スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして誰も…

2007.08.14 14:58|テレビ(アニメ)
コードギアス24&25話、昨日の晩録画しておいたのをちょっと見ました。
まだ完全には見てませんが…

なんじゃこりゃ。

終わってない。あれ終わりじゃない。
だから死んだのかそうでないのかハッキリしろー!!
数ヶ月待たせといてこれか。

全体を通して見たわけではないので細かくは書けませんが、あんまりじゃないですか。
黒の騎士団があまりにも悲惨。
利用されているだけならまだしも、裏切られて次々死亡って…ゼロかなり悪者じゃないですか。
そりゃナナリーは大事だし、ナナリーの為にルルは戦っていたわけで、彼女がいなくなれば全ての理由が消滅しますよ。だから彼女を優先させるルルは、ある意味彼にとっては正しい選択だ。
けれど、上に立つものとしては間違ってる。
従う者達を犠牲にしては、もうそれは指導者じゃないんだよ。
彼が破綻したのはそこの矛盾をきちんと片付けておかなかったからで、二兎を追うものは一兎をも得ず。
それでは全てを失ってしまうということに気付かなかったことが敗因だと思うんですが。
…彼、死んでるんですか?
どうもそうは思えないんだけど…。
でもC.C.が泣いていたしなぁ…彼女、ルルが死んだら感知できるんですよね?
どちらにしろ黒の騎士団はほぼ壊滅状態で、生きていたとしても彼はもう二度と表舞台には立てないことは明白ですが。
ナナリーを守りたいだけなら、もっと他の方法もあったかもしれませんが、彼はそこに母親の死の真相を探るとか、改革者となるとか、とにかくギアスを得たことによって野望を持ってしまったのがそもそも間違っていたような気がします。
…とはいえ、たとえ途中で間違っていたと気付いていたとしても、もう戻れはしなかったのでしょうが。
悲惨…だなぁ。
私はルルが好きだったから、やっぱり彼が可哀想な人にしか見えない。
でも捨て駒にされた黒の騎士団も可哀想でならない。

では諸悪の根源は誰だったのかというとブリタニア国王になるんでしょうが、どうもそれだけでは済まないような気がします。
それはC.C.がマリアンヌと会話していたからなのですが、マリアンヌ自身の肉体は既に無いとしても、彼女の意識的なものはどこかに残っているのではないかと。
そしてマリアンヌ自身も自分がそうなるであろうことを判っていた節はありますよね。
だからこそコーネリアの警備を断ったと。
どうもねぇ…このマリアンヌが怪しいんだよなぁ。
ただその辺の謎が全く解明されていないのは何だ。
続編があるらしいですが、もしこれでルルーシュの物語は終わり、だとしたら、あまりにも中途半端ではないのかと思うのですが。
ルルーシュ報われないにも程がある。

とりあえずざっと見た感想を書き出してみました。
その内しっかりと見たら詳しく…書きたいけどなぁ。
なんかもう可哀想過ぎてじっくり見る気も失せる。
どうしてアニメってスッキリ終わってくれないんだろう。
SEED運命でもそうでしたし。
あれは補填されましたが、それでも本来アニメって予定の話数で終わらせるのがプロの仕事だと思ってるから、あれが正しいとは私は思っていません。
続編はスザクが主人公とかいう噂も聞いたのですが、それが本当だとしたらルルーシュは死んだけどスザクは死んでないとかいうオチ?
ともかくあのV.V.が黙って見ているとは思えないんですが。
あぁぁスッキリしないなぁもう!!

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

カテゴリ

コメント

プロフィール

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード

ブログ内検索

過去ログ

2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。