コードギアス22話「血染めのユフィ」感想

なんかもうこの展開辛すぎる…。
辛すぎて書くのが躊躇われてどうしようと2日くらい悩みました。
まぁ今回はテレビ局のせいか画像の乱れが酷くて(CBCにしては珍しい)、殆ど絵が認識できなかったのも原因の一つではあるのですが。目が痛いよ。目がっ。
どなたかビデオ貸して下さい…この回だけでいいからっ。マジで見にくいよこの画面(涙)。
とりあえず簡単にメモ書き程度で。
書けそうなら記事修正していきます…。

※私はルルーシュ頑張れ派です。
 ユフィにあまり好感を持っていません。
 この2つを前提とした感想ですので、偏った意見が全く受け付けない方はこの先はご覧になられませんようお願い致します。


今回は様々な部分で「え?何それ?」と思わされた回でした。

ひとまずユフィの特区が上手くいきそうなのにビックリした。
あれほど安易に自分の感情だけで提案しておいて、上手くいってしまうなんてどんな幸運の持ち主だ。
おそらくシュナイゼルか誰かの後押しのおかげでしょうけれど、まぁ上手くいくに越したことは無い。
後で様々な問題が噴出しようとも、イレブン達は喜んでいたし、彼女は彼女なりの覚悟をもって行ったことだというのを知って、あの無鉄砲な行動をいい方向に持っていける強引さも彼女に与えられた才能の一つなのだろうと思いました。
王位継承権を捨てることがどれほどのものぞと平民の私なんかは思ってしまうんですが(どうせ彼女は周りに恵まれてそれなりにいい生活を与えられるに決まっているし)、何もかも得ようとするのではなく、ちゃんと対価が必要ということを知っていて、それを実行した彼女をちょっと尊敬しました。

そしてルルーシュも彼女の覚悟を聞いて、特区を認める方向へ。
そんなにアッサリ認めていいのかルルーシュ。とも思ったのですが、彼の場合一番優先すべきはナナリーの幸せで、ユフィが「ナナリーの為」と言った時点で彼にとってユフィは敵ではなくなったんだろうなぁと今では考えています。
が、何故そこでそんな例え話をする。
私はルルーシュが好きです。勿論今でも応援してるし、彼には心底不幸になって欲しくないと思う。
だが、あまりにも軽率じゃないんだろうか。
指導者たろうとする者が、そんなにアッサリ考えを変えてどうする。
そして己の力の暴走を認識していなかったとはいえ、それは予測が甘いともいえやしないか。ギアスの暴走という可能性をマオの事件で知ったのならば、それについてもっと危機感を抱いて普段から眼帯をするなどの対策を採っておくべきだったのではないか。
彼はまだギアスが制御できると思っていたんですよね。まさか勝手に発動するなんて思ってなかった。
それにあの時はユフィに自分を撃てとギアスで命令するつもりだった。いくらギアスを隠していても、どちらにしろ見せていたのには違いない。
だから仕方がない。
そう解ってはいるのですが、それでも何故あんな軽率な発言をしたのかと思わずにはいられない。
その軽率な発言と行動によって、結局ルルーシュは自分自身を辛い立場に追い込んでしまったわけで。私はそれが辛い。
彼はどんなに頭が良くても、やはりまだ子供ゆえの甘さがあるんだろうかと最近思わされて仕方がありません。
その甘さが彼の良さであり、指導者としての欠点でもあるのですが。

結局ユフィはとんでもないことをしてしまった。というよりさせられてしまった。
ルルーシュは日本人を殺せ、とだけ命令したのに、何故皆殺しなんて極論になったのかは疑問ですが。
ギアスが制御できなくなるくらいパワーが増しているということは、その分命令も大げさに伝わってしまうんでしょうか。
なんにせよ、彼女自身がおそらく一番望まないであろう事をさせられてしまったことには同情します。
そしてあの状況では、ゼロが止めに入ろうとしていたのを目撃してさえいれば、よほどユフィの信奉者でもない限り、悪いのはユフィの方で、ルルーシュは日本人の味方です。
彼がさらに悪い立場にならなかったことはまぁ良かった。
けれども、彼の精神がさらに悪い方へと追い込まれてしまったのは間違いないわけで。
今まででもそうでしたし、彼はその覚悟があってこの道を選んだのでしょうが、それでも意図しない修羅の道や屍を踏み越えていかなければならない姿を見るのは、ルル好きとしてはとても辛いです。
解っていて行ったことならいい。
覚悟を決めて選んだ道ならいい。
けれど流れは、ギアスの力は、周りの状況は、ルルーシュの望まない方向へどんどん彼を引きずり込んでしまう。
私がコードギアスに期待していたのは、ルルーシュが覚悟した上で指導者になり王を殺そうと奮迅し、そんな彼のカリスマ性や想いに惚れ込んだ味方を増やして、さていかにして本懐を遂げるか、もしくは遂げられず潰えるのかというドキドキ感だったり、苦しいながらも彼の頭脳と機転でピンチを乗り越えたり、小部隊だった組織がどんどん大きくなりやがて一つの勢力として力を付ける様だったりをエンターテイメント的に迫力ある演出で見たかったのですが、ここまで来てみると、そっちよりも寧ろギアスの力の大きさや、周囲の抗えない流れに巻き込まれてしまうルルーシュの悲惨さが際立ってしまって、見るのが辛くなってしまいました。
私はこんなものが見たかったわけではない。って、そりゃ私の好みなんぞ一意見であり、アニメの流れに何の関係も無いわけですが。
それでも一視聴者として文句を言うくらい許されよう。
今の展開は、辛いです。
先は気になるので見守りますが、胃が痛くなるに違いない。

ユフィもどうなるのでしょうか。
「嫌…殺したくない…!」と涙ながらに訴えていた彼女の姿は見るに耐えません。
本当に辛かった。
自らの意思で行ったことならいい。それなりのリスクも覚悟もしての行動なら、どんな罰が下されようとも自業自得といえるから。
でもそうじゃないから痛々しい。

そしてスザクはどうするんでしょう。
ちらほらと続編の主人公はスザクだとか次回のタイトルは反抗のスザクだとかいう噂も他所様で見かけるのですが、それが本当だとしたら、結局ルルーシュとは憎みあったまま終わってしまうことになるんでしょうか。
スザクは姫さんのこと恋愛感情云々を抜きにしても、考え方の合致という点で非常に好いていたみたいだからなぁ。
これがルルーシュのギアスの仕業だと知れば、きっとルルーシュが涙を流しながら苦渋の決断をしたことすら理解しようとせずに一方的に彼を憎むに違いない。
それも嫌な展開だなぁ…。見たくないよ見たくない。
もう和解の道は無いんでしょうか。
どうして、解り合って手を取り合って現体制を崩せなかったのかと今でも悔やまれます。
どうやったって手を取り合えないんだよと今まで段階を踏んで語られていたのは解っていても、それでもそう思わずにはいられない。


感情のままの感想で申し訳ありません。
もう…本当に、他に何を書いていいのか判りませんでした。
…辛いな…。
そういえば21話をまだまともに見ていません。
見なきゃいけないのですが…もう…先にこの展開を見ると…。


予約すると25%オフなのがAmazonはオイシイと思う。
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/04/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る



拍手下さった方々、有り難うございました!
今日レスしようと思ったのですが、レスページ等等を変更したりログ移動させたりして今まで時間がかかってしまい、今日中にお返事できそうにありません。申し訳ありません。
明日か明後日には必ずお返事させて頂きます。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle