TURN 16 『超合集国決議第壱號』

コードギアスの感想を書こうとしたらですね…
なんと、HDDのリモコンがぶっ壊れまして orz
そ、操作ができねぇぇぇぇ!!!!!
見返すことも勿論無理。
…泣いてもいいですか。
とにかく明日急いで修理センターに電話です…。


で、リアルタイムで一応見ていたので、簡単に思ったことをつらつらと。覚えている範囲で。
…本当に、電話といい色々ガタが来すぎだろ。
こういうのっていっぺんに来るんですよね。一昨日はガスがおかしかった。なんぞこれ。


さて感想ですが。順番バラバラです。御免なさい。


C.C.が記憶も何もかも消えてしまって、奴隷時代の状態に戻っている。
んで、そのC.C.に優しく接しようとするルル。
激しく萌えるんですが。
なんだあれなんだあれ!!!!
不測の事態で焦ってしまって、C.C.が差し出したピザを跳ね除けた拍子に怪我を負わせてしまうルル!
そして血が出る指を見てひどく後悔した顔で駆け寄るルル!
んでもってC.C.の言動に昔の辛かったであろう体験を思って辛そうな顔をするルル!!
なんだこれ。
元々ルルーシュの優しい部分が大好きだったので、これはもう悶えろといっているようなもので。
正直C.C.の過去を見ても、愛されたかったからギアスに願ったけど、愛されすぎて信じられなくなったとか何言ってんだとか言いたくなるような要素もあったものですから、あまり同情的感情は湧かなかったんですが、今週を見ていたら色々辛かったんだろうなと初めて思えました。
そして、血が出ていれば、外が痛ければ、寒くても紛らわせることができるとかなんとか。
あぁもう本当に切ない。その気持ちは解る気もしないでもない。
中からの痛みの方が本当に耐えるのが大変なんだろうなと。
そんでもって、中からの痛みはどうするとルルに聞かれて、友達がいれば良かったんだけどとC.C.が言って、その言葉でスザクを思い出すルルとかね。
その一連のやり取りが、切なさ満載でちょっと泣けた。
でも健気で弱気なC.C.には物凄く違和感。
C.C.はルルにとって色々特別だったんだろうけど、それにしてもルルの庇護っぷりというか。凄いな。
この人基本的に、守るべき対象に尽くすのが好きなんじゃないだろうか。とか思ってしまう。

アーニャの発言も気になります。
消えた記憶。違う記憶。書き換えたのは皇帝陛下?
謎だらけです。
でも、だから彼女はブログを書くことに固執するのかな。
そうやって真実を少しでも繋ぎとめようとしているのかな。
スザクの代わりにサインしたときから、私結構この子好きなんですよね。

あとジノがいいところで出てくるなぁ!
カレン危機一髪というか。
スザクをぼこぼこにするカレンも面白かった。
やられっぱなしのスザクだったけど、まあそのくらいのことしちゃったしね。
リフレインはカレンにとって一番目の前に出されたくないものだから。
だからって捕虜がぼこぼこにしていいのかと思ったら、死ぬ覚悟はできてるとか言い切っちゃうし。
かっこいいとは思うけど、ルルが助けに来るって言ってるんだから、死んじゃ駄目でしょ!
この二人はいったいどこへ行こうとしているのか。

行方不明になったと思ったら皇帝復活。
まーあんなんで死んだりはしないと思ってたけど。
C.C.が記憶を失っているということは、ギアスは皇帝が持っているんだろうか。
ルルを焚きつけてましたけど、さてどうなることやら。
この人の考えていることは未だ読めません。

ニーナは開発した核をスザクに託そうとかしてるしね。
ユフィの守護騎士だったからとか何とか言ってるけど、それに対して複雑な顔をするスザクにビックリだ。
彼の中で何かが変化してるんだろうか。
それにしてもニーナ、そんなもん押し付けていいのか。
ロイドが言っていることをちゃんと理解した方がいい。

独り何も知らないリヴァルが可哀想。
そういえば全員もう色々巻き込まれちゃったんだよなぁ。ミレイはギリギリ回避したけど。

コーネリアとどうなったかも気になります。
ジェレミア、オレンジ君とか他の人にまで言われているのが不憫…。

スザクに「お願いします」と頭を下げるルルにも驚きました。
ものすごい下手に出た。
それだけナナリーのことが大事なんだろうけど。
それに対して条件を出すスザクが恐ろしい。何をさせる気だ。
つーか、あれだけのことをしといて条件とか。お前が守るのが当然じゃないのか。

超合衆国は、全く軍事力を保有しない代わりに、自国を黒の騎士団に守ってもらう方向らしい。
そしてその第一弾が日本。
ということで、いよいよ日本奪還ということですが。
黒の騎士団の内部が凄いことになっている。
藤堂のことを千葉ちゃんが好きなのは知っていたけど、いよいよ告白しようと意気込んでいたのに藤堂に逃げられたりとか。可哀想な千葉ちゃん…。でも藤堂そういうことに今興味なさそうだもんなぁ。
そして扇は何故か生きていましたとか。あの後どうなったんだよ。ヴィレッタはどうしたよ。再び記憶をなくしましたとかだったら笑うしかない。でもいっそその方が? …いや、何の解決にもならんよなぁ。
あと内部で不信感が出始めていることも気になります。あの研究所での虐殺がまずかったらしい。ロロが抑えようとしてますけども。どうかな。
天使様とカグヤちゃんの演説が良かった!
天子様は星刻の前で頑張ってますね。可愛いね。見守る星刻の顔が優しげで萌えた。チャンリンもなんか穏やかだったし、いい感じ。
カグヤの立ち居振る舞いもかっこよくてこの辺は大満足。


こんな感じでしょうか。
なんつーまとまりのない…。
本当にすみません。
今ちょっとゴタゴタしている上にリモコンに壊れられて、にっちもさっちもいきません orz
また落ち着いて感想が書ければいいなと思います。
来週とか…リモコン直ってるんかいな。



* * * * * * * * * *



拍手ぽちりして下さる方、有り難うございますー!!
古いものから新しいものまで、色々頂けて本当に感無量です。
鋼感想も徐々に増えていて嬉しい!
来月も頑張りますからねー! これだけは絶対欠かしません!
本当に有り難うございます。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

拍手レスです

拍手レスです!
またもコメント有り難うございますー!
レスが遅くなって御免なさい。

拍手ぽちりして下さる方も有り難うございますっ!
励みになっています。
付けて良かったブログ拍手!
やっぱり反応がダイレクトに判るっていいですね。
地獄少女にぽちぽち入れて頂いているんですが、どうやらこれから三期もやるそうで。
おめでとーございまーす!
三期も見れそうでしたら、是非簡単にでもいいから感想を書けたらなと思います。
こう思えるのも拍手のおかげも大きいということで。
感謝感謝です。


それでは「続きを読む」からコメントレスです。
お心当たりの方、宜しくお願い致します。

続きを読む

TURN 15 『C の 世界』

えぇと。
コードギアス見ました。
…が。
御免なさい。
駆け足展開すぎて、付いていけてません。


まずは。
ルルに自分を殺したいのなら殺してみろと言うシャルル。
そこで鏡(?)を使ってギアスを反射させて死ねと命じる。
シャルルは自分で自分を撃つが、速攻復活。
なぜだと取り乱すルル。
実はシャルルは、V.V.のギアスを奪い取って不死となっていたのだ。
ギアスを取られたV.V..は死亡する。
C.C.はシャルルの元へ。
C.C.の願いは、「死ぬこと」だった。
優しいルルーシュではそれを叶えられないと判断したC.C.は、シャルルに殺されることを望む。
C.C.のギアスを奪い取ろうとするシャルル。
止めようとしたルルはC.C.の過去へ飛ばされる。
C.C.は元々死に掛けていたところをシスターに助けられ、そこでギアスの力を得た。
C.C.はギアスによって誰からも愛される存在となったが、逆にそれが疎ましくなってきて、結局ギアスの力に干渉されないシスターのみを信じるようになる。
ところがシスターは、C.C.を利用しただけだった。
死を望むシスターの力を受け継いで不死となってしまったC.C.。
愛してくれたものたちは皆歴史の彼方へと去り、取り残される中でC.C.は死を望むようになる。
現在へと帰ってきたルルーシュは、C.C.を助けようとする。
ルルーシュの叫びにシャルルから逃れようとするC.C.。

そんな時、扇はヴィレッタと相対していた。
殺そうとするヴィレッタの銃口を避けようともしない扇。
何故ヴィレッタを助けたのかを正直に話し、それでも好きなんだと叫ぶ。
その言葉に揺らぎながらも引き鉄を引こうとするヴィレッタ。
そこへ咲世子が乱入。
良い方向へ向かうならと思ったけれどと言いながらヴィレッタを狙う咲世子。
闘う二人を止めようと、扇が割って入る。
咲世子のナイフをまともにくらって崖下へ落下する扇。
それを助けようと自分も崖下へ飛び込み、扇を抱き締めるヴィレッタ。
二人は下の河へと落下する。

一方ロロは、ルルーシュがどこにもいないことに動揺していた。
そしてスザクはカレンにリフレインを打ち、何もかも話してもらおうとしていた。
ところがその行動が力で支配しようとしているゼロと何ら変わらないことに気付き、リフレインを投げ捨てる。
ニーナは実験が成功し、とてつもない破壊力の兵器を完成させていた。
その完成に喜び、計画を実行に移そうとする(?)シュナイゼル。

その頃ルルは、C,C,と共に異空間から抜け出していた。
ルルがC.C.に話しかけると、気が付いたC.C.は突然怯えたように後ずさってわけのわからないことを話し出した。
その様子に驚愕するルル。
C.C.は記憶を失っていたのだ…。


そんな展開だったと思うんですが。
何しろ一回見ただけなので、間違っていることろがあればご指摘頂ければ有り難いです。こちらでも気付けば修正します。

もうね。
全ての展開が急すぎて、付いていけないんですよね。頭が。
実はC.C.が記憶をなくすことも、先の展開も、うっかり見ちゃったネタバレで少し知っていたんだけど、それでもまさかそれが本当のことだとは思わなくて。
どこか疑っていたんですけど、本当のことだったんですねぇ。
ぶっちゃけ私はルルC派ではないので、この展開はうーん、そうなっちゃったかというか。
だから皇帝陛下は何をやりたいのよというか。
もう失いたくないんだって叫ぶルルには萌えましたが。
あと、総督として必死に毅然と立ち向かおうとするナナリーは可愛かったです。
スザクが気付いてくれて良かったとか。
シュナイゼルは何をする気なんだとか。
随分あっさりV.V.死んじゃったなとか。
結局C.C.はギアスを取られたのかなとか。
扇とヴィレッタは無事なのかとか(最重要事項)。
言いたいことは細かくはあるんですが、ちょっと感情が置いてけぼりというかなんというか。
一応でも殆どの伏線回収はしてくれるみたいなので、良かったかなとは思います。


「続きを読む」以降は、ギアスソート。
やってみたので結果を。
興味のある方のみどうぞ~。



* * * * * * * * * *



拍手下さった方、有り難うございましたー!
コメント下さった方も有り難うございます!
レスは後日改めてさせて頂きますね。
凄く嬉しかったです。お礼が遅れてしまって御免なさい。
皆様有り難うございましたー!!
全部全部励みにさせて頂いてます。感謝。

続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

ギアス見た

見たんですけども…
すみません。
話がイマイチ理解できていません。
後日もう少し落ち着いてゆっくり見てから書き直せたらいいなと思いつつ、とりあえず簡単に感想を。



TURN 14 『ギアス 狩り』


やっぱり殺したのはロロだった…。
しかも言った理由が「兄さんの正体を知ったから」「危ないところだったね」
うわー…悪びれない。
それをルルに言って、ルルがどうするか想像できなかったのかこの子は。
何故そこまで死亡フラグを立てたがる。
そしてそんなロロにニッコリ笑って「よくやった」と言うルル。
ぎゃー!!! 怖い!!!!!
そこまで仮面が上手くなってしまいましたか。
やっぱり全く全然これっぽっちもロロのことを大切になんて思っていなかったことがこれでハッキリしたわけで、それがかなり切ないです。
ロロ空回ってるけど兄さんの為に必死なのにさ…。
ロロの能力は、使っている間心臓が止まるらしい。
それなのにロロは兄さんの為に命削ってたわけだ。
そしてかつての仲間も殺して、V.V.にも必死に命がけで取り付いて、兄さんのためだけに頑張ってるのに。
肝心の兄さんは「V.V.と一緒に葬り去る」だもんなぁ…。
いやそりゃ、シャーリーを殺したのは駄目だけども。
そりゃ怒るだろって話だけども。
でもルルにはナナリーがいてくれたけど、ロロには誰もいなかったんだよっていうのは、やっぱりそんなもの知らんがなって話なのかなぁ…。
これ、ロロ最後までに絶対死ぬよね…。
可哀想だなぁ…。勿論、やってきたことは許されないんだけど。
悪意のない子供って感じだ。誰もやっちゃいけないことを教えなかったんだから当然の結果だけど。


それにしても何故シャーリーを殺したのがゼロだろうって気になるんだよスザク。
ルル全然悪くないじゃん。間接的には関係あるけどさ。
証拠もなく、なんでもゼロのせい、ゼロのせい。
ユフィは可哀想だったけど、今回のこれには呆れ果てた。
いいかげんにしたらどうだ。
何故もっと周りに目を向けないんだよ。
結局、ゼロだけを標的にしておいたら楽だからそうしてるんじゃないのか。
それをカレンにまで押し付けるのは止めなはれ。
カレンはゼロがシャーリーを殺したって聞いて、信じたんだろうかどうなんだろうか。
信じないで欲しいけどな。
だってゼロは、ルルは、「必ず助ける」って言ったんだよ?
誰かを大切に思うことができるようになったということを知っているカレンに、誤解はして欲しくないなぁ。
ただ、スザクの持ってきたリフレインがどういった作用をもたらすのかが心配。
…しかしなんでカレン、捕虜なのにドレスなの?
ナナリーの意向?
ナナリーの語るお兄様像を聞いてみたかったなぁ。


あとこっそり動くヴィレッタが、扇と接触しそうな予感。
扇をどうするつもりなのさ。
そこんとこ説明してくれ。
殺す気? それ意味ないんじゃ?


V.V.はどうなんでしょう。生き残ったみたいだけど。というより死なないのか。
とんでもない機体が出てきたと思ったら、あっという間にコーネリア姉様に弱点つかれて陥落してしまいましたよ。
コーネリアは、ゼロを恨むんじゃなくて、ギアスを恨む方向にいったのかな。
ユフィの死はルルにとってとても辛いことだったろうから、コーネリアと対立しないならその方が嬉しいんだけど。
カッコ良かったなぁ、コーネリア。
颯爽と助けるオレンジ君もカッコ良かった。もうジェレミア卿と呼んであげなきゃね!


パパンの「また兄さんは嘘を吐いた」発言が気になっています。
マリアンヌに明らかに恨みを見せたV.V.といい、過去何があったんだろ。
嫌な想像をしてしまったんですが。
もしかして、マリアンヌを襲撃させたのはV.V.?
皇帝はそれを知っていて、敢えて知らない振りをしていたけど、実はV.V.も恨んでいたとか?
それでマリアンヌの子供である二人をギアスから遠い場所へ遠ざけたとか。
つまり、実は皇帝陛下はマリアンヌのことを愛していたのである説。
…ないかな。うぅむ。
でも、皇帝陛下は全くの悪かっていうのがかなり曖昧なんだよね。


そして問題の場所へ連れてこられたゼロ。
さてどうなるのか。
機体は使えないみたいですけども。


C.C.の発言も気になることばかりでしたね。
辛そうに教団を破滅させたのが印象的だったな。
ルルと運命を共にすると決めてるんだろうか。
つーか、C.C.って自覚してないだけで、相当ルル好きだよね。


こんな感じで駆け足感想。
話が全然頭の中でまとまらない~。
なんでだろう。見足りないとか?
何故
シャーリーはギアスに運命を翻弄された
→だからギアスが悪い
→ギアス教団を滅ぼそう
になるのかがちょっと謎。
確かにギアスは諸悪の根源だとは思うけど。
でもそのせいでゼロが顰蹙を買いそうなのが気になるなぁ。大丈夫なのか。


10月から00が再開するそうですし、ギアス結構早く終わっちゃうのね。
雑誌の声優さんのインタビューも聞いた話では相当アレな感じだったらしくて、ちょっと自分の目で確認したくなった…。
この作品、私は結構楽しんで見ていたんですが。
放り投げるのだけは止めてね。完結させてね。
楽しみに見ている人がいるんだからさ。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

きゅんきゅんした

本屋で溜まっていた本を一部引き取ってきました。


サムライうさぎ 6 (6) (ジャンプコミックス)サムライうさぎ 6 (6) (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
福島 鉄平

商品詳細を見る

ジャンプ読みました。
サムライうさぎが可愛すぎる…!
なんだこの夫婦愛!!
どうしよう可愛すぎるよ。
ごっちんオットコマエー!!
バトルよりこっちの方が断然いい。
大人になったんだねごっちん…(ほろり)


電脳青少年攻略法 (電撃コミックス EX 4コマコレクション)電脳青少年攻略法 (電撃コミックス EX 4コマコレクション)
(2007/11)
倉糖 良果

商品詳細を見る

そして電撃の4コマも読みました。
電脳青少年攻略法がっ!!
背中ぼふんは反則だ…!!!
もう早くキヨラが自覚すればいいんだ!!
そしてみねじとくっつけばいいんだヨ!!!
こんにゃろこの天然め。罪な奴。
みねじ大好きなので、是非キヨラとくっついてほしい。お似合いだ!
もっとこれからどんどんラブればいいのに。
しかし三人組は誰もが報われなさそうな予感…。
みんないい奴なのになぁ。なんだか可哀想。
あ、でもよさっちは一応あれでいいのか?(笑)
私は四泉寺が好き。彼のツッコミセンスはいいね。
早く2巻出ないかな。多分それくらいからみねじといい感じなんだよなー。


もう一冊のきゅんはちょっとBL本の紹介なので、苦手な方の為に「続きを読む」以降に隠します。
大丈夫の方のみどうぞー。



他にも色々買ったけど、特にこの3つがきゅんきゅんしました。
きゅん死にしそうだ。
このきゅんを原稿にぶつけたいよ私は。
このきゅんが大事なんだ…!
きゅんきゅん言うな。

もー雑誌の話題なんだかコミックの話題なんだか。



* * * * * * * * * *



拍手ぽちり下さった方、有り難うございました!!

未だSEED感想がちょこちょこ拍手入ってビックリです。
残しとくもんだなぁ。
今でも需要があるのは嬉しいです。色々派手な感想ですが。

鋼錬でぽちり来ると俄然やる気が出ます!
来月も頑張るぞーって気になっちゃう。
おだてに弱いです(笑)。
来月もなるべく早くアップできればいいなぁと思っていますが…ちょっと遅れそうな気も…。夏祭りの準備次第、でしょうか。
御免なさい。でも絶対アップしますので!

ギアスも喜んで下さる方がいらっしゃるなら頑張っちゃうぜー。
明日ですね!
でも予告を見る限りでは辛い回になりそうな…ルル…。

本当に有り難うございました!

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ガンガン2008年8月号鋼の錬金術師感想

先に噂だけ聞いて悶絶しながら一夜を過ごし、夜が明けて本屋に行ってみたらば…
ありました。8月号。
よっし!!

ということで、感想です。
いつもまとまり悪くてすみません。

それでは「続きを読む」からどうぞー!
ネタバレですのでご注意下さい。
あと、例によって例の如く軍部贔屓です。


拍手下さった方々、有り難うございましたー!
すっごい励みになっています。本家HPより多いんじゃないかと(笑)。
鋼感想にもぽちぽち有り難うございます!
今月号も頑張りますので、楽しんで頂ければ幸いです。

そいではれっつごー。

続きを読む

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コードギアス TURN 13 『過去 から の 刺客』

えと…見ました。
なんじゃぁぁぁぁこりゃぁぁぁぁぁ!!!!!
どこまでルルを泣かせたら気が済むんだぁぁぁ!!!


とりあえず興奮気味なのですが、さらっとあらすじ。

ジェレミアが学園まで来ました。
学園にいたヴィレッタは新宿にいるルルのところへわざとジェレミアを向かわせます。
それに合わせてロロも新宿へ。
新宿では記憶の戻ったシャーリーがスザクを呼び出していました。
そこへルルもやってきて、三人は気まずい雰囲気で新宿を歩きます。
やがて何もかも信じられなくなったシャーリーはうっかり高みから足を踏み外してしまいます。
それを助けるルルとスザク。
ルルは叫びます。「俺はもう誰も失いたくない」
それにハッとするシャーリー。
無事助けられたシャーリーは、二人のやり取りにどこかぎこちなさを感じます。
ルルは一人なんだ。それを知ってしまったシャーリー。
そこへルルに電話が入ります。
電話の相手はロロ。
ロロはジェレミアがそちらへ向かったことを告げ、自分が行くまで無茶をするなといいます。
シャーリーはスザクに預けておけば安全だろうと思ったルルはジェレミアを迎え撃つことに。
残されたシャーリーはスザクに尋ねます。「ルルが好き?」
スザクは答えます。「好き…だったよ」
その過去形の言葉にシャーリーは言います。昔はあんなに仲が良かったのに、と。
しかしスザクは、彼が赦せないのだと呟きます。
シャーリーは言います。「それはスザク君が赦そうとしていないだけ。私は赦したよ。赦せないことなんてないんだよ」(※要約です)
そこで爆発音が。スザクはその混乱を収めるためにナイツオブラウンズとしての仕事を果たそうとします。
軍人にシャーリーの安全を頼んで去ってゆくスザク。
残されたシャーリーは、ルルが闘っているのだと気付き、ルルの元へ急ごうとその場を離れてしまいます。
駅の中、ルルを探すシャーリー。
その頃ルルはジェレミアと対峙していました。
ルルが用意していたのは、サクラダイト(?)を無効化するシステム。
ジェレミアの身体にはサクラダイトが使われており、そのおかげでシステムの試運転ができたと勝ち誇るルル。
そんなルルにジェレミアは血を流しながら言います。
何故おまえは実の父と闘うのかと。
ルルは答えます。それは自分がルルーシュ・リ・ブリタニアだからだ。皇帝は母を見殺しにし、妹を酷い目にあわせ、妹と自分の未来を奪ったのだと。
それを聞いたジェレミアは涙を流します。
自分の忠義はV.V.にあらず。自分の忠義はマリアンヌ様のために。あの時自分は初の任務でその場にいたのだと。
それを聞いたルルは急いでシステムを停止させ、ジェレミアを味方に引き入れます。
その間にもシャーリーはルルを探し、そこでロロと対面します。
シャーリーは尋ねます。あなたはルルが好き? と。
ロロは好きだよ。たった一人の兄さんだもの。と答えます。
それを聞いてシャーリーは良かった、あなたはルルの味方なのねといって笑うと、自分も味方に入れて欲しいと懇願します。
私はルルに幸せを取り戻してあげたい。彼の大切なものを。妹のナナちゃんも。
それを聞いたロロの表情が一変します。
次の作戦の為にルルは駅構内を移動。その途中で、倒れている人影を発見します。
その人影は他でもないシャーリー。腹から血を止め処なく流し、彼女は死の淵にいました。
駆け寄るルルにシャーリーは笑います。
最期に会えてよかった。過去を思い出した時、怖かった。みんなが嘘の仮面を被って、全てが自分を見張っているような気がした。ルルはこんな場所で一人で闘っていたんだね。だから私は、私だけは味方になってあげたかった。
ルルは必死にシャーリーに生きろとギアスをかけます。しかし彼女から流れる血は止まることはありません。
シャーリーは息も絶え絶えに続けます。
私はルルが好き。お父さんを巻き込んだことを知っても好きだった。きっと生まれ変わってもまたルルを好きになる。だからまた好きにならせてね。
そしてシャーリーは目を閉じて、永遠の眠りについてしまいます。
駅の中に、彼女の名を呼ぶルルの絶叫が響き渡りました。


…こんな感じか。まだ一回見ただけなので、おかしな部分があれば修正します。


さて。シャーリーですが。
えぇぇぇ。ここで死ぬのか!
私、彼女が全てを受け入れてくれればいいなと思っていました。
それでもルルの味方になってくれるなら、それなら彼女はルルの側に立てるだろうと。
ところが、立つ前に死んでしまうなんて…。
しかもあれ、殺したの…ロロ、ですよねぇ…。
ロロ、また死亡フラグ立ててどうするんだよ…。
ナナリーのことはともかく、これはもう一番やっちゃいけないことだろう。
せっかくルルに、無条件で味方になってくれる子が出来たのに。
こんなのってない。
ギアスの力は孤独の力だというから、そのせいだとルルは思っているみたいですが。
そうだとしたら悲しすぎる。
私それほどシャーリー好きじゃなかったけど、今週でルルのことを全て受け入れてくれて嬉しかった。だからこそ、生きていて欲しかった。
ルル至上主義ですから。彼が幸せならそれでいい。
まさか死ぬなんてさ…。
いったいルルは、どこまで無くせばいいんですか。

ジェレミアの語った過去にもビックリ。これ後付じゃなくて?
ヴィレッタと扇もやっと接触してくれたみたいですし。
物語的には進んでいるんだけど、なんだろうこの後味の悪さ。
なんだかもうショック大きすぎです…。

そういえばOPとEDも変わっていましたね。
アリプロ好きだから嬉しいんだけどさ…。
なんかもー感想他に浮かばん。
今週は簡単なあらすじだけで終わり。ルル可哀想で見てられん。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

携帯がヤバイ

携帯電話の電池が、突然逝ってしまいました…。正確には瀕死。
二時間も持たない。下手したら一時間。
げふん。なんだこれ。
今までは徐々に寿命が短くなってくるパターンだったのに、急にこれはないだろう!
うわーん(涙)。
こんな携帯電話で東京まで行けるかー!!

せっかく東京へ行く時のバスで、軽くていっぱい聴けるようにとウォークマン系を何か買おうと思っていたのに…のに…
だって今使っているMD、時々リモコンが利かない…。既に蓋はないから爪で開けてるし、もうボロボロ。何枚もMD持って行くから重いし。
だから買い換えたかったんだけどなー…。
電化製品の寿命って、なんでこういっぺんに来るんだろ。

どちらもはさすがに余裕がないので、泣く泣く携帯電話の方を取ることになりそうです。
くそぅ…。

今度はどうしてもTにしたいから、ずっと粘っていたら今出ているTがかなりいい感じなのでそれがいいなー。安くなったらチェックチェックとか思ってたんだけど。
今だったら絶対手が届かないよ。
適当に見繕うしかないのか…がくり。
まだ二年も使ってないはずだから、ポイントもそんなに溜まってないだろうしなー。
つーか原稿でショップに行く暇もないよ。
とりあえずもう着うたもテレビもおサイフも機能要らないから、ネットとメールが快適に出来て、容量いっぱいあればそれでいい。
あと現画面のテキストコピー。今の機種出来ないからどれだけ苦労したことか。

ゴールド欲しかったなぁ…。
今度は何色にしよう。
というかいったいいくらかかるんだ orz

拍手レスです♪

拍手レスです!
まさかこっちのブログで拍手レスを複数回やることになるとは思わなかったですよ…!
嬉しいなぁ。嬉しいなぁ。
有り難うございます。
コメントも拍手も全部全部栄養です。めきめき育つよ。(年齢考えろ)


それでは続きを読むからレスです♪

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle