月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

もう辛抱たまらんので書く!
ということで、製本作業の合間からこんばんは。
ハガレン感想でございます。
楽しみにして下さっている方がいるかどうかはともかく頑張ります!
さて「続きを読む」からGo!

多分にネタバレ含むのでご注意下さいませ。
あと、軍部贔屓です。
ではでは。
↓ネタバレ含みます。ご注意下さい。↓




リンに再会したエドたち。
リンは必死にグリードを押さえ込みながら、苦悶の表情でエドに尋ねる。
「ランファンにあの伝言ヲ…渡してくれたカ?」
リンラン! リンラン!!
と大騒ぎでした。
きっと一番気になってたことなんだよー! ふふふ。いいなぁリンラン。
それでも先にお父様の事をきちんと伝える辺り、あぁホントいい奴だなぁリン。
ランファンたちが慕うのも解る気がする。
こんな指導者ならきっといい国になると思うんだ。

リンから主導権を取り返したグリードに、「仲間にならねーか?」と誘うエド。
だがグリードは、「この世の物全て俺の物」、俺の手下になるならともかく、仲間なんてごめんだと去っていく。
この時のエドには、「俺はウソをつかないのを信条にしてる」と言ったグリードの姿が浮かんでいたのではないだろうかと思います。
あの時のエドはグリードに敵対心バリバリ…というかイズミさんのことで切れまくってたけど、他のホムンクルスとどこか違うグリードに、色々思うところがあったんじゃないかな。
私は大好きでした。グリード。
自分の信念を持って、それを貫き通す人はカッコイイです。
って確かキンブリーも言ってたなぁ。
だからキンブリーも正直あまり嫌いじゃないんだ。むしろ好き。嫌な奴なんだけどね。
筋が通っている人は好きです。

リンと会話するグリード。
そんなグリードを追いかけてエド達が走ってくる。
「手下になってやるよ」
…泣きました。
いやホント涙が。
エドの言った「感情にまかせてチャンスと情報を失うわけにはいかない」というのは、まさに前のグリードが言った台詞そのものです。
あの時のエドは、グリードの言うことに耳も貸さず、彼と対峙した。
けれど、今は違う。彼の言うことに耳を貸し、それを了承した。
感情より、大事なチャンスを取った。
グリードの言った事をちゃんと自分の中に残していたんだということ。エドがそれだけ成長しているんだということ。
それに泣きました。
グリードはお父様の中に消えたけど、死んではいなかった。
それは今のグリードの記憶とかそういうことではなくて、勿論記憶は生きているんですけど、たとえそれが無かったとしても、彼の言葉は、ちゃんと残っていた。エドの中に生きていたんだという、そのことが私はとても嬉しかったです。
生きていく中でそれが出来れば、多分幸せなんだろうと思います。結果論ですが。


アームストロング邸では、オリヴィエとアレックスが対峙。
当然オリヴィエの勝利。
自分の目で見て判断した結果、父上達を人質に取られないよう他国へ出したのかというアレックスの言葉にほくそ笑むと、敗者は去れと言い残して去るオリヴィエ。
カッコイイなぁ姐御!!
たぶん、みんながみんな全部解ってるんだろうなぁ。
父親も母親もアレックスも。(キャスリンはおそらく天然だと思うので除く。)
こういうのも幸せ家族というか、いい家族ですよね。
オリヴィエは全部自分で引っ被るつもりか。
おそらくアレックスがそのまま黙っているはずも無いと思うけれど。

イズミの店には、また軍がイズミを探しにやってきていた。
電話が鳴り響く中、忙しいのに何度も来るなと追い払う店員(御免、名前忘れた)。
店員さんオットコマエー!
名前忘れたのが悔やまれる orz
伝言が次から次へ伝わる様はいいですね!

伝言を預かったレベッカは、早速リザの元へ休暇として遊びに来る。
レベッカとリザの関係もいいなぁー!!!
こういうの見たかったんですよ!!!
んでもって、たぶらかし! たぶらかしですか!!
たぶらかしたのはどちらでしょうねー。ほほほ。
しかしリザさんの口調を見ている限りでは、やっぱりグラマン中将が祖父だということは知らないっぽいですね。
どっちだろうと友人と話したことがあったんですが。なるほど。
まあ知らない振りをしているけど実は知っているというパターンもあるでしょうが、知らないというのが有力かなぁ。
ところで私服リザたん可愛かった…!!!!! ハヤテ号も可愛かった!

ハボックの見舞いに来たリザ。
リザが帰った後、ハボックは隣のベッドにかかっていたカーテンをめくる。
そこにはロイが!!
(リザに)気付かれているんじゃないか?何も隠れることはないのにと言うハボックに、ロイはお互い上に監視されている身なのにプライベートで余計な接触をして疑われてもつまらんと答えるんですが…。
絶対気付いてます。(キッパリ)
リザがカーテンを閉めたのは、おそらく大佐がいることを知っていて、メモを仕込んだことにハボックが気付くことも判っていて、窓が丸見えだとマズイから閉めたと思うんですよ!
勿論、表向きは日が翳ってきたから、ということで。
しかもロイ!!
監視されてなければプライベートで接触するんですか!!!!!
そうだよね。するんだよね。よし。するということにした。勝手に決めた。異議は認めない。
なんだこれ。
話してないのに何このラブっぷり。
ハボックがキューピットに見えたよ!!
もうこの辺りだけで一本できそうだ。萌えすぎる。リザさんがメモに何か書き添えているとかそんな感じで。
ところで増田、遅くなったけど、トイレから出てきましたねおめでとう(笑)。
ガキの頃にあんた何してたんだと突っ込みたい。
ガキの頃っていつ頃のことだ。
あぁぁ突っ込みどころ多すぎないかここ!!!(悶絶)
ハボック元気そうで良かったとか。
背中を追って来いと言った割にアンタしれっと会ってたんですかロイ。とか。
色々ホントに突っ込みたい。
あぁもう畜生。増田組いいなぁ! 仲いいなぁ!! 好きだ。大好き。

病院を出たロイは、リザの持ってきたメモをチェック。
「年を越して来春…約束のその日」
        北も東も動く。
いよいよクライマックスでしょうか。
なんかもう毎号クライマックスって感じなんですけど。
さて。来月はどうなるんだろう。
いきなり年越してその日のすぐ手前、とか…?
まさかねぇ。
増田組は出るんでしょうか…っ!!
それが気になる。ぶっちゃけ一番気になる。


以上感想と妄想語りと簡易感想でした。
簡易…なのか…?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/224-28a3ac36