コードギアスをざっと見ました

ざっとですが、やっとコードギアスの20.21話を通して見ました。
なるほど…という感じです。
この間書いた感想はこれをしっかり見ていなかった時のもので、これを見てからでは少し感想が違ってきたかもなと今では思います。


ユフィは考えなしに特区の発表をしたと言いましたが、それは今でも変わっていません。
もう少しキチンと周りと話し合ってから進めるべきだったと思う。
ただ、彼女は彼女なりにみんなの笑顔が見たいからと頑張ってるのが凄く好感持てました。
そして自分の無力さを自覚している点も凄く良かった。
今となってはもう遅いかもしれませんが、彼女の好感度が上がったのは確かです。
自分を嫌いにならないで、私は貴方のことが好きだから。という台詞は感動しました。
これってとても素敵で、多くの人が言ってほしい言葉だと思う。
特にスザクはずっと居場所を探していたから、彼女が彼を必要として、その居場所になってくれるのはとてもいい。
お似合いだったのにな…。
私は、彼女とスザクが組んだとしても、一国をまとめることは不可能だと思っています。理想論だけでは国はおそらくまとまらない気がする。
ただ、彼女たちは世界に必要な善意であると思う。
だからこそユフィをあんなふうにして、今後どうするんだろうと思います。
たとえ正気に戻っても、スザクのように自分が何をしたか判らず、苦しむことになるんでしょうね…。発狂する可能性も否定できない。
両想いになりかけてたスザクもそりゃ恨むってもんでしょう。
気になるのはギアスもで、スザクにギアスの「生きろ」という命令が未だ残っているように、ユフィにも未だ命令が生きているのだとしたら、スザクのことを殺そうとするのではないかと、そこが不安でもあります。

コーネリアもあんなにユフィのことを大切にしてきたのに(それがほぼ裏目に出ていたわけだが)、殺さなければいけないのは苦しいでしょう。とても真面目な人物だからよけいに。
だけど彼女は自分にも人にも厳しいから、ユフィのしたことをいくら愛していても許すわけにはいかないと思う。
寧ろ殺すなら自分の手でとか言いそうだ。

スザクは見返してみると、何度も何度もゼロに助けられてるんですね。
自分の命を救ってもらって。
殺せと命令されて、殺したくないのにと思っていた人物を二度殺さずに済んで。
そしてギアスの命令によって再び、三度、自分の命を救われた。
彼はもっと周りを見るべきだと思う。空気読めてないしな。
共闘したのは20話でしたっけ?あれ、本当に嬉しかった。
次回作がもしスザク主人公であるならば、ルルーシュと闘って彼を殺してしまい、その時になって初めて彼の正体と本意を知って、国王とシュナイゼルに復讐を誓う展開ならまだ良かったのに。
あと残っている話数からいっても、彼が憎むのはゼロにほぼ決まりですよね…。
ルルーシュがスザクのことを憎みきれていない分、二人が闘うところは見たくありません。

ルルーシュに関しては…可哀想だけど浅はかだという考えは変わらず。
ただ、彼がユフィに会って方向性を変えた理由がやっと解りました。
やっぱりユフィが王位継承権を捨てたことが原因だったのですね。
ルルーシュはユフィが何もかもを手に入れると思っていたように、特区での利権なども全て我が物にするのだと思ってた。
でもそうじゃなくて、彼女が望んだのは本当に皆が笑いあう為の場所だと知ったわけで、そもそも利権を握ろうとさえしなければ彼の障害にはならず、寧ろ正体を知られている上でそれをバラさずにナナリーをも守ってくれるというのだから、協力出来る余地は十分残されていたということなんですよね。…たぶん。うん。少なくとも私にはそう見えた。
彼のカリスマ性が霞んでしまうのは否めないとしても、ルルーシュ自身もユフィのことは好きだったし、スザクをユフィに取られてしまった以上、早急にナナリーを守ってくれる人が必要だったのだから、陽のあたる場所で慕われている彼女がナナリーを守ってくれるならそれがやはり一番でしょう。
彼の一番の目的はナナリーが安心して生きられる場所を手に入れることで、特区が上手くいけばそれも解決できない問題ではなかったのかもしれない。
あと残るのは母親の敵を討つことで、それは自分がゼロとして行動を進めればいいだけの話。
そういうことだったのかなぁと。
ただ…事態は結局こうなってしまった。
彼の進む道は、もはや破滅しかないのではないだろうかと不安で仕方ありません。
生き残ったからといって、たとえ自分が頂点に立ったからといって、彼に何かが残るとは思えない。となれば一番幸せなのは本懐を遂げた後楽にしてもらうことなんじゃないかと。そうでなければギアスからも解放されないと思うし。
初めから判っていたことかもしれませんが…そんなの見たくないです。やっぱり。
どうか納得のいく形で終わって欲しいなぁ。

扇はヴィレッタと上手くいけばいいのに。
でもそうはならない予感が…うぅぅ。
少なくともこのままでは終わらないだろうなぁ。
ヴィレッタは記憶が戻ってしまえば扇なんて蹴飛ばしていきそうだ。
…今の方が可愛いのに…(好みの問題ですが。ドンピシャなんだ)。

あとカレン。
ゼロの正体を知った上で彼を想って欲しかったけど、どうにもスザクとフラグが立ってるっぽいですね。
ユフィはあんなになっちゃったしなぁ…。
うーん。どうなるんだろう。その辺。

正体といえばシャーリー。
知った上で怖いから黙ってるみたいだけど、記憶を取り戻す日は来るんでしょうか。
彼女もあまり好きなタイプではなかったんですが、彼女はルルがゼロと知った上で彼を守ろうとしてくれたから、そこは嬉しかったんですよね。
もう少し大人になってくれたら、いやもうこのさいルルの味方になってくれたら、彼の葛藤も哀しみも全部解った上で支えようとしてくれるなら、それで十分満足です。
だから誰かルルを癒してくれたらと思う。

そういえばオレンジ君も人外のものになって復活っぽいですね。
シュナイゼルは絶対黒いよ。
国王と同じ遺伝子を感じるよ。
ルルーシュも彼の黒さを判っているような気がしないでもないですが。


昨日今日と拍手下さった方々、有り難うございました!!♪

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle