ガンガン2009年4月号「鋼の錬金術師」ネタバレ感想

来たよ!
さぁ来たよ!!
ガンガン感想解禁イエー!
ネタバレ大いに含みますので、大丈夫の方のみどうぞ。
-----ガンガン鋼感想-----















第93話「不倶戴天の敵」
 
 
 
感想に入る前にちょっと自分的メモ。
 
※不倶戴天=ともにこの世に生きられない、また、生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。(Yahoo!辞書より)
 
 
 

キンブリーの喉笛に食らい付いたハインケル。
瀕死のキンブリーを盾にするハインケルに、何故かプライドは攻撃を止める。
しかし劣勢は変わらない。
…と思いきや、突然車が乱入し、プライドを跳ね飛ばした。
運転していたのはヨキ。
アル、ハインケル、マルコー達は、ヨキと共にその場を脱出し、セントラルへ向かう。
しかしそれすらも計画通りかと思われる意味深な台詞を吐くプライド。
そして死に掛けているキンブリーに話しかけたプライドは、既に返事すらできないその身を容赦なく自分の中に取り込んだ…。

…え。
えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
キンブリー、ここでリタイアですか?
もっと、なんか最後の最後であると思っていたのに!
ここで終わり?
彼は、この事態の結末を見届けないまま、これだけで終わり?
なんだかちょっと拍子抜けだなぁ…。
もう少し見せ場があると思っていたんですよ。
スカーとの因縁はどこへ…ああ、でもそれはいいのか。発端はエンヴィーなんだから。
でもなぁ。
凄く残念です。個人的に。
これで終わるとは思えないのは何故だろう…。
プライドが取り込んだのも後で関係してくるのでしょうか。
 
しかしヨキ、えらい出世だな!!(大笑)
いや凄いですよ。偉いよヨキ。一番いいところ持っていったよ!
ここ一番の勇気を出せるかどうかって、大事だと思うんですよ。
ヨキ尊敬します。今回だけは(笑)。
牛先生って、ヨキ大好きだよね!(笑)
 
プライドの一言が気になるなぁ…。
「勇気ある逃げない人間は乗せやすい」ってどういう意味だ…。
うぅむ。セントラルに、いったい何が隠されているんだ。
 
 

車の外装を変えて、上手く中央司令部に近付いたロイ達。
その中では、オリヴィエが満身創痍ながらも意識を回復。
弟の方を見ると、なんとアレックスは機転を利かしてスロウスを足止めしていた。
命拾いをしたかと思われた二人。
しかしその二人に銃口が向けられる。
そういえば銃殺命令が出ていたと話すオリヴィエに、死ぬなら家督を自分が継ぐ手続きをしてから、とアレックス。
言い合いを始める二人の元へ、今度はあの人形達が乱入する。
スロウスも復活の兆しを見せ、動揺を始める軍人達に、オリヴィエは迫る。
自分を撃ち殺した後、化物の餌食になるか。それとも、自分達と協力して化物を討つか。
自分の頭で考えろ、と。

状況を見て喧嘩しろよー(笑)。
というか、アレックス、家督継ぐ気がまだあったんだね☆
意外と諦め悪い(笑)。
そしてオリヴィエさんが本当にロイに家をやるつもりだったのにもビックリ(笑)。
あれ、比喩かなんかだと思っていたのに!
彼女の「ミジンコ一匹分」は、あの屋敷一杯分くらいになるんじゃないかと思ったりします。
ロイのこと心底認めてるよね、オリヴィエ様。むふ。
そして何より、弟を本気で心配する顔をチラリとでも見せてくれて非常に嬉しかったです。
なんだかんだ言いながら、本当に心配してるじゃない。家族愛してるじゃない。
そんなオリヴィエ様が素敵です。
ところで凄く突っ込みたいんですが、何食わぬ顔で同じコマに入って何気にべったり密着しているロイアイ二人を何とかして下さい(笑)。萌えすぎます。もっとやって。(どっちだ)
夫婦にしか見えないんですが。既にこの時点で。助けて。萌が止まらない。
このコマ、色塗ってパウチしていいですか。(落ち着け!)
 
 

メイは人形達をかわしながら、必死にエンヴィーから逃げていた。
人形達が来る方向へ向かえば、人形を動かしている賢者の石の大元の、大きな石があるはず。
真っ直ぐ前へ進むメイ。
一方エド達は未だ人形達に足止めを食らっていた。
次々と湧いてきて、しかも死なない人形達に、疲弊するエド達。
足を掴まれたエドは、いよいよピンチを迎える。
だがそこに、突如爆風が。
現れたのはリザを伴ったロイだった。
中へ足を踏み入れたロイは、懐かしい場所だ、君の泣き顔が思い出される、またああいう素直な涙が見たいものだねと暢気に語りかけるが、リザは顔を赤くしながらも、水分は大嫌いなんじゃないですか? 無能になるから! と逆襲。
それをスルーして、ロイは目の前にいるスカーを見止める。
闘えと命令してくるスカーに反発するロイ。
しかしリザはスカーの言葉に従い臨戦態勢。
だが銃は効かないとエドに言われ、顔を顰める。
それを聞いたロイは、右手をすっと掲げた。

本来場面が変わっていないのでここで切るのも何ですが。
ここで切らずになんとする!!!
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ牛先生ありがとぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
ナニコレナニコレナニコレ!!!
ロイアイ!? ロイアイ公式!?!?
「素直」ってことはさ。
素直=自分の気持ちに正直=本当の気持ちは泣くほどロイが大切=それを見たい=ロイもリザさん大好きさ。
ということですよねわかります。
そしてリザさんの「無能」にも反応しない増田!
強くなってるよ増田! 調子に乗ってるよ増田!!
コノヤロ、リザさんの涙を見て自信をつけたな。両想いだと確信しやがったな。あぁそれとも既にそんなことは知っていたのか。
何この夫婦。夫婦会話。
しかもリザさん照れてるよ! 超照れてるよ!!
こんな顔見たことないよ!!!!!
憎まれ口まで照れ隠しに見えるよ! ツンデレ! ツンデレ!!
私この部屋の壁になりたい。そしたらリザさんの涙も照れ顔も見られるんだよな。羨ましいぞ壁。壁のくせに。あぁでも壁になったら他のロイアイシーンは見られないな。それは嫌だな。やはり読者で良かった。
…はぁはぁ。
すみませんちょっと落ち着きます。
あぁ幸せだ。私幸せだ。本当に本誌でロイアイがまた見られるとは思わなかった。夢叶ったよ。牛先生凄いよ。読者の夢を叶えてくれたよ。
しかもロイ、颯爽と登場するんだよなぁ。いいとこ取り(笑)。
しかしリザさんは、銃が効かないのなら活躍シーンが…なくなっちゃ…う…。勿論、それならそれなりに彼女はロイを助けるはずだけど。というかロイの傍にいることが重要。なんだよきっと。
でも、ここにリザさんがいるということが、私はちょっと怖いです…。
だってリザさんめっちゃ狙われてるんですが…状況的に。
危ないよ…ロイが守ってくれる内はまだいいけどさー…。
彼女の見せ場があって欲しいような、あって欲しくないような。
いい見せ場なら大歓迎、悪い見せ場なら止めてーうわーん。
心配でたまらんです。
 
 

掲げた右手から火花が散る。
次の瞬間、人形達は一気に業火に包まれた。
消し炭になる人形達を呆然と見つめるエド。
そこへ、メイとエンヴィーが落ちてくる。
人形達を取り込んでパワーアップしたエンヴィーは、誰から片付けようかと舌なめずり。
そこでスカーとロイがいることに気付き、スカーにロイは国家錬金術師だけどいいのかとけしかけるが、スカーに動揺はなかった。
それに文句を言うエンヴィーに、ロイは問う。
「マース・ヒューズを殺したのは誰だ」
エンヴィーはマリア・ロスだと言うが、ロイはそれを否定して、エンヴィーを馬鹿にすることで逆上させつつ、真実を問い詰める。
そんなロイに、エンヴィーは不適に笑い、やっと辿り着いたな、おめでとうと暗に犯人が自分であることを示す。
こんなバカにヒューズがやられると思えない、と言うロイに、エンヴィーは顔を変える。あの時の、グレイシアの顔に。
目を見張るエドとロイに、エンヴィーは、愛する妻の顔した奴に撃ち殺される絶望は最高だったと高らかに笑う。
それを見ていたロイは、ゆっくりと練成陣が描かれた手袋をはめ直した。
「もう喋らなくてもいいぞ、エンヴィー。まずその舌の根から焼き尽くしてやろう」

…本当に、辛かったです。
今回のメインはここですね。「不倶戴天」
ずっとずっとロイが捜し求めていたヒューズの敵。
どれほど捜し求めていたのか。
この時をどれほど待ったのか。
しかしエンヴィーはそれを嘲笑いながら告白したのです。
ヒューズの命を、想いを、彼は最後まで馬鹿にして踏み躙った。
ロイはまさに怒髪天。つーか御免、私も腹が立つ。本当に腹が立つ。ヒューズ大好きなだけに、これだけは赦せなくて当然だと思う。
ただ、ここでのリザさんの表情が本当に辛そうでね…。
その顔は、私には、いたたまれない、という風に見えました。
ロイは、今まで化物と人間の狭間で、辛うじて一線を越えずに、人間側にいたのだと思うのです。
ところが、エンヴィーを、ヒューズの敵を前にして、彼は一線を踏み越えてしまった。
化物になることすら辞さず、彼は向こう側へ行ってしまった。
それを見るのがたまらなく辛い、という表情に見えました。
しかし全てが終わった時、ロイをそこから人間側へ戻す役目は、きっとリザさんだと思うのです。
いや、このリザさんの表情、ヒューズの死んだ時の無念さを思うとたまらない、という風にも見えるんですけども。
どっちだろうなぁ。
それとも全く別の思いがあるのか…。
 
そしてロイに対して、スカーは復讐を乗り越えた…と思っていいのでしょうか。
ただ落ち着いてエンヴィーの言葉を受け止めるスカーが切なくて、でもカッコ良かったです。
ロイにもどうかいい結果を。
彼は、エンヴィーに会うこの時までは、ヒューズの死を乗り越えられていなかったのだと思うから。
ロイがどういう復讐をするのか、それを遂げた後、どうなるのか。
来月号が気になって仕方ありません。
一ヶ月は長いです…。
あ、あと、銃は効かないと頭で解っているはずなのに、それでもエンヴィーに銃を向けてロイを守ろうとするリザさんに萌えました。
 
 
 
アニメ情報は、声優さん発表。やっとか!
ロイ:三木眞一郎さん
リザ:折笠富美子さん
アレックス:内海賢二さん
ヒューズ:藤原啓治さん
ウィンリィ:高本めぐみさん
エンヴィー:高山みなみさん
ラスト:井上喜久子さん
グラトニー:白鳥哲さん
スカー:三宅健太さん
のようです。
他、ブラッドレイ:柴田秀勝さん、キンブリー:吉野裕行さん、ハボック:うえだゆうじさん、ファルマン:浜田賢二さん、ロス少尉:名塚佳織さん、らしいです。
うーん…声に関しては、正直、聴いてみるまで判らないなぁ。
その役柄に合わせた役作り、というものもあるだろうし。
プロなら、ある程度声を変える場合もあるんだろうし。
私はあまり個々の声優さんの声を覚えていないので、何とも今の時点では言いにくいです。
高山さんのエンヴィーは俺屍みたいになるなら、割と面白いかも。
折笠さんはシャーリーか…。明るくて高い声のイメージが強いけど、リザさんだとどうなるんだろう。
 
 
ハガレンプロジェクトは、リザさんどんだけオリヴィエのこと尊敬してるのかと(笑)。
ホワイトデーネタが、ロイアイ多くて癒されました♪
やっぱりロイにはリザさんしかいないよね!

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

>マテリア様

こんばんは! お返事が遅くなってしまってすみません。氷上です。
初めまして…と書いて下さいましたが、以前にもコメント下さったマテリア様、で宜しかったでしょうか?
もし同じ方でしたら、その節は有り難うございました!
コメントとても嬉しかったです。
今回も有り難うございますー!
私も大佐と中尉大好きです。二人ばっかり見てます。頭の中この二人でいっぱいです。
確かに今月の二人はもう「どこでもいっしょ」ですよね!!
どこでもいつでも離れたくないんですねわかります。
今月ほど萌えと燃えが詰まった回は、本当に「今夜の火力」とそれこそ「あの時の涙」以来じゃないかと思うくらい興奮物でした。
リザさんの照れ顔なんてもう宝ですよ宝!
原作者の牛先生に感謝。平伏。拝み奉ります。本当に有り難うございます有り難うございます。めっちゃ幸せです。
ただやっぱり、マテリア様もリザさん危険っぽいなーと思われますか…うぅ。
私もそれが心配で心配で…。
正直今どのキャラよりも心配です。
他のキャラはあまり理由がないのでピンチの不安はないのですが、…あ、スカーはあるかな。でも本当に今一番気になるのは未だ「人柱『候補』」であるロイっていうか…。
もう日蝕なのに、ロイまだ「候補」ですよ…。
ロイを「人柱」にしないと計画が破綻するわけで、そうなるとお父様の目的も達成できなくて、じゃあロイを「人柱」にするにはって考えたら…ぎゃーこの想像が憎い!
どうか二人が無事でありますようにと祈っています。心から。本当に。
牛先生を信じて、最後に救いのある二人の姿を見られることを願っています。

マテリア様のブログも拝見しましたが、濃い感想に吃驚です。凄いです。
ウチはちょっとアッサリ気味かもしれませんが、宜しければまた遊びに来てやって下さいね。
コメント有り難うございました!

はじめまして

はじめまして、マテリアです。

私も大佐と中尉大好きです♪
2人はどこでもいっしょ☆ってな感じで今月は燃え&萌えでしたね!

原作で照れ顔が見れるなんて夢のよう(笑)
でも中尉が危険っぽいですよね~。
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle