水戸黄門が終わってしまった…

今日水戸黄門最終回でしたね。
寂しい…。
以前ちょっと今の水戸黄門はどうかという話を書いたのですが、最近は凄く面白かったので、楽しみにしていたんだけどなぁ。
何より、カメラワークとかシナリオの内容とかが、チープじゃなくなっている気がしたんですよね。
時々音楽が変なところで切れてたけど(笑)。
見せ方って、大事だなぁと思うのです。
役者さんの演技も勿論一番の肝だと思うんだけれど、それを見せる演出などがないと、テレビって成り立たないんだなぁって。
最近は本当にそこの不満がなくなって、見ていて楽しかったです。

助さんの立会いが楽しかった。ぴょんぴょん飛び跳ねて、元気いっぱいで。あぁ、若いなぁと思いましたですよ。やっぱり若いっていいね。動きが、助さんになりたての頃と比べて格段にカッコ良くなっていて、もう惚れ惚れでした。
そして大好きな格さんも、かなり動きに切れが出てきていて、力強さが伝わってくるような立ち合いにうっとり見とれてました。
お二人とも、本当にテレビでのなんというか…映え方っていうのかな。それが当初と比べてすっごい見応えのあるものになっていて、いつのまにか立会いが一番楽しみになっていました。
きっと凄く凄く練習して、努力されたんだろうなぁ。
もう前の二人に戻してほしいなぁなんて思わない。
勿論、前のお二人は今でも大好きなんだけど、このお二人の助さん格さんも大好きになりました。
本当にカッコイイなぁ。
この二人が大好きな助さん格さんを演じてくれて良かった。

そして主役の黄門様。
この方はもう何をされてもカッコイイです。
威厳があるというか存在感があるというか、本当に里見さん大好き!!
私が一番好きな時代劇役者さんですもの。同率一位は野村さんだけど。
全く文句はないです。
ちょっとお茶目でお節介焼きで、時々子供みたいな素敵な黄門様像を作って下さったと思う。
憎めないおじいちゃんっぽくて可愛いなって時々思っていました。
こういう親しみやすい黄門様もいいです。
お茶の間チャンバラ劇なんだから、そういう気の抜ける場所があってもいいと思う。

内藤さんの弥七も随分慣れました。
前の弥七も大好きだけど。
内藤さんのニヒルな笑みは癖になりますですよ(笑)。
一番オイシイ所をニヤリと笑いながら掻っ攫っていくんですよこの人は(笑)。
それはそれで面白い弥七だと思います。
伊賀者がカッコ良ければ嬉しいしね。
ちょっとスーパー気障すぎるだろって気はするけど(笑)。

他の方も好きだったので、今のチームが本当に良かったなぁと思うのです。
お娟さんは大丈夫なんだろうか。水戸黄門は相当体力使うって聞くし。でも他の方のこの役ってもう想像つかないよね。
新助大好きです! この役どころは絶対必要だと思うし、松井さんお上手なので、是非次も出てほしい。
志保さんも可愛かったのですが、もう次は無理かなぁ。次の同行者も、出しゃばりすぎず足手まといにならない、どこか役に立つ娘さんだといいな。


大奥の話は、最後竹光だったところは予想通りだったんですけれど、その後の泣き声に涙が滲みました。もらい泣き。ああ、上手いなぁあれ。助さんが竹光にしたんじゃなくて、本人がそれと解っていて斬りかかったってのが泣ける。親心がもう。本当は本物で斬りたかっただろうに。

手がわさわさ出てくるところで大笑いしました。
みんな飢えすぎだ!!(笑)
確かに里美さんはカッコイイけどね!

最後の二人がいい感じで終わってくれて嬉しかったです。
ちょっと伊賀者と思えないほど軽かったのが気になるけど(笑)、まあこれもアリかななんて。憎めない人ですよね。文珍さん味があるから素敵だった。
十朱さんの滝川も気風の良さが素敵でした。カッコイイ! きっとこの人なら、ちょっと抜けているっぽい梅津さんとお似合いだと思います。

前回の茜ちゃんの話も泣けたんだよなぁ。
健気すぎる…。あれもう一回見たい。
本当の親じゃないけど一緒にいたいって素敵じゃないですか。
想いはきっと伝わるんだよっていう。


そんなこんなで楽しめました今回シリーズ。
皆様お疲れ様でした。そして有り難うございました。
次のシリーズも楽しみにしていますー!
このクオリティで是非。

変なもの見つけた(笑)

こんなもの見つけました。というより、お友達の日記で知った。

一週間でうまい棒を1000本食べきる男

…うん。
かなり馬鹿だよね(笑)。
でもこういう無茶って嫌いじゃないです。むしろ好きだ。
絶対自分では出来ないけど。だからこそ尊敬する。いろんな意味で(笑)。
身体壊さなくて良かったですよね。本当に。

これを公認するやおきんさんが素晴らしい。
そういう心は大事だと思う。



* * * * * * * * * *



拍手ぽちりして下さった方、有り難うございました!
古い記事に付くと本当にビックリします。と同時に踊る(笑)。
需要まだあるんですね。なんだか嬉しいな。
古い記事は恥ずかしいですが、まだ当分残しておきます。

あと、コメント下さった方、物凄く嬉しかったです! もう小躍りです。
記名だったので一応お名前出してレスさせて頂きます。
もし駄目でしたらコメントからでもご連絡下さい。消去させて頂きます。
(承認手続きはしませんので、公開されることはありません。)
レスは「続きを読む」から。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

予想大当たり

実は以前友達と話をした時、こんなことを言っていました。
「私、ミレイってルルのこと結構好きなんだと思うんだよねー」
「えっ。私は違うと思うけど」
「そっかなー。うーん。恋愛感情かどうかはともかく、ちょっと気になるところもあったんだけどなー」
…友よ。
私が正しかったよ(笑)。はっはっは。どうだー!(嫌な子)
他のことは殆どお友達の方がよく見ていて、理解も深いのですが、ここだけは私合ってたよってのがちょっと嬉しい(笑)。
私ミレイのこと好きだからかなー。

…というわけで、予想大当たりの回。

TURN 12 『ラブ アタック !』

です。
ただし今回も簡単なのでご容赦を。
原稿終わったらもう少しじっくり書きたいなと思います。
…面白いと思ったら。(待て)


前回シャーリーにキスをしてしまった咲世子ルル。
しかもなんと、日曜日のスケジュールをデートや公務(?)などで超過密に立ててしまっていた。

ルルーシュ様のキャラクターではこれが自然って…ルルをどう見てたんだよ咲世子さん(笑)。

慌てながらも、一応咲世子は他はよくやっているからと溜め息混じりに許すルル。
一人ロロだけが兄さんの人格が疑われる! と憤怒。
結局ルルは、日曜日を多数の女性とのデートブッキングとゼロとしての仕事に追われることとなった。

…どうしてあんたが怒るのよロロ(笑)。
もう、始終兄さん兄さんで可愛いったらありゃしません。どんだけ兄貴ラブだ。
しかしルルも許すかそこで…。何気に最強は咲世子さんではないのだろうか。
そして某知事なみの超過密スケジュールをこなすこととなってしまったルルがまた災難でもう…似合うね、受難(笑)。
体力のない兄さんにこんなハードスケジュールを! って怒るルルに大笑いしてたよ。はっはっは。
なんだろうな。このギャグは。
つーかロロ、嫉妬は駄目だろ嫉妬は。
常に嫉妬の目でルルと仲良くする女の子を見る目がかなりヤバくて、そろそろちょっとこの子一線踏み越えそうな勢いで恐ろしいんですけど。笑える方向で。(失礼な)

結局ハードスケジュールをへろへろになりながらこなすルル。
シャーリーに服を手渡してお詫びだというが、シャーリーはこんなものでごまかすなんて、と大激怒。
何か間違えたのだろうかとサッパリ解らないルル。
シャーリーは、ルルが不誠実だ、ルルは駄目な子だと怒り心頭。

駄目な子ってさ…。シャーリーあんた何様だ。
いや、そりゃ咲世子ルルのやったことは許されないというか、最低だけどさ(笑)。
でもなー。正直、ルルがシャーリーに全く気がなかったとしたら、結構鬱陶しい系じゃないのかなコレ。
キスしてしまったから仕方ないかもしれないけど。

そんなこんなで途方に暮れるルルの前に、ミレイが登場。
自分の卒業記念に、キューピットの日イベントを開催することを強引に決定。
そのイベントは、男子が青、女子が赤の帽子を被り、帽子を交換した男女は会長命令で強制的にカップルにならなくてはいけないというものだった。
当然狙われるのは、数多の女の子とデートの約束をしてしまったルル。
スタート直後詰め寄る女子達。
ところが、女子達が突然動きを止めた…と思ったら、犯人はロロ。
急いでルルごとロッカーに入り、その場を凌いだ。

大勢にいっぺんにギアスをかけたせいでへろへろになっているロロと、それに礼を言っているルルが可愛すぎです。
やっぱりこの二人が仲いいとホッとするなぁ。
これだけ見ていたら、ルルもロロのことちょっとは思ってくれてるんじゃないかと期待しちゃうんですけどね…ボロ雑巾のことは忘れてないんだろうなぁ…忘れてくれ、頼むから。
しかしロロは兄さんのためなら本当に何でもするね…。

咲世子も交えて、ルルは指示を出しつつその場を逃れ、最終的にヴィレッタを選ぶことでその場を収めようとしていた。
ところが、ミレイが突然、ルルを帽子ごと自分の元へ持ってきたものには、部費を十倍にすると言い出した!
俄然張り切る部員達。
ルルは女子と部員に追いかけられ大混乱に。

あぁ、ミレイやっぱり好きだったんじゃん。っていうのが感想。
リヴァルが、会長がそう望むならって涙ながらにルルを探すのが可哀想でした。
まさかまさかとは思ってたけど、割と本気だったんだね…。
もしルルがゼロだって知っていたら、ミレイはどうしただろう。

ゴタゴタの中、アーニャがルルを追いかけるためにモルドレッドで出撃。
それの熱探知でルルの居所を突き止めたところ、タイミング悪く両方のルルを発見。
ルルが二人いることを訝しむアーニャ。
モルドレッド出撃により、学園に何か事件がと部隊で乗り込むブリタニア軍。
一方当のルルは、キスをされた時の状況を思い出しながら図書館に来たシャーリーが邪魔で身動き取れず。
そこへモルドレッドが激突してきたものだから、シャーリーが危険に。
それを助けようとルルが飛び出して、二人は地下へ落ちてしまった。
必死に言い訳をしようとするルルにシャーリーが笑う。
やっといつものルルに戻った、と。
そしてキスをしたことも全部許す、いつか本当に好きになってもらうために頑張る、恋はパワーだって言ったでしょとシャーリー。

…結局シャーリーのこと好きだっていう設定ですかサ●ラ●ズさん。
なんだよもー。
でも、この時のシャーリーは良かったです。
頑張る子は好きだ。
好かれていないと知ってても、前向きに頑張ろうとする姿は好感持てます。
いい子だよね。普通に考えれば。

結局シャーリーと帽子を交換したルル。
それに苦笑するミレイに、咲世子がそっと「少しは本気だったのでは?」と突っ込みを入れて姿を消す。
誰とも知れない声に「少しだけね」と微笑んで、二人を祝福するミレイ。
そしてミレイは卒業していった。
…と思ったら、次の日(?)テレビにミレイの姿が。
元気にお天気お姉さんとなっていたミレイ。在学中に資格を取って会社も決めていたらしい。
婚約も解消。
自分も頑張るから、見ていてほしいとそっとニーナのことを思うミレイ。

前向きで偉いなぁと思います。
受け止めて、昇華して、それでも歩いていこうとするミレイさんは、多分強いんだと思う。
私は彼女のタフさが好きです。
あと、否定しないところ。
彼女は全てを否定せずに受け止めて受け入れている。
そこがとても好き。
…ところで、ルルが計画を変更するなんて珍しいと言ってるヴィレッタの横で嫉妬メラメラ燃やすのは止めませんかロロ(笑)。
もーホントに可愛いなオマエ!

いったん落ち着いたかに見えた世界。
後日外へ出かけたシャーリーはいつものようにルルと他愛ない電話をしていた。
ところが、そこで町の一角全体にギアスの力が。
力の元はジェレミア(オレンジ)。
ジェレミアが持っていたのはギアスを無効化する力。
それにより、シャーリーの記憶が元に戻ってしまう。

さて。
どうなりますかね。
父親を殺したのがゼロ=ルルだってことも知ってしまいました。
しかもオレンジ君の力はとんでもない力。
一度ギアスをかけた人が、ジェレミアに無効化されたら、またかけ直すことってできるのかな。
あぁでも、元に戻ったら困る人が山ほどいるじゃないかルルには。
本当にどうなるんだろう。
ここは真っ先にオレンジ君を抹殺すべきなんでしょうけれどねぇ…。
厄介な敵が現れたもんだよ。


ここで次回ですね。
うーん。気になる。
早くゼロのスカッとする頭脳戦を見せてもらえないかな。
期待しているんですけど。



* * * * * * * * * *



拍手ぽちり下さった方、有り難うございましたー!
鋼の記事に頂けると、一応自分の中でメイン記事のつもりなので凄く嬉しいです!
あと、ミーアの回の感想に入ったことにビックリ。
今でも見て下さる方がいらっしゃるんですね…本当に嬉しいです。有り難うございます。
あの頃はっちゃけてたと自分でも思っていて、一時期消そうかと迷ったんですけど、それでも今こうして読んで楽しんで頂けるのなら、残しておいて良かったなぁと思います。
需要があるのならまだ当分残しておきますね。
お二方、本当に有り難うございました!

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

エンドレス

買いました!
そしてエンドレスで流しています。

Dream Port(DVD付)Dream Port(DVD付)
(2008/06/18)
Revo&梶浦由記

商品詳細を見る



初めはちょっとサンホラとは違ったテイストだなーと思っていたんですが、これはこれでかなり好きです。
おかげさまでシリアス書きやすくなったよ!

暁の車も好きでした。
何度も何度も聴き込んで、一時期全部歌詞覚えていたほど。
これも聴き込むことになるかな。

そして石川さんもSee-Sawも好きです。美しければそれでいいとあんなに一緒だったのにもかなり聴きまくった。
実はSee-Sawの各個人名を知らなかったんですが、結局好きだなぁって思ってるんだからどーしよーもない。
ツボなんでしょう。

テーマ : Sound Horizon
ジャンル : 音楽

コードギアス見た

コードギアス見ました。
例によって例の如く目下修羅場中なので、簡単に。
やっぱり夏コミで二冊って無謀かもしれん…。時期的に。


TURN 11 『想い の 力』


どう切り抜けるかとドキワクしながら見ていたのですが、まさか新型登場とはね!
ビックリしました。
ゼロの流れるような操作にもビックリ。
一期で彼もナイトメアに乗る訓練をしていたみたいなことを言っていましたが、いつのまにこんな新型を操作できるようになっていたんだ。
そして強い! 滅茶苦茶強い!
こういうのが見たかったんですよー。はっはっは。
圧倒的な防御力はゼロにピッタリだと思うし、破壊力も相当なものでいい感じです。
あの破壊っぷりはガンパレを思い出すな…。N.E.Pでしたっけ。もう一回やりたくなってきた。


アーニャとC.C.はどんな関係なんでしょうね?
呼応しあっているみたいだけど。
そうか…って、こっちは全然わかんないよシーツー。
出撃前のC.C.とゼロの会話がいい感じだったなー。
こっちは熟年夫婦みたいだ。やり取りが。


私は基本的に、自ら危険に首を突っ込むような軽はずみな女キャラは好きではないのですが、天子様は平気だった。
多分これがプラスになるんだろうなーって判ってたからかな。
案の定、シンクーの行動に萌えまくり。
あの時のゼロが随分らしくないことを言うから不思議だったんだけど、全部策略でしたってのが残念なようなホッとしたような。
甘いだけでは頂点には立てないんだけどさー。
でも当初と比べたら随分ゼロも黒の騎士団を大切にしているようですし、変化はしているみたいでよかよか。


それにしても、別れさせたいんだけど、という相談をシャーリーにするな!
そりゃC.C.やカグヤは頼れないけどさー…。確かに適任かもだけどさー…。
私はシャーリーは全くもって好みではないのですが、今週の一人相撲は可愛いなーと素直に思いました。これが彼女の良さなんだろうな。
結果、その言葉も大いに役立ってくれたようで。
しかしそれを鵜呑みにして自分の考えまであっさり覆しちゃうルルには参ったけど。それでいいのかお前は。
とにかく、シンクーと天子様がいい感じで良かった良かった。
だからシンクーと結婚しちゃえばいいんだヨ!
そして国一番の名医とかに見てもらって治るものなら病気治ってくれないかな。
なんていうのはあまりにも無茶ですか。


もう一人のルルが誰だー! って思ってたんだけど、まさか咲世子さんとはね…。驚いたにも程があるわ。
変声器とマスクを使用していたわけか。身長同じくらいだったんだね。
しかし咲世子さんはぶっ飛んでおりました。
やっていいことと悪いことが…!
そりゃ見られてもマズイけどさ!!
シャーリーに手を出して頼むからこれ以上ややこしくしないでくれー!!!
ルル災難。


兄さんが帰ってきた時のロロが可愛すぎです。
おかえり兄さん(パァァァ←効果音)って感じ。
そんなロロに微笑むルルも優しげでいい感じです。
でもこれ演技なんだよなぁ…。
ルルのことちょっとだけでもいいから好きになってくれないかな…。
ボロ雑巾は止めてあげてください…。ただでさえ死亡フラグ一番バリバリ立ってるのに。


カレンは相変わらず捕虜のままなんですね。がくり。
とりあえず今後どうなるのか心配だ。
必死にカレンを取り返そうとするルルをまた見れるのはちょっと嬉しいけど。
やっぱりゼロの側にいて、戦ったり照れているカレンを見るのが好きだから。
早く戻ってきてくれないかな。



こんなもんかな。
来週も楽しみ…といいたいところですが、来週は学園でしかもラブコメ路線みたいだからな…。
飛んでいるルルは咲世子さんだと信じている。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

コードギアス見たんだけどね

TURN 10 『神虎 輝く 刻』

一応見ました。
…が、感想を書く暇がない orz
原稿で目が回っています。ぐるぐる。
ということで、簡単に言いたかったことだけ箇条書き。御免なさい。
原稿が終わったらまたじっくり見ながら書きたいなぁ。



まず天子様。
いったいこの子いくつなの。
やっぱり小さいんだなぁという感じ。
政治のこと解んないしってのは明らかに大宦官のせいだよな。
多分政道を学ぼうとしても学ばせてもらえなかったんだろう。といいように捉えてみる。
シンクーのことがまんざらでもない様子で嬉しいな。
しかしシンクーの時間は…。
にしても、なぜ
ゼロ「天は二物を与えたということか」
チャンリン「でも、時間だけは与えて下さらなかった」
ってシンクロしてんだ。(※演出です)


今回の一番の萌え所はやっぱりカレン捕虜に? でしょう!
「必ず助ける!」に悶えました。
ほほほほほ。ルルやっぱりカレンのこと大事なんじゃーん。
以前のルルだったら絶対ディートハルトの言うとおりにしてたんじゃないかなぁ?
とはいえ、カレンはエースだからその戦力を失いたくないっていう考え方もあったろうけど。
でも今回の動揺っぷりは明らかに戦力じゃなくカレン自身を心配していたからねぇ。
ふふふふふ。嬉しいなやっぱり。ルルカレ好きさー。
そんでもってC.C.の視線もいいですね。気にしてる気にしてる。
ルルーシュがそんなことを言うなんて、っていう動揺っぷりがいいですね。
ルルはC.C.にかなり固執してるんだから、C.C.も多少ルルに固執してくれた方がバランス取れるよ。
ギアスだからとか関係なくルル自身を見るようになればいい。
それにしてもカレンさん。
その姿勢の悪さとはなんとかならんものか。可愛いんだからちょっと勿体無いと思っちゃうよ。
つーかカメラワークが狙いすぎだ(笑)。


絶体絶命のピンチを切り抜けるというやり方はコードギアスの醍醐味だと思うので、次に期待。
この展開だとシンクー味方になるかなーと思えなくもないんだけど。
なってほしいな。味方に。
でもって天子様と思う存分話してくれればいいのに。


それから、学園にいるルルって何者!?
ロロの幻影かと思ったんだけどそんなわけないし。
似た人物なんているはずもない。
これが王の(つまりV.V.の)差し金とかそんなんだったら嫌だなぁ。
でも予告を見る限りでは、どうやらルルの計画っぽいし。
いったいあれはなんなんだー。
すっかり踊らされてます。
今ゼロになっている方が明らかに本物だってのは間違いないんだろうけど。





* * * * * * * * * * *



拍手下さった方、有り難うございましたー!
今回の鋼感想滑ったかと思ってたから嬉しかったです♪
来月も頑張りますねー。これだけは続けたい。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

ガンガン2008年7月号「鋼の錬金術師」感想

遅くなりましたー!
鋼の錬金術師感想です。
「続きを読む」からご覧下さい。
多分にネタバレ含みます。苦手な方はご注意下さい。

それにしても展開早いな~…えっそんな展開ありましたっけ、みたいな。
何か読み飛ばししてしまったのかと思ったぞ。
毎月チェックしてるはずなんだけどな。


それでは感想いきまーす。

続きを読む

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

ギアス見た!

うっかりコードギアスを時間に見るのを忘れたのですが、ウチの有能(持ち上げてみる)なHDDちゃんがちゃんと録ってくれていました。
で、今日やっと見た。
ので、簡単に感想をば。
今ロイアイの日の準備で忙しいので、覚えている部分だけで御免なさい。
来週はもっとのんびり出来ていたらいいな…。つーかコレ11日までに出来るのか。


そいでは感想です。



9話「朱禁城 の 花嫁」


朱を失と読めばとんでもないことに。
いやくだらない話はいいんだ。
しょっぱなからルルカレ全開で噴いた。
お約束のドターンの後に、えっもしかしてキスしちゃった? というこれまたお約束。
ベッタベタやん(笑)。
んでその後ルルが「全てが終わったら、俺と一緒にアッシュフォード学園に帰らないか?」
…えっ。
告白?(待て)
前の話でアッシュフォード学園が自分の帰るべき場所だと認識したルルだからこそ、そんな深い意味はないのかもしれないけど、それでもなんかなぁ。言い方がエロイんだよアンタ。
そして戸惑うカレンに「俺は…」といいところでっ! これからってところで!!
「タバスコ…」
C.C.邪魔するなー!!!!!!(悶絶)
あれは何? わざと? 嫉妬なら許すけど戯れなら許さん!!(何様ですか)
あぁぁその先聞きたかったよおぉぉぉ。
でも二人とも別に邪魔されたことを怒るわけでもなく、
「それは…」
「…どうしましょう?」
って、どんだけ天然ボケだよ。
可愛すぎる。くそー。やられた。
どうもルルを巡って三角関係というよりは、ホントに三人官女というか。もう笑うしかない。

そして政略結婚の天子ちゃんの元へ行くカグヤとゼロとカレン。
スザクに嫌味を言うカグヤがマジで怖すぎるんですが…ひぃぃぃぃ!!!
なんでしたっけ。言葉で人を殺せたらとかなんとかでしたっけ。
笑顔が怖すぎる!
でも私こういうキャラ大好きです。むしろ大歓迎。いいねカグヤちゃん。
夫の浮気にも寛大だとか、三人官女発言とか、ぶっ飛び具合がいい味出してる。
是非いい方向へいって欲しいなぁ。
私はゼロ様大好きなカグヤちゃんが好きです。

いつのまにやらチェス対決をすることになったゼロとシュナイゼル。
シュナイゼル黒すぎだ…。
ゼロ=ルルはまだまだ若造だから、多分してやられるんじゃないかなんて心配していたんだけど、やっぱりあのプライドの高さが裏目に出ましたね。
それがなければもう一つ壁を越えられるのになぁ…。
シュナイゼルのやり口も嫌らしいんだよね。
しかもニーナを利用するのがまた…ニーナは本当に姫様を慕っていただけなのに、利用してやるなよ。
私ニーナはいまいちアレでミレイは大好きなんですが、彼女がミレイに言った言葉は、ある意味いいとこ突いてると思います。
ミレイには悪気はないんだろうけど、常に傍観者で大人な対応をするということは、それは言い換えれば他人行儀ということですから。
本人親身になってるつもりでも、捉え方によっては裏目に出ちゃうし。
それはミレイだけが悪いんじゃないんだけど、でもニーナみたいに考えちゃう人もいるだろうなと思います。
ニーナはちょっと被害妄想激しすぎるけどね。
あの一途さはなかなか無いものだから、ニーナはそこが良くもあり、悪くもあるということでしょうか。
ミレイさんはな…優しいんだけど、多分どこかで全部を諦めてるのが良くないんだと思うんだよな。

しかし今回一番の萌え所は、天子様とシンクーではないでしょうかっ!!
えっ年の差? 何それ?
是非是非くっついてほしい!! 可愛すぎる!!
めちゃくちゃ萌えました。
あの約束の事といい、超ツボです。
もう、シンクーが乱入した時なんて、えっこれあの映画ネタ? と思うほどにベッタベタ。だがそこがいい。
天子様が指切りを振るのはもう泣けますね。いいね。いいですね。
ゼロが思いっきり悪役になっているのが気になりますが、天子様とシンクーは是非二人っきりでじっくり話をしてみて欲しい。
ふふふ。こういう関係好きです。守り守られる関係。
一方的に片方だけ、じゃなくて、片方は対外的に片方を守り、片方は精神的に片方を守る関係という、相互共に違う形で守る関係ってのがたまらんくらいツボります。
シンクーの癒しが天子だといいな。
んでもって天子もシンクー大好きだといいな。
天子様の優しくって可愛らしいところにメロメロです。
もう少し成長したら美男美女だ!

あとビックリしたのが、オレンジ君生きてたのね、という。
いやEDで出てるけどさ…。
わたしさいわい。とかいう言葉じゃなくなっているのがまたビックリ。
元に戻ってるじゃないですか。V.V.の力?
またゼロの敵が増えたわけか…落ち着かんのぅホントに。
今のままでも味方が少なすぎるので、是非シンクーらを味方に加えたいところですが。
しかしあの予告後のオレンジはないだろう。
スタッフさん遊んでやしませんか(笑)。
お、オレンジ…。なんじゃありゃ(笑)。
腹筋痛い。


とりあえずここまでで。
他に思いついたらまた書き足します。



* * * * * * * * * *



拍手ぽちりして下さった方、有り難うございましたー!
夏コミネタに二つも入るなんて思わなかった…!!

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

植田JAPANおめでとー!!!

見ましたよ日本男子バレー!
植田JAPAN、オリンピック16年ぶり出場おめでとうぅぅぅ!!!
こっちまでもらい泣きしたよ。もう。やってくれる。畜生感動するじゃないか。
終わった瞬間床に突っ伏した植田監督に笑いながら泣いた。
ホント最後はもう駄目かもしれないと思ってひたすらテレビの前で拝みながら顔伏せてたよ。
見れるかあんな心臓に悪い試合。
でも最後顔を上げた瞬間決めてくれたよ。一番いい瞬間見れたよ。
ギリギリセーフといった感が拭えないけど、いいんだ。勝てば官軍なんだ。
本当におめでとう。
北京も楽しみにしてる!
結果も気にはなるけど、何より実力を如何なく発揮して欲しい。
あとミスも少なく…特にサーブミス。あれ一番悔しいんだ。

選手のみんなも、監督もお疲れ様でした。
これからが勝負だけど、みんなの笑った顔をまた見れるのを楽しみにしています。



* * * * * * * * * *



拍手ぽちり下さった方、有り難うございました!
夏コミの話にまで反応頂けるとは…!
ここで情報を詳しく書けなくて御免なさい。
でもホント有り難うございました!

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

あれー?

しばらく本屋へ行ってなかったので、定期購読している雑誌やら頼んでいた漫画やらをまとめて買って来ました。
ジャンプなんか3冊溜まってたよ…ほぼ一か月分。買ってる意味あるのか。
初恋が終わっていてちょっとショック。最近…というより、美女と野獣カップルが面白いなと思ってたのに。
エムゼロも終わってこっちは大ショック。せめてもう少し具体的に愛花ちゃんとラブってくれれば…! って言ったら、観月ちゃんファンに怒られちゃうだろうか。
つーか九澄はもうルーシーとくっつけばいいんじゃないのか。
スケット大好きなんですが、スイッチの過去へ行くと、なんとなく嫌なフラグが立っている気がしてなりません…。作者がもういいならいいんだけど、まだ描きたいなら出来るだけ長く続いて欲しいな。
とらぶるは…リトがララのことを好きかも、と言った時点でガッカリして一気にテンション下がりました。
そりゃヒロインだから仕方ないのかもしれないけど…何より二人の間でふらふらしているというのが一番許せない。ハッキリしろ!
あとは未読です。チラッとネウロとアイシーとさむうさを見たけど、これらはコミックスでまとめて読めるしなー。
そろそろジャンプも買うの止めてもいいかもしれないなと思い始めています。
スケットが一番楽しみなんだけど、コミックス買ってるしなぁ。
ワンピも上記の漫画たちもコミックスで読める。
好きなものは全てコミックスで読めるから、コミックスを買ってなくて気になるのは…サイレンくらい?
もういいかもなぁ。


で、それらのコミックスを買った時に、予約していた漫画が入っているはずの箱(レジの下に置いてもらっている専用まとめ買い箱)を覗いたんですが、その中に蓮川さんのリブレ出版復刻版コミックスが。
…ん?
あれ?
私これ予約しましたっけ。
全然覚えがない。
この本屋さん、かなり気の利くすばらしい本屋さんで、逆転裁判のコミックスが出たとなれば箱に入れてくれ、相棒のコミックスが出たとなれば箱に入れてくれ、とにかくまあよくツボを押さえてくれる本屋さんなのですが。
少なくとも、BL関係で置いておいてくれたことはなかったはずなんだけどな。
なんでバレたんだろう…。不思議。
うん。勿論買いますけど。欲しいですけど。むしろチェックしていなかった自分を責めるべきところだったので凄く助かりましたけど。
それなら三島さんとか街子さんとか中村さんとか立野さんとかユキムラさんとか出たら軒並み置いておいて頂けませんか。マジで。
田舎は配本が少ないので、店頭で見かけたら買う、では間に合わないのよ…!

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle