コードギアス23話「せめて哀しみとともに」感想

さて。1期はこれにて終了です。
切ない終わり方でしたが、好きに綴ってきた感想、今回も好きに書かせて頂こうかと思います。


ユフィ死亡。
悲しい。切ない。
私は彼女のファンではなかったし、彼女の天然ゆえの無邪気な残酷さや、深く考えない言動に関してはとても否定的でした。
ですが、彼女は凄いと思います。
最期の最後までギアスに抵抗し、やはり前回予想したとおりスザクにも発揮されようとしていたギアスの力を彼女自身の意思で封じ込めたのですから。
ギアスに勝てた彼女は、きっととても芯の強い人だったのでしょう。
最期に日本人のこととスザクのことを考えて死んだ彼女は、本当に本当に優しい人だったのだと思う。
死んでほしくなかった。
ルルーシュと一緒に、新しい未来を創って欲しかった。
隣にスザクを従えて。

ルルーシュのやったことは、ルルーシュの視点として見ているからこそ彼の考えや事の経緯を理解して彼に同情できるわけで、スザクの視点から見たら、彼が主人公だったならば、ゼロは悪人にしか見えないのでしょう。
善か悪かは立場によって変わるものであり、表裏一体、見方次第でどうにでもなる不安定なものなのだと思います。
だからこそスザクの憎しみも解る。
…解るけどさ。
それでも悲しい。
友達だという言葉と裏腹に、心が対立してしまったことが。
こちらが悪人だと捉えている人物が敵ならいいのです。
思う存分憎むことが出来るし、倒されたらスカッとできる。
けれど物事はそんなに単純じゃなくて。
どちらの気持ちもある程度理解できるからこそ、どちらが勝ったとしても後に残るのは虚しさと哀しさだけかと思うと、先をいくら見ても幸せな気分にはなれないのでしょう。多分。
それが本当に気持ち的に重いです。
いや、そういうアニメなんだよ…解ってはいるんだけどさ…。

これ、続編が決まってなければどうなっていたのでしょう。
続編が決まったからこそこの流れがあったのでしょうか。
それとも決まろうが決まるまいが、二人が憎み合う根本の流れは変わらなかったのでしょうか(ルルーシュは別にスザクのことを憎んじゃいないけど)。
本当に、この流れはどうしようもなかったのでしょうか。
まさかこんな中途半端なところでエンドには出来ないと思うので、これは続編ありきのエンディングだったと思うのですが。
ルルーシュの最後の笑いがもう…堪りませんでした。哀しくて。辛くて。
心を捨ててしまう決意をするなんて、哀しすぎるじゃありませんか。
その心があったからこそ、ルルーシュはゼロになったのに。
心を捨てた人間の行く先なんて、破滅しかないんですよ。
ルルの破滅なんて、見たくないよ。

そして出てきましたV.V.(ブイツー)。
CやらVやら何だってんだ。
彼がスザクに色々入れ知恵したんでしょうか。
スザクはどこまで知ったんでしょうか。
電話した時、彼はゼロの正体も知っていたと解釈していいんでしょうか。
だからこそ「憎めばいい」というルルの言葉に「有り難う」と言ったのでしょうか。
知ったのだとしたら「また後で」とは戦場でゼロとして相対しようという意味に取れる。
けれどゼロの正体がルルだと知って、ルルがわざとユフィにあんな命令をさせた上で殺しまでしたと思っていたなら、あれだけ冷静な受け答えをするかなぁ。
あれはどっちとも取れるんだよなぁ…。
V.V.が教えていないはずはないと思うんだけど、ゼロ=ルルという事実を隠しても、ユフィを殺したのはゼロだという場面は目撃しているわけだから、ゼロがユフィにあんな命令を下させたのだということだけでも知れば、朱雀はゼロを憎むことが出来るので問題は無いと思う。
「また後で」は生徒会で会おうという意味とも取れる。
でも「今どこにいる?」という台詞といい、何か含みがある気がするんだよなぁ。うーん。
この辺は夏に判明するのでしょう。

コーネリアが急に復活したのも気になる。あれだけ放心していたのに。
V.V.が彼女の前にも現れて入れ知恵したのなら、憎しみを糧に復活することは考えられるんだけど、そうでなければ彼女は自力で復活したわけで。随分早いなと思ってしまう。
それだけ強いということか、無理をしているだけか。

神楽耶は思った以上にぶっ飛んだ性格でビックリです。
妻って。飛躍しすぎではないか。すごい脳内。
凛々しい系の気高きお姫様なら好みだったのになぁ。外見は好きだから。
まさかあんな性格とは…。
ルルーシュの「悪魔と契約したから今更女神と契約は出来ない」って台詞が胸に刺さりました。

ヴィレッタの安否も気になります。
危険!危険!!
扇ももっと気を回せよ~!!守ってやれ!!
あぁもうもどかしい。

ジェレミア卿も復活ですね。
でもちょっとまだおかしい感じだけど。「おはようございました」。言語教育が中途なのか?

ニーナもゼロを憎む方向になってしまいました。
凄い顔だった…。
彼女の実力は侮れないからとても怖い。
ルルーシュの敵はどんどん増えてゆく。
そして彼はどんどん孤独になってゆく。

ルルーシュはゼロとして既に多くの血と涙を流してしまった。
彼がどれだけ悲しもうが苦しもうがそれは自業自得なのかもしれない。
人の命を奪うということは、それだけ罪深いことなのだと知らしめているのかもしれない。
でも、私はルルーシュの根本的な優しさが好きだから。
それに敢えて蓋をしようという今の彼の姿が痛々しくて見ていられません。
蓋をしてもどこかで歪は出るんだ。
出所の無い感情は積もり積もって膨れ上がり、出口が無ければ、蓋をしたままではいずれ破裂するんだ。
たとえ破裂しなかったとしても、中で暴れまわって内面をどんどん傷つけて、修復不可能にしてしまうんだ。
蓋をしなければ先に進めないのだろうけど。
今更後戻りが出来ないから、蓋をしてでも進まざるを得ないのだろうけど。
解っているけれど、辛いです。
そしてスザクも、あのままでは迎える結末は決して好ましいものではない。
憎しみを抱いたままでは本懐を遂げても結局残るのは虚しさだけだと思う。それはルルにも言えるけど。
彼らは、もはや救われないのでしょうか。
私はまだ諦めたくないんだけど。


続編は夏。
夏ですか。
…長いな。
だとしたら、これから作るんですよね。
まだ未来は確定じゃないのだとしたら、どうか、どうかルルーシュがあまり酷い目に遭いませんように。どうか彼があまり哀しみませんように。苦しみませんように。
彼にとって納得のいく最後を迎えられますように。
無駄でも願ってみる。
せめて彼に一人でも多く真の味方が増えますように。
…たとえ増えて彼が本懐を遂げたとしても、結末はやっぱりハッピーエンドではないのでしょうけれど。
それでも願う。
彼にとって彼なりに満足できる終わりでありますようにと。
私は夏までにこの続きを見る勇気をつけられるように頑張ります…。


拍手下さった方、有り難うございました!♪

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年ジャンプ17号雑感

遅くなりましたが、今週のジャンプの感想を。
簡単にいってみます。
ネタバレ注意なので本誌派じゃ無い方はスルーでお願いします。


■ワンピース
今回萌えどころはあんまり無かったけど、話としてはとても面白い展開だと思うので期待。
やっぱり皆揃ってるのが一番だよねと今のアニメを見ていたら心底そう思います。


■アイシールド21
モン太ぁぁぁぁぁぁ!!!
泣いた!泣きましたよ!!
なんで野球選手がアメフトだよって感じもするのですが、そんなことどうでもいいよね。
だってあの憧れの本庄さんに「すげえな」って言ってもらえたんだもん!!
どんなに嬉しかっただろう。
モン太は一途だから、ずっと心のどこかで本庄さんに対する誓いを破ったという罪悪感みたいなものは残していたと思うんですよね。
勿論それでアメフトに転向したことを後悔するとかそういう次元ではなくて。それとこれとは違うけど、みたいな。
でもその本庄さんに凄いなと言ってもらえたってことは、自分の選んだ道は間違っていなかったと本庄さんに認めてもらえたようなもので、それはもう本当に嬉しくて幸せで大泣きしてもおかしくなかったんじゃないかと思う。
でもそれに耐えて試合を見据えたモン太に拍手!
そして最後はセナとの共闘ですよー!うわー興奮する!!なんだろこの演出の心憎さは。
この二人の友情も見てて嬉しくなるくらい素敵だと思います。
携帯にまもり姉ちゃんのアドレスしか無かったセナが今では無二の親友と一緒に闘って、そして支えあっている、それが私は嬉しい。
っと、やっぱりセナ贔屓なのか。
そういえば最愛の石丸はどこにいらっしゃるのでしょうか…地味だ…地味すぎる…でも好き。


■BLEACH
死んでなかったどころか反撃した心の強さに驚きました。
心は生まれるものだというのは真理だという気がする。


■リボーン
とりあえず満足した!(それだけかー!)
いやこれからが楽しみですよ。ペア確定か?ふふふ。


■ネウロ
こちらは少なくとも笹塚さんの方が大人だということは判明したようです。
吾代はほんっと人が好すぎる…損しまくるタイプだ。
望月社長が意外だったな…人には何か取り得があるもんだということか…?
好きにやんなさいと言ってる顔は、全部判ってて言ってますって感じに見えました。
アホだアホだと思ってたけど、実はそんなこと無いのかもしれない。
…ゲームの攻略聞いてる姿は素だと思うが。


■サムライうさぎ
今回寂しいなーと思ったら、お志乃ちゃんが出てなかったせいだと気付きました。
この二人のほんのりほんわかラブ進展をもっと見たいので是非。
マロ可愛いなぁ♪竹刀振る姿が。
いずれこの3人が道場や伍助を助けてくれちゃったりする展開もあるんでしょうか。
せっかく集まった門弟だから、団結していってくれるといいなと願います。


■もて王
おー!くっついたー!
おめでとうー!!…なのかな?
まぁおめでとうということで。
矢射子は顔とスタイルはまとも以上だからその点では宏海に良かったねとか言ってみたり(笑)。嘘嘘。
いや実際あの暴走と妄想さえなければいい子だと思うんですよ。まともというか。他と比べるからなのかもしれないけど。
でも一番まともなのは千里ですが。(宏海もか)


■P2!
ヒロムの潜在能力に期待。
この時点で凄い才能だけど、その分努力してるから、ちっとも嫌味に見えないのがいい。
次のステージへっていうくらいだから、まだ終わらないと期待していいんでしょうか。
ヒロムがこれからなのに、終わってしまうのは寂しいので。まだ続いて欲しいな。


あとはムヒョもちょっと感動しました。
それとエムゼロも応援中。だけどヒロインと行動して欲しいんだ。応援派。



拍手を押して下さった方々、有り難うございました!!
とても励みにさせて頂いてます。

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コードギアスをざっと見ました

ざっとですが、やっとコードギアスの20.21話を通して見ました。
なるほど…という感じです。
この間書いた感想はこれをしっかり見ていなかった時のもので、これを見てからでは少し感想が違ってきたかもなと今では思います。


ユフィは考えなしに特区の発表をしたと言いましたが、それは今でも変わっていません。
もう少しキチンと周りと話し合ってから進めるべきだったと思う。
ただ、彼女は彼女なりにみんなの笑顔が見たいからと頑張ってるのが凄く好感持てました。
そして自分の無力さを自覚している点も凄く良かった。
今となってはもう遅いかもしれませんが、彼女の好感度が上がったのは確かです。
自分を嫌いにならないで、私は貴方のことが好きだから。という台詞は感動しました。
これってとても素敵で、多くの人が言ってほしい言葉だと思う。
特にスザクはずっと居場所を探していたから、彼女が彼を必要として、その居場所になってくれるのはとてもいい。
お似合いだったのにな…。
私は、彼女とスザクが組んだとしても、一国をまとめることは不可能だと思っています。理想論だけでは国はおそらくまとまらない気がする。
ただ、彼女たちは世界に必要な善意であると思う。
だからこそユフィをあんなふうにして、今後どうするんだろうと思います。
たとえ正気に戻っても、スザクのように自分が何をしたか判らず、苦しむことになるんでしょうね…。発狂する可能性も否定できない。
両想いになりかけてたスザクもそりゃ恨むってもんでしょう。
気になるのはギアスもで、スザクにギアスの「生きろ」という命令が未だ残っているように、ユフィにも未だ命令が生きているのだとしたら、スザクのことを殺そうとするのではないかと、そこが不安でもあります。

コーネリアもあんなにユフィのことを大切にしてきたのに(それがほぼ裏目に出ていたわけだが)、殺さなければいけないのは苦しいでしょう。とても真面目な人物だからよけいに。
だけど彼女は自分にも人にも厳しいから、ユフィのしたことをいくら愛していても許すわけにはいかないと思う。
寧ろ殺すなら自分の手でとか言いそうだ。

スザクは見返してみると、何度も何度もゼロに助けられてるんですね。
自分の命を救ってもらって。
殺せと命令されて、殺したくないのにと思っていた人物を二度殺さずに済んで。
そしてギアスの命令によって再び、三度、自分の命を救われた。
彼はもっと周りを見るべきだと思う。空気読めてないしな。
共闘したのは20話でしたっけ?あれ、本当に嬉しかった。
次回作がもしスザク主人公であるならば、ルルーシュと闘って彼を殺してしまい、その時になって初めて彼の正体と本意を知って、国王とシュナイゼルに復讐を誓う展開ならまだ良かったのに。
あと残っている話数からいっても、彼が憎むのはゼロにほぼ決まりですよね…。
ルルーシュがスザクのことを憎みきれていない分、二人が闘うところは見たくありません。

ルルーシュに関しては…可哀想だけど浅はかだという考えは変わらず。
ただ、彼がユフィに会って方向性を変えた理由がやっと解りました。
やっぱりユフィが王位継承権を捨てたことが原因だったのですね。
ルルーシュはユフィが何もかもを手に入れると思っていたように、特区での利権なども全て我が物にするのだと思ってた。
でもそうじゃなくて、彼女が望んだのは本当に皆が笑いあう為の場所だと知ったわけで、そもそも利権を握ろうとさえしなければ彼の障害にはならず、寧ろ正体を知られている上でそれをバラさずにナナリーをも守ってくれるというのだから、協力出来る余地は十分残されていたということなんですよね。…たぶん。うん。少なくとも私にはそう見えた。
彼のカリスマ性が霞んでしまうのは否めないとしても、ルルーシュ自身もユフィのことは好きだったし、スザクをユフィに取られてしまった以上、早急にナナリーを守ってくれる人が必要だったのだから、陽のあたる場所で慕われている彼女がナナリーを守ってくれるならそれがやはり一番でしょう。
彼の一番の目的はナナリーが安心して生きられる場所を手に入れることで、特区が上手くいけばそれも解決できない問題ではなかったのかもしれない。
あと残るのは母親の敵を討つことで、それは自分がゼロとして行動を進めればいいだけの話。
そういうことだったのかなぁと。
ただ…事態は結局こうなってしまった。
彼の進む道は、もはや破滅しかないのではないだろうかと不安で仕方ありません。
生き残ったからといって、たとえ自分が頂点に立ったからといって、彼に何かが残るとは思えない。となれば一番幸せなのは本懐を遂げた後楽にしてもらうことなんじゃないかと。そうでなければギアスからも解放されないと思うし。
初めから判っていたことかもしれませんが…そんなの見たくないです。やっぱり。
どうか納得のいく形で終わって欲しいなぁ。

扇はヴィレッタと上手くいけばいいのに。
でもそうはならない予感が…うぅぅ。
少なくともこのままでは終わらないだろうなぁ。
ヴィレッタは記憶が戻ってしまえば扇なんて蹴飛ばしていきそうだ。
…今の方が可愛いのに…(好みの問題ですが。ドンピシャなんだ)。

あとカレン。
ゼロの正体を知った上で彼を想って欲しかったけど、どうにもスザクとフラグが立ってるっぽいですね。
ユフィはあんなになっちゃったしなぁ…。
うーん。どうなるんだろう。その辺。

正体といえばシャーリー。
知った上で怖いから黙ってるみたいだけど、記憶を取り戻す日は来るんでしょうか。
彼女もあまり好きなタイプではなかったんですが、彼女はルルがゼロと知った上で彼を守ろうとしてくれたから、そこは嬉しかったんですよね。
もう少し大人になってくれたら、いやもうこのさいルルの味方になってくれたら、彼の葛藤も哀しみも全部解った上で支えようとしてくれるなら、それで十分満足です。
だから誰かルルを癒してくれたらと思う。

そういえばオレンジ君も人外のものになって復活っぽいですね。
シュナイゼルは絶対黒いよ。
国王と同じ遺伝子を感じるよ。
ルルーシュも彼の黒さを判っているような気がしないでもないですが。


昨日今日と拍手下さった方々、有り難うございました!!♪

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

コードギアス22話「血染めのユフィ」感想

なんかもうこの展開辛すぎる…。
辛すぎて書くのが躊躇われてどうしようと2日くらい悩みました。
まぁ今回はテレビ局のせいか画像の乱れが酷くて(CBCにしては珍しい)、殆ど絵が認識できなかったのも原因の一つではあるのですが。目が痛いよ。目がっ。
どなたかビデオ貸して下さい…この回だけでいいからっ。マジで見にくいよこの画面(涙)。
とりあえず簡単にメモ書き程度で。
書けそうなら記事修正していきます…。

※私はルルーシュ頑張れ派です。
 ユフィにあまり好感を持っていません。
 この2つを前提とした感想ですので、偏った意見が全く受け付けない方はこの先はご覧になられませんようお願い致します。


今回は様々な部分で「え?何それ?」と思わされた回でした。

ひとまずユフィの特区が上手くいきそうなのにビックリした。
あれほど安易に自分の感情だけで提案しておいて、上手くいってしまうなんてどんな幸運の持ち主だ。
おそらくシュナイゼルか誰かの後押しのおかげでしょうけれど、まぁ上手くいくに越したことは無い。
後で様々な問題が噴出しようとも、イレブン達は喜んでいたし、彼女は彼女なりの覚悟をもって行ったことだというのを知って、あの無鉄砲な行動をいい方向に持っていける強引さも彼女に与えられた才能の一つなのだろうと思いました。
王位継承権を捨てることがどれほどのものぞと平民の私なんかは思ってしまうんですが(どうせ彼女は周りに恵まれてそれなりにいい生活を与えられるに決まっているし)、何もかも得ようとするのではなく、ちゃんと対価が必要ということを知っていて、それを実行した彼女をちょっと尊敬しました。

そしてルルーシュも彼女の覚悟を聞いて、特区を認める方向へ。
そんなにアッサリ認めていいのかルルーシュ。とも思ったのですが、彼の場合一番優先すべきはナナリーの幸せで、ユフィが「ナナリーの為」と言った時点で彼にとってユフィは敵ではなくなったんだろうなぁと今では考えています。
が、何故そこでそんな例え話をする。
私はルルーシュが好きです。勿論今でも応援してるし、彼には心底不幸になって欲しくないと思う。
だが、あまりにも軽率じゃないんだろうか。
指導者たろうとする者が、そんなにアッサリ考えを変えてどうする。
そして己の力の暴走を認識していなかったとはいえ、それは予測が甘いともいえやしないか。ギアスの暴走という可能性をマオの事件で知ったのならば、それについてもっと危機感を抱いて普段から眼帯をするなどの対策を採っておくべきだったのではないか。
彼はまだギアスが制御できると思っていたんですよね。まさか勝手に発動するなんて思ってなかった。
それにあの時はユフィに自分を撃てとギアスで命令するつもりだった。いくらギアスを隠していても、どちらにしろ見せていたのには違いない。
だから仕方がない。
そう解ってはいるのですが、それでも何故あんな軽率な発言をしたのかと思わずにはいられない。
その軽率な発言と行動によって、結局ルルーシュは自分自身を辛い立場に追い込んでしまったわけで。私はそれが辛い。
彼はどんなに頭が良くても、やはりまだ子供ゆえの甘さがあるんだろうかと最近思わされて仕方がありません。
その甘さが彼の良さであり、指導者としての欠点でもあるのですが。

結局ユフィはとんでもないことをしてしまった。というよりさせられてしまった。
ルルーシュは日本人を殺せ、とだけ命令したのに、何故皆殺しなんて極論になったのかは疑問ですが。
ギアスが制御できなくなるくらいパワーが増しているということは、その分命令も大げさに伝わってしまうんでしょうか。
なんにせよ、彼女自身がおそらく一番望まないであろう事をさせられてしまったことには同情します。
そしてあの状況では、ゼロが止めに入ろうとしていたのを目撃してさえいれば、よほどユフィの信奉者でもない限り、悪いのはユフィの方で、ルルーシュは日本人の味方です。
彼がさらに悪い立場にならなかったことはまぁ良かった。
けれども、彼の精神がさらに悪い方へと追い込まれてしまったのは間違いないわけで。
今まででもそうでしたし、彼はその覚悟があってこの道を選んだのでしょうが、それでも意図しない修羅の道や屍を踏み越えていかなければならない姿を見るのは、ルル好きとしてはとても辛いです。
解っていて行ったことならいい。
覚悟を決めて選んだ道ならいい。
けれど流れは、ギアスの力は、周りの状況は、ルルーシュの望まない方向へどんどん彼を引きずり込んでしまう。
私がコードギアスに期待していたのは、ルルーシュが覚悟した上で指導者になり王を殺そうと奮迅し、そんな彼のカリスマ性や想いに惚れ込んだ味方を増やして、さていかにして本懐を遂げるか、もしくは遂げられず潰えるのかというドキドキ感だったり、苦しいながらも彼の頭脳と機転でピンチを乗り越えたり、小部隊だった組織がどんどん大きくなりやがて一つの勢力として力を付ける様だったりをエンターテイメント的に迫力ある演出で見たかったのですが、ここまで来てみると、そっちよりも寧ろギアスの力の大きさや、周囲の抗えない流れに巻き込まれてしまうルルーシュの悲惨さが際立ってしまって、見るのが辛くなってしまいました。
私はこんなものが見たかったわけではない。って、そりゃ私の好みなんぞ一意見であり、アニメの流れに何の関係も無いわけですが。
それでも一視聴者として文句を言うくらい許されよう。
今の展開は、辛いです。
先は気になるので見守りますが、胃が痛くなるに違いない。

ユフィもどうなるのでしょうか。
「嫌…殺したくない…!」と涙ながらに訴えていた彼女の姿は見るに耐えません。
本当に辛かった。
自らの意思で行ったことならいい。それなりのリスクも覚悟もしての行動なら、どんな罰が下されようとも自業自得といえるから。
でもそうじゃないから痛々しい。

そしてスザクはどうするんでしょう。
ちらほらと続編の主人公はスザクだとか次回のタイトルは反抗のスザクだとかいう噂も他所様で見かけるのですが、それが本当だとしたら、結局ルルーシュとは憎みあったまま終わってしまうことになるんでしょうか。
スザクは姫さんのこと恋愛感情云々を抜きにしても、考え方の合致という点で非常に好いていたみたいだからなぁ。
これがルルーシュのギアスの仕業だと知れば、きっとルルーシュが涙を流しながら苦渋の決断をしたことすら理解しようとせずに一方的に彼を憎むに違いない。
それも嫌な展開だなぁ…。見たくないよ見たくない。
もう和解の道は無いんでしょうか。
どうして、解り合って手を取り合って現体制を崩せなかったのかと今でも悔やまれます。
どうやったって手を取り合えないんだよと今まで段階を踏んで語られていたのは解っていても、それでもそう思わずにはいられない。


感情のままの感想で申し訳ありません。
もう…本当に、他に何を書いていいのか判りませんでした。
…辛いな…。
そういえば21話をまだまともに見ていません。
見なきゃいけないのですが…もう…先にこの展開を見ると…。


予約すると25%オフなのがAmazonはオイシイと思う。
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04 コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/04/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る



拍手下さった方々、有り難うございました!
今日レスしようと思ったのですが、レスページ等等を変更したりログ移動させたりして今まで時間がかかってしまい、今日中にお返事できそうにありません。申し訳ありません。
明日か明後日には必ずお返事させて頂きます。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

ゲットだぜー!!

先日地元の電気屋から電話がありまして。
「逆転裁判4の限定版、入荷しますよ~」
なにぃぃぃぃ!!!
マジかっ!それマジなのか!!
偉い!!アンタ偉いよ!!大好きだ!!
本気で聞き返しました…3度くらい。マジですか?と。
しつこくて御免なさい…だって夢かと。本当に。
実は抽選も、忙しさにかまけてたら締め切りが過ぎちゃってて応募できなかったんですよね。
まぁアマゾンでヘッドフォン付きを予約してあったので、もう通常版でいっかーなどと考えていたのですが。
ヘッドフォンも付きますよだって!確認した!!
ので、アマゾンの方はキャンセルしました。
既に完売となっていた商品ですが、また販売しているかもしれません。私がキャンセルした分。
いやぁ手に入るとなると嬉しいなぁ。
…でもお金…高いなぁ…うふふあはは。
…頑張って来月は他を控えようかと思い…ます…。
厳しいなぁ…。
でもやっぱり嬉しい。ゲットだぜ~。
しかし田舎も侮れない。売り切れ続出品を入手とは。
天晴れグッジョブ賞を私の脳内で捧げたいと思います。
本当に有り難う。

↓今見たら販売再開されてました。
御免なさい。見直したらやっぱり完売でした…。
勘違い?
でも私のキャンセル分はどうなるんだろう…。
速攻売り切れたのか、反映されるまで時間がかかるのか。
逆転裁判4(通常版) 特典 オドロキヘッドフォン付き 逆転裁判4(通常版) 特典 オドロキヘッドフォン付き
Nintendo DS (2007/04/12)
カプコン

この商品の詳細を見る


最近レイトン教授も気になります。欲しい。
評判良さそうなのはさすがレベルファイブといったところでしょうか。
レイトン教授と不思議な町 特典 レイトン教授マスコットフィギュア付き レイトン教授と不思議な町 特典 レイトン教授マスコットフィギュア付き
Nintendo DS (2007/02/15)
レベルファイブ

この商品の詳細を見る



拍手・ランキングポチ下さった方々、有り難うございました!
申し訳ありませんが、レスはいましばらくお待ち下さい。

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

先週のジャンプ(15号)

最近読む時間も無くて、やっと先週号だけじっくり読めました。
ごくごく簡単に思ったことだけ綴ってみます。
順不同。


■ワンピース
悶えました。
先週号に続きどうしよう本当に。
ロビンとゾロが会話してるよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
ボソリもらしたロビンの呟きにゾロが「どうした?」ですよ!!「どうした?」!!!
尾田先生有り難うぅぅぅ!!
私あと1週間これだけで乗り切れます。幸せです。
なんだろうなぁ。
サンジと一緒にいても何とも思わないのに、ゾロとちょっとでも接点があるだけで身震いするほどゾクゾクするのは。
カップリングにハマるとそればかりに気を取られてしまうので、作品自体を楽しむのには不向きなんですが、ハマったものは仕方がない。
毎週重箱の隅をほじくるが如く熟読させて頂く所存。
これで次巻のネタはキマリですな。是非次こそはゾロビンチャットに参加したい。今回無理だったので。
あ、でも次巻にここまで収録されるのかな?

■アイシールド21
モン太カッコイイよ!!あんた漢だよ!!
重要なところは全てセナに託さなきゃいけなくて、結局セナはエースで、でもエースじゃなくても目立たなくてもそんなこと関係無く、それで腐ることもなく、ただ自分のやらなければならないこと、決めた目標に対して突き進むことだけを考えている彼は最高にカッコイイです。
ここはバシンと取ってほしい!
そしてセナにも勝って欲しい。
泥門は一人一人が本当に輝いていていいなぁ。大好きです。

■サムライうさぎ
実は1話見てなかった。先週号自体パラ読みで、新連載なんぞ読んでる暇なかった。
でも今回の話を見てなんだか妙に気になって1話から通して読んでみました。
…面白い。
主人公の15歳ならではの可愛さと一本気さが初々しくて微笑ましい。
んで奥さんもただの馬鹿なんじゃなくて、天真爛漫というか大らかというか一番大事なことを素で理解して、周りに臆することなくそれを実行出来るところがいい。
是非長続きしてほしいし、このままの方向で真っ直ぐに進んで欲しいです。要注目。

■リボーン
とりあえず未来の獄寺君が見れて、さらに彼がツナと話してくれればもう満足です。来週楽しみ。
(他に注目すべき点はないのか私よ…)

■P2
個人的に好きでずっと読んでたんですが、どうにもこれで一区切りついてしまいそうな気配でしょんぼりしております。
面白かったのになぁ…絵も可愛いし。
試合で何があったのか見るのが楽しみ。
冒頭からすると負けたのは負けたんでしょうが。
主将も好きだったので、ここで主将が完全復活してくれて、ヒロムも一緒に全国大会へとかそういう流れでもいけると思うんですが、やはり無理だったんでしょうか。
ジャンプの流れから言うとちょっと毛色が違ったのかなぁ。
って、まだ終わるとは限ってないよね。最後まで諦めない。

■ネウロ
どっちも好きなのでどちらを応援して良いものか悩む。(そういう問題ですか)

■もて王
何だかんだで上手くいきそう?
だったらいいなぁ。
今回の話は微笑ましかったというか嬉しかった。個人的に。
それにしても宏海はもはや不良の面影もないな。(喧嘩の強さと見た目はともかくとして)

■Dグレ(追加)
…ラビってリナリーのこと好きだったんだ…。
でもリナリーはアレンと上手くいきそうな感じなのでラビ好きとしては心配だなぁそれは。
それはさておき、クロちゃんどうなったの。
Dグレ内で一番好きだったのに~!!これは辛い…。


…ほんとにただの感想だ…。
内容がなくてすみません。
実際ギアスの話も書きたくて仕方ないのですが、全体を見てから判断しないといけないと思うので。(まだ見れてません御免なさい。)
扇が…すっごい応援したいんだけどものっすごいフラグが立ってる気がしてならん。死亡とかその気になったら記憶戻って裏切られるとかその辺のフラグが。嫌過ぎる…。


拍手下さった方々、有り難うございました!
メチャクチャ嬉しいです。
無くても書く時はそりゃ書きますけど、頂けるとやっぱり書くほどのことでもないかな?と思っても、ちょっとでも何か書きたい!とやる気が湧きますね。
感謝です。

テーマ : 週刊少年ジャンプ感想
ジャンル : 本・雑誌

果てのない道

ようやく今まで手に入れた割引券を使いつつ、手に入れました。
Sound Horizonの「Roman」です。
これがもう…冒頭でゾクゾクきた!凄いよ本当に素晴らしいよブラボー!!
今一番好きな音楽はサウンドホライズンですと胸を張って言える。それくらい好きだ。
カラオケで歌ってきました。
実はあらまりさんの時は音程が高すぎて私には歌えない曲も多々あったのですが(それでも凄く好きです。今でも好きです。時々で良いからRevoさんの曲で顔を出してくれないかなと思っていたりします。)、最近の曲は私にも可能な音程が多く、喜び勇んで曲を入れてます。

重厚な音楽と時々入る台詞、それ一枚が壮大な物語。
あぁ本当に飽きません。大好きです。
原稿中も何度助けられたことか。
今ずっとビデオの整理に追われてまして、延々ガンパレの映像をチェックしているのでアニメを見れない状態なのですが、バックにRomanを流しつつ頑張りたいと思います。
5th story CD「Roman」 5th story CD「Roman」
Sound Horizon (2006/11/22)
キングレコード

この商品の詳細を見る



今CDで買い待ちなのは林明日香。
それからみんなのうたの「わたしと小鳥とすずと」を歌ってらした方のアルバム。
さらにナナムジカも欲しいと思いつつなかなかそこまでいきません。
本を大量に買っていると、CDにまで余裕が出ないんですよね…本購入時に手に入る割引券でフォローしていっぱいいっぱいという感じで。
おそらく自分の中の優先順位が違うのでしょうが。
それでもSound Horizonはすぐ新しいのが出ないかなと思ってしまいます。勝手だと思いつつも。
一年に一枚のペースで良いので出してくれたら嬉しいなぁ。金銭的にもそれなら助かるし。
あぁ、でもやっぱりいっぱい聴きたいです。
インディーズ時代の曲は手に入れたくとも手に入りません。
オークションでも高すぎる…それはもう泣けるほどに。
再販してくれないかしらと思うのですが、その頃にはあらまりさんもいらっしゃいましたし、その点でももしかしたら難しいのでしょうか…。その辺の事情は判りかねますが。(私は何故抜けられたのかも知らないので。)
どんな曲だったのかなぁと思う度に、その頃存在を知らなかった自分が悔やまれます。
早い者勝ちってよく言ったもんだよ…。


ガンパレの映像は自分でもよくやったなぁと思うくらい録ってありました。
ただ…今でも悔しいのですが。
来須が死んだ時に精霊手を手に入れるイベント。あれだけが当時どうしても見れなかった。
見たいが為に来須を殺したのに結局見れず涙した思い出が今でも苦く残っています。誰が見たいか来須の死なぞ。守って守って守り抜いていたというのに(序盤の話。中盤は配置移動で無問題)。
あのイベント見れた方は本気で詳細を教えて頂きたいと思うほどです。
しかし今でも納得いかないのですが、新井木は若宮と付き合ったんじゃなかったのか。レベル3のその設定はいったいどこへ消えたんだ。
何で来須と結婚なんて話になっちゃうんだよぉぉぉぉ!!!
悔しい…悔しすぎる…。新井木め羨ましい…。(それか)
泣き濡れながら式神の城2と絢爛舞踏祭をプレイしたいのですが例のごとく時間の問題が解決しません。
積みゲーの山をいつ片付けられるのかも人生においての大きな課題です。(スケールが大げさすぎる)


アニメ感想系はいましばらくお待ち下さい…。
トロくて申し訳ないです。
ギアスだけは辛抱たまらずチラッと見たのですが、それでも感想を書けるほど見れてはいないので、しっかりと見た上で書きたいと思っています。

テーマ : Sound Horizon
ジャンル : 音楽

ランタンいいよランタン

前チラッと言っていたDVD特典のランタンストラップ。
先日のイベントで知人様と示し合わせてお揃いで付けていきました♪
ランタンストラップ

可愛いよこのストラップ!可愛すぎる!!
二人で熱くランタンについて語り合いながらイベントへ。
でもそのイベント鋼。
…何やってんだという。でも楽しかった。ビバお揃い♪
そのストラップ、今朝いきなりポケットの中で外れてヒヤヒヤしました。
ポケットの中で良かった…!!
意外とヤワなのかな…金具部分が緩んだっぽいです。
怖いので紐で縛り直そうかと思ったり。
でも傷つくのは嫌だなぁ。
こんな可愛いストラップ、もう一個くらい予備に欲しいよ!
これでさらにガションってレバー(?)を下げられたらカッコイイのに!と私が言うと、知人様は暗くなったら光るとカッコイイよ!とおっしゃいました。確かに…!それもイイ…!!
アニメグッズ出ないかなぁ。1000円くらいまでなら出しますぜ!(安いか?)

そしてこのストラップはこのDVDを購入すると手に入ります。
パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.3 (初回限定生産) パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.3 (初回限定生産)
冨岡淳広、日下部智津子 他 (2007/02/23)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



拍手下さる方々、有り難うございます!
また、ブクマから来て下さる方も感謝です!
見て下さる方がいるというのは嬉しいものですね。
明日からまた少し落ち着くと思うので、滞ってる拍手レスなどをしたいです。
凄く嬉しいのにお返事遅くて申し訳ありません。
決して迷惑だとかではないので!(家庭の事情でやむなく手が空かなかっただけなのです)
メッセージ頂ける方も、ポチリだけの方も本当に嬉しいです。そのお気持ちが励みです。

テーマ : パンプキン・シザーズ
ジャンル : アニメ・コミック

ほんま真剣な方には御免なさい

結局修理に来てもらったときは何の異常も見せなかったウチのHDD様は、今でも時々ご乱心されます。
最悪買い直しを覚悟しなければならないのですが。
そうなるともうビデオ付は要らないかなぁと思って、今まで何だかんだでサボって放置していた残りのビデオも整理することにしました。
残っているのはアニメ以外のゲームを録画したビデオ。
そりゃもう出てきます出てきます。
幻想水滸伝の最低人数クリアとベストED。
ゼノギアスのOPとED。
プリゆめのED山ほど。
ブラマトのイベントシーン。
ガンパレのイベントシーン(これ8時間以上録画してあるのが…)。
竜機伝承のEDまであります。
そして極めつけ。
アンジェのイベントシーンとED。
…凄い。凄いインパクト。ここ最近で一番のけぞった。
じ、自分の昔のPN(一番初めのもの)入れてやがるよ私・・・!!!
何だこれ。何の羞恥プレイ?
恥ずかしいったらありゃしねぇ!!
声優さんって大変だなぁ…これ…仕事とはいえ絶対恥ずかしいよな…。
いや、むしろ楽しい面もあるかもしれませんが。普段絶対言わないもんなこんな台詞。
凄いな…ふふ若かったなこの頃…。
ぎゃぁぁぁぁ恥ずかしいぃぃぃ(悶絶)。

こう言ってはいますが、何もネオロマを否定したいわけでは断じてありません。
私は今でもネオロマ好きです。
最近ではラストエスコートに熱中してたし。
でもイベントでしばしば笑ってしまうのはどうしようも。いやホント何というかクサイというか寧ろネオロマはそこがいいんだと思うのですがそれにしてもオスカー様凄すぎるよ。
真剣に楽しんでいらっしゃる方には申し訳ありませんが、時々マジでネタじゃないかと…思ったり…。
ただ時々こういう無条件の甘々が見たくなるのは否定できず。
頻度は昔と比べて減りましたが。

思えばアンジェって色んな原点なんですよね。
ネオロマというか乙女ゲーが流行る原点となったし、声優ブームだってこのくらいから火が点き始めたと思うし。
ネオロマイベントとか画期的だったですよ。行った事はないけど。
そもそもこの頃女の子を本当にゲーム屋で見かけなかった。
ネットもあんまり無くて、店によって値段がマチマチ。転がしとかも出来たし。今はある程度一定を保っていますが、それはネットでリサーチできるせいもあるのではないかと予想してます。内部事情は知らないので間違っているかもしれませんが。
だからいつも浮いてたなぁショップで。
女でゲーム好きってだけで珍しい目で見られることもしばしばの時代だったんですよ。ゲーム世界での市民権が無いに等しかった。
それが今では一ジャンルですもんねぇ。
女の子を狙ったゲームも沢山出ているし、専門の雑誌まで出来た。

あぁ、思い出話になってしまった。とにかく、アンジェにはそういう昔の思い出も詰まってるんですが。
でも恥ずかしいぃぃぃ。
でも残す。(何だそりゃ)
何だか改めてプレイしたくなりました。
ちょっと前にトロワの愛蔵版も手に入れたしな…幕末恋華もマイネもリプルもラブレボも浪漫茶房もうるクエも…一時期凄い欲しい気分になって怒涛のように手に入れておきながら、全然手をつけてませんよ。勿体無い。
積みゲー多すぎる…。
ゲームも仕事も家事も同人もアニメ鑑賞もブログもジムも囲碁も両立出来る生活が目標です。…限りなく不可能っぽい…。


拍手下さる方々、有り難うございます!
お返事が滞ってます…すみません。
来週中くらいを目標にしてますので、いましばらくお待ち下さい。
頑張って作ったサークルカットがサイズ間違えてて、今から作り直しです…リミット明日。
私生活も来週までは落ち着きそうに無いので、更新はちょっとどうなるか未定なのですが、更新無くても元気にしてますので大丈夫です。
なるべくギアスとパンプキンの感想くらいはアップできるように頑張りますね。


そういえばギアス続編決定おめでとうございます。
って、そうなるだろうとは思ってたのでそれほど驚きはしませんでしたが。
まだまだ楽しめそうですね♪

テーマ : ネオロマンス
ジャンル : ゲーム

パンプキンシザーズ22話「孤独な天秤」感想

先日のコードギアス感想が思いのほか大変だったので、今回はそれなりに簡潔にいきたいと思います。…すみません。無茶やっても続かん…。

さて。
先週伍長にガックリきた方は、見て頂けましたでしょうか!
ワンコの成長をっ!!
今回も原作と比較しつつ感想を書き連ねます。

簡単にあらすじを言ってしまうと、
戦いの最中、伍長はアリスに抱いていた幻想を捨て去り、彼女を三課の一員として守ることを決意する。
そして自らの意思でランタンに手をかけ、勝利を手にした。
一方アリスは、抑え切れなくなった農民たちからの攻撃を受けていた。
守るべき民すらも律し、アリスは独り戦いながら貴族として平等であろうと努力する。だがそれは同時に誰の味方にもなれない孤独を意味していた。
他を排除し独りで戦い続けようとする彼女に、伍長が近づいて言う。
自分にもしなければいけないことがある。少尉にとってのそれが貴族ってことなら自分には何も出来ない。
でも、自分が出会ったのは貴族でもなくもしかしたら軍人でもない、パンプキンシザーズの少尉なのだと。
だから自分はパンプキンシザーズの一員として、少尉を守りたいのだと。
それを聞いてアリスは嬉しそうに笑った。
貴族である上に少尉でもあれと言うのならばやってみせようと。
自分自身の「領域」=陸上三課を得たアリス。
背中を伍長に任せ、いま一度決闘へと臨む。

…こんな感じ?
どうにも私は説明が上手くないですね。自分の好きなシーンに偏ってしまう…。
あらすじって難しい。

前半ヘタレだった伍長。
今まで、伍長はずっとアリスに依存してたんだと思うんですよ。
確かに伍長は弱くて、情けなくて、誰かに依存しなければ一人立つこともできない人で。
悪夢にうなされるのも、罪を悔いて前へ進めないのも、それは伍長自身の意思が惰弱だったり精神的にひ弱だったりするせいもあるかもしれませんが、根本は戦争が悪いわけで、全てを伍長の弱さのせいには決して出来ないと思うんです。戦争経験者でないと語れない部分も多くあると思うし。
伍長も戦争の被害者だったんですよね。
復興しなければいけないのは彼の心も同じだったのではないでしょうか。
その心を一人で復興できずに彼はずっとアリスを頼ってた。
でも、彼は気付いた。
アリスだって、同じ人間なんだと。
弱い面だってある。全部背負えるほど強くなんてない。彼女であれば間違いはないなんてことはない。
だって神じゃないんだから。人間で、そして小さな女性なのだから。
そして伍長は自分の意思でランタンに手をかけた。
殺されるのは怖いですよ。戦うのも怖い。痛いのは嫌だ。当たり前です。彼が怯えるのも無理ないと私は考えます。見た目にはヘタレかもしれませんが、彼だって無敵のヒーローじゃない。
でもそれを乗り越えて、あえて殺すことも悪夢を見ることも、自分の弱さも全て受け止めて、その上で彼女の小さな背中を守ろうとした伍長は本当にカッコイイと思います。
これで彼は一回りも二回りも成長したんです。
弱くてもいいじゃないですか。ヘタレでもいいじゃないですか。大切なのはそれを克服しようとする意思、そして覚悟だと私は思います。
ワンコ頑張ったよ!(笑)

ただ、原作ではクローズアップされた部分がちょっと演出的に足りないかなと感じたのは残念です。
もたれかかっていたのか、のところ、ちょっと台詞の順番おかしかったし。
原作では、
「少尉は…俺なんかと違うんだ…
いつも凛とした背中で…気持ちいいくらいまっすぐで…
いつだって…少尉は…凛として…
『守りきれぬやも…しれません…』
……!!
バカか…俺は…こんなデカイ図体で…
あんな小さな背中にもたれかかってばかりいたのか」
となるんですが。
先に少尉の台詞が来てどうするよ。
あと少尉の背中を守るのが3課を名乗る自分の最初の仕事だ、という台詞も抜けましたしね。ここ大事なのに!!
それから少尉が泣きそうになってるシーン。原作はあそこまでウルウルしてない。
伍長、と呼ぶところももっとたどたどしくて…
あぁ、原作でここ凄く好きだっただけに、やはりズレが気になってしまいます。
あとアクションシーン。ちょっと鈍重な印象。
もう少し決闘のシーンにスピード感が欲しいと思ったんですが、どうなんでしょう。

でも、泣けた。
やっぱり声があるのはいい!!
「俺の全部で少尉を守る」にゾクゾクして、
「だから俺は、少尉を守りたい」って言う伍長の優しい声と笑顔に涙がっ嬉し涙がっっ!!
アリス真っ赤ですよ!照れまくりですよ!!どこからどう見たって伍長にラブだよな?!(妄想?)
「はい!少尉!」と言った伍長の嬉しそうな様子と言ったら!
くーっ、もどかしい!とっととくっつきやがれこの二人ぃ!!(錯乱中)

伍長の「少尉は俺なんかとは違う」って台詞は、908を救えなかったことを自分のミスだと悔恨したゆえのものだったのでしょうか。
そう思うと切ない。

ソリスの「徒党を組んで暴力に酔う貴様らと一緒にするな」は、ほんっとカッコ良かったー!!!
これで私ソリスに惚れたんですよねぇ。
もうマジカッコイイよお姉さま!!
声付き最高!!大満足~♪
この後のインターバルもいいんだよなぁソリスは。

エリスの「貴族にだって大切な人がいるわよ」のくだりも多少台詞がアレンジされてましたが、これはアニメの方が判りやすくなってて良かったと思う。
あの状況で身を盾に出来る彼女は、本当にアリスを愛してるんだなぁと思います。
彼女の想いの深さに泣けました(伍長のことは認めて欲しいんですけどね…ワンコ頑張ってるんだよ~←そればっかりか)。
そして彼女の言っていることも至極正論だ。
農民たちの気持ちも解らないでもないのですが。
徒党を組むといろんな判断力とか正常な認識とかが奪われるような気がするんですよね。まさに今の彼らがそんな感じ。
異議を唱えるならば同じ事をしてしまってはその権利を失ってしまうと思うのですが、多分その辺が見えなくなってるんだよなぁ。

そしてオレルド…最初にソリスの胸を指すな(笑)。
あれ原作にはないんですよね。
なんつーアレンジだよ。オレルドはスケベなんじゃない。女タラシなだけだ。(フォローになっとらん)
少なくとも、あの真剣なシーンでまだ胸に目が行くほど状況をわきまえない人じゃないんですけどね。誰よりも空気に敏感な気遣いの出来る人だと思うんですが。そこは曲げて欲しくなかったなぁ。
前のマーチスもあれだしさ…彼は照れないと。駄目だよ眼鏡キラーンは。純情だからいいんじゃないか。

そういえば先週の木偶と偶像。
木偶=伍長 偶像=アリス のことだったんですね。
今頃気付いた。

相変わらず原作と比較気味の感想ですみません…。
来週はとうとう決着…なんでしょうか?
やってくれるかなあれ。一口でバタンキュー(笑)
伍長とアリスがラブければ何でもいいよ!(断言)

これなかなかいい出来では…。写真見るだけでも楽しい。
パンプキン・シザーズ アリス・L・マルヴィン (1/8スケールPVC塗装済み完成品) パンプキン・シザーズ アリス・L・マルヴィン (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
(2007/05/25)
グッドスマイルカンパニー

この商品の詳細を見る



ポチリ下さる方々、有り難うございます!
励みにして記事を書かせて頂いてます。
ちょっと今日からまた私情で立て込みますが、出来る限りちょこちょこ更新はしていきたいと思っておりますので、気が向かれましたらまた覗いて頂ければ幸せです。

テーマ : パンプキン・シザーズ
ジャンル : アニメ・コミック

逆転裁判4限定版抽選ですって

逆転裁判4限定版の件ですが。
公式サイトで抽選販売されるらしいです。
欲しい方はe-CAPCOM公式サイトへアクセス!
3月6日(火)13時~3月13日(火)13時
の間だそうですよ。
e-CAPCOM公式サイトへ行かれる方はここをクリック

正直私はめちゃくちゃクジ運が悪いのであまり広めるのも余計競争率を高めるだけなんですが(苦笑)、限定版をお探しの方はかなり多いようですので、もし検索などで予約に関して何の役にも立てないウチの所へ来てしまわれた方の為に、せめて参考までにということで。
いやまぁ公式発表ですからご存知の方も多いと思うんですけど。
私ももう一度地元の店に確認してから、手に入らないようであれば応募しようと思ってます。
応募される方はお互い当選すると良いですね!


拍手下さった方々、有り難うございました!!
本当に昨日は多くて…何事かと。でも嬉しい!
ブログランキングをポチリしてくださる方にも感謝です~!しっかりチェックしております♪
あんまり芳しくない順位ですが、欄外じゃないだけ幸せだと思ってます。というかポチリ下さる方がいらっしゃるだけで奇跡。
まったりマイペースで頑張りますね。


「続きを読む」以降は同人日記につきご注意下さい。

続きを読む

テーマ : 逆転裁判
ジャンル : ゲーム

コードギアス19話「神の島」感想

ちょ…っ。本当に、興奮しすぎてどこから話しましょう。
マジで面白い。面白すぎる。
先週見た時は辛い展開だなーくらいでピンとこなかったんですが、何この展開。
怒涛ですよ。ノンストップドラマチック何たらですかコレは。(違)
総集編が多いのはお家芸かと思ってましたが、本編始まってみればいきなりの急展開に頭がついていけません。
とりあえずあらすじやら感想やら交えて言ってみます。
ちっとも書き方が定まらないのはご愛嬌とご容赦下さい。


スザクが目覚めたのはとある孤島。
ランスロットの姿もなく、あるのは己の身一つだった。
そこでスザクはカレンと出会う。
自らを黒の騎士団と名乗るカレンを拘束するスザク。

どうでもいいけど、カレン真っ裸なんですけど。いいのかカレン。
スザクもまるっとスルーしてるんですが。ホントに思春期の少年かお前は。
ちっとも恥ずかしがらない二人のおかげで何事もなかったかのように過ぎていきましたが、私はすごい気になったよ。いいのか若人たち。
これが幼児体系ならともかく、カレン体育会系だからボンキュッボンですよ。見てるこっちが照れる。
スザクが紳士でよかったねカレン。

一方ゼロも、スザクと同じ孤島の別の場所へ漂着していた。
そこでゼロはユーフェミアと出会う。
銃を向けるゼロ。
だがそんなゼロに、ユーフェミアは言う。
「ルルーシュなのでしょう」と。

やっぱりバレてた。
姫さん意外と役者だな。
知っててコーネリアとそ知らぬ顔で会話してたのか。

怯むゼロにユーフェミアは言う。
まだ誰にも正体については言っていない。撃つ前にせめて…涙を浮かべて訴えるユーフェミアの前で、ゼロはとうとう仮面を取り、素顔を晒した。
再会の喜びに涙を流すユーフェミア。

バラしたよ。
観念するにも早すぎる。
ルルは姫さんにあまり隠していたくなかったんじゃないかなと思う節もないでもないのですが。
あそこでバスッと姫さんの訴えなど無視して殺しておけば多分ゼロ的にはベストだったんじゃないかと思ってしまうのは駄目ですか。
後々のことを考えるとそれも難しいのかもしれませんが、私の目には彼女がルルのウィークポイントの一つとなるのは間違いないように見えるんですが。
それが出来ないからルルなんだと言ってしまえばそれまで。

その頃事件のあった場所ではユーフェミアの捜索が行われていた。
ロイドとセシルはシュナイゼルと接触。
スザクがいることを知っていてあんな命令をと訊くセシルにシュナイゼルは言う。
あの時はスザクが生き残る可能性に賭けてああするしかなかった。部下を守れなかったのは自分の責任だ、と。

絶対食わせ者。
よき指導者を装っているだけに見えるんだが穿ちすぎか。
でもシュナイゼルはいい意味でも悪い意味でもリーダーだと思うんですよね。
だから必要と思えば肉親も殺す。というイメージ。
今のところは、ですが。
セシルがシュナイゼルにメロメロになっているのが気になりました。何だアレ。気障すぎシュナイゼル。
ロイを見たよ。ここに増田がいるよ。
(たぶん)非情であるだけ増田より指導者向きと言える。(酷)
まぁスザクのことを弟のように心配しているセシルが、シュナイゼルに不敬罪になるかもしれないと判っていて食ってかかったのはちょっと嬉しかったですが。

二人きりになったユーフェミアはルルーシュに尋ねる。
今ここにいるのはゼロか、ルルーシュか、と。
それにルルーシュは即答する。
少なくとも今ここにいるのは君の知っているルルーシュだ、と。
安心したらお腹がすいたと言うユーフェミアの食糧確保の為に奮闘するルルーシュ。
手伝うと言うユーフェミアの提案も断り一人穴を掘るが、いかんせん体力が無いので遅々として進まない。
一方スザクも海で食糧を調達してカレンに渡す。
お互いに流れる穏やかな時間。

中世からの罠にアレンジを加えるチャンスだ。とかシステムは完璧。とか、何でそこまで強気なんだルル(笑)。可愛すぎる!!
しかもルルは体力全然ないから、ものっそ疲労してやんの。
皇女殿下に肉体労働なんかさせられないって、なら自分はOKなのか。
かっかわいすぎるぅぅぅ!!!ホント身内には優しいよルル。可愛いよ。ラブだよ。
ユーフェミアがまた、無理だといわずに敢えて違う方法で自分は食糧を確保しようとするのが賢い。ルルをよく解ってる。
あそこでルルの好きなようにやらせるのが姫さんの優しいところなんだろうな。
スザクは案の定サバイバルもバッチリ。
一人でも生きていけるのはスザク。人がいなければ生きて行けないのはルル。
強いのはどちらかなんて答えは決まっているけど、私は誰かの力を借りなければ生きていけない人の方が応援したくなります。
ルフィの時も感動したし。「オレは一人では生きていけない自信がある!!」ですよ。
自覚もなく人に迷惑をかけるのは見ちゃいられないけど、自覚した上で人に頼るのは全くもってアリだと思う。

黒の騎士団では藤堂とディートハルトの間で意見が分かれる。
脱出するのが先決だとする藤堂。あくまでもゼロを捜すべきだと主張するディートハルト。
ゼロあっての組織であり、今まで結果を出してきたのはゼロだと言うディートハルト。人あっての組織であり、全員が犠牲になっては意味がないと言う藤堂。
一触即発の空気の中、C.C.が現れて言う。
ゼロは生きている。私には判る。と。
扇は今日一日だけ待ってみようと提案して、その場は何とか治まった。

「時として一人の命は億の民より重い」
このディートハルトの台詞が何だかずしりと来ました。
言葉は好きだが語意は賛同できないな。あまねく命は平等であるべきだと思う。ということは、私は藤堂派なんだろうか。
ゼロがいなくては未だバラバラの騎士団の今後が心配です。
それと、どうやら黒の騎士団内ではC.C.はゼロの愛人だと思われてるようですね。
心底玉城を嫌ってそうなC.C.に笑った。
扇はどこまでも冷静で大人だと思う。
彼はカリスマ性がないだけで、実は凄い人だと思うんですが。
上に立つには知力や判断力や性格など諸々を備えていても、結局のところカリスマ性が無いと駄目なんですよねぇ。
ゼロにはそれがあって、扇には無かったのが扇にとっての最大の不運ではないかと。
扇たちの元を離れたC.C.が言った台詞も気になりまくりです。
「カレンまであの島に?趣味が悪いな。観察者を気取って」
そういえば彼女前々から脳内で会話してましたが。
誰ですかそれは。
しかもあの島へ彼らが漂着したのは偶然ではないと?
気になって仕方が無い。

食糧を食べる二組。
巣のカレンにスザクは学校の時より今の方が魅力的だと誉めた後、彼女に黒の騎士団を抜けろという。
彼のやり方には未来はないというスザクに、自分は間違った世界を変える。そうでなければ兄はうかばれないとカレンは反抗する。
そんなカレンにスザクは自分が父を殺したのだと告白。
間違ったやり方で得た結果には行き場の無い空しさと後悔しか残らない。と。
だがカレンは、正しいとか間違ってるとか誰が決めるんだと反論。
一方ユーフェミアもルルーシュに問うていた。
あの頃のように戻れないのか、と。
戻れたらどんなにいいだろう、とルルーシュは答えるが…。

トラップを完成させられずぺしょっとしてるルルが可愛すぎて悶えました。御免私怪しい人だよどう見ても。でも可愛いんだもん。ルル好きだ。
姫さんの傷口に塩を塗りこむようなフォローも逆効果で笑ってしまった。天然だけに酷いな姫さん。
サラッとカレンを口説く(違う)スザクにもコケました。天然にも程がある…。カレンがゼロラブじゃなかったらスザクに転んでたかもしれないよその台詞。天然タラシですか。
スザクは、ゼロは父と同じで世界は自分中心に回っていると考えていると決めつけているけれど、スザクの最大の間違いは、ゼロが自分の為だけに上に立とうとしていると思い込んでいることだと思う。
違うんだよ。ルルはただナナリーを守りたいんだよ。
勿論そこに復讐とか、今回言った自分の生きるためにとかいう理由も入ってくるんだけど。
彼の苦悩や決意も知らずに決めつけてほしくないんだ。
そこがどうしてもスザクを好きになれない原因なのかもしれない。
まぁルル贔屓だからというだけなのかもしれませんけれど。
勿論ルルが全て正しいとは言いませんが。
復讐したいという彼の思いがね。死ぬほど人を憎んだり、刺し違えてでも殺したいと思う人間がいたり、例え妄想上でもそういう思いを少しでも抱いたことのある人間なら多少なりとも理解できるんじゃないかと思うんですよ。ルルの復讐心も無理ないよ、と。
彼が本当にライトのように自分の為だけに動いていたならば、もっと見方は変わっていたのかもしれませんが。
しかもスザクにはどんどん味方が増えてゆくけど、ルルはギアスによってどんどん孤独になってゆくんでしょう。
ルルが可哀想で仕方ないんですよね…。
それはスザクのやり方が正しくて、ルルのやり方が間違っているという証なのかもしれませんが。
孤独はね。辛いよ。哀しいよ。演歌の女王じゃないけどさ。
だからルルが独りにならなければいいと思う。
真の意味での彼の無償の味方が増えればいいと思う。
私はそれを願ってコードギアスを見ています。

島に辿り着いたシュナイゼル一行。
島の地下には遺跡のような物体が埋まっていた。
その物体に刻まれているのは確かにギアスの紋章。
自分の専門とは違うと渋るロイドにシュナイゼルは、この遺跡には父も執心していると言う。
侵攻計画はこの遺跡の埋まっている場所に沿って行われているのではないかという見方も出るが…。
彼らが放った合図を見て二組はその場所へと向かう。
二組が顔を合わせた時、ルルがユフィを人質にとりカレンとの交換を要求。
対峙する二人。

一人では何も出来ないお人形、と言われて向きになるユフィが子供に見えました。あんなことでユフィが怒るとはねぇ。
言われたのがカレンだからかな。同じくらいの年の人間に言われたくないわ、みたいな。
どちらにしろルルが自分に合わせろと言ってるのにそれを無視して自分に構わず戦えとスザクに命令するし、それ以前にルルとスザクが敵同士と知っていて、共にいるルルのことも考えずに即座に顔を出してみたり、本当に考えなしとしか言いようが無い(違う見方もあるかもしれませんが、今のところ私にはそうしか見えなかった)。
普段戦いは嫌いだと言うような顔をしておいて、自分が気に入らない時には戦えと言うのはかのリリーナにそっくりだ。
それがいけないとは言いませんが。皇女様らしいといえば皇女様らしい。
が、私はそういう矛盾はあまり好きではないので申し訳ありませんが彼女のファンになることは無いと思う。
あくまでも一意見ですのでお好きな方は御免なさい。
ここへ来てキャラの好き嫌いが割とハッキリしてきたようです。

4人が偶然(?)にも遺跡上に移動した瞬間、地面が陥没し、ゼロ達はシュナイゼル達の前へと姿を現すことになってしまう。
狙われるゼロ。
置かれたナイトメアを奪い、ゼロとカレンは脱出をする。
そのナイトメアは試作機ながら空を飛ぶ機能を備えたものだった。
一方スザクは、ルルが奪った方の機体とは違う方の機体を見て呆然とする。

笑うルル悪っぽい(笑)。いかにも悪だ。
あまりの悪っぷりに私も大笑い。腹抱えた。ナイス。
チラッと出た少年か少女かが気になりますね。
多分あれがC.C.と脳内で会話していた人物であり、全ての元凶であり、ギアスに最も関連する人物なのでしょう。
そしてギアスの謎について皇帝も少なくともある程度は知っている可能性か。
この辺が肝か。
しかしルル達をこの島へ呼び寄せ、さらにナイトメアを奪取するまでをも計算していたとしたら、彼もしくは彼女はいったい何者で、どこまで能力を及ぼすことが出来るのでしょう。むぅ。
新型機は黒ですね!カッコイイよ!翼だよ!!ガウェイン、とか呼んでましたっけ?
この機体に乗るのは誰なんでしょう…ゼロは前線に出ないから乗りそうにないんですが。
あと、スザクが変な顔をしていたのも気になります。あの機体が何だって言うんだろう。

シュナイゼルとの再会を喜ぶユーフェミア。
しかしスザクは軍規違反で捕まってしまう。
そう。あの時ルルーシュがギアスを使ってスザクに命令したのは、『生きろ』。これだけだった。
それによってスザクは、己の命惜しさの為に場を離れ命令を無視するという軍規違反を犯したことになってしまう。
だが当然ギアスの意識操作による行動の為、スザクには自分で自分の行動が信じられない。だが確かに録音されている声は自分のもの。
そこへ九州が侵攻されているとコーネリア達に連絡が入る。
その侵攻相手の艇体には、日本の国旗が記されていた…。

貴重なギアスを使って命令したのはそれか。
どこまで甘いんだ。
しかもまだスザクにだけはギアスを使いたくなかったとか言ってるし。
スザクは敵だよ。頼むよ。その甘さが命取りになるんだよ。
もう心配で仕方がない。
でもその甘さがあるからルルが好きなんだと思うと…あぁジレンマ。
ルルはどこまでもスザクの命を奪わない方向で行くんでしょうが、それはどうなの、本当に。可能なの。それで頂点に行けると思ってるの。
最終的にスザクとさえも手を組んで、本当の敵に向かって戦ってくれるならいいんですが。そんな夢のような展開今のところ望めるとは思えない。
いっそスザクがゼロの正体に気付いてくれればいいのにとさえ思ってしまいます。
さて。
九州へ侵攻してきたのは誰なんでしょう。何の目的があって。

「シュナイゼルは何故あの島にいた。
あの場所に何が隠されているというのか。
そしてユフィ。しばらくは信用できるはずだが、カレンとスザクのこともある。
いや。今は九州の対応が先だ。
それによって黒の騎士団、俺自身のこれからが決まるのだから。」

チラッと出てきたシャーリーが気になります。
俺自身のこれからとはいったい。
また味方が増えてくれればいいんですけど。

とても売れているみたいですね。DVD。
コードギアス 反逆のルルーシュ 3 コードギアス 反逆のルルーシュ 3
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/03/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


うわー…長くなってしまった。
細かく書こうとするとこんな結果になるんですね…。
携帯で見れるかな。
もっと短くまとめられように努めたいです…が…。


本日拍手下さった方々、有り難うございました!!
見て下さってその上ポチリとして下さるなんてと本当に嬉しく思っています。
明日からちょっと忙しくなりますが、また週明けからちょこちょこ更新したいです。

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

完売ですか。

逆転裁判4限定版、申し込み殺到。
公式サイトで完売。
…完売。
完売ですか。
ちょっと待ってくれ…いつ販売開始してたんだよ。
全然知らなかったよ。
くそー!!毎日あらゆるサイトをチェックするんだった!!
結局乗り遅れました…。
アマゾンでもヘッドフォン付の通常版は既に完売したようですし。
すごい人気だよ…。
因みに私も予約した一人。
だって地元が手に入るかどうか怪しかったから…!
確実に手に入る方も確保!どうせキャンセルも出来るし!
と予約した2日後にはもう完売してました。
もしかしてギリギリセーフだったのか。
限定版、手に入らないとなると余計欲しくなってきますな。
くぅ。何とかならないものか。


今日はHDDの修理に来てもらったんですが、そんな時に限って快適に動いてくれておかしいところ一つもなし。
元々修理依頼の電話をした日からパッタリ不具合が止んでやんの。
お前どんな天邪鬼だよそれ。
ツンデレか?ツンデレなのか?
ちょっと私を困らせておいて、修理を呼んだら
「ふ、ふんっ、そんなに私が必要なの?しょうがないわねっ」
とか言って元に戻るのか。
どんな気を引く作戦だコイツめ。
とそんな妄想をしている私が一番ヤバイです。
いい恥かいたよ畜生。
とりあえずバージョンアップの下調べだけしてもらって、様子見となりました。
見てろよ。いつかツンデレからデレデレにバージョンアップしてやるよ。ふふふ、そんな尊大な態度をしていられるのも今のうちだけさ!
…御免なさい。謝りますから今日のギアスはちゃんと録っておいて下さい。
未だデスノ録り逃したショックから立ち直れず。
これでギアスまで録れなければ本気で泣くから。頼むから。
今最高にいいところで終わってるんだから。
ルルーシュがスザクに対してギアスを使うのか否か?!
そして巻き込まれたカレンの安否は?!
うあぁぁぁ、早く見たいなぁ。


今日も拍手下さった方に感謝を。
本当に有り難うございます。
ブログランクもランク外から復活しております。感謝。
これ、休んでると顕著に結果に出ますね…。拍手はあまり変わらないのですが。
未だコミックス関連の感想を途中まで書いた状態で溜め込んでいるので、その辺とか色々…やりたいのになかなか。
急用のない時はなるべく毎日~一日おき更新くらいで頑張ります。

テーマ : 逆転裁判
ジャンル : ゲーム

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle