月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

remoon_ss

子供ができたと彼女から知らせを受けて、休日を利用してリゼンブールにやってきた。あどけない動きをする赤ん坊の愛らしさに思わず目を細める。それを見た彼女は、不意に尋ねてきた。「リザさんはマスタングさんとお付き合いしてるんですよね?」「え?」そんな話をしたことはあっただろうか。
04-07 01:33

驚いた顔で彼女を見る私に、彼女は戸惑いがちに続ける。「あれ……違いました?」「……」違うと嘘を吐くのは簡単だ。けれどいつでも正直に、真っ直ぐに接してくれる彼女に嘘を吐くのは不誠実な気がして、否定の言葉がすぐには出てこなかった。「……違う、とは言わないけれど……」
04-07 01:33

確かに、深い仲ではある。もう何度も夜を共にしている。けれど甘い関係であるかと問われれば、それは肯定しにくい。何故なら、彼が例えば私以外の女性と寝ていたとしても、私はおそらく何も言わないからだ。責めもしない。嫉妬もしない。それが彼に必要なことならば、どうぞと言うことも出来るだろう。
04-07 01:34

私は彼にしか背中を見せる気はないけれど、彼もそうだとは限らない。勿論、軽い気持ちや遊びなんかで私を抱いているわけではないことくらい知っている。彼はそんな不誠実な人ではない。だが、だからといってそれが私以外の女性と夜を共にしない理由にはならない。
04-07 01:35

私との関係も、いつただの上司と部下に戻るか判らない。そんな関係がはたして彼女の言う『付き合っている』という関係に該当するのだろうか。「やっぱり」次の言葉が出てこない私に、彼女は嬉しそうに話しかける。「でもまだご結婚はされないんですか?」「結婚?」するわけがない。出来るわけがない。
04-07 01:35

それは私達の立場と、背負っているものを考えれば当然のことだ。彼にもおそらくその気はないだろう。あの石を……多くの人の命を犠牲にした力を使ったとき、彼は心に再度刻み込んだに違いない。自分にはまだすべきことがある。その使命を全うするために自らの命を捧げようと。
04-07 01:36

そして私はそんな彼を補佐し続けることを決めた。そんな私達が、自分達のために人生を歩むことなど出来るはずもない。「もし式を挙げるなら、絶対呼んでくださいね。リザさんきっと凄く綺麗だと思うもの」屈託ない笑顔を向ける彼女に、私は複雑な心を抱えながら微笑み返す。
04-07 01:36

「そうね……もし挙げるなら、絶対に呼ばせてもらうわ」……そんな日は絶対に来ないけれど。知らなくてもいい事実を呑み込んで、私は彼女の笑顔に微笑むことしか出来なかった。
04-07 01:37

原作の二人だとどうなるかなーと考えてたら浮かんだネタ。…だけど、暗すぎてきちんと仕上げる気持ちになれないのでここにざっと落としてみる。…やっぱり多少夢が入っていても、ハッピーエンドがいいなぁ(´;ω;`)
04-07 01:39

2013.04.08 03:26 | ロイアイ | トラックバック(-) | コメント(0) |
拍手レスです。お心当たりの方は追記をご覧ください。
ぽちり押してくださった方も本当に有り難うございます!
毎日拝見して励みにしています。

2013.04.04 12:47 | 雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) |
この日記(ブログ)の拍手を、コメント不可にしました。
特に大きな理由があったわけではなく、この拍手だと管理がしにくい&頂いたコメントがいずれ消えてしまうから、という理由からです。
普通のコメント欄とメールフォームは残していますので、何かありましたらそちらか、サイトの拍手からお願い致します。
拍手やコメント、いつも嬉しく拝見しています。本当に有り難うございます。
2013.04.02 09:48 | 雑談 | トラックバック(-) | コメント(0) |
remoon_ss

一仕事終えた後、皆で打ち上げを兼ねて飲みに行った。酒を飲み、つまみを口にしながらつい横目でチラチラと見てしまうのは二人の上司。「中佐、先程から同じものばかりもう三皿目ですよ。栄養が片寄ります」「好きなんだよ」「限度があります」……おかんみたいだと思ったのは、口にせずにおいた。
04-01 00:13

おかんリザさんも好きです。
04-01 00:14

「中尉」「なんでしょう」「実は北方司令部への異動が決まった」「そうですか。異動日はいつです?」「……動じないな、君は。もしかしてすぐに嘘だと気付いたか?」「嘘なんですか?」「いや、今日はエイプリルフールだろう」「ああ、そういえばそうでしたね」
04-01 01:26

「君を驚かせるような嘘を吐くのは難しいな。いっそ軍を辞めるとでも言った方が良かったか」「そんなこと大佐が嘘でも言えるとは思えませんが、たとえ仰ったとしても私は驚かないと思いますよ」「そうなのか?」「だって私が付いていくのは変わらないのでしょう?」「まあ、そうだが」
04-01 01:27

「ならば場所がどこに変わっても同じことです。大きく驚くほどのことでもないかと」「……君を驚かせるのは至難の技だな」「何をニヤニヤしていらっしゃるんです?」「いや、別に」
04-01 01:27

いつもの二人でしたというオチのエイプリルフールネタ。
04-01 01:28

2013.04.02 03:24 | ロイアイ | トラックバック(-) | コメント(0) |