか残ってないのかな…。リザパパが全部燃やしたとかだったら切ないな…。
この記事のURL | 鋼の錬金術師 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/314-986bbc6f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。