ガンガン2008年9月号「鋼の錬金術師」ネタバレ感想

さぁさぁ買ってまいりましたよ鋼表紙のガンガンを!
ということで、感想です。

…の前に。
私がガンガンを買っているのは、ごく普通の書店です。
早売りとかないです。一般的な発売だと思います。
ので、早売り感想を期待しないで下さいねー…。
この辺の日になると、鋼感想で検索して来られる方が多いので一応…。
見て頂けるのは嬉しいんですが、ガッカリされると申し訳ないので。


それでは「続きを読む」よりあらすじと感想です。
今回結構短くまとめられた気がする!

↓以下ガンガンネタバレ。注意!↓





第86話「闇の使者」



沈みゆくアルを呼ぶ声はプライド。
「君はまだまだ利用させてもらわなきゃならない」
これがいったいいつの話なのかが抽象的過ぎてちょっと不明。
アルの体を乗っ取った時の話なのかなー。
でもとりあえず、アルの意識は無事ってことで良かったという話なのかもしれない。

東部では大総統の捜索が行われていた。
そこへ顔を出すグラマン。
マスタングとアームストロング少将がこのまま事を起こせば、大きな問題もなく機能しているブラッドレイ政権の元では謀反人扱いとなり、上層部も国民も付いては来ない。
だからこそ彼らに悪役となってもらい、自分は「正義の味方」として登場する。
それが少ないリスクで国の実権を握るためのグラマンの計画だったらしい。
…今月号一番のショック。
だって、グラマンは味方だと思っていたんだ…!
リザさんのお爺さんで、ロイのことを買っていて、その上で孫を託そうとか思っていたと…そう信じていたんだ。
ロイをいざとなったら助ける立場についてくれると、そう思っていたのに…。
何この無慈悲な仕打ち orz
そこまでしないとトップには立てないということなのかもしれない。
でもでも、やっぱりショック。大ショック。
ロイをアッサリ切り捨てるんですか。
彼に全てを被せて、自分はトップに立つ気ですか。
なーぜーだー(涙)。
これは裏の話で、実は裏の裏ではトップに立ってから増田をこっそりと助ける算段だとかそうあってほしい。そうあってくれ。
もしくは、グラマンのこの性格や思惑をロイが熟知していてくれれば。そうすれば、最悪の事態は回避できるかもしれない。
頼むどっちかにして。
増田は意外と詰めが甘いというか、お人好しというか、大事なトコでポカをするので心配でたまらん orz
というか、グラマン、リザさんがロイに付いていることも知っているし、嫁に貰ってくれとまで言っているのに、その増田を切る気か…孫への情は。
そんな人だったなんて信じたくないぃぃぃ。裏の裏があると言ってぇぇぇぇぇ。

プライドの入り込んだアルと対峙しているエドは、事態を飲み込めないままプライドと交戦。
グリードが全くもってこちら側なのでなんだか嬉しい。
本当に彼はいいキャラだな!
エドも、アルが大変なことになっているのに、意外と落ち着いているのにビックリです。判断が冷静というか。
昔のままだったら、きっと激昂して、判断を誤ってましたよね。
そう。前グリードと対峙した時のエドなら。
やっぱり様々なところでエドは成長してたんだなぁ。感慨深い。
まあ、アルを殺しはしないだろう(人柱だから)という確信を持っているからこそなのかもしれませんが。

そして更にグラトニーも参戦。
グラトニーはグリードの右腕を食いちぎり、グリードは腕を再生しながら渋々リンと交代する。
腕生えたー! 再生したー!
そういうところはもう本当にホムンクルスなのですね…。
石の命ちょっと使いましたか。
でも仲いいんだよグリードとリン(笑)。
お前と組んで良かったとかグリード言っちゃうんだよ(笑)。
なんかいいなぁこれ。面白い関係だ。
ハインケルとダリウスはいいキャラだなぁ。大活躍ですよ。
ハインケルカッコイー!
そしてちょっと怯んでるダリウスが可愛い。
この二人は無事でいて欲しいなぁ。とても好きだ。サバサバしていて、でもお人好しで。
それにしてもグラトニーはやっぱりしっかり記憶を持っている、と…。
じゃあ何故グリードの記憶は消えたのか(深層に残っていたけど)。
そしてラストの復活はもう本当にないのか。
ちょっと不思議。
実際ホムンクルス(敵)が減るに越したことはないんだけど、もしハボックが少しでも本当にラスト(ソラリス)のことを好きだったのだとしたら、もう一度記憶ごと復活して会話してみて欲しいんだけどなぁ…もうそれは無理なんだろうなぁ…涙。
ハボックは意外ともう全然気にしてなかったりするかもしれないけど。

いつまで経っても獲物を食べられず怒ったグラトニーは腹の扉(口?)を開く。
うろたえる三人。そして真っ暗で何も見えずさらに混乱するエド。
その時、突然糸がグラトニーの体を切り裂いた。
「…息災で何より! 待っていたぞランファン!!」
ランファン復活!!!
気配で察知できるリンがランファンだと言っているのだから、間違うはずもないでしょう。
本当に半年で戻ってきたんだね…。
まるで彼女も舞台に上げるために半年経てたみたいな、そんな颯爽とした登場。
復活おめでとう! おかえり!
きっとリンはずっと待っていたに違いないよ。
彼女が腕に付けているのは、おそらく機械鎧によく似てはいるけれど、違うものなんでしょうね。微妙にからくりっぽいのでからくりと書きましたが。
シンの国での機械鎧にあたるものなのでしょうか。
腕も鈍っていないようだし、本当にランファンだとしたら相当血の滲む以上の努力をしたんだろうなぁ。
早く顔が見たいよー。お面とって!
そしてリンと会話してー!!


次号鋼重大発表。らしいです。
もしかしてもしかする?


付録のマウスパッドが予想以上に使いやすくて噴いた。
これいいなぁ! もっと欲しい!!
光学式マウスでも快適に動いてくれるのがいい。


ということで、今月の感想でした。
いつもよりアッサリ気味なのは、軍部が出ていないから orz
軍部…増田組…(号泣)。
そしてグラマンのショックが未だ抜け切れません。
泣いてもいい…かな…。

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

有り難うございました!

コメント有り難うございました!
私の読み込み不足をフォローして頂いて大変恐縮です。すみません。

やっぱりラストの復活は無理ですか…。そうですよね…。石ごと消えちゃいましたものね…。
やっぱり元(核)がないとお父様でも作り出すのは無理だということなのでしょうか。

そしてグリードとグラトニーの記憶の件に関しては、確かにそうでした。
不思議も何もないですね。すみません。すっかり失念していました。
ということは、お父様の意思でその辺を操作できるということなのでしょうか。
しかし消したと思っても、本当の奥底にある魂の絆の記憶は消えていない(グリード)、と…。
そうそうお父様の思い通りにはいかないぜというフラグだといい…!

この度は本当に有り難うございました。
誠にお恥ずかしい限りです。
もう一度鋼を読み直して勉強し直したいと思います。
久々のコメントで本当に嬉しかったです!
重ね重ね、有り難うございました。

NoTitle

ラストはロイ戦でエネルギーを使い果たして石ごと消滅しましたから復活は無理でしょう。
グリードは父に対して協力はNOと言いましたから記憶を消されて、グラトニーは別に反抗もしてなかったので父が記憶もそのままで復活させると言ってたので記憶があるんですよ。
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle