月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

「サムライうさぎ」1巻買いました。そして読みました。
今読み返してみると、こんな内容だったんだなぁとしみじみ。
実は私、ごっちんが志乃の為に道場売ろうとした時、ちょっとムッとしちゃったんですよね。
道場主で、しかもちゃんと弟子もいるのに、何無責任なことを、と。
でもそもそもの発端は志乃だったわけで、ごっちんは最初から全て「志乃の為に」動いていて、これはごっちんの恋愛物語なんだと割り切ってしまえば、ああこれもアリかなと思えました。
ただ弟子にとっちゃそんな師匠、たまったもんじゃないんだけどね…。
でも別にないがしろにするわけじゃなくて、ごっちんはそもそも元が優しいので、いざ問題が起こると親身になってくれるのがいいところかな。
ごっちんも弟子の三人も、そして勿論志乃も、これから色々成長していけばいいんでないかなと思ったりしてます。
ただ志乃ちゃんよ…頑張って帰ってきたのに、いきなりその日にグーでポクーッはないだろう。
他は凄く好きなのに、これだけが釈然としない。
何だろう。内容は凄く好きなのに、時々こう、引っかかる部分があるんだよなぁ。
因みにやっぱり何度見てもマロの突きは可愛い。

描き下ろしは、4コマいくつかと巻末鉛筆?漫画。
ごっちんと志乃のらぶらぶ。(敢えてひらがなで書いてみた)
うん。これこれ。こういうノリが好きなんだ、この漫画。
特別なことしなくてもいいよ、肩張らなくてもいいよ、すぐ傍でも楽しいこと幸せなこといっぱいあるよ、足元に目を向けようよ、っていうか。
そんな感じの。
私がサムライうさぎに求めていたのは、そういうものだったような気がします。
この先それが叶えられようが叶えられまいが、それはこっちの勝手な期待なので、あー、これはそういう漫画だったんだなと諦めるだけですが。
出来ればそういう方向に行ってくれると嬉しいのにな。
何か前半否定的な意見を書いちゃったのですが、期待してますので是非作者の納得行く終わり方が出来るまで続いてくれればなと願います。

サムライうさぎ 1 (1) (ジャンプコミックス) サムライうさぎ 1 (1) (ジャンプコミックス)
福島 鉄平 (2007/07/04)
集英社

この商品の詳細を見る



パンプキンの感想はまだ途中です…ホントすみません。
でも絶対載せます。
懲りすぎると駄目だなと痛感しました…やはり勢いって大事だ。
何度学習してもなかなか直らない。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/162-680142cb