じたばたしていたに違いない

先月分と今月分の鋼錬が届きました。
読んだ。速攻読んだ。指真っ黒にしながら読んだ。
ちょ……!!ロイ……!!!
心の中でじたばたしましたよ。
ただ、人様からあらすじを見たり聞いたりしていたせいか、妄想が先走りし、思ったよりはおとなしかったかなという感じの内容でした。
もっとラブラブしてるかと…御免妄想暴走してたよ。認めるよ。
メインはやっぱり北であるので、どちらかというとエド達の話が多かったです。
つーかバリバリエドウィン。もう紛うことなきエドウィン。その手は何だとアルに成り代わって突っ込みたい。
しかしロイアイもやはりロイアイで、客観的に見ようと努力はするもののやはり多分に主観は入っていると思うのですが、出来る限り引いた見方をしたとしても、牛先生はロイアイの方向へ持っていこうとして下さっていると思うのです。いや何よりそう私が願っているのです。
今後に期待。最後のコマの増田の表情に期待。

で、詳しい感想はネタバレになるので、それは「続きを読む」以降に白文字で記そうかと思います(あんまり隠れないけどパッと見判りやすいとは思う)。
ネタバレお嫌いな方のために念には念を。
大丈夫な方のみ「続きを読む」へお進み下さい。
携帯の方でネタバレが駄目って方は…
この先進むべからず。ということで。
何で携帯だと一気に表示されちゃうんだろうなぁ。選択の余地なしかい。
その辺改善して欲しいですFC2さん。


現在とあるものの性能テスト中。
うざったく思われた方がいらっしゃったら申し訳ございません。
数日様子を見てどれかに決めようと思っています。
それまでご容赦下さい。


それでは「続きを読む」以降ネタバレ感想↓
↓ここから先ガンガンネタバレ感想です↓
※詳しいあらすじはありませんのでご注意を。


まず先月。
リザさんの体をうぞうぞプライドが這い回ったって聞いてたから、ずっと監視状態なのかと思ったら、そうじゃなかったんですね。あの時だけか。四六時中張り付いてる設定で妄想した下書きは隠蔽だなこりゃ。
それでもいつでも見ていますってことは、一応動向は把握できますよということなんでしょうけど。
はたしてプライドはどこまで監視の範囲を広げられて、どこまで同時に見ることが出来るんでしょうか。
とにかくリザさんの顔に傷つけやがってコノヤローなどと思ったりするのですが、その傷を大佐が見たら怒り狂ってくれるかもしれないと思うとちょっと萌える自分がいます。何でもそっちに結び付けてしまう。
しかし「今殺しても得にならない」ってことは、いずれ得になる機会があるっていう伏線にも思える。
やはりリザさんの危険度は変わらずで、死亡フラグもまだ消えていないようです。がくり。
確かにさ。リザさんに万が一の事があって、それに憤って人体練成をするロイなんていうのも見てみたいなーと思ってしまう面もあるんだけどさ。
それよりもやっぱり生きてラブってくれるほうがよっぽど嬉しいから。
だから、リザさんには生きていてほしいです。
お願いです牛先生。二人が生きている状態でのロイアイラブ見せてください。贅沢だと解っているけど。

キンブリーは初めかなりイッちゃってるキャラかと思ったんですが、彼は意外と冷静で自分すらも客観的に見ていますね。
私こういう自己を客観的に捉えられる人は嫌いじゃない。
イシュヴァールでリザさんに言ったことも、あれキツイけど真実ですし。
まぁ多少偏っている部分もあるかもしれませんが。
自分が普通でないと解った上で好きに生きている姿は、いっそ気持ちがいいです。やってることは認められない部分もあるけど。
でも彼にそういう場所を与えてしまった大総統(というよりお父様)が一番悪いんだしな。彼は自分の望むことを出来る場所を与えてもらったから実行しただけ。場所が無ければ自分が異端として裁かれてもケロッと受け入れていそうな気がする。
自分の命さえもゲームの内と捉えていれば、確かに今の状態はたまらなくスリルがあって楽しいものなのでしょう。
彼は、いいな。一つのキャラとして。
最後の最後まで結果を見届けて、その上で自分の敗北を認めて死んでいったら最高にカッコイイ去り方ですよね。
どうなるのか判りませんが、生き延びるキャラにも見えない。
いや…牛先生だし、予測不能か。

人質だと打ち明けられた時のウィンリィの反応が良かったです。
能天気だった自分に腹が立つといってくれるのは嬉しいな。
いや、ウィンリィの北へ来た時の行動は知らなければ当然のものだと思いますよ。彼女が悪いんじゃない。
それでも、ちょっと…いやホント申し訳ないんだけど、エド達の気も知らないでとちょびっとやきもきしてたのも事実だから、エドが正直に打ち明けてくれて良かったと思う。
でも何で付いてきちゃうかな。危険なのに。
結果的に足手まといになってはいないけれど、割と首突っ込んできちゃってるし、いくらアルの中に入っていてもなぁ。足枷になる可能性が無いともいえない。
ただ、今のところ凄く役に立ってくれているので(キンブリーに対する言い訳とかスカーに関することとか)、彼女が来てくれて良かったなと現時点では思えますが。
結果論だしなぁ…。
エドウィン的には萌えますけどね。どこまでも一緒。


さて今月。
電話電話!!
気丈に振舞っていたリザさんも、やっぱり怖かったらしくて家に着いた途端ブラハの光る目にも怯える始末。
無理ないよなぁ。怖いよなアレは。
そこへロイからの電話ですよ!!
「酔っ払って花を買いすぎたから少し引き取ってくれ」って!
初めからリザさん以外に渡すつもりなんかないくせにー!!このこのぅ。
ロイみたいに女性の知り合いが多い奴が、花を配って歩けないわけがあるまい。
何ならママの店へ行って配ってくればいいじゃないか。
それをリザさんにわざわざ電話をかけるなんて、花をプレゼントするなら彼女だとそれしか考えなかったに違いないよ!!そして花を口実に会いたかったに決まってるよ!!
もー増田可愛いなぁ!!!(落ち着け)
リザさんもプライドの事は全然口に出来ないんだけど、それでもその僅かな異変に気付いたらしいロイが男前ですよ。これからですよ。
絶対リザさんに何かあったと気付いてると思うんだ。
そこへ頬の傷とか見ちゃったら確実に異変が起こったと気付くと思うんだ。
うはー先が楽しみ!!
何でしょうこのオイシイ要素。
リザさんも「何でこんなタイミングはいいのかしら」みたいなこと言ってたし、今までに何度も似たようなことがあったに違いない。
萌える。萌えまくる。先月と今月の分で書いてみたいネタが断片的にぼろぼろ出てくる。形になるかどうかはともかく、そういう妄想が出来るだけで幸せ。有り難う牛先生!!
また抱きしめられて嬉しそうなハヤテ号が可愛いなぁ。癒しだ。

北ではスカーとウィンリィが出会いましたが。
ウィンリィ偉いなぁ…。
普通ああはいかないよな。ちょっといい子過ぎて不自然さも感じないでもないんだけど、多分あれはエドがいてくれたから耐えられたんだと思う。ウィンリィ自身も「次に泣く時は嬉し泣きだから」とか言ってたし。
側にエドがいてくれたから、エドが自分の手を生かす手だと言ってくれたから耐えられたんだと思う。
スカーにはそういう人がいなくて、それが彼女とスカーの悲しい差なのかもしれない。
さりげなくウィンリィの肩に回されたエドの手に私の目は釘付けでした。
告白はしてないけど既にカップルだなこの二人…。そうにしか見えない。

残されたアルが可哀相なんだけど、天性のタラシでメイを確実にメロメロにしている模様。
アルメイか…メイの妄想がいい方に働いてくれるなら応援したいけどな。
実は全てが終わったらアルだけメイと一緒に東へ渡るとかの伏線だったらどうしよう。
「ボクは錬丹術をもっと学びたいんだ」とか言って。
エドとウィンリィに対するアルの思いやりもちょっと含まれてたりとか。
そんでいつの間にかメイとくっ付いてたりとか。
…想像膨らませすぎたか。
正直メイはスカーと一緒にいて欲しかったんだけど。
犬夜叉の殺生丸とりんみたいに。
でもスカーは多分最後は死ぬキャラだろうし…さすがにそうもいかないか。東へ帰んないといけないし。
まあ私はアルが好きなので、彼が幸せならどんな結果でもいいんですけど。


北での動きも気になるのですが、正直私にとってはそっちよりもロイアイの動向の方が断然気になるので(勿論北の話も面白いとは思うんだけど、興奮度が違う)、こんな感じに混ぜて描いてくれると…

また来月も買わなきゃいかんかな…はは…。
でも読めて幸せでした。
もう一度後日読み返そう。ふふふ。



拍手クリックして下さった方々、有り難うございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle