月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

今日から始まりました、「八州廻り桑山十兵衛」。
ちょうどタイミングよくテレビを点けていましたので、ちょっと遅ればせながらも見ました。
おもしろーい!!!
北大路さんの渋い素敵な演技は想像通りというか期待を裏切らない感じなんですけど、部下の二人の演技もいいんですよー!
やっぱり、脇だろうがチョイ役だろうが、演技が上手い人が多ければそれだけ作品も良く見えてくるのは当然といえば当然かもしれませんが、今回敵役の人も皆揃って凄く演技がお上手な方ばかりだったので、見ていて本当に楽しかったです。安心して見れたっていうのかな。
我聞君が棒振り回して必死に闘う姿が可愛かったよ!(笑)
北大路さんの殺陣だけを見せるんじゃなくて、部下二人にもしっかりと焦点を当ててたのが好感度高いです。
んで締めはキッチリと北大路さん!
暴れん坊将軍の松平さんは昔本当に切れのある素敵な殺陣を披露してくれていたので、もっと見せて~と思ったものですが、他の方はそれぞれの見方で魅せてくれればいいのだと思ってます。だから、別に北大路さんの殺陣が締めだけだろうと別に構わないと思う。…ちょっと寂しいけど。うんまぁ暴れまくるタイプとは違った渋さが出てこれはこれで。満足かなと。
北大路さんの渋さがいいんですよね~マジ痺れるよ。カッコイイよ。もうホントこの方の顔は好みなんだよ~!!
大岡越前も終わった時は寂しくて仕方なかったんですが、これも本当はもっともっと続いて欲しい。
この時間の時代劇は、水戸黄門とかとはまたちょっと違って、渋さとか味のある雰囲気で見せてくれる貴重な時間だと思います。(勿論水戸黄門の明るい雰囲気も凄く好きなんですが。)
シナリオが濃いって言うのかなぁ。凄く見応えがあるんですよね。
是非是非続編を!大岡越前もだけどこれも!!と今から叫んでみる。
斬られた人も何とか助かったし、後味も悪くなくて本当に満足。あれで死んでたらかなり印象は変わってたけど。
「八州廻りは斬捨て御免だが、それでもよいな?」が決め台詞になるんでしょうか。ふふ。
時代劇に決め台詞は付き物ですよね。いいよーいいよー。
来週も見よう!
今から楽しみ♪

因みに公式サイトでは俳優さんのインタビューが動画で見れます。
なかなか面白いですよー!
特に粂蔵役の寺島さんが面白かった。
河合我聞君のインタビューもファン必見では。しかし我聞君ってホント礼儀正しいというか…真面目だよなぁ。そこが好き。
勿論北大路さんはとてもカッコイイので!もう文句なしです。


水戸黄門も毎週楽しく見ているのですが、黄門様役の里見さんは、以前の収録が終わってから「やっと黄門様役が少し自分のものになった気がする」とインタビューで答えたにもかかわらず、その後初代の黄門様の演技を見て「あれは撤回する。やはり自分はまだまだだ」と答えたという噂を聞きましたが。
その姿勢がカッコイイというかホント時代劇俳優は渋くてたまらんです。
里見さんも北大路さんも高橋さんも大好きだ!!
お体に気をつけつつ頑張っていただきたいです。


拍手下さった方、有り難うございました!♪












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://wwblog.blog16.fc2.com/tb.php/136-c5d9bb46

水戸黄門
水戸黄門水戸黄門(みとこうもん)は、徳川光圀の異称であり、ふつうは光圀主従が世直しのために諸国漫遊の旅をするという架空の物語・時代劇を指す。かつてはもっぱら水戸黄門漫遊記(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれた。メディアとしては、講談・歌舞

2007.05.16 15:40 | こはるの日記