2012 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2012 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バレンタインデーSSの続き
2012/02/28(Tue)
やっと続きを書いたので、載せておきます。
遅くなって本当にすみませんでした。
今更かもしれませんが、読んでくださる方は追記からどうぞ。


先週末は健康診断、なばなの里、と色々ありました。
日記に書き留めておきたかったのですが、ちょっと今は時間がないので、また後日書けそうなら。
全然ロイアイに関係ない日常ネタなので、つまらないかもしれませんが。



拍手くださった方、有り難うございました!
スポンサーサイト
この記事のURL | ロイアイ | CM(0) | ▲ top
しょんぼりな話
2012/02/21(Tue)
バレンタインネタ、バタバタしていてちょっと間を空けたら、なんとなく書きにくくなってしまいました。
最後の落ちがあまりにワンパターンというかもう見え見えで恥ずかしいというかorz
やっぱり小ネタは一気に書くに限る。本当に。
これからはメールか何かに一括保存して一気に書き上げてからアップすべきなのかなぁ…。
ちょこちょこ書くのも好きなんですけどね。
飽きっぽいし、仕上げることを前提に考えたら、向いてないのかもしれない。
携帯に書き込むという方法は、いつでもどこでも出来るので、凄く書きやすいんですけど。
PCは集中すれば書きやすいですが、私はすぐに集中力が切れるので、これも結構大変。
しかも誘惑が多い!w(最近ソリティアに加えて上海にまでハマってしまった)
いや誘惑に負ける自分が悪いんですけどもね。

しかし常に夏の原稿のことは頭にあるわけで。
一番頭が痛いのは表紙だったりします。
今日はジャンプを買いに本屋へ行ってきたんですが、そこで「これ超好み!」と一目惚れした素材集を買おうとして…諸事情により、買えずorz
それが未だにちょっとショックです。
毎回表紙は自分で作ろうとすると本当に難関です。壁が高い。
どんなのにしようかなーと考えるのは嫌いじゃないです。むしろ楽しい。時間は容赦なく過ぎるけど。
ただ、いかんせん完成品が悪すぎる。しょんぼりなんてレベルじゃない。センス皆無。
色々(姿勢的な意味で)勉強しようとしてるんですが、それでも酷い出来になっちゃうんですよね。
つくづくセンスって才能もあるよなぁと思います。
磨くことが出来るとは聞きますが、ある程度までは育てることが出来たとしても、私ほどセンスがないと、もうホントどう頑張ってもしょんぼりにしかならない…と私は思ってるんですが、これは努力が足りないのか…?
本作るのって、中身書いて終わりじゃないんですよね。表紙も大事。超大事。
だから表紙も中身も凄い人見ると、凄いなぁと尊敬します。
で、いざ作る側に立ってみると、自分のセンスを顧みて情けなくなります。自分の能力がしょんぼりすぎて涙も出ない。泣いても上手くはならないですしね。ただひたすらしょんぼりです。
字の配置も下手なんですよね…あれも表紙センスの一つですよね。うぅぅ。
ほんと、センスいい人が羨ましい。というか、自分が情けない。何故ハイセンスな表紙が作れないのか。(中身も同じことで悩むけどそれは脇に置いといて)
自分なりに色々考えて「出来たー!今回は前よりいい感じに出来たかも!」と思ってイベントに出てみると、他の方々の本と比べていかに自分の本がしょんぼりかってのが浮き彫りになるのが、もう…。出来た時にしょんぼりだと何故気づけないんだろう。不思議。
気付いてれば直してるでしょうけども…いやでも、しょんぼりだと解ったとしても、どこを直せばもっとハイセンスになるかが判らないからやっぱり意味ないのか…。
それが判らないからこそ、センスが悪いのかもしれない。
本だけじゃなくて、ディスプレイとかも全部そうなんですよね。
参加するまでは色々考えて、いざ参加してみたら超しょんぼりっていう…ははは。がくり。

昨日はそんなしょんぼりな一日でした。
何が問題って、今の時点で、表紙のイメージが全然湧かないってことです。
ほのぼの幸せ系の話ならまだふわりお花系とかレース系(大好き)などイメージだけは出来るけど、やさぐれタングとか吸血鬼とかの暗いシリアスイメージの表紙って、今のところ想像出来ない…。
ホントどーすんだろ、自分…。
先に中身を完成させることを優先すべきなんですが、表紙が決まっていないと、なんとなく落ち着きません。
頑張るしかないよなぁ…。



拍手くださった方、有り難うございました!
先日の小ネタへのコメントや拍手も凄く嬉しいです。有り難うございます。
この記事のURL | 原稿 | CM(0) | ▲ top
02/19のツイートまとめ
2012/02/20(Mon)
remoon_ss

先日鍵付きの友人からこちらの方へリプを貰ったのですが、基本的にこのアカウントは誰もフォローしていない為、鍵付きの方からのリプは見ることが出来ません。コメントは凄く嬉しいので、鍵付きの方は宜しければ別の方法でお気軽に話しかけて頂けると嬉しいです。
02-19 03:07

ふと承認作業をしていて思い出したので、ツイートしてみました。そんなこと知ってるよ!って方はごめんなさい。
02-19 03:09

この記事のURL | お知らせ | CM(0) | ▲ top
02/17のツイートまとめ
2012/02/18(Sat)
remoon_ss

弟子入りして一年半ほどが過ぎ、かなり打ち解けてもきた頃、彼が唐突に尋ねてきた。「そういえば、リザの誕生日っていつ?」どうやら一年以上経っても祝っている様子がなかったために、疑問に思ったらしい。私は少し考える仕草をした後、問い返した。
02-17 14:06

「……マスタングさんがはじめてうちに来た日って、いつでしたっけ?」「え? 確かあれは……」彼が口にした日付を聞いてから、私は少し微笑んで見せる。「その日です」「なんだ、そうだったのか。今まで何もしなくてごめん。次こそは何かお祝いするから」「たのしみにしていますね」
02-17 14:09

その時以来、彼は離れていた時期を除いて、毎年必ず祝ってくれている。幼い頃から今まで、ずっと。けれど彼は知らない。私の本当の誕生日は、定かではないのだと。記憶にないほどの昔であれば、祝ってもらったこともあるかもしれない。だが物心ついた頃には、母は傍にはおらず、
02-17 14:12

父は祝ってくれるような状態ではなくなっていた。だから私は自分の誕生日を未だに知らない。もしかしたら勝手に決めたその日が誕生日である可能性もないとは言えないが、三百六十五分の一の確率だ。まず当たってはいないだろう。だがそれでもいい。彼と出会ったあの日から、
02-17 14:14

私は初めて、気にかけてもらえる幸福を知った。誰かの視界に映るということ。認識してもらえるということ。会話をすること。手と心の温もり。彼に出会って初めて、私は自分が確かにこの世に存在していることを知った。だから彼と出会った日が自分の誕生日だというのは、あながち間違いではない。
02-17 14:19

そして今年も、その日がやって来る。さて今年は、どんな幸せを私にくれるのだろうか。
02-17 14:22

こういうロイアイもいいなぁと思った次第。実際リザさんは、ちゃんとお誕生日を祝ってもらえてたのかなぁとか。ある程度まで母親が生きていたなら、もういつ誕生日なのかくらいは覚えているだろうけど。もしくは亡くなった後でも、リザパパが祝ってくれてたら大丈夫かなと。
02-17 14:24

しかしリザパパは祝ってくれてたんだろうか。不器用ながらもその日だけは祝ってくれてるといいなぁ。その日だけはお小遣いをあげて好きなものを買ってきなさいと言うとか、その日だけは研究をしないで遊んでくれるとか。そういうのがあったとしたらさっきのネタは無しだけど、それはそれで嬉しいなぁ。
02-17 14:26

この記事のURL | ロイアイ | CM(0) | ▲ top
02/16のツイートまとめ
2012/02/17(Fri)
remoon_ss

だからこそ、自分はそんなに大したものを送れないけれど、せめてチョコレートを送るという行為だけは続けようと、毎年渡してきた。それが、彼が与えてくれる沢山の気持ちに対する礼だとも思っていた。それなのに。(後で何とかなると考えて先伸ばしにして、当日前後にちょうどこの会議が重なることを
02-16 01:28

失念していたのは私のミスだわ)今更後悔しても仕方がない。今日はもう十四日当日で、自分の手元にはチョコレートは無く、入手する手段もない。ただそれを彼にどう伝えればいいのか、それが悩ましい。(訊かれるまで黙っているべきかしら)それが一番無難なのだろう。ひょっとしたら今日が
02-16 01:31

バレンタインデーとは気付いていないかもしれない。それなら、帰ってから渡しても大丈夫だろう。出張中で遅れたと一言添えれば何の問題もないし、実際それは嘘ではない。(でも……)誕生日、記念日、行事など、何かにつけて彼は祝ってくれる。忙しい合間を縫って可能な限り、たとえ一言だけでも、
02-16 01:39

自分に与えようとしてくれる。それが幼い頃からそういう祝福を受けることが乏しかった自分を彼が知っているせいかどうかは判らない。けれど彼のおかげで、そういう幸福を数多く貰っていることは確かだ。それなのに、自分は知らぬふりをして誤魔化してもいいものだろうか。
02-16 01:43

正直に買いそびれたと伝えて、後日必ず渡すからと詫びるべきなのではないか。それとも、買いそびれたことを伝えれば、彼はやはり僅かでもガッカリした顔を見せるだろうか。それならば何も言わずにやり過ごした方が傷付けずに済むだろうか。(……どうしてこんな行事があるのかしら)
02-16 01:46

そもそもこの行事は、想いを伝えるきっかけという意味合いが強いのではないか。それなのに何故、想いが通じた後まで渡すのが通例になっているのだろう。確認の意味だろうか。わざわざこの日に確認しなくても、想い合っていることは他の機会にいくらでも確認出来そうなものだが。
02-16 01:49

ついにはバレンタインデーに対するお門違いの恨み言まで湧いてきた自分に気付いたリザは、滞在中の部屋としてあてがわれた自室の前ではあと深い溜め息を吐いた。とにかく、明日の準備をしてしまおう。それから彼に伝えにいくかを考えよう。日はもう落ちる寸前だけれど、今日が終わるまではまだ少しの
02-16 01:53

猶予がある。そう思いながら、リザが目の前のドアを開いた時だった。「やあ、おかえり」聞き覚えのある声に、リザの思考が一瞬停止する。丸くなった目に映ったのは、先ほどまで悶々とした頭で思い浮かべていた、彼……ロイ・マスタングの顔だった。
02-16 01:56

ほんっとに小ネタで、引き延ばすほどのものでもないのに、ここまで時間がかかってしまって申し訳なく…il||li _| ̄|○ il||li本気で大したことないオチですごめんなさい。今日はここまでで寝ます。恋人後(本編後)ロイアイはこれはこれで結構難しいと思う日々。
02-16 01:59

この記事のURL | ロイアイ | CM(0) | ▲ top
途中までまとめてみた
2012/02/16(Thu)
Twitterにあげていたネタを、途中までですがまとめてみました。
まだ全然推敲出来ていませんが、それでも宜しければ追記からどうぞ。
それに伴い、元記事は消去します。

正直、パッと小ネタの一場面が浮かんで(どんなだったかは覚えていればまた書き終わった後にでも)、これは数行で終わるかもと思いながら書き始めたので、まさかここまで引っ張ることになるとは思いませんでした…。
なんかだらだらとすみません。
基本が大したことないネタなので、その、オリヴィエ様(私も何故か様付けしてしまいます・笑)とかは出てくる予定はありません。ごめんなさい。
うーん、でも出せば面白かったかも。
チョコレートを売っている店はないかとオリヴィエ様に尋ねるリザさんとか。(しかしリザさんの性格だと会議中にそんなことを持ち出したりしないかな…)
それをロイのせい(ため)だとすぐに勘付いて、ロイにイヤミを言うオリヴィエ様とか(笑)。
もしくはホットチョコレートで代用、という手もアリかな、と書いてる途中に気付きました。寒い地域だからありそうなんだけどなー。
しかしそういうネタを入れる隙はなかったです。残念。
組み直せば入れられるかもしれませんが、話の内容が下手にぶれるのも何なので、とりあえず最後まで書ききってから入れられないか考えてみます。(十中八九無理な気がしますが)


*
拍手くださった方、有り難うございました!
コメントくださる方も有り難うございます。
記事を消してしまったら拍手もコメントも消えることに気付いていなくて、うっかり記事を完全消去してしまったので、先日二日分の記事に対する拍手とコメントは消えてしまいました…ううう御免なさい…せっかく頂いたのに…。こんなことなら消さなきゃ良かったorz
でも全部、何度も読み返して励みにさせて頂いてます。感謝です。

返信不要でコメントくださった方、本当に有り難うございます。
凄くすごく嬉しかったです…!とだけ伝えさせてください。
N様、いつもコメント有り難うございます!
せっかくのコメントを消してしまって本当に御免なさい…orz
言われてみて、オリヴィエ様も出せば良かったと後悔です(笑)。
あまり大したネタではないのですが、小ネタとしてお楽しみ頂ければこんな嬉しいことはありません。
いつも喜んでくださるN様のお言葉が励みです。
この記事のURL | ロイアイ | CM(0) | ▲ top
帰ってきました
2012/02/12(Sun)
随分遅くなってしまいましたが、ようやく日記が書ける状態になりました。
お久しぶりです。
実は約九日ほど、日本を離れておりました。
生まれて初の海外旅行だったため、何もかも初めての経験で、とてもとても楽しかったのですが…。
同時にストレスや疲労も半端なかったらしく、旅行終盤から体調を崩し、帰ってきたら今度は時差ぼけでフラフラで、やっと回復してきたと思ったら、次は親戚などへのお土産配りなどで時間が過ぎてしまい、気付いたら今日になってました。げふん。

ピエタ
どこに行っていたかというと、右の写真のようなところです。
(これが自分的に旅行中一番綺麗に撮れた写真)
上向いても下向いても左や右向いても、どこ見ても遺産や彫刻で埋め尽くされている国へ行ってまいりました。
その旅の目的は、下の写真の場所、バルベリーニ宮殿。
バルベリーニ
ここに飾られている天井画「神の摂理の勝利」を見るために、日本からはるばる旅して来ました。

…ということで、その辺を忘れない内に詳しく語りたいところなのですが(誰得)、残念ながら時間もありませんので今日はここまでで。
体調を崩しはしましたが、天候やガイドさん、そして共に旅した方々のおかげで、充実したとても良い旅でした。
撮った写真は700枚以上。5Mで撮ったけど、8Mくらいでも良かったかなぁ。

帰ったからには、夏の新刊原稿を頑張りたいのですが…。
まだ生活ペースが戻らない~。
早く戻したいです。

本の原稿、何で進めようかなぁ…。
個人的にこれがいいなーとぼんやり思っているのは、
・やさぐれタング
・吸血鬼ネタ(パラレル)
・刻印のリメイク
なのですが…。
やさぐれタングとリメイクは時間的に間に合うかどうか微妙だし、吸血鬼ネタは久々の新刊なのにパラレルってどうなのよ…と思うと二の足を踏んでしまうし。決まらない決められない。
書きたいネタを書いて出せばいいんですけどね。多分そんなに沢山は作らないと思うし。気を張らずに、気楽に気楽に。
…とはいえ、お金を出してもらう「本」という媒体である以上、やっぱり考えてしまうのも事実。
旅行中も時々考えてはいたんですが、決められずに結局目の前の風景に集中してしまいました。
帰ってきたら決められるかと思ったんだけどなぁ…甘かった。

あとは、出国前に完成させられなかった倦怠期ロイアイ(なんだそれ)を完成させてしまいたいなぁとか。
とにかく前へ前へ。
申し込んだからには頑張らないとなーと思っています。



拍手くださった方、有り難うございました!
帰国してから拍手画面を見て、一日を除く他の日全てに拍手があったことに感動で震えてしまいました。
待ってくださっている方が、少なくとも一人はいてくださるんだと思うと有り難くて…。
本当に幸せです。有り難うございます。
またのろのろ亀ペースかもしれませんが、ちまちまとでも頑張っていきたいです。
この記事のURL | 雑談 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。