パンプキンシザーズ21話「木偶と偶像」感想

パンプキンシザーズは原作を買って以来どうも以前ほど夢中になって見なくなってしまいました。
自分でも哀しいですが…。
どうしても原作と比べてしまって、まるで粗探しのようなことをしている自分に自己嫌悪というか。
でもアニメには原作を買うきっかけをくれたことをとても感謝しているので、アニメはアニメとして楽しめるよう努めたいです。
ただ、どうしても原作との比較が出る場合がありますがお許し下さい。


さて、見ました21話。
原作では木偶と偶像を伍長パート、孤独な天秤をアリスパートに分けて見せてましたが、時間軸を同じにしたんですね。
この方が理解しやすくてとてもいいと思う。
漫画は漫画の見せ方、アニメはアニメの見せ方。これぞアニメ化の醍醐味ではないかと言ってみたりして。

主なあらすじ。
己の保身のために舞踏会での犠牲が出ることを望む1課。ハンクスの抗議にも耳を貸そうとしない。
だが当の舞踏会では、アリスの突飛な行動により未だ犠牲など出ていなかった。
自らが身に着けていた剣を取り出し決闘へ臨むアリスの背中にいつもの頼もしさを見るオーランド。だがアリスは、二人の姉の命を守りきれないかもしれないと弱音のような呟きを漏らす。その台詞と去り行く背中にいつもと違うアリスの雰囲気を感じ取り、オーランドは驚きを顕にする。
剣での決闘を提案するアリスの前に進み出たのは、パウロ公爵の護衛をしていたローデリアの近衛兵二人。
3対1の決闘に挑もうとするアリスだが、オーランドはその暴挙を止めようとする。
だがアリスは「お前はもう戦わせない」と宣言。
戸惑うオーランドに近衛兵の一人、ジャンが武器の脱穀棍を振り回して襲い掛かるが、間一髪アリスの一声で攻撃を避けることに成功。
だが防戦一方のオーランドはジャンと共に外へと移動。
会場に残されたアリスともう一人の近衛兵、アラン。
この決闘に何を賭けるかと問われたアリスは答える。「貴族の誇りを」と。
だが貴族にそんなものは存在しないと憤る農民たち。
そんな農民たちを抑えたのはテイラーだった。
実は農民たちのリーダーに公爵の脱税資料を渡したのは他でもないテイラーだったのだ。
資料を渡したのが貴族だったという事実に絶句する暴動のリーダーの気持ちをよそに、この決闘にアリスが勝てば公爵の出頭と自白、そして農民の無罪放免をと要求するテイラー。
公爵が勝てばと問われると、その時は公爵の好きなようにしていいとの事。ただし農民たちが黙ってはいないだろうがと付け加える。
どちらへ転んでも損のない条件に、武器を収める農民たち。
この場は決闘の続行を許すという農民たちを見てオレルドは言う。
こいつらはこんなものじゃ治まらない、と。
「悪が許せないんじゃない。貧しさが許せないんじゃない。
自分たちもズル出来たなら耐えられた。相手も貧しいなら耐えられた。
こいつらが許せないのは、不公平な世の中そのものだ」
そんなもの決闘じゃどうにもならないと言うマーチス。
案の定農民たちは一触即発の状態だった。
一方外のオーランドはジャンの脱穀棍に心底恐怖を感じていた。
銃を向けてもジャンは怯んでくれない。
ジャンは言う。撃たれたことのない銃など暴徒には何の恐怖ももたらさない。本当に恐怖を感じるのは、傷みを想像するものだけだ、と。
痛そうな形、痛そうな音、傷みを想像しやすいものほどいいのだと脱穀棍を振り上げるジャン。
歯が立たないと怯えるオーランドはどう対抗するのか。
剣での決闘を始めたアリスは果たして勝つことが出来るのか。
そして暴動の行方は。


こんな感じでしょうか。
※3/1:ちょっとあらすじ訂正・追記。かなり判りにくかったので。それでもまだイマイチ…かも…。どうにも説明下手ですみません。


今回見て思ったのは、やっぱりオレルドいいキャラだなぁということ。
マーチスも一瞬顔を見やってましたが、あれはオレルドの実体験もある程度入ってるんじゃないでしょうか。説得力があったので。
気持ちなんて人によって違うから全く同じというわけにはいかないんですけど、自分の実体験であればある程度の説得力が出ると思うんですね。
オレルドは昔から貧しかったみたいだし、色々苦労もしてそうなのでああいう台詞が言えちゃうんじゃないかと。
カッコイイなぁホント。ニクイぜ。

アリスが剣を外すシーンではテーブルクロスを抜き取るソリスにビックリでした。あれ素人には難しいんじゃなかったっけ。
今見直したら原作でもやってました…すげぇやソリス!
ますます惚れ直しました。
アリスもあんなもん着けてたんじゃ踊りにくかろう…。
踊りが下手だったのがそのせいだけとは申しませんが。
人には得手不得手があるし、何よりアリスは下手な方が萌えますので是非そのままで。

伍長が外へ転がり出た時に、アランに助けに行かなくていいのかと問われて構わないというアリスがちょっと寂しかった…。
アリスひどいよぅ…心配してよぅ…。
と思ったんですが、伍長を信頼していると解釈する!
実はこのやり取り、原作にはないんですよね。
…あ、今それを確認するために原作を見直したら、88Pでアリスが持っている剣の部分のトーン切り忘れ発見。
それはさておき、原作でも心配するような描写は見られないためそういう発言もアリだとは思いますが、ここはやはりちょっとでも心配だけど伍長を信じてるからみたいな描写が欲しかったなぁと思ってしまう私はごちょアリ大好き派。
ただその後の「少々野蛮だぞ」はカッコイイ!伊藤さんの声がいっそう引き立ててくれて大満足。

今回伍長が怯えすぎててヘタレっぷり全開だったわけですが。
これで伍長最低とか言う人がいなければいいのにと願ってやみません。
そもそも伍長はすごい怖がりなんですよね。
ランタン点けなきゃ何も出来ないって本人も言ってますが、まさにその通りで、ランタンが無ければただのチキンだという。
だからこそそんな伍長が殺人マシーンに変貌するのが痛々しいと思うのです。
動物が好きで、争い事が嫌いで、おとなしくて、不器用で優しい伍長を人殺しに仕立て上げたのはカウプランだと思うとホント許せない。しかもまだ利用しようとしてるし。
ただ伍長も伍長で、自分で戦う道を選んだのなら、度胸も覚悟も身に着けなければいけないと思うのです。
つまり、3課に居続けようとするならば、伍長はチキンな巣の自分に決別しなければいけない時が絶対来る。
それが今回ということで、これが伍長のターニングポイントとなるわけです。
今回の事でちょっと伍長にガッカリした、という方は、是非次回も見てください!
伍長頑張るよ!成長するよ!!
ワンコは一回り大きくなるんだよ!!
次回がとてもとても楽しみです。

今回のアニメは原作ではこの辺。
Pumpkin Scissors 4 (4) Pumpkin Scissors 4 (4)
岩永 亮太郎 (2005/08/17)
講談社
この商品の詳細を見る



拍手下さった方々、有り難うございます!
今回更新した部屋には投票フォームも付けてみました…。御免なさい…何かこう、更新すると反応がものすごくやっぱり気になってしまうので駄目元で付けてしまいました。ご意見あればいいなというくらいの気持ちです。
拍手もメルフォも苦手だけどポチくらいならいいよという方は是非ご協力お願い致します。
今回の様子を見て今後も付けるかどうするかは検討させて頂きますね。

テーマ : パンプキン・シザーズ
ジャンル : アニメ・コミック

地獄少女二籠を見ましたが。

↓あまり賛辞・肯定的な意見ではないので、そういった意見をお望みの方はご覧にならないようにお願いします。↓


今まで溜めていた分をまたも用事しつつ一気に見ました。
…が。
まとめて見た結果、どうにも1期ほどハマれない…気が…。
あまりにも酷すぎる印象があるんですよ。
こういう現実もあるんだろうなとは思うんですが、どこもかしこも救いがなく、1期で感じた最後に余韻として残る切なさよりも、酷くて憎憎しくてどうしようもない感情の方が前面に出すぎて、気持ちが落ちてゆくというか。
こういうアニメだったはずなんですけどね。
解ってて見ているはずなんですが、割り切れない。
なら見るのを止めればいいんですが、不思議な中毒性があってそれも出来ないというのはどうにも自虐的という気がします。

きくりの役割も理解できない。
邪魔をしているだけのように思えます。
地獄少女サイドの皆が好きなだけに、この子が足を引っ張っているだけのような気がして、さらに事態を悪化させることも少なくなく、元々相手の人が持っていたであろう感情をこの子が呼び出し増幅させただけだったとしても、「この子がこんな事さえしなければ」という件がいくつもある印象なんですよ。
そもそも1期から救いのないアニメだっただけに、ほんの少しの救いをもたらせてくれるキャラが登場するならともかく、さらに悲惨にしてどうする。
いや、悲惨にするのが目的だったんでしょうか…。
このアニメは、そういう気分にさせることが目的とか。
それなら…見ている私が見るのを止めれば済む話なんでしょうが…。
そもそも、このアニメを見て「人を呪わば穴二つ」としみじみ感じさせられる、そういう面が好きだったので、「どこまでも救いのない話」を見たかったわけではない私が初めから見方を間違えていたのかもしれませんけれど。

【静かな湖畔】
子供が何をしたというんだ。
これ一番の被害者は子供でしょう。
いっそあそこで殺されていたならまだしも、親殺しの犯人とされるってどこまで酷いんだ。
しかも男を地獄へ流した女性って初めから地獄通信にアクセスしてたんでしょうか?
どうにも一目蓮達が後押ししたように見えてしまうんですが…。
あそこで流されていなければあの男の方が警察に捕まっただろうに。
Vの惨劇でも最後の最後にきくりが余計なことをしましたが、一番最後でさらに深みへ落とすのは何とも後味が悪くなってしまいます。

【この国のために】
ここ最近の話では好きなほう。
奥さんが被害者ですが、娘と二人で再スタートを切れたことである程度の救いがありますよね。…死んだ後は地獄行きですが。
何気にスルーしそうになりましたが、選挙参謀もものすごい人道に悖ってますし。
そこを輪入道が助けたのがちょっと嬉しかった。よっしゃー!みたいな。
選挙参謀にも鉄槌が下るといい。

【悪女志願】
最後に蘭がマツを地獄へ送る必要は本当はないんですが。
それがこの子の優しいところなんでしょうねぇ。…私には絶対出来そうもないな。
蘭も犯罪者といえば犯罪者ですし、自分でもっと考えることは必要だったと思いますが、誰が悪いってそりゃ騙した男とマツのほうが悪いに決まってる。
蘭に同情的な骨女が可愛かったです。地獄少女サイドでは骨女が一番好きかも。
ただ骨女の過去がチラリと出ただけで、詳しく語られなかったのが残念。
昔遊女だったみたい?というのは判りましたが。

【沈黙のまなざし】
この話、昔糸を解いた人が今度は自分がターゲットになればどうなるか?ということでかなり注目してたんですが、結局ターゲットとして糸を解かれることがなく終わったので、そこのところはハッキリしないままでした。
まぁ娘が地獄行きにならなかったのは良かったのかもしれませんが…あれ、最後に母親が死ぬ必要あったのでしょうか?
本当のことを話して、娘が変わらず母親を憎むとは思えないのですが。
母親を間接的にとはいえ殺したのは紛れもない娘の寧々だと思うので、寧々は地獄行きにはならなくとも一生罪を背負わなければならないでしょうし。
それは母親としてどうなんだろう…様子を教えて欲しいって、いい方向に行くんだろうか。悪い結果を聞くことになりはしないだろうか。
ここであいちゃんが「伝えておく」と言ったことには驚きましたが。えらい好意的だ。
身寄りが祖母しかいなくなってしまった(んだよね?)寧々は、あの性悪ばあさんのところへ引き取られるんですよね?
大丈夫なのか。心配してしまう。
でもこの話で一目蓮の過去が明らかになって、それがすごく嬉しかったです。
元刀ですか…またカッコイイじゃないかこいつめ。
あいちゃんが手を掴んだ瞬間ヒト化したときに何も着ていないのを見て鼻血を噴きそうになったのは秘密です(笑)。
しかし刀として自分の意思とは無関係に自分のせいで人が死んでゆくのを見るのは…辛いでしょうね。意識を持っているだけに。
物は長い間大切にされると魂が宿るとかいうのを聞いたことがありますが、それをちょっと思い出しました。
輪入道も骨女も一目蓮もみんな根が優しくて、そういうところがとても好きです。

【あのひとの記録】
タイトルに沿ったのか、語り風。こういう演出もアリかと。なかなか新鮮でした。
ただここでもお父さんがあまりに可哀相。
浮気をして出来た子なら同情はしない。
でも一応その時話し合って奥さんも納得した上での代理出産だったはずなのに、それを許せないとなると…じゃあどうすれば良かったんだと。反対するならその時にもっと強く反対しておけよと(この奥さんのケースに限っては、の話ですが)。
…反対…しにくいのかもしれませんけど。旦那さんはすごく子供が欲しくて、その気持ちが解るならなおさら。その辺は当事者にしか判らないので奥さんばかりを責める気にもなれませんが。
里奈との思い出を、昔のたった一つの思い出だけを大切に大切に持ち続けていた奥さんの気持ちは、結局判らずじまいでした。私には想像すらつかない。
もしかしたら本人にもどうしようもなかったのかもしれない。
可愛がりたい、子供と認めたい、でもそれを認めれば自分を維持できない。プライドが許さない。
推測することは色々できますが、真意は判らないままです。
でもだからといって、二人の人生を滅茶苦茶にしていい権利があるかといえばそれはノーだと思うので。
何ともいえないやりきれなさが残ります。


こんな感じでしょうか。
次は輪入道の回かな。
骨女ももう少しじっくり掘り下げて欲しいところ。
そしてそろそろきくりの役割を…。
きくりはあいちゃんのことが好きなようなので、その辺は救いかなと思っているのですが。
あんまり輪入道を苛めないで…私輪入道好きなので。

こうして見るとやっぱりちゃんとテレビ画面の方を見ていたかどうかで明らかに感想の量が違いますね…。用事しながらは駄目か。
出来る限りじっくり見なくてはいけないんだろうなぁ。私の場合。
一目蓮の回だけめちゃ長いな(笑)そんなに好きか。
あの髪型は反則ですよ…無条件で狙い撃ちされますもん。抵抗できっこないよ。

地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産) 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)
金巻兼一、岡真里子 他 (2007/03/28)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

コードギアス18話「枢木スザクに命じる」感想

用事をしながらなのでしっかりは見れていないのですが、一応見たので簡単に感想をば。

まず今までの経緯が…何とも言えないのですが。
正直、ルルーシュがスザクに固執する気持ちは解らなくないし、そういうルルが好きなのですが、彼に固執すればするほど破滅を招くと思う。
スザクは何をどうやったってルルの仲間にはなってくれないですよ。それを自覚すべきだ。
ただそこで自覚して徹底的に潰すことを決意したら、それはライトと変わらないわけで…その甘さがルルのいいところなんですけど。
たぶん指導者としては間違ってるよね。
お兄さんがラスボスってくらい強いんではないかと思っているんですが、それは姫さんがいようがいまいがミサイルを射ち込めるところも含むのではないかと。
何かを得ようとすればそれだけの対価が必要だって鋼でもさんざ言ってましたけど、それは真実なんだと思う。
ルルは失いたくないとまだ思ってる印象だなぁ。
最終的にルルが手に入れようとしているものの大きさからいったら、それは不可能なんだけど。
解ってるんだけどルルに同情しちゃうな…。
自分で選んだ道だけど、優しすぎて可哀想です。
まぁルルが優しいのは主に身内に限られるんだが…。
誰かに似てるな。身内にすげー優しいの。そういえばそのキャラにもメロメロだった。今でも好きだ。好みのタイプなのか…。

会長とロイドの婚約もビックリです。
どう考えても似合わない…ような気が。
それよりニーナとの方が似合ってますよね(セシルとはもっとお似合いだと思うけど)。
ニーナはイレヴンじゃなければまともに会話できるんだ…そうか…。
ちょっとヘタレなんだけど、会長にはリヴァルとくっついて欲しいです。
勿論もう少しリヴァルが成長した上で、ですが。

あとカレンが…!ホントに可愛いなぁもう!
ゼロが!ゼロが!!と言いながら判ってるのに突っ込んじゃって「しまった」って馬鹿だろう(笑)。
ただその前に突っ込んだら操作不能になることが判ってて思い止まっているだけに、それすら忘れちゃうほどゼロのことしか見えてなかったんだと思うとそこが可愛くてたまりません。
しかも機体から出て走り寄ってっちゃうし。どれだけゼロに盲信してるんだと。
でもそれが嬉しいんだよなぁ。是非二人の仲が接近してくれないかと私は思っているので。

実を言うと、ニーナが結構いい働きをしてくれるんじゃないかとちょっと思ってたんですよ。
姫さんの騎士にスザクがなる
→二人の仲接近
→姫さんを取ったスザク憎い
→それなら敵であるゼロに協力しちゃえ
みたいな。
さすがにそれはかっ飛びすぎですか。
でもそうでないと彼女が姫さんに惚れるという設定の意義が…。何の意味があって彼女にそういう設定をしたのかを考えたらそうなっちゃったという。
それとも今後何か設定が活きるような展開になるんでしょうか。

今回初めて、コーネリア達がルルーシュ兄妹は死んでいると思っていることを知りました。
そうだったのか…。そら正体にも気付かんわ。
姫さんは意外と気付いてしまうんじゃないかと思うんですが。
ルル好かれてたんだね…。
そもそもはあの父親が全て悪いんだろう。
振り回されている子供が可哀想だ。

C.C.は何だか掴めなくなってきました。
ルックスはすごい好きなんですけど、性格は…謎でしかないな今のところ。
彼女の目的が判れば、彼女の行動の根拠も掴めるようになるんでしょうか。

あと気になってるのはシャーリー。
机の下から見つけてしまいました。あの日の手紙。
書き捨てたあの手紙には真実が書かれていたはずで、それを今のシャーリーが見たらどうなるか…。
記憶が戻る方向にいけばまだマシなのですが、ルルが危険なことに変わりは無い。
これ以上ルルの立場が悪くなってほしくないんですが、どこからどう見ても彼はどんどん袋小路に入って行ってる気がします…。
不安で見るのが怖くなってきたよ~!うぅぅ。

そういえばOPの絵が一部変更されてましたね。
今の方が好きだな。…前のは使いまわし多かった…し…。
歌は相変わらずまさに「解読不能」ですが。
BLOOD+の頃から何言ってるのかよく判らん…。
別に嫌いとかそういうわけではないのですが。ノリはいいと思うけどギアスのイメージとはちょっと違うかなと感じたくらい。
でも歌に合わせてめまぐるしく変化する絵はちょっとEVAを彷彿としていいなと思います。


思った感想をそのまま書き出しただけの状態ですみません。

逆転裁判4限定版の予約情報求ム。

今回の逆転裁判4限定版は特に惹かれるような内容でもなく、逆に早期購入特典のオドロキヘッドフォンの方が欲しいくらいだったので通常版を買うか限定版を買うか悩んでました。
とはいえ、前回も限定版を買いましたし、やはりファンとしては抑えておきたいところ。
そう思ってちょくちょくアマゾンではチェックしていたんですが、いつまで経っても予約開始する気配は無し。
そうこうする内にだんだん不安になってきまして。
地元のゲーム屋に片っ端から電話したら、どこもかしこも予約受け付けてなかったり既に締め切っていたり…。
嘘だろオイ~!
幻想水滸伝Ⅴの限定版を前回100くらい確保していた店くらいは今回も余裕あるだろうと思ってたのに、当てが外れた~!!
な、泣きたい…出遅れた…。
とりあえず親切な対応をしてくれたお店に、入るなら一本確保してくれと頼んでおきましたが、どうなることやら。
そもそも任●堂(別に隠す必要はないかもしれんが)は入荷数などの決定が普通より若干遅いらしく、それのせいで入荷数が不明で予約どころの話じゃないそうな。
これで1本でも入ってきてくれればなぁ…有難いんだけど。
まだ諦めてませんよ私。
探しますよ。
どなたかここなら買えるよ!という情報をお持ちの方は是非教えて下さいませ…。
逆転裁判4(通常版) 特典 オドロキヘッドフォン付き 逆転裁判4(通常版) 特典 オドロキヘッドフォン付き
Nintendo DS (2007/04/12)
カプコン

この商品の詳細を見る
今通常版なら買えるようで。


パンプキンシザーズDVD3巻のお金は既に支払いました。
ランタンストラップ楽しみ!!
手に入れたら写真アップしてみますね。
パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.3 (初回限定生産) パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.3 (初回限定生産)
冨岡淳広、日下部智津子 他 (2007/02/23)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



拍手くださる方、有り難うございます!
お礼更新前でもちょこちょこ頂いていて、本当に嬉しいです。
写真はいかがでしょうか。お見苦しくは無いでしょうか。
少しでも楽しんで頂ければ幸いです。
お返事遅くなっていてすみません。
来週中くらいにはきちんとコメレスしたいと思っています。

テーマ : 逆転裁判
ジャンル : ゲーム

倉庫ではありませんが。

倉庫内のものではないのですが、拍手のお礼イラストを撤去し、写真に変更しました(一応全10枚)。
これで同人が苦手もしくはお嫌いな方でも大丈夫ではないかと思います。
写真は私が個人的に撮ったもので、個人サイト様のみ使用フリーです。
しかし直リンは絶対禁止。お持ち帰りのみでお願いします。
更新も消去も不定期に行いますので宜しくお願い致します。

気付けば倉庫に入れられそうなイラストがいくつかありました。
拍手に使おうと思っていたものなのですが、基本的に私は生産数が少ないので、拍手に載せるくらいなら倉庫にアップしていった方が良いかなと思いイラスト自体の撤去に踏み切りました。
前々から同人をご存知ない方には申し訳なく思っていましたし。
フリーにしたのはせめてものお礼ということで。
写真の腕はあくまでも素人ですので使って頂けるようなものかどうかは不明なのですが、実際私が使っているのは全て自分で撮った写真なので、使い方次第でお役に立てるのではないかと…どうでしょう…不安。ま、まぁ、気持ちですから。心だけでも受け止めて頂ければ幸いです。

倉庫の更新はいましばらくお待ち下さい…すみません。
少しずつということでご容赦を。


朝はいつも時間がないので、パン系のものを持っていって職場に着いてから始業までの間に食べることが多いです(電車の都合で始業まで結構時間が出来てしまうので)。
今日もそうしていたんですが。
やはり大っぴらに食べるのは恥ずかしく、こそこそ隠れて食べてたらば…入れてた袋を逆に持ってしまいまして。
パン落下。
そして脱いでいた靴へIN。
ぎゃああああぁぁぁぁぁ
美味しかったのに!美味しかったのにぃぃぃ!!
もう食えんでしょ…靴ですよ。もれなくスメルも付いてきますよ。
泣く泣く捨てました…。
そしてそのショックから未だ立ち直れず。どんだけ意地汚いんですか自分。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

またおかしい…

またHDDの調子がおかしくなりました…。
そのせいで昨日のデスノが録れてなかった(涙)。
いやまぁ一日ずれてパンプキンが録れてないよりね…マシなんだけどね…何でこうしょっちゅうおかしくなるんだよオマエは。
続くようなら又サポートセンターに電話しないとなと思っているんですが。
今一番中身が溜まっている時期だし、頼むから壊れないでほしいんですがどうなることやら。


実はパソコンを買いました。
前のがどうも安定しなくてやむを得ずですが、どうせ買うならずっと憧れていたNECを!と思い店を回りましたらば…
あった!理想のフォルム!!
ちょっと後ろに出っ張った本体はちょうど私の学習机のくぼみに入るサイズで、キーボードは収納型になっていて可愛いの!!!
一目惚れでした。
バリュースターでございます。
思えば●年前、初めて学校でパソコンを触ったのが確かNECのベーシック。
そこから時は流れ、次にパソコンに遭った時には既に姿形ばかりか中身も変わり、まるで別人のwindowsというものにおなりあそばしてました。
しかしベーシックを触っていた頃の感動が忘れられない私には、どうもパソコン=NECと刷り込みされていたようです。
やっと焦がれ続けたNECに!!私は触る!!
……
……・・・
使いにく…(え)
いや、慣れれば大丈夫なんでしょうけど、何でファンクションキーがそんなとこにあるんだ。
何度コントロールキーと間違えて押したかわかりゃしないじゃないか。
でも可愛いです。かわいいかわいい。
ATIも入っているのでとうとうコミックスタジオライトが動かせるか?!と期待してインストールしたんですが、駄目でした…いや、使えるんだけど、これ元からの仕様なんでしょうか。読み込み機能付いてない…。
それがないと原稿読み込めないじゃないか。
せっかくトーンとおさらばだと思ったんですけどねぇ…。当てが外れてガッカリ。
原稿は手でペン入れしたいんだ。トーンが嫌いなだけでベタは大好きなんだ。ツヤベタ楽しいんだ。
これはもうウチのスペックで動くソフトを買うしかないんでしょうかね…とほほ。またお金。
HDDが壊れたらそれも出て行くし…最近出て行くことが多くて泣きたい気分です。
でもなぁ…トーン…ホントに苦手なんですよ私…。

あと、office2003ではphoto editorがないんですね…初めて知った。
これはかなり痛いです。
デジカメ画像を普通にフォトショで開けたら解像度が72になってしまうんですよね。
そんで今までphoto editorで一度上書き保存してから開けてたんですよ。そうすると解像度が300になるので。
それが使えないとなると…痛い。
新しいサークルカット用のモデルガンの写真はだいぶ縮小するので72で十分だったんですが、やっぱり一応普段は300で使いたいのでこれからどうするか悩んでます。
CD-ROMなんて持ってないしなぁ…。
なんで無くしちゃうのよ。恨めしい。

それはともかく、とうとう自分の部屋でパソコンができます。
暖房がある部屋でパソコンができるー!!
寒かったよ。寒かった今まで!!
嬉し涙で前がっ前がっ!
これから宜しくねニューマイパソコン!!
可愛がろうと思います。うへへ。
親ローンですが…毎月少しずつで…お願いします…有難いな親ローン。


感想系はぼちぼちと。
また見る余裕ができたらで…すみません。
そうこうしてる内にもうあっという間にギアスですね。
見れなかった間にどんな展開が…。
そして録り逃したデスノート……返して…うう。
でも今週からちゃんと見れるし。頑張って捌きます。

捌くといえば裁くで逆転裁判。
限定版欲しいんですが予約は始まってないんでしょうか…。
前回もゲットしたので今回も是非ゲットしたい。
でも高い…高いよその値段。
でも欲しい。くそぅ。
ヘッドホンが楽しみです。あれは先着特典であって限定特典ではありませんが。
なるほどくんが凄いことになってますもんねぇ…未だにあれがショックで仕方がない。
ナルミツの私が喜ぶような話があるといいな…。


そういえばFEも止まったままです。闘技場で。死ぬのが怖くて進められない。
俺屍にも全く手をつけていません。双子…!
とにかくパソコン設置のための片付けなどが大変でした。
修羅場後の部屋はカオスだよ。本気で凄かったよ。なんか色々出てきたよ。瘴気も出てたかもだよ。


毎日イベントで貰ったチョコレート食べてます。うまうま。
まだ余韻が残ってます。幸せ。有り難うございます。
今、新刊の番外編を頭で練ってます。
形になれば本にするようなネタでもないので倉庫に載せられるかも。そう出来たらいいなぁ。
過去ログも復活させないといけないんですけどね…。
部屋で動かせるようになったから、便利にはなっているんですけれど。

まとまらない文ですみません。

成長したんだよきっと

『となりの801ちゃん』。
実は前々からファンで、本も買いました。
その某ページで801ちゃんが観ていたアニメ。
買った当時は気付きませんでしたが、先日何のアニメかが判りました。
サンタマリアか…そうかこの時第1期をやってたのか…。
レベルがアップしたな私!…ヲタな方向に。
これも成長と呼ぶのでしょうか。
ブラックラグーンのアニメは途中が抜けているので、知ったのはコミックスなんですが。
録っておけば良かったと今でも後悔しています。

それにしてもこの本面白い。
チベ君のような彼氏、羨ましいな。
801ちゃんは幸せ者ですね。

となりの801ちゃん となりの801ちゃん
小島 アジコ (2006/12/14)
宙出版

この商品の詳細を見る



今日も拍手有難うございます!!
顔が見えたならお礼を言って回りたいですよ~!
拍手は相手が判らないから気軽でいいのかもしれませんが。
拍手のページを変えるかとか、お礼って要るのかなとか色々考えているので、またアンケートを取るかもしれません。
その時は宜しければご協力をお願い致します。

さて以下いつもの同人日記。
これしかネタがありません。
なら無理して書く必要も無いのですが、今修羅場ってて叫びたい気分なので投下。
同人ネタ平気な方のみヘイカモン。

続きを読む

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

ちょ・・・またか・・・!

パソコン様がまたおかしくなりました。
ナニコレ。
呪われてる?
もうガクリですよ…どうしてくれよう修理費返せ。
本当にどうしようもないですね…。
結局新しくパソコン買おうかと思ってます。
だって来週の日曜には表紙取り掛からないとホント間に合わないって…!
それまでにはちゃんと動いてくれないと。マジで困る。
新刊の中身の話はいつも通り「続きを読む」以降に。
同人ネタ平気な方のみどうぞ~。


さて、普通のネタ。
コードギアス「囚われのナナリー」。
昨日ファンヒーターの前で寝てしまって起きた時には夜中でした。
ちょうどコードギアスの時間。
いそいそテレビ点けましたよ~。
途中からだったけど見た。
もっとじっくり最初から見て感想書きたいけど、時間の都合で簡単に思ったこと書き連ねときます。すみません。
また原稿が終わったら感想系頑張りたいです。

マオが無事だったのは雑誌で予告を見てたからさほど驚きませんでしたが、それでもちょっと…不死身ですかアナタ。
焦って使い物にならないルルーシュと、冷静沈着なスザクが対照的でしたね。
スザクの身体能力は人間超えてるよ…ルルももっと驚け。そして気付け。そいつが『白兜』のパイロットだ。

今回はもう…何と言うか美人でヘタレなルルに尽きますな。
何あの顔…!受けくさ…っ(すみません)。
元々ルルは美人だからいいのですが、それでも今まで強気なゼロ様だったので、ここ最近のヘタレっぷりは可愛いけどどうなのという感じです。何かイメージ違う。
それもまたよしとするかどうかは好みが分かれそうですが。
私はルルなら何でも好き(こだわりなしか)。
ナナリーが殺されたと思った時のあの廃人ぶり!凄いよルル。凄いシスコンだ。
正直、何でルルがナナリーをここまで偏愛しているのか理解できません。そこが今のところルルの唯一不満な点かもしれない。
例えば昔から迫害されがちだったルルにとってナナリーの笑顔だけが癒しだったとか、そういう描写が少しでもあれば、あぁナナリーのこと本当に愛してるんだねと納得もするのですが、それがないからただのシスコンにしか見えないんですよね。
あ、それとも私が見逃した回にそういう描写があったのかな。だとしたらすみません。ルルにも御免。
でももし特に描写が無かったとしたら、あくまでも想像するしかないわけで、そこは大事な部分として描写が欲しいなと思います。

まぁそれはともかくとして、ルル可愛かったよ(結局そこか)。
そしてスザク!
なるほど納得。死にたかったのか。
今までは彼の偽善者振りがどうしても納得いかなかったのですが、今回のおかげでスザクも好きになれたかも。
いや、今までも嫌いだったわけでは無いのですが、理由も無く偽善ぶるのは好きではないんですよ。詭弁に思えて。偽善は時と場合によってはそれもアリで良いと思うけど、詭弁は何の根拠も無い嘘の場合が大半だから止めて欲しいわけで。
スザクにちゃんとした理由があったことが嬉しかったです。
色々皆の別の面が見え始めてきましたねぇ。

そういえばミレイ!
彼女ルルのこと気になってるんでしょうか?
お見合いの話をルルに振るって事は、少しでも気にかかってるようなセリフを言って欲しかったって事ですよね…?
今まではシャーリーに遠慮して黙ってたとか?
判らん。彼女は好きだけどまだ掴めない。

シャーリーといえば、前回ルルが彼女の記憶を消したのはかなり哀しかったです。見ていて。
でもルルがシャーリーに惚れてたかもしれないというのはちょっと極論な気がしなくもない。
彼女の想いにつられた面が大きい気がするんですよねぇ…。
やっぱり見逃した回があるから余計そう思うのかな。
C.Cに対する想いも、執着でも憐れみでも無い気がするし、だからといって恋愛かと聞かれればそれも違う気がする。
ルルは割と寂しがり屋では無いかと思うので(ナナリーを偏愛するのはその辺も関係しているのかも)、シャーリーに慕われて嬉しかっただろうし、C.Cを失ったらシャーリーを失って孤独になった自分がさらに独りになってしまうのを怖れたからで、C.Cに対しては仲間もしくは共犯者という感覚が正しいのではないかと今のところ考えてます。
…単に私がルル×カレンを希望しているからだけかもしれませんが(^^;)。
カレンが正体知るといい。んでそれでもゼロ=ルルを守ると言ってくれたらいい。彼を孤独にしたくないからと付いてきてくれるといい。
そんでルルもそんなカレンに気付くといい。んで紅蓮弐式で出撃させるのをだんだんためらうようになるといい。
うっわどうしよう萌える・・・!(落ち着こうよ)
御免なさい妄想入りました。
でも今のルルにとってはカレンはただの駒だよなぁ…ニヤリと笑ってるしさ。あの笑いは何だ。

とりあえずようやく好きキャラが自分の中でハッキリしてきたようです。
1:ルルーシュ
2:カレン
3:ミレイ
こんな感じ。
ミレイはリヴァルの想いに気付けばいいのに。それにはリヴァルがもっと頑張らなくてはね!
あと玉城とヴィレッタもいい感じですね!何だアレ!…新妻…?
どうしよう結構好みかもしれない。くっつかないかな。

あと一つ。
ブリタニア皇帝の髪型が気になって仕方ない…。

まだまだ書きたいことはあるのですが、この辺にしておきます…。
まともな感想になってないなこりゃ…。
修正できそうならしたいです。
パソコン…明日以降も動けばね…。
あとは時間ですか。それ大事。


拍手変わらず下さる方、有難うございます!!!
本当にどうしよう。涙出るほど嬉しい。最近涙腺緩いです。
コメントは殆ど知人身内の連絡板と化しているので、他の方からの拍手は一体何を気に入って頂けたからなのかは判らないのですが、何にせよ頂けるだけで、本当それだけで更新の励みになります。
今はそのパワーを2月新刊に向けさせて頂いてますが、また終わったら自分に出来る範囲でブログなどなど頑張りたいです。

コメント下さった知人様、見ております。有難うございます!
ガッツポーズで喜んじゃったよ…ふふ人には見せられない姿。部屋の中で良かった。
お返事は改めてお返事ページでさせて頂きますが、いましばらくお待ち下さい。(すみません…。)

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleコメントsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

氷上和奇

  • Author:氷上和奇
  • 漫画とアニメとゲームが大好きな一応社会人。BLもノマカプも大好物。
    ★Loveモノ↓
     豆腐・じゃがいも・トマト・豆乳系・苺味・抹茶など和の味
     ロイアイ,ゾロビン,リクつら,ギャリイヴ

    何かございましたらメールフォームへご連絡ください。

    Twitter(日常用)
    pixiv
    スタックフィード
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle過去ログsidetitle

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【5件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【3件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【4件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【4件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【18件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【11件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【21件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【14件】
2011年 06月 【20件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【6件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【1件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【15件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【10件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【13件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【8件】
2007年 01月 【12件】
2006年 12月 【2件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【3件】
2006年 08月 【1件】
2006年 06月 【2件】
2006年 05月 【1件】
2006年 04月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【9件】
2005年 09月 【9件】
2005年 08月 【12件】
2005年 07月 【6件】

sidetitleリンクsidetitle