月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

今週は出かけていた為半分くらいしか見れませんでした…涙。
それでも帰ってきて速攻テレビを点けてメインだけは見ましたよ~。
途中からでもなんとなく雰囲気は掴めるのがチャンバラ時代劇のいいところ。

さて今週。
十兵衛さん失恋話。
これはちょっと辛いなぁ…。上手くいきかけていただけに。
十兵衛が斬った相手の中に元旦那がいて、その斬り合いがきっかけでよりが戻ったというのがまた辛いじゃないですか。
報われない…。
やっぱりあれですかね。
斬り捨てる剣で生み出すことは難しいというか何と言うか。
業というか。
十兵衛がやっていることは正義なんだけど、やっぱり斬るのは消すことですから。
どこかで何かを背負わなきゃいけない部分があるのかもしれない。
そう思ってみたりしました。
でも十兵衛悪くないのになぁ…とも思うけど。

ここで救いになったのはやっぱり八重ちゃん!
登喜さんが、十兵衛が帰ってくるなり嫁探しのことを聞いたのは、仕方がないこととはいえ辛いだろうなぁと内心ちょっと恨めしく思っていたのです(御免なさい)。
だって無神経だよなぁ。いや知らないからなんだけど、よけい失恋の傷を抉るじゃないか。
そんな登喜さんが、八重ちゃんがいつも十兵衛が帰ってくると聞くと姿をくらませてしまうと言っているのを聞いて、あぁまた花でも探しに行ってるのかなぁ。疲れたお父さんに渡そうとでも思っているのかなぁ。癒しだなぁとか考えていた私が浅はかでした。
一人前にそれらしい格好までして、家をお掃除ですよ!!お父さんが帰ってくるから!!
そりゃー嫁は要らんわ。また泣いちゃったじゃないか。
どんだけ健気でいい子なんだ。泣かせる。狙いすぎですよ脚本さん。
おかえりなさいませってあんな笑顔見せられたらそりゃ美味しいものも食べさせてあげたくなるってもんです。
いい子もったね、十兵衛さん…。幸せものだぁ。
このシーンだけでも見れて良かったです。ふふふ。
八重ちゃん可愛すぎる。


来週はお休みだそう。
次は7月。また楽しみにしております♪


拍手下さった方、有り難うございました!♪












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/155-368d17e0