月砂漠 Diary

漫画感想や日常話などのよろず日記です。同人・二次創作要素を含みますのでご注意ください。

観てきました。鋼映画。
まだ見てない方の為に、以下はネタバレを極力抑えた感想です。
ネタバレ感想は下の「続きを読む」からどうぞ。


まず、ロイアイファンは期待しない方がいい。
ロイアイ的シーンは全く無いと言って良いです。
ほんの少しならありますが、気休め程度。妄想でのカバーが必須。

そして、ロイエドファン…特に、ロイ→エドファンは観たら喜ぶかもしれない。
エドを待ちわびるロイが見れます(笑)。
ただし、ロイの出番は少なめ。

アルエドファンは喜べ(笑)。
結局この二人はものっそ仲良いんですよ。お互いが半身みたいな。
そういう感じになってます。

エドウィンの人も喜べる内容アリ。
ただし、多大な期待を抱くと少し落胆するかもしれません。

個人的には、完全なハッピーエンドでは無いと言っておく。
内容もグロい部分多少ありますので注意。
これで本当に終わりなんだろうけど、良くも悪くもあのアニメを作った人が作ったんだなぁという内容になってます。
中心はあくまでミュンヘンに行っちゃったエドなので、ほぼミュンヘン。
時々鋼世界(アルとかウインリィ)。
メインキャラはちょくちょく出てますが、期待し過ぎるとガックリする人もいるかもしれない。
喜ぶのは少佐ファンでは(笑)。
少佐いいですよ。この映画の癒しはこの人だと思う(笑)。

あとは音楽ですが、これは最高です。
CD欲しいと本気で思った。
特に最初の方に出て来るジプシーが歌っている曲に惚れました。サントラ欲しい…。
あ、それと、ナチスドイツ辺りの歴史を勉強しておくと楽しいかもしれません。

総評としては、個人的には40点、エンターテイメント的には60点、アルエドファンには85点…って感じでしょうか(^_^;)。あくまで個人意見ですが。
詳細(ネタバレ)を知りたい方はネタバレ感想をどうぞ。
ただ、最後に言っておきたいんだけど、本当ロイアイファンは後で観ても大丈夫だ(苦笑)。
それだけを求めるのであれば、金を払ってまで観るのは止めた方が良いと思います。
アニメの続きを見たい人には一応勧めておこうかな。
アニメでアルとエドがバラバラになったことが辛いと思った方なら、これをキチンとした続編として見て、それなりに楽しめるはず。
他にも、特にカップリングとか拘りは無くて、単にアニメの続きが見たい方にも、ちゃんと楽しめる内容にはなってるはずです。
やっぱり、ファンにとっては、鋼が見れるだけでも嬉しいですものね。
鋼映画おまけ映画チケットについてきたオマケ。