2008 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2008 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近の水戸黄門はいい
2008/02/19(Tue)
実は、昔からチャンバラ時代劇が好きな私が、最近の水戸黄門は避けていました。
何故かというと、里見黄門様に変わった辺りから、あまりに酷い内容に見ていられなくなったから。
誤解のないように申し上げておきますが、私は里見さん大好きです。
長七郎江戸日記最高です。
ただその辺りから、CMに入るタイミングは興ざめするようなタイミング、カメラワークはなんで?というようなもので、話も何となく白々しくて冷めてしまったんですね。
それで、自然と避けていました。里見さんの演技が素敵なだけに、もういたたまれなかった。

どれだけ主役の演技が良くても、やっぱり他もとても大切なのだと思います。
助さん格さんもどんどん役にハマっていって良かったのですが。
一部だけ良くても、どうしようもない。

それが今シリーズはいいですね。とてもいい。
先日から再度見始めたのですが、吉宗の幼少時代の話といい、今週の話といい、こう、何と言うのか。じーんときた。
何が変わったとか、そういう専門的なことは私はサッパリ判りません。ので、もしかしたら別に何も変わっていないのかもしれない。
私の心境が変化しただけかもしれない。
でも、今回のシリーズはとにかく私にとって、あぁ、水戸黄門を見ているなぁとしみじみ出来るものになっている気がします。


今週の話は、本当にゲストの方の演技が光っていて面白かったです。
中条さんの演技最高!
黄門様と知ったときの反応が面白くて、そりゃそうなるよねぇと笑ってしまった。
随所に光る金田さんの演技も良かったです。なんだろう。存在感あるんだよねぇ。
そしてこれ大切!ヒロイン。宝積さんの涙をこぼすシーンにちょっとジーンと来ました。いいなぁ。良かった。
チャンバラ時間は短めだったけど、今回はそれがメインではないので、気にならない。
料理人二人が土下座するシーンも良かったなぁ。断れない彦蔵の人の好さがもう微笑ましくて。
師匠が死んでなかったというのはちょっとご都合主義かなという気もしますが、私は水戸黄門はそれでいいのだと思います。
勧善懲悪。ご都合主義。結構じゃないですか。私は暗くなりたくて水戸黄門を見ているわけではない。あぁ良かったなぁ。ハッピーエンドいいねぇと思いたいんだ。義理人情にジーンとする時間が欲しいんだ。
物凄く個人的な意見としては、今週はかなりお気に入りです。
なんだったんだろうなぁ。今までの違和感は。
別にね、ところどころに演技が「ん?」と思うような人が混ざっていても、別に気にしたことないんですよ。メインでなければ。
でも何かが嫌だったんだよなぁ。

このクオリティなら、来週からも是非見たいです。
面白い~!
チャンバラ時代劇が面白いというのは嬉しいです。
やっぱりこれがなくっちゃ!



拍手下さった方、ランキングポチリして下さった方々、有難うございました!♪
スポンサーサイト
この記事のURL | テレビ(アニメ以外) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もう自分メモ的な
2008/02/10(Sun)
月刊ガンガン2008年3月号読みました。
例によって例のごとく鋼の簡易感想いってみます。
どちらかというと自分のメモみたいになっちゃってますが。
ご容赦を。

風邪なんとか凌いでます。ギリギリラインって感じ。
拍手ぱちぱち有難うございます!
今ちまちま素材サイト作ってますが、そちらが落ち着いたらそっちの日記代わりとしても使いたいなーと思ってます。


それでは以下感想。
かなり簡単なものですのでご了承を。
ネタバレ中尉。…注意だってばもう、変換変換!
この記事のURL | 鋼の錬金術師 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
週刊ジャンプと月刊マガジン
2008/02/05(Tue)
とりあえず両方読みました。
で、感想を書くぞー!と思った矢先に…
どうも風邪ひいたっぽい。頭ガンガンする。1000ヤバスくらい。
ということで、とりあえず忘れない程度にメモ書きをば。
こんなんで御免なさい…。
毎回拍手下さる方、有難うございます。
嬉しいです。糧にしてます。


↓「続きを読む」からネタバレ↓
この記事のURL | 雑誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。