月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

Entries

コードギアス19話「神の島」感想

ちょ…っ。本当に、興奮しすぎてどこから話しましょう。
マジで面白い。面白すぎる。
先週見た時は辛い展開だなーくらいでピンとこなかったんですが、何この展開。
怒涛ですよ。ノンストップドラマチック何たらですかコレは。(違)
総集編が多いのはお家芸かと思ってましたが、本編始まってみればいきなりの急展開に頭がついていけません。
とりあえずあらすじやら感想やら交えて言ってみます。
ちっとも書き方が定まらないのはご愛嬌とご容赦下さい。


スザクが目覚めたのはとある孤島。
ランスロットの姿もなく、あるのは己の身一つだった。
そこでスザクはカレンと出会う。
自らを黒の騎士団と名乗るカレンを拘束するスザク。

どうでもいいけど、カレン真っ裸なんですけど。いいのかカレン。
スザクもまるっとスルーしてるんですが。ホントに思春期の少年かお前は。
ちっとも恥ずかしがらない二人のおかげで何事もなかったかのように過ぎていきましたが、私はすごい気になったよ。いいのか若人たち。
これが幼児体系ならともかく、カレン体育会系だからボンキュッボンですよ。見てるこっちが照れる。
スザクが紳士でよかったねカレン。

一方ゼロも、スザクと同じ孤島の別の場所へ漂着していた。
そこでゼロはユーフェミアと出会う。
銃を向けるゼロ。
だがそんなゼロに、ユーフェミアは言う。
「ルルーシュなのでしょう」と。

やっぱりバレてた。
姫さん意外と役者だな。
知っててコーネリアとそ知らぬ顔で会話してたのか。

怯むゼロにユーフェミアは言う。
まだ誰にも正体については言っていない。撃つ前にせめて…涙を浮かべて訴えるユーフェミアの前で、ゼロはとうとう仮面を取り、素顔を晒した。
再会の喜びに涙を流すユーフェミア。

バラしたよ。
観念するにも早すぎる。
ルルは姫さんにあまり隠していたくなかったんじゃないかなと思う節もないでもないのですが。
あそこでバスッと姫さんの訴えなど無視して殺しておけば多分ゼロ的にはベストだったんじゃないかと思ってしまうのは駄目ですか。
後々のことを考えるとそれも難しいのかもしれませんが、私の目には彼女がルルのウィークポイントの一つとなるのは間違いないように見えるんですが。
それが出来ないからルルなんだと言ってしまえばそれまで。

その頃事件のあった場所ではユーフェミアの捜索が行われていた。
ロイドとセシルはシュナイゼルと接触。
スザクがいることを知っていてあんな命令をと訊くセシルにシュナイゼルは言う。
あの時はスザクが生き残る可能性に賭けてああするしかなかった。部下を守れなかったのは自分の責任だ、と。

絶対食わせ者。
よき指導者を装っているだけに見えるんだが穿ちすぎか。
でもシュナイゼルはいい意味でも悪い意味でもリーダーだと思うんですよね。
だから必要と思えば肉親も殺す。というイメージ。
今のところは、ですが。
セシルがシュナイゼルにメロメロになっているのが気になりました。何だアレ。気障すぎシュナイゼル。
ロイを見たよ。ここに増田がいるよ。
(たぶん)非情であるだけ増田より指導者向きと言える。(酷)
まぁスザクのことを弟のように心配しているセシルが、シュナイゼルに不敬罪になるかもしれないと判っていて食ってかかったのはちょっと嬉しかったですが。

二人きりになったユーフェミアはルルーシュに尋ねる。
今ここにいるのはゼロか、ルルーシュか、と。
それにルルーシュは即答する。
少なくとも今ここにいるのは君の知っているルルーシュだ、と。
安心したらお腹がすいたと言うユーフェミアの食糧確保の為に奮闘するルルーシュ。
手伝うと言うユーフェミアの提案も断り一人穴を掘るが、いかんせん体力が無いので遅々として進まない。
一方スザクも海で食糧を調達してカレンに渡す。
お互いに流れる穏やかな時間。

中世からの罠にアレンジを加えるチャンスだ。とかシステムは完璧。とか、何でそこまで強気なんだルル(笑)。可愛すぎる!!
しかもルルは体力全然ないから、ものっそ疲労してやんの。
皇女殿下に肉体労働なんかさせられないって、なら自分はOKなのか。
かっかわいすぎるぅぅぅ!!!ホント身内には優しいよルル。可愛いよ。ラブだよ。
ユーフェミアがまた、無理だといわずに敢えて違う方法で自分は食糧を確保しようとするのが賢い。ルルをよく解ってる。
あそこでルルの好きなようにやらせるのが姫さんの優しいところなんだろうな。
スザクは案の定サバイバルもバッチリ。
一人でも生きていけるのはスザク。人がいなければ生きて行けないのはルル。
強いのはどちらかなんて答えは決まっているけど、私は誰かの力を借りなければ生きていけない人の方が応援したくなります。
ルフィの時も感動したし。「オレは一人では生きていけない自信がある!!」ですよ。
自覚もなく人に迷惑をかけるのは見ちゃいられないけど、自覚した上で人に頼るのは全くもってアリだと思う。

黒の騎士団では藤堂とディートハルトの間で意見が分かれる。
脱出するのが先決だとする藤堂。あくまでもゼロを捜すべきだと主張するディートハルト。
ゼロあっての組織であり、今まで結果を出してきたのはゼロだと言うディートハルト。人あっての組織であり、全員が犠牲になっては意味がないと言う藤堂。
一触即発の空気の中、C.C.が現れて言う。
ゼロは生きている。私には判る。と。
扇は今日一日だけ待ってみようと提案して、その場は何とか治まった。

「時として一人の命は億の民より重い」
このディートハルトの台詞が何だかずしりと来ました。
言葉は好きだが語意は賛同できないな。あまねく命は平等であるべきだと思う。ということは、私は藤堂派なんだろうか。
ゼロがいなくては未だバラバラの騎士団の今後が心配です。
それと、どうやら黒の騎士団内ではC.C.はゼロの愛人だと思われてるようですね。
心底玉城を嫌ってそうなC.C.に笑った。
扇はどこまでも冷静で大人だと思う。
彼はカリスマ性がないだけで、実は凄い人だと思うんですが。
上に立つには知力や判断力や性格など諸々を備えていても、結局のところカリスマ性が無いと駄目なんですよねぇ。
ゼロにはそれがあって、扇には無かったのが扇にとっての最大の不運ではないかと。
扇たちの元を離れたC.C.が言った台詞も気になりまくりです。
「カレンまであの島に?趣味が悪いな。観察者を気取って」
そういえば彼女前々から脳内で会話してましたが。
誰ですかそれは。
しかもあの島へ彼らが漂着したのは偶然ではないと?
気になって仕方が無い。

食糧を食べる二組。
巣のカレンにスザクは学校の時より今の方が魅力的だと誉めた後、彼女に黒の騎士団を抜けろという。
彼のやり方には未来はないというスザクに、自分は間違った世界を変える。そうでなければ兄はうかばれないとカレンは反抗する。
そんなカレンにスザクは自分が父を殺したのだと告白。
間違ったやり方で得た結果には行き場の無い空しさと後悔しか残らない。と。
だがカレンは、正しいとか間違ってるとか誰が決めるんだと反論。
一方ユーフェミアもルルーシュに問うていた。
あの頃のように戻れないのか、と。
戻れたらどんなにいいだろう、とルルーシュは答えるが…。

トラップを完成させられずぺしょっとしてるルルが可愛すぎて悶えました。御免私怪しい人だよどう見ても。でも可愛いんだもん。ルル好きだ。
姫さんの傷口に塩を塗りこむようなフォローも逆効果で笑ってしまった。天然だけに酷いな姫さん。
サラッとカレンを口説く(違う)スザクにもコケました。天然にも程がある…。カレンがゼロラブじゃなかったらスザクに転んでたかもしれないよその台詞。天然タラシですか。
スザクは、ゼロは父と同じで世界は自分中心に回っていると考えていると決めつけているけれど、スザクの最大の間違いは、ゼロが自分の為だけに上に立とうとしていると思い込んでいることだと思う。
違うんだよ。ルルはただナナリーを守りたいんだよ。
勿論そこに復讐とか、今回言った自分の生きるためにとかいう理由も入ってくるんだけど。
彼の苦悩や決意も知らずに決めつけてほしくないんだ。
そこがどうしてもスザクを好きになれない原因なのかもしれない。
まぁルル贔屓だからというだけなのかもしれませんけれど。
勿論ルルが全て正しいとは言いませんが。
復讐したいという彼の思いがね。死ぬほど人を憎んだり、刺し違えてでも殺したいと思う人間がいたり、例え妄想上でもそういう思いを少しでも抱いたことのある人間なら多少なりとも理解できるんじゃないかと思うんですよ。ルルの復讐心も無理ないよ、と。
彼が本当にライトのように自分の為だけに動いていたならば、もっと見方は変わっていたのかもしれませんが。
しかもスザクにはどんどん味方が増えてゆくけど、ルルはギアスによってどんどん孤独になってゆくんでしょう。
ルルが可哀想で仕方ないんですよね…。
それはスザクのやり方が正しくて、ルルのやり方が間違っているという証なのかもしれませんが。
孤独はね。辛いよ。哀しいよ。演歌の女王じゃないけどさ。
だからルルが独りにならなければいいと思う。
真の意味での彼の無償の味方が増えればいいと思う。
私はそれを願ってコードギアスを見ています。

島に辿り着いたシュナイゼル一行。
島の地下には遺跡のような物体が埋まっていた。
その物体に刻まれているのは確かにギアスの紋章。
自分の専門とは違うと渋るロイドにシュナイゼルは、この遺跡には父も執心していると言う。
侵攻計画はこの遺跡の埋まっている場所に沿って行われているのではないかという見方も出るが…。
彼らが放った合図を見て二組はその場所へと向かう。
二組が顔を合わせた時、ルルがユフィを人質にとりカレンとの交換を要求。
対峙する二人。

一人では何も出来ないお人形、と言われて向きになるユフィが子供に見えました。あんなことでユフィが怒るとはねぇ。
言われたのがカレンだからかな。同じくらいの年の人間に言われたくないわ、みたいな。
どちらにしろルルが自分に合わせろと言ってるのにそれを無視して自分に構わず戦えとスザクに命令するし、それ以前にルルとスザクが敵同士と知っていて、共にいるルルのことも考えずに即座に顔を出してみたり、本当に考えなしとしか言いようが無い(違う見方もあるかもしれませんが、今のところ私にはそうしか見えなかった)。
普段戦いは嫌いだと言うような顔をしておいて、自分が気に入らない時には戦えと言うのはかのリリーナにそっくりだ。
それがいけないとは言いませんが。皇女様らしいといえば皇女様らしい。
が、私はそういう矛盾はあまり好きではないので申し訳ありませんが彼女のファンになることは無いと思う。
あくまでも一意見ですのでお好きな方は御免なさい。
ここへ来てキャラの好き嫌いが割とハッキリしてきたようです。

4人が偶然(?)にも遺跡上に移動した瞬間、地面が陥没し、ゼロ達はシュナイゼル達の前へと姿を現すことになってしまう。
狙われるゼロ。
置かれたナイトメアを奪い、ゼロとカレンは脱出をする。
そのナイトメアは試作機ながら空を飛ぶ機能を備えたものだった。
一方スザクは、ルルが奪った方の機体とは違う方の機体を見て呆然とする。

笑うルル悪っぽい(笑)。いかにも悪だ。
あまりの悪っぷりに私も大笑い。腹抱えた。ナイス。
チラッと出た少年か少女かが気になりますね。
多分あれがC.C.と脳内で会話していた人物であり、全ての元凶であり、ギアスに最も関連する人物なのでしょう。
そしてギアスの謎について皇帝も少なくともある程度は知っている可能性か。
この辺が肝か。
しかしルル達をこの島へ呼び寄せ、さらにナイトメアを奪取するまでをも計算していたとしたら、彼もしくは彼女はいったい何者で、どこまで能力を及ぼすことが出来るのでしょう。むぅ。
新型機は黒ですね!カッコイイよ!翼だよ!!ガウェイン、とか呼んでましたっけ?
この機体に乗るのは誰なんでしょう…ゼロは前線に出ないから乗りそうにないんですが。
あと、スザクが変な顔をしていたのも気になります。あの機体が何だって言うんだろう。

シュナイゼルとの再会を喜ぶユーフェミア。
しかしスザクは軍規違反で捕まってしまう。
そう。あの時ルルーシュがギアスを使ってスザクに命令したのは、『生きろ』。これだけだった。
それによってスザクは、己の命惜しさの為に場を離れ命令を無視するという軍規違反を犯したことになってしまう。
だが当然ギアスの意識操作による行動の為、スザクには自分で自分の行動が信じられない。だが確かに録音されている声は自分のもの。
そこへ九州が侵攻されているとコーネリア達に連絡が入る。
その侵攻相手の艇体には、日本の国旗が記されていた…。

貴重なギアスを使って命令したのはそれか。
どこまで甘いんだ。
しかもまだスザクにだけはギアスを使いたくなかったとか言ってるし。
スザクは敵だよ。頼むよ。その甘さが命取りになるんだよ。
もう心配で仕方がない。
でもその甘さがあるからルルが好きなんだと思うと…あぁジレンマ。
ルルはどこまでもスザクの命を奪わない方向で行くんでしょうが、それはどうなの、本当に。可能なの。それで頂点に行けると思ってるの。
最終的にスザクとさえも手を組んで、本当の敵に向かって戦ってくれるならいいんですが。そんな夢のような展開今のところ望めるとは思えない。
いっそスザクがゼロの正体に気付いてくれればいいのにとさえ思ってしまいます。
さて。
九州へ侵攻してきたのは誰なんでしょう。何の目的があって。

「シュナイゼルは何故あの島にいた。
あの場所に何が隠されているというのか。
そしてユフィ。しばらくは信用できるはずだが、カレンとスザクのこともある。
いや。今は九州の対応が先だ。
それによって黒の騎士団、俺自身のこれからが決まるのだから。」

チラッと出てきたシャーリーが気になります。
俺自身のこれからとはいったい。
また味方が増えてくれればいいんですけど。

とても売れているみたいですね。DVD。
コードギアス 反逆のルルーシュ 3 コードギアス 反逆のルルーシュ 3
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/03/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


うわー…長くなってしまった。
細かく書こうとするとこんな結果になるんですね…。
携帯で見れるかな。
もっと短くまとめられように努めたいです…が…。


本日拍手下さった方々、有り難うございました!!
見て下さってその上ポチリとして下さるなんてと本当に嬉しく思っています。
明日からちょっと忙しくなりますが、また週明けからちょこちょこ更新したいです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第19話 「神の島」

アニメディア 2007年 03月号 [雑誌]そこは何もない島だった・・・。ひとまず水場を確保するためスザクは歩き出す。一方のルルーシュも、スザクと同じくここ神根島へと流れ着いていた。そして、そこでユーフェミアと出会う・・・。

ご案内

カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

コメント

プロフィール

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード

ブログ内検索

過去ログ

2018年 06月 【4件】
2018年 05月 【3件】
2018年 03月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 10月 【2件】
2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

右サイドメニュー